憲法記念日

もうひと頑張りするなら静かに憲法の全文を読むのも一考か。


黄金をもらえるように嬉しいこと・・・ゴールデンウィークの語源です。私のようなロートルは、休みが続くからと言って嬉しいわけでもない。二日もあれば、もう充分。早く仕事が始まらないか、なんて思うのですが。まぁ…今日は気の置けない仲間とゴルフに出かけます・・・


明日もゴルフの予定を立てましたが、天気も悪そうだし、連チャンは大変、無理しないほうが良さそう。であれば、やっぱり読書ですね。読みたい本は机の上に積んであります。片っ端から乱読も良いのですが。折角の「憲法記念日」・・・安全保障を巡って憲法改正か守るべきかの議論もかまびしい・・・


好きな本だけ読んでリフレッシュだが、読みたくもないが、この国に生かされている以上は、憲法をちゃんと理解しているかどうかは重要なこと、今更と思わないではないが。本棚の隅で埃をかぶっている六法全書を開いて、憲法の全文を読んでみるのも一考かも知れない。


嫌なことはしない。面倒くさいことは極力避けたいと思う年齢ですが、まだまだ現役で頑張らねばと思えば、そこはそこ、「秋の夜長をひたすら読む六法に恋という字のなきて虚し」なんて、六法全書ぶん投げた青春時代を苦笑しながら・・・開いてみるかと思う。


今年は戦後70年、8日には第二次世界大戦のナチス・ドイツ降伏から70年の記念行事も計画されている。日本でも8月には安倍首相「70年談話」を発表するそうです。憲法記念日(ゴールデンウィーク中)に憲法の全文を静かに読んで、平和の尊さ噛みしめ、その日を迎える準備をするのも、良いと思う。Goto。

投稿者: 後藤 日時: 2015年05月03日 05:14


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。