人が命・人が宝・人が財産

新年度です。ハッピーメディア®で「日本でいちばん大切にしたい会社」を・・・


4/1は企業にとってのお正月。今日から新年度のスタートです。この一年、社員一同心を一つに、緊張感を持って、邁進したいと思います。変わらぬご指導、ご鞭撻お願い申し上げます。


今日は、入社式を挙行します。新入社員は44名。我が社の企業原則の一つに「人が命、人が宝、人が財産」があります。広告の仕事でもっとも大切なのは「人」です。縁ありて我が社に集った若き獅子たちが、その可能性を開花させることによって、我が社は前進できます。


我が社の財産は「人」です。その人が輝いて、能力の限りを発揮してくれれば、自ずから、我が社は良き会社になります。社是である「地域社会に貢献できる」企業になれます。「広告は社会の写し絵」です。広告を扱う一人ひとりが、笑顔を絶やさず、綺麗な心で仕事に向えば・・・・

「社会を明るくする広告」を創造することができます。消費者・読者(地域みっちゃく生活情報誌・全国18道府県・84誌・505万部発行・全戸配布)の心に響く広告が作れます。それが「広告の真の姿」です。そうなるには、人を大切にする会社でなければなりません。


「人が宝」です。社員・スタッフとその家族が、この仕事によって幸せにならねばなりません。いや、社員だけではありません。外注先、仕入先、更には情報誌を配布していただく、配布員の一人ひとりとその家族が幸せを掴んで貰わねばなりません。それが「人が宝」の源泉です。


勿論、地域みっちゃく生活情報誌を手に取っていただく約1500万人の読者の一人ひとりがページを捲れば、捲るごと、ハッピーな気持ちになれる。そんな情報誌を作ることこそが「人が命」の意味です。


仄聞しますと「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞なる催しが行われているそうです。主旨は「人を幸せにする経営」の実践だそうです。なんだか、我が社の企業理念そのもののような、催しです。


地域みっちゃく生活情報誌®の目的は、発行エリアのすべての人たちがハッピーになることです。それをハッピーメディア®と呼んでいます。今日、新たに仲間に加わった44名の若き獅子たち。我が社の財産です。この若き獅子たちを「地域社会に貢献できる」素晴らしい人材に育てあげ、この一年間を共に駆け抜けたいと思います。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2015年04月01日 06:13


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。