小さなメモに感動

新聞配達は地域社会の財産です。


歳を重ねるということは、身体の筋肉が緩むことでもある。
自分では精一杯、脚を上げているのに、思いより少し足りない。躓く。
まなじり決して立ち向かっているのに、目尻が上がっていない。瞼が重い。


年寄りが涙もろいのも、涙腺が緩くなっているからなのだろう。
身体だけのあちこちだけではない。心も緩むようだ。
ちょっとした出来事に感情が高ぶるのも
気遣いを怠るのも、心の緩みからくるのだ。


でも、決して緩みなどではなく・・・久々に感動で思わず涙腺が緩んだ・・・
先日の朝の出来事である・・・
我が家の玄関。狭いスペースに車を駐車している。


その車を避けないとポストに到達しない。
新聞配達の人には、窮屈な思いをさせて、ポストまで運んでもらい
いつも恐縮しているのだが・・・


早朝ウォーキングに出掛ける折、その車のルームランプが点灯しているのに気付いた。
消さねばと思いつつも、一時間ほどのウォーキング、戻ってからでよかろうと・・
戻った時には、辺りもすっかり明るくなっていて・・


ルームランプのことは失念。記憶力も緩んでいるんだね。
ポストから新聞をとって・・・いつものように開くと・・・
中日新聞の一面に可愛い小さな符丁が貼ってある(写真参照)
一瞬・・孫娘いたずらか・・なんて頭によぎったのだが・・
朝刊です。そんなハズはない。


目を凝らすと・・そこには「いつもありがとうございます。
お車のルームランプが灯いてます」と・・・あっそうだったと、慌てて家人に。
それにしても、こんな心遣いに・・・目頭が熱くなた・・・


春とは申せ、早朝は冷える。配達時間にも限りがあるでしょう。
にも関わらず。多分、わざわざメモを書き(メモ用紙持っているって凄いですね)
畳んだ新聞を開き、丁寧貼り付ける。いやはや、感動しました。


高齢社会です。新聞配達の仕事は、新聞配達のみならず、
地域社会の一軒一軒の事情もわかる。地域のささやかな動きにも目配せできる。
地域になくてはならない貴重な財産だ。

改めて、新聞を購読しなければ、こんな心遣いに触れることはできない。
新聞と配達員に改めて感謝しています。ありがとうございます。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年03月16日 05:09


朝からいい話ですね。小さな親切運動というのが昔ありましたが、最近は良かれと思ってしたことが「小さなお節介」と思われてしまう時代です。
さわやかな話をありがとうございました。

投稿者: リミスキー | 2016年03月16日 10:14

微笑ましい、素敵なお話しですね。うちのお店のテラス。桃の木のつぼみが大きくなりはじめました。沈丁花も満開です。昔は“咲く”という言葉を“笑う”と表現したそうですね。春は木々が笑う(咲く)季節。花々の微笑む便りと一緒に、こんなステキな微笑むお話しが聞けてよかったです!

投稿者: レモンハート | 2016年03月17日 11:39

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。