唇寒き時代?

TBS系・・「NEWS23」の新キャスターは、最も朝日的ですがねぇ。


「直接の原因でなくても、それぞれが降板へ背中を押す一因になったのでは」
テレ朝の「報道ステーション」NHKの「クローズアップ現代」
そしてTBSの「NEWS23」のニュースキャスターが・・・


この春一斉に交代するのを受け「キャスター唇寒き時代」と題した
朝日新聞の「Media Times」の記事での結論です。
背中を押したのは、報道内容にクレーム付けた官邸や自民党のこと。


如何にも朝日的な歪曲した分析ではと思わずにはいられない。
TVの報道番組。朝日が言うほど、本気で時「権力監視メディアの役割」を担ってきたのか?
田英夫が、磯村尚徳が、筑紫哲也がそうだったのか?そうとは思えません。


久米宏が、古舘伊知郎が反権力・反体制だったのか。違うでしょう。
テレビ局の経営が厳しくなり、法外な出演料が負担になったからです。
中途半端な反権力的姿勢が通用しなくなり、時代にそぐわなくなったからです。


自民党は「報ステ」のアベノミクスを文章で批判「公平中立」を求めた。
それも大人気ないが。経済は難しいです。マインドに左右されますから。
批判から景気は上向きません。どんな手でも打てる手は全て打たなければ、すぐに失速します。
資本主義、自由主義を否定するのも結構ですが。では、社会主義ですか?


弱者の側に立つ報道姿勢だと言いながら、原資を語らない福祉などあり得ません。
経済を語れないキャスターはもはや、過去の異物と言わねばならないでしょう。
その点では、局アナを使うのは正解ではないでしょうか。謙虚だから。


でも「NEWS23」新キャスターって、如何にも朝日的です。
偏向左翼で、経済音痴・・・大丈夫か思うほどです。
その意味では、「Media Times」の分析は全く的外れです。


NHKの「クローズアップ」は国谷さんの番組です。
ヤラセ問題で、彼女に傷を付けてしまった、番組担当者の責任です。
キャスターを代えるってことは、違う番組になるってことです。


もう一言。キャスターが誰であれ、視聴率が獲得できなければ、キャスターに代える。
それが局の基本姿勢です。
局には、それぞれの事情があってキャスターが交代するのです。


権力批判するからキャスターを代えさせられた・・・
唇寒し・・・時代との分析は、為にする記事、
やっぱり朝日的偏見だと私は思います。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年02月17日 05:16


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。