イジメ

野田さんロンドン五輪の開会式に行きなさい。

大津市の中学校でのイジメ問題。滋賀県警が学校を家宅捜索。加害者は勿論、学校。教師。教育委員会。そして、加害者の家族までが犯罪者扱い。報道がエスカレートし過ぎな気がする。

私に教育を語る資格もないが。我が家の目前が中学校。
この数年。毎朝。7時20分ごろから、始業時間まで。一時間ほどだろう。教師数人で校門の前や導入路の信号に立ち。一人一人に声掛けながら生徒を迎えている。

この四月に転勤があったのだろう。最近は新しい教師が立っている。私の出勤時間と重なるので。車の窓から挨拶する。また、ウォーキングを開始する、6時前後には、理科の実験なんだろう。校庭の隅に作られた花壇や菜園の手入れをする教師も。教師も必死で頑張ってる。そんな姿を日々目のあたりにすると。

教育問題って。誰でも勝手なことが言える。この問題の本質や真相をどれだけほじくり返しても。あるいは過熱に報道しても。傷つく人が増えるだけ。何の解決も生まれない。ましてや、教師の責任と責めても。私は、教師に対する批判。パッシング。いやイジメが酷すぎるのではと。もはや尋常ではない。ここらで、誰かが止めに入るべきだ。

輿石民主党幹事長が日教組の出身、彼がいいんじゃないか?

イジメといえば。明後日、開幕するロンドン五輪。「東京五輪誘致に汗をかけ」との声を受け野田首相が開会式出席に意欲を見せたが。野党自民党から「消費税法案に命を賭けるのなら。参院の審議を無視してまで、行きたいのか。なぜ、ロンドンには行かないと言わないのか」と・・・・・。世耕とかいう参院議員だそうだが。

散々国会を休会しておきながら。一日か二日。審議日程を変えるだけなのに。この言い草。これが、政権を奪還したい自民党の発言とは。あるときは、国会を神聖化し、ある時は、ないがしろにする。政治家の常套手段だが。情けない。

これって。自民党のイジメじゃないのか。
イジメって。弱い奴が。弱い奴をイジメるからイジメなんだ。本当に強い奴は、寛容なこころで、人にも、物事にも毅然としているもので、イジメなどしない。自民党も本当に、弱くなったものだ。

こんな。イジメ野党とイジメられっ子の与党に政治を任せているのでは。中学校でイジメが日常化しても仕方がない気がする。それにしても。東京五輪誘致に最も熱心なのは、自民党のはずなのに。政治って不思議な世界だ。

教師を責めてもイジメても中学校のイジメは解決しない。政治のイジメを正さねば。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2012年07月25日 05:39


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。