日馬富士

行司の所作が、優雅で、綺麗ですよ。

ブログって、行動が明らかになっちゃうので。書かない。そんな経営者の声も聞くのですが。
日記なんて、公開するモノじゃないのですから。その、言い分もわからぬではないが。天網恢恢疎にして漏らさず。影でコソコソしても、お天道さまにはお見通し。

経営者たるもの下手に、隠し事などしない方が良い。
別段。コソコソしてるわけではないが。平日の昼下がり。裸を見に行くとなると、穏やかではない。だから、コソコソってことになるのだが。

実は。先週の金曜日。会議を早めに切り上げ。梅雨が明けたのに豪雨。その雨の中。裸を見に。コソコソと出掛けた。その一部始終を隠さず申し上げます。

などともったいぶってるんですが。裸といっても。お相撲さん。
名古屋場所に今年も足を運びました。その感想です。

1・やっぱり、制限時間いっぱいになると、肌がピンクに染まり。迫力満点。
1・化粧回しの細工が綺麗。土俵入り見なくちゃね。
1・拍子木の音。四股踏む音。柏手の音。そして、ガツンとぶつかる音。行司の激しい声。一番ごとに違う観客の歓声、ため息。鬢油の匂い。本場所はいいですね。

1・白鵬は、もう少し、角界の頂点に君臨したければ、稽古しないと。肌が弛んできました。
1・大相撲は、やっぱり生が良い。取り分け行司の所作を楽しむと、一味違う観戦ができる。

1・立呼出し。秀男はもう、声が通らない。引退すべきだと思うのだが。
1・日本人大関。稀勢の里と琴奨菊の対決。手がついてないと、立ち上がってから、審判長が待ったかけたのが。興ざめ。

1・立会いに両手をつく相撲が奨励されてますが。一昔前は、大鵬も柏戸も、栃錦も若乃花も。そんな立会いなど、していなかった。(29年振りの全勝対決で、過去の相撲が放送され、立会いが如何に杜撰だったか明らかになっちゃいました)

1・日馬富士の速攻相撲。気迫、気力充分。あの強烈な張り手。角界で自信が付いてきたんでしょうね。私は、来場所。日馬富士は、横綱になると、断言します。

てなことで。大相撲名古屋場所を今年も、維持員席(通称、溜まり・砂被り)で観戦してきました。あの、八百長事件で、あれだけ大相撲を批判された皆様。批判の裏打ちで、ぜひ、大相撲に足を運んで下さい。迫力満点。日本文化の伝統が色濃く残り面白いですよ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2012年07月26日 06:36


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。