家族つなぐ季節

夏の日大切な人を思う。


どうぞ。8/1・読売新聞に掲載された「夏の日、大切な人を思う」と題して掲載された二つの広告をご覧下さい。読売新聞広告局の作品です。お盆に帰省する孫を楽しみに待つ祖母と、帰省地で思いっ切り夏を楽しむ孫。いい顔をしていますねぇ。

IMG_2131.jpg IMG_2132.jpg
8/1 読売新聞

全ページ広告で、上10段にイメージ写真とメッセージを掲載し、下5段で商品を紹介する。品位があります。「この間、電話でお話しした時、おばあちゃんは僕らの声がちょっと聞こえにくそうだったね。ママは心配してたし、僕も悲しい気持ちになったよ」・・・


「だから、七夕の時、短冊に「おばあちゃんの耳が良くなりますように」って書いたんだ。いっしょうけんめいお願いしたから、きっとかなうよね」と孫は語る。補聴器の広告です。


もう一つは。おもちゃの広告。「ねぇ。おばあちゃん、膝痛いの?」私があなたのお母さんと電話していた時も、あなたはいつもの元気な声で割り込んできたよね。遠くに暮らしているからなにもしてあげられないが。心の優しい子に育ってくれたこと。おばあちゃんは何より嬉しい」


「こちらへ遊びにくるたび、あなたは手製のプレゼントをくれる」「おじいちゃんは俺に似てものづくりのセンスがあるって、ずっと眺めているわ」「お盆には、あなたにナイショでプレゼントを用意しておこうと思っているの」と誘うのはブロックで組み立てれるおもちゃの広告。


二つの連動した広告ですが。全く違う商品をクリエイトする。そして、それもさりげなく。ほのぼのとした家族の香りが漂います。私はまだ、補聴器のお世話にはならなくても良いと思っていますが。孫に、ブロックのおもちゃを買おうかとついつい、思います。


今年の広告大賞決まりですね。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2014年08月07日 05:50


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。