肝苦(ちむぐ)りさ

全国紙の主張はすべて、理解できない。

名護の市長選結果ほど、新聞の主張が明確に異なった事案はありませんね。私的にはこの問題よく考えて見たいと思います。新聞の論調は、毎日…民意を無視するな、辺野古移転は反対。沖縄の基地も撤退せよ。朝日、民意が示された以上は移転に無理がある。 政府は苦慮するだろう。

読売は、政府方針は変わらない、粛々と移転を進めろ。日経は淡々と事実を報じたのみ。
日頃、民主主義を標榜する新聞各紙にしては、いずれも無責任。いや、他人事に聞こえて仕方がない。毎日はそこまでいうなら、日米安保も否定せよ。朝日も日和るな、基地のたらい回しを明確に否定せよ。

読売も・・・公明党県本部が「県外移設」の姿勢を崩さなかった事実にどう答えるのか。普天間の危険を強調して・・日本国内に新たな基地建設容認を強引に認めるにはあまりにも無理筋ではないか。日経も・・黙るな。金では動かぬ民意に、経済論理ではない民意にどのように答えるのか?頬被りは許されない。と申し上げたい。

狭い沖縄で新基地建設が強行されれば、どこであれ加重負担や人権侵害が生じ生命財産の脅威が深刻化、固定化することは火をみるよりはあきらかと論じる琉球新報も・・・そこまでの論調はオーバーだと思えるのだが。人の痛みを我がことのように受け止め「肝苦(ちむぐ)りさ」と表現する沖縄県民の心を我が痛みと理解したい。

で、この問題。どのように解決するのか。絶対に民意を無視して粛々と進めてはならない。
民主党政権で明らかになった通り・・・県外移設も無理。海外移設はあり得ない。でも、普天間の危険は解消せねばならい。ではどうするのか。

答えは一つではないか。嘉手納の基地内に移設する以外にない。
基地の新設ではない。現時点で米国は嘉手納は返還しない。であれば、沖縄に行けばわかる。嘉手納には米軍人用のゴルフ場まであるのだ。そこに普天間に変わる基地を作るしかない。現時点の解決方法は・・・嘉手納移転しかない。それ以外に民意を組んだ方法はない。

私には全国紙がなぜ、沖縄県民の「肝苦りさ」を我が事と捉え嘉手納移転を解決策として主張しないのか全く、理解できない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2014年01月24日 05:23


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。