復興1461日目

3/11・朝刊各紙に広告を掲載した被災地と寄り添うスポンサーも忘れません。


あれから4年。日本中が震撼したあの日がまたやってきた。我が社のVC(ボランタリーチェーン)石巻日日新聞社が発行するハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌「んだっちゃ!」(宮城県・石巻・東松島市・女川町・56,500部発行・全戸配布)の3月号を捲りながら・・・「あの日を忘れない」我々は被災地、被災者と繋がってる。これからも繋がり続ける。そんな覚悟です。


行方不明者なお2584人。読売新聞の東日本大震災4年特集紙面(3/11・朝刊・17面)波しぶきが舞う海岸で、津波にのまれた当時3歳の息子を探す父親の姿。一緒に波にのまれ遺骨が見つかった当時8歳の娘の白布に包まれた骨箱を抱く父親の姿が写真。一瞬にして二人の子供を失った父親の姿に言葉がない。


新聞各紙はそれぞれに特集を組んで、あの日を伝えた。私の心を打ったのは読売新聞・東北総局駐在カメラマン富田大介氏の写真と文が掲載されたこの紙面。涙が止まらない。3/11を語るのは辛い。時は非常で、人々の記憶からあの日は徐々に風化していく。


復興の遅れを際立たせ、どこにも持って行き場のない怒りを読者にぶつける紙面に興味はないが「一度だけでいい、戻ってきて」と亡くなった方々の思い出の写真に呼びかける紙面。(読売新聞・18・19面)・・・「戻らぬあなたへ」。被災者に寄り添う新聞の思いが溢れる。「そろそろ前を向かなくっちゃ」にグッとくる紙面です。


それに、3/11に全ページ広告を打ったスポンサー各社。(写真参照)「復興1461日目」のJAバンクと農林中央金庫。「奇跡の一本松」の写真をバックに手を繋ごうと呼びかけるJA共済。復興活動資金を呼びかける日本赤十字社。「ともに前へ。ともに明日へ」と企業支援に取り組む三菱商事。


そして、小泉、細川両元首相の顔写真とともに「自然エネルギーこの飛躍の力」と脱原発を訴える講演会の案内。読売と朝日に企画を競わせて、陸前高田市を集中的に支援を続ける名古屋市の「がんばろう陸前高田市」の紙面。どれも熱い思いが滲みます。私は3/11に全ページ広告を掲載したスポンサーの思いも忘れたくありません。Goto


IMG_2619.jpg IMG_2618.jpg IMG_2620.jpg
3/11日本経済新聞

IMG_2621.jpg
3/11朝日新聞

IMG_2622.jpg
3/11日本経済新聞

IMG_2625.jpg IMG_2627.jpg
3/11朝日新聞

IMG_2626.jpg IMG_2624.jpg 
3/11読売新聞

IMG_2623.jpg
3/11日本経済新聞


投稿者: 後藤 日時: 2015年03月12日 05:21


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。