秋冬メンズコレクション

反戦・平和モチーフに世相を読み込む・・フアッション界の発想に敬意を・・・


岐阜の田舎に暮らす市井のおっさんです。
フアッションなるモノに疎いのは当然ですが、
65歳の誕生日・・・2年前・・・幹部社員が帽子をプレゼントしてくれた。


髪の毛が薄くなったので、冬場は寒かろうとの配慮。それにお洒落にも気遣いをと。
先日、東京出張の折、関東地方に積雪が・・そんなニュースに触れ。
街を歩くに、帽子があったほうが良かろうと・・・


帽子と言っても・・・兎の革性、ボルサリーノ。なかなかの高級品。
麻生財務相が好む手合い。スーツの上に、濃い杉柄のダウンコート。(ユニクロです)
それに、ボルサリーノのハット。なかなか暖かくて快適・・・


名古屋駅新幹線ホーム。
若い女性達・・・おじさんお洒落やん。なんて言う声が聞こえ・・
辺りを見渡すとおっさんは私だけ。帽子一つでねぇ?
身に付けるモノで、イメージは変わるモノだと思いつつ・・・


そういえば、パリとミラノで16年・秋冬メンズコレクションが開催されたと朝日新聞。
ファッションは世相を映す言われるが・・・パリのショーでは・・・
昨年11月のパリテロ事件の影響を受けてか、反戦や平和をテーマにしたショーになたっと。


「今回も、今後も、テロ影響はない。あると言ったら、テロリストたちの思うつぼになる」と、
勲章や階級章を外し、武装解除したミリタリーで反戦を示したのは、ドリス・バン・ノッテン。


コムギャルソン・日本人デザイナーでテーマは「平和の甲冑」鎧ジャケットに花束。
ルイ・ビトン・日本の現代美術家の布が揺らめく作品の下をロングコートのモデルが・・
(日本人がパリのフアッション界で大活躍していると知り、驚きです。)


ミラノでも、トレンドに流されぬ、日本製のデニムを使ったコートが好評だたっとか。
グッチの古着テイストもトレンドに逆らい。アリマーニやマルニも落ち着いた色が。
過激派ISが拘束した人に着せる服のイメージからか、オレンジが極端に消えたと。


落ち着いた色の服が支持される傾向は世相を反映しているのでは。
おっさんはフアッションには疎いが、世相に目ざとい。
フアッション界の世相を反映したコレクションになるほど頷く。
ボルサリーノハットでフアッションに少々目覚めた。Goto



IMG_0458.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2016年02月07日 05:26


私たちがまだ小中学生のころ、親父のスーツ姿には帽子が必ずセットされていました。
いつ頃からか分かりませんが、街からハットが消えました。
親父が亡くなって、お袋が衣類を整理していたら、ずいぶん沢山帽子が出てきました。
私はそのうち2個をキープしましたが、照れてなかなか街中には・・・という状態です。が、冬はいいですよね。是非引き続きご愛用ください。

投稿者: リミスキー | 2016年02月10日 17:58

リミスキーさんは、ハットが似合うタイプですよ。
ぜひ、ご着用を。あったかいですから。Goto

投稿者: Goto | 2016年02月18日 04:54

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。