よっ!「健さん」

何が、コミニュケーションだ。なにが、絆だ。

この新聞の広告予算は(写真参照)?高倉健の契約料金は?なんて、野暮なことは考えまい。
「ありがとうございます。」のコピーと高倉健81歳。重ねた年輪。まさに「味ひとすじ」です。

あなたの「健さん」って、どんなんですか?
私は、ヤクザ映画。耐えに耐えて、爆発。義理と人情に板挟み。悲運の男を演じる「健さん」。
着流し姿。角刈り頭で、鋭い視線。もろ肌抜いて、背中を見せりゃ「とめてくれるな、おっ母さん。背中の銀杏が泣いている」そんなイメージが、我らが「健さん」です。

多くを語るまい。どうぞ、思いっ切り、画面を拡大して。「健さん」に語りかけて見て下さい。
無骨な男が。不器用な男が。はにかみながらこころを込めた一言「ありがとう ございます。」が返ってきます。

何が、コミニュケーションだ。なにが、絆だ。
男は無口が良い。Goto

追伸
この撮影。北海道で、ですって。
冬の装いが「健さん」らしいですね。
でも、季節感を無視できる重量感のある役者がいなくなりましたね。


7/3読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2012年07月10日 05:21


こんにちは。
健さん、いいですね!
中国でも大人気みたいです。
この渋さ、男らしさは
世界共通みたいですね。

ちなみに、僕たち世代では、
幸せの黄色いハンカチ、
君よ憤怒の河を渡れ、
遥かなる山の呼びこえが
印象にあります。

投稿者: レモンハート | 2012年07月11日 19:55

お茶漬けのCMとマッチしないのが、また、良いのかも知れません。Goto

投稿者: Goto | 2012年07月12日 06:24

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。