日本版CCRC

まずは受け皿として、医療・介護の充実したコンパクトシティーを作るべきでは・・・


第2の人生を地方で始めたい。そんな人が都会には多いのだろうか?
田舎暮らしの私としては、第2の人生があるとすれば、都会で暮らしてみたいと思うのだが。
都会が住み難いなんて・・・


だって。その気になれば何でも手に入るんでしょ。
世界中の美味しいものが食べれます。公共交通機関が発達、車に乗らなくても・・
本屋もあれば、演劇、音楽、芸能などあやゆる文化が楽しめるのは都会。


田舎なんて、最近は映画の封切館もなくなっています。
シャッター通りばかりで、午後に食事をするところもなんです。
そんな地方に暮らしたい・・人がいるんですかねぇ。


でも、政府は地方移住を促進する日本版CCRCに予算を付け本腰です。
予算に釣られるわけではないのでしょうが、全国の15の自治体で3500人、
受け入れを表明しています。


CCRCって。Continuing Care Retirement Community・・
継続的なケア付きのリタイア共同体の略称。
健康なうちに移住してボランティアなどの社会活動に
取り組んだり働いたりして地域に溶け込み、新たなコミュニティー形成。


医療や介護が必要になってからケアを受けて暮らし続ける。
米国で発達している。日本でも将来、首都圏で「介護難民」が生まれる可能性がある。
そのひとつの対策とされている。それが日本版CCRC構想です。


超高齢化社会です。
「介護難民」をどうするかの策としては、一案でしょうが。
首都圏の高齢者が地方に移住するとは到底思えない。
地方の高齢者が・・私のように・・都会で暮らしたいのですから。


むしろ、地方をコンパクトにするのが先でないでしょうか。
安心して老後が過ごせる医療・介護の充実したコンパクトシティが
地方を席巻すれば・・・そうです。受け皿を作れば・・・
或いは移住高齢者も増えるかも知れません。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年01月16日 05:43


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。