情実査定

俺流GMの次なる一手に目が離せない・・・

我らがドラゴンズ、他球団に先駆け、全選手の契約更改が終了した。ドラフトに次いで落合GMの大仕事が終った。更改開始前日・井端弘和選手に提示した額は80%減・不承知で退団。世間をあっと言わせたが・チームの功労者をスパッと斬り捨てる迫力に・・その後の更改もスムーズ。

契約更改はストーブリーグの中心。老いも若きも野球好きの話題を独占する年末の風物詩。例年なら日本一の楽天、誰が何億円になったとか。巨人のエースがいくらだとか。マー君が大リーグに行かなければ球界No,1で一体いくらになるのか?なんて賑わうのですが。

さすが・・・我らが落合GM・・総額8億円超のカット。中日球団のみならず他球団の更改にも影響を与えるのではないか。プロ野球は歴史がある。年俸査定には緻密な計算様式があり、それに則り額が提示されると思っていたが・・落合査定に学ぶと、そうではないらしいかった。

契約更改に関わる関係者の弁「凄すぎるあんなこと絶対にできない」「人間関係にひびが入ってしまう」ということは、「今季の戦いでチームの勝利にどれだけ貢献できたかを表す数字」で査定が決まるのではなく、来季の期待値や義理人情と情実で決めていたということでしょう。

これって。高齢者福祉の考え方に似てませんか。高齢者はこの国のために多大な貢献をしてきたのだから・・・手厚く保護しなければならないし、十二分な福祉政策で報いなければならない。そうしないと、人間関係にひびが入り、選挙でしっぺ返しを喰らう・・・だから大盤振る舞いをする。その結果・・・国家財政はだれも責任を取らない大赤字。

俺流のようになんでもかんでも「信賞必罰」をはっきりさせて非情に判断せよと申しませんが。ジャイアンツを除く全球団が大赤字。親会社の補填で運営されている。それは事業として異常。異常さに気づかないのに情実査定を繰り返してきたのもまた、異常といわねばなるまい。

たかが野球・・・されど野球。落合GMの厳格査定を見ていると、野球界の非常識が一目瞭然。無駄を排除して財政を立て直すベキだとの当然の主張が無視され続け・・・国家財政が破綻寸前なのとが交差するのは私だけでしょうか?

さてさて。俺流GMの次なる一手はなにか・・・・目が離せない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2013年11月22日 06:37


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。