AC-JAPAN

空振りは許されても、見逃しは許されない・・・と書いてありますので・・・

AC-JAPAN(旧公共広告機構)と聞きますと、あの大震災の折・・・番組が震災報道に変わり・・・その合間に・・鬱陶しいほど流れた「A・・C」のCMが震災時のなんとも言えぬ虚しさが蘇って、気分が暗くなりますが。(別に公益社団法人ACジャパンが悪いわけではありません)

テレビはCMを流さなければ収入源がなくなるわけですから。報道特別番組を組んでも、CM枠はシステム的に作られてしまうという宿命を持っています。ですが、震災報道の最中に、CM枠だからと、CMを入れるわけには行きません。

ですから、「A・・C」と公益法人で、売らんかなではないとACジャパンのイメージCMを流し続けたのです。私的に言わせれば、CM放映しないと決めたなら、システムに拘らず、何も放送しなくても良かったのではと思うのですが、そこはそこ、保守的な一面がそうさせたのでしょう。

そのAC-JAPANの広告が朝日の夕刊に掲載されたので、紹介します。
「空振りは許されても、見逃しは許されない」「何もしないで見逃すくらいなら、積極的にバットを振って空振りしたほうがましだ」とドラゴンズの大島選手の写真を付けてのコピーで防災・減災の鉄則を守れと訴えています。(写真参照)

「備えあれば憂いなし」「天災は忘れた頃にやって来る」だから、日頃から備えておけ。そんな意味合いの広告ですが。果たしてACジャパンの広告に相応しいのか?私にはよくわかりませんが・・

最近の新聞広告・・・全ページで「これを飲めば男性はいつまでも元気」なんて、とても子供には見せられないような通販広告がデカデカと掲載されます。私的にはそんなお粗末な広告がはびこる時代・・・それを、「良いのか」と問うのが、防災広告よりもACジャパンの本来の仕事ではないかと思うのですが・・・・

AC-JAPANはあの大震災時の無配慮なCMで認知されたと・・チョッピリ・・・思い違い。考え違いをしているのではないか。そんな思いで、「空振りは許されても、見逃しは許されない。」とのコピーに、疑問を感じましたので、見逃してはならじと書いてみました。Goto

IMG_1838.jpg
5/9朝日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2014年05月14日 05:52


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。