購読者セット

新聞講読料実質値引きの愚策に「窮すれば貧す」ではと思うのですが・


人生は生まれてから死ぬまでの時間です。悠久の歴史と続くであろう未来の狭間、今を生きている。それが人生です。前期高齢者です。まだ、見えてきたわけではありませんが。残り時間に限りがあります。折角の時間です。無駄にはしたくないと思うこの頃です。


毎日新聞社が、とうとうネット配信を無料にするとの特集を組みました。仕組みはこうです。毎日新聞を購読し、登録さえすれば、その講読料だけで、毎日新聞をパソコンやスマホ、タブレットから読むことができるという「愛読者セット」プランです。


「とうとう」と書きましたのは、購読が条件ですが、タダで毎日新聞が毎日読めるようになったということです。私は、新聞社がコンテンツ(配信記事)を無料でYahooやGoogleのポータルに提供し始めた時、それは自らの首を絞めることになる。拒否するか、せめて有料にすべきだと述べてきました。


セットの次は、毎日新聞を購読しなくても安価(1000円だと思います)でネットで読めるようになるでしょう。しかし、それも上手く行かないでしょう。そうなりますと、次は、ネット上のみでも、ここまでは無料、それ以上は有料という、ゲームのシステムと同じになります。そうなれば新聞ビジネスは崩壊するでしょう。


いや、そうならねば良いがと願っていますが。「愛読者セット」などと耳障りの良いキャッチで、ネット時代に対応しようと思っているようですが。私的には、如何にも安易。経営危機に対する抜本的な対策が打てない焦りで、読者を繋ぎとめようとする苦肉の策です。


ここまで申すのは、賢明なる毎日経営陣には失礼になりますが。講読料の値引きに走ったことは、まさに「窮すれば貧す」です。この愚策が、購読者の減少が著しい状況の中、新聞業界全体に悪影響を及ぼさなければ良いがと危惧します。Goto

IMG_3044.JPG
6/20毎日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2015年06月27日 05:26


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。