思想信条の自由

NHKはどうあるべきなのか・・・考えてみたい。

私には理解不能なことですが。あなたはどう思われますか。NHK経営委員に就任した作家の百田尚樹さんが、都知事選候補者の応援演説をしたと朝日新聞が・・目くじらを立て批判しているのを。勿論、応援した候補者の主張は危険な思想、私は到底納得できないのですが・・・

毎度のことです。朝日の論理のすり替えはフェアーではありませんね。
放送法を曲解して、NHKは公平で中立性を求められている報道機関だから、携わる人は公けの場で何を言っても良いことにはならない。特定の候補者を応援する行為は視聴者に対し、NHKの報道姿勢との関連性があるとの誤解を与えかねないと厳しく批判する。

一方では、思想信条の自由ではないかとの批判をかわすため「公の場では」との緩和剤を入れながら巧みにNHKの公平性を侵害していると論理をすり替える。公であろうがなかろうが憲法で保障されていれば、自由のはず。なぜ、すり替えてまで批判をするかといえば、経営委員は首相が任命する。

そもそもが、朝日は安倍首相の思想が右傾化している。朝日としてはその右傾化は許せないとの姿勢を貫いている。だから首相が任命した委員は全て右傾化した人物たちと断定。隙あらば陥れようと虎視眈々と狙っている。NHK新会長の就任会見でも誘導尋問のような質問で思想信条を揺さぶり、不穏当な発言を誘発して、任命責任を追求しようとした。

会長発言は軽率の誹りはまぬがれないが、百田さんの応援演説を糾弾するのは無理筋。
委員が個別番組の編集に干渉するなら、放送法に抵触するが、歴史観や国家観の近い人候補者をを応援することまで批判すればそれは、逆に思想信条を阻害することになる。

私にはこのご時世、NHKの経営委員なるものが、番組に右傾化を持ち込むことなど不可能だと思っている、むしろ、左傾化するのを阻止する危険性方が大だと思っている。

百田さんに期待するのは、右傾化することではない。「みなさまのNHK」に独自性や個性がほしいと思っている。百田さんの馬力ならその期待は可能である。・・それも批判する朝日の思想信条の自由を奪う論調には理解不能だ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2014年02月08日 05:55


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。