宮崎駿さま

ご苦労様でしたと、申し上げますが・・・監督って引退する職業なんですか?

9/7の朝刊,各紙とも引退を表明した宮崎駿さんの記事が一面を飾った。なぜ、この時期にわざわざ引退を表明するのか。うがった見方をすれば、前評判の割には興行成績がイマイチの「風立ちぬ」をバックアップするためではとか・・・

この表明で3度目。そもそも引退癖があるのではだとか。かまびすしいが。
私的には、アニメの映画監督が引退するからって、なぜ、メディアがこぞって大騒ぎするのか?さっぱり理解できない。新聞記事を読んでも、テレビのニュースで見てもである。

日本でアニメ映画の世界を切り開いた先駆者かも知れないが。アニメは漫画でしょう。漫画映画といえば、ディズニーワールドじゃないですか。ディズニーアニメの監督がリタイア宣言したことが大ニュースになるなんて聞いたことがありません。

わざわざ、引退なんて仰々しく表明しなくたって、作りたい作品がないなら監督をやらなければいいじゃないですが。新藤兼人監督は100歳でも最後の作品といいながら監督を務めました。黒澤明も死ぬまで映画監督でした。たった一作しか監督経験がない山本晋也さんなんかは、監督業もやらないのに監督と呼ばれています。

養老孟司先生は引退宣言をむしろ当然である。自分の好きな漫画を描いていたいにも拘らず、経営者と実作者をこなし、大勢の人に仕事を与えてきた。職人として思うままの仕事ができないのは環境が許さなかったから。90歳まで20年、働ける歳月があるはず、やりたい仕事にその時間を使ったらいいと。

それも分からないではないが。だとすれば、やはり「風立ちぬ」の興行成績が引退宣言の元凶なのではと思ってしまうのだが。だったら、一層のこと、ジブリの経営者に専念してはどうだろうか。それにしても、何から引退するのか?私にはよく理解できません。が癖だとすれば、再び宮崎駿ワールドが実現するのも遠くはない・・勿論・・期待を込めて。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2013年09月15日 06:01


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。