2015年度・新聞広告クリエーティブコンテスト

一応、広告のプロです。たまには指摘もしてみたい。


毎年この時期になりますと、広告賞の発表が相次ぎます。
最も権威ある日本新聞協会が主催する「2015年度・新聞広告クリエーティブコンテスト」の結果が発表されました。


今年のテーマが「お金」・・誰がこんなくだらないテーマを選んだのか。いや、難しいテーマを決めたのか。私にはアイディアがなかなか思い付きませんが、さすがにクリエーター諸君。全国から1181作品の応募があった様で・・・お札の福沢諭吉の顔写真が入る部分に「使用期限をお金にも」のコピー作品が最優秀賞に選ばれました。


この作品。意味がよく分かりません。他の受賞作品も中途半端ばかりで、ピンとこないのですが。さすが、審査委員長どのの講評・・・「最近のコミニケーションは分かりやすさが前提。それでは物足りない。出会った時に何を感じ、考え、双方向の関係を呼び起こすことが大切・・・


最優秀賞は見る人によって賛否両論あるが、色々な見方を許してくれる表現こそ、真の広告ではないか」と蘊蓄を述べておられる。さすが一流のクリエーターである審査委員長と感嘆するのですが。そんな広告を「お金」を扱う、金融機関がスポンサー度するでしょうか?


スポンサーが付かない広告って広告ではないと教わったオールドアドマンには滑稽です。
まして、分かりやすいコミニケーションが物足りないとは、そもそもコミニケーションとは分かち合うことだと思う私としては、これまた、理解できない。


それにしても、もう少し、良いテーマで競い合わせて上げれないものでしょうか。テーマ選定に問題ありの2015年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」結果でした。Goto

IMG_3207.JPG
11/30読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2015年12月07日 05:43


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。