スルフォラファン・グルコシノレート

夏バテ防止・・・・シジミの味噌汁にブロッコリースプラウトを入れて食べれば・・・。

夏至が6/21。その次が小暑7/7。7/23が大暑で、8/7が立秋。二十四節気では、もうすぐ秋ですが、大暑から立秋までが、猛暑、酷暑。日本列島が茹るこの頃。高温注意報に、熱中症注意、思わず水のがぶ飲み。連日の熱帯夜に、ヒートアップする深夜のオリンピックライブ中継で睡眠不足。

夏バテ防止は、スタミナ付けて。充分な水分補給を。でも、節電、節電の夏を叫ばれ。冷房にも躊躇。土用の丑も鰻高騰で、うな丼には手が出ず。素麺をすすって。水分補給もついつい、めちゃ冷えのビールに手を伸ばし。

目覚めが悪い。何となく疲れがとれない。そんな。御仁が多いのではと、ご同情申し上げるのだが。私めは、最近、この大暑が大好き。熱中症なんて、そもそもが暑気あたり。不注意の産物。熱帯夜には五輪中継が程よい子守唄。おまけに、ガンガン冷えたビールが旨くて仕方がない。

寝不足も何のその。4時半起床。朝の空気を吸い込んで。今朝も元気にウォーキング。
月々の血液検査も、γGOT・GPTも基準値内。と、至って健康なんですが・・・・。

トマトに抗癌作用があるなんて・・・そんな学術研究がワイドショーで放送されてからトマトジュースが大ブレーク。その余波で、絶好調企業がカゴメさん。そのカゴメさんが。夏バテの遠因には、肝機能の低下にあると、タイミング良く「肝臓の解毒酵素を活性化する・・・・

「スルフォラファン・グルコシノレート」なる健康成分を開発した。聞き慣れない成分だが。
理屈は、人は日常生活で有害な物質をとり入れてしまう。肝臓の解毒酵素は有害物質が体内に蓄積される前に、解毒する機能がある。

スルフォラファングルコシノレートは、体内でスルフォラファンと呼ばれる成分に変化することで、この解毒酵素の産生をサポートする成分で。解毒された物質を体外に排出するのだと。で、その成分は何に多く含まれているかというと、ブロッコリーの新芽である「ブロッコリースプラウト」に凝縮されていると。

そういえば。最近、スーパーで、ブロッコリーの芽がパッケージ化されて、売ってます。
あれが、肝臓のケアに良いってことなんですね。となると。私が夏バテしない原因。血液検査で、肝機能数値が正常な原因。それは、毎朝頂くシジミの味噌汁にあると信じているんですが。

明日からは。ブロッコリーの芽をシジミの味噌汁に一緒に入れて食べれば。大好きな大暑を何なく乗り越えれるってことになりますね。カゴメさんのチャレンジに乗って見ましょうかねぇ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2012年08月05日 05:24


さっそく畑でブロッコリーを採ってこなくてはいけませんね。美味しいのが採れるのです。
試してみて、また報告します。♪♪

投稿者: rimisuky | 2012年08月06日 10:05

家庭菜園ではなさそうですね。本格的。何でも採れるんですね。継続が大切だそうです。Goto

投稿者: Goto | 2012年08月07日 08:40

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。