国民投票を。

沖縄県民と日本国民の関係が抜き差しならない状況になってしまうのでは?


戦後「拳銃とブルトーザーによる強制的な基地建設の歴史を振り返り、沖縄県民対して大変な苦しみを今日まで与えて、普天間の危険除去ために沖縄が新たな基地も負担せよ。それは日本の国の政治の堕落ではないか」・・・なぜ沖縄だけが・・・


戦後「70年間、沖縄の米軍基地撤去のために、日本政府はどれほどの努力をしてきたのか。日本の安全保障政策は常に基地負担にあえぐ沖縄の犠牲の上で成り立ってきた事実を、今こそ日本国民に見つめて欲しい」・・・翁長沖縄県知事必死の訴えである。


「沖縄に新たな基地は絶対に作らせない」・・・当選以来初めて安倍首相会談した翁長知事は対話はの継続を望みながらもそう言い切り、更には、訪米して沖縄県民の総意として辺野古基地移転に断固反対、普天間基地無条件返還の意思表示をするとも。


さて、日本国民として、この翁長沖縄知事になんと答えますか?安全保障問題です。国民誰もが逃げることはできません。無関心であることは許されません。逃げてはいけないと思います。全ての国民が我が事として考え、結論を出さねばなりません。


政府が主張する「中国からの脅威に日米同盟の抑止力維持、普天間の危険除去考えれば、辺野古移設は唯一の解決策」「辺野古移設を断念すれば、普天間の固定化に繋がる」を支持して「沖縄に辛抱せよ」と迫り、辺野古基地建設を粛々と進めることに賛同しますか?


それとも朝日新聞が社説で主張するように。「粛々ではすまない。まずは辺野古の基地建設作業を中止して、翁長知事と話し合いを深める」案に賛成しますか?そうなりますと、日米同盟に亀裂が入ります。入れば、喜ぶのは沖縄県民ではなく、海洋進出を強め、尖閣列島を自国の領土と主張する中国の望む通りになります。


私は粛々と国民投票を実施することを希望します。沖縄の基地撤去に賛成か反対かの。国民が決めれば良いではないですか。基地撤去に賛成が上回れば、全面撤去。(沖縄だけではありません。日本中の米軍基地撤去です)下回れば、現状維持で辺野古移転やむなし。


乱暴なようですが、それが沖縄県民総意に応える唯一の方法です。国民が沖縄基地に目を背け「平和ボケ」していることが、沖縄県民の怒りの根源なんですから。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2015年04月25日 05:27


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。