102兆円の概算要求

二大政党の党首選びが、やけに虚しい。

考えさせられます。13年度の各省庁の概算要求について。
これは外せませんよね。発足後始めての復興庁。被災者の住まい再建・復興交付金・防潮堤・農地復旧で2兆8230億円。12年度当初復興予算の38,2%。11年度補正・12年度当初で18兆円。復興費管理特別会計13年度分。4兆4794億円。震災後三年で23兆円超。被災者を思えば少ないかも。

厚労省・高齢化に伴う社会保障費。自然増を織り込み、過去最大。30兆円を突破。必要ですものねぇ。文科省・原発事故が起こった以上、核燃料サイクル施設・高速増殖原型炉「もんじゅ」は廃炉すべきですよね。議論途中ですが。78億円は低くすぎますよねぇ。

政府がまとめた「日本再生」戦略。環境省・新エネルギー政策、当然必要ですね。12年度当初予算から10%アップ。1兆1177億円。経産省・エネルギー開発、最重要課題ですね。特別要求2095億円は妥当なところ。農水省・新規就農者のために最長7年に渡り年105万円支給する制度・当初予算に比べ2,4倍要求。農業の崩壊。国の根幹に関わりますものね。

国交省・そりゃ大震災に備え、国家強靭化、なんとしても。公共事業費5%アップ。整備新幹線事業も、勿論、防災・減災対策で、大幅アップは常識ですね。まだまだ。五輪サッカー、なでしこジャパン頑張ったんだから。女子スポーツの支援。メダル対策でスポーツ関連予算。過去最高の24億円増の262億円。まだ、足りませんよねぇ。

どうですか。日本の官僚様のご要求。すべて、不可欠なものばかり。もっと、もっと、要求されても良いんじゃないでしょうか。で、控えめに見積った概算要求総額は過去最大の102兆円。なーんだ。少ないじゃないですか。青天井ですよ。150兆円でも、まだまだじゃないの。どうしちゃんなんですか。しけてませんか。

日本の税収は40兆円。その倍以上の要求。国債の返済額24,5兆円なんて全く関係ない。子孫に付けを回すなって、そんなことは官僚様の頭には微塵もない。それに、消費増税も決まったのだから。20%でも30%でも上げれば財源なんてなんぼでも。気にしない。気にしない。ってことなんでしょうか。

概算要求ですから。これから、財務省が査定。絞りに絞るんでしょうが。でも、絞られるからって、こんな、何でもありの要求をする官僚様と、それに何の抵抗も感じない民主党の大臣・副大臣・政務官の感覚が私には理解不能です。これでは、国家財政破綻を奨励しているようなモノ。

官僚様って、国家国民のことなど眼中になく、省益以外に何も、考えることができないってことが、よくわかりました。国の形を、統治機構を変えなければ、何も変わらないんですね。二大政党の党首選びが、やけに虚しい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2012年09月13日 05:38


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。