2016年04月

世論頼み

2016年04月30日

選挙公約を・・・公募するなんて・・・真面目に働いて下さいよ。


休みに何をするのか。そこで人生が決まる。と私は思っています。
なぜかと申しますと、一年の三分の一が休みだからです。
度々申していますが、今の日本は働くな・・を奨励する愚かな国です。


しかし、本当に社会を動かしている人たち、
或いは優良といわれる企業の中枢には365日、休まないで働いてい人たちいて、支えています。
そんな組織や場所にいない・・・つまり2日働いて一日休める恵まれた我々。


そんな我々に取って、大切なことは・・
休みを如何に有効に過ごすかではないでしょうか。
ゴールデンウィークだから思うのではありません。


折角の連休です。
仕事を深めるための知識を吸収するも良し。
より善く生きる為に、己を磨くも善し、無為に時間を過ごすことは避けたいものです。
なぜなら「人は働くから人」なのです。
より善い働きができるよう常に努力するのが、プロというものです。


チョッピリ・・驚きました。
政治のプロが、仕事をサボタージュするんですから。
こんな言い方をすると、叱られるかも知れませんが・・
政党の仕事は、自らの理念に沿って、この国の今と将来のために・・
政策をつくることではないでしょうか。


それを・・・国民に教えてもらおうと考えたのでしょう。
政策を公募、夏の参院選の公約にしようってんです。
おいおい・・・幾ら寄り合い所帯だから、まとまらないからと・・・
党名に続いて「選挙向けの公約」まで「世論頼み」とは・・・信じられない。


仕事をしないどころが、自分の仕事を「お客様」に委ねるんです。
敢えて申します。ゴールデンウィークに浮かれ・・休んでる暇があれば、仕事しなさい。
一強他弱なんて、言われるのは怠慢、恥だと思って・・・


私は・・・この休みを利用して、
我が社の次の一手のために、せっせと、面白い情報を仕入れ、
また、読みたくて積んであった本を自分の抽斗に容れています。
「世論頼み」では未来は開けませんから・・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月30日 05:40 | コメント (0)


ゴールデンウィーク

2016年04月29日

スポーツシーズン、私はゴルフ仲間に一泡です。


九州大地震、被災され避難所生活を余儀なくされておられる方々の・・
姿が映し出せるテレビ報道や新聞紙面を見ていますと、
浮かれてなぞいられない。そんな重い気持ちですが・・・


季節は人の営みや苦難など全く無視して・・
近在の山々は新緑に溢れ、初夏の装いです。
なんとなく無情を感じますが、落ち込むよりも季節に包まれる方が・・


今日からゴールデンウィーク。
地域みっちゃく生活情報誌®でも多くの行楽地へのお誘いなどを提案していますが。
それぞれに楽しい計画を立てておられることでしょう。


気候は最高、天候にも恵まれる季節です。
陽光の下、スポーツに講じる人も多いのではないでしょうか。
私の早朝ウォーキングコースの岐阜県総合運動場、メモリアルセンター。
そこの入り口に・・・スポーツフェアの案内版が立て掛けられています。


毎年のことですが。実に多彩なスポーツ催しが実施されています。
出場を予定している人たちにとっては、準備怠りなく心弾ませていることでしょう。
私もこの歳でできるスポーツといえば、趣味のゴルフ。
気の置けない仲間と予定を立てています。


この歳でといえば、マラソンの君原健二さん。
50年前に制したボストンマラソンにチャレンジ、75歳にして完走。
古希を過ぎて原因不明の脱力症に、歩けなくなったのだが・・・
そこから努力して復活。不屈の精神で・・


「続けていれば、またいつか時が巡ってくる」とは
東京五輪で8位に終わり、目標を見失い・・挑戦してボストンで優勝した時のコメント。
完走に「50年前と変わらない満足感がある」と・・・スポーツっていいですね。


ゴールデンウィーク、なんの予定もない。そんな人はいないと思いますが・・
心地よい季節です。ぜひ、スポーツに講じて身体を動かして見ませんか。
私は日頃ウォーキングで鍛えた足腰をフル回転させ、ゴルフ仲間に一泡です。
Goto

IMG_0697.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月29日 05:17 | コメント (0)


空飛ぶタイヤ

2016年04月28日

自動車業界再編へと流れるのか?


不正の代償はあまりにも大きい。
独自動車フォルクスワーゲン(VW)排ガス不正問題で米環境当局と和解。
約60万台の買取、補償金など総額「100億ドル(1兆1千億円)」程度の負担。


他にも仏・ブジョーシトロエンが仏当局から排ガス問題で立ち入り調査。
ルノーも同様。独ダイムラーも米国で排ガス基準承認の際、社内手続き問題ありと調査。
ダイムラーのディーゼル車集団訴訟が・・・大手自動車メーカーの不正が次々・・


と書いていくと、自動車業界全体の体質かと思われますが・・・
そんなことはない。環境規制に技術が追いついていないのが原因。
であれば、不正で隠蔽で糊塗してしまえとの経営姿勢のなせる技。
そんな体質のメーカーが製造する車に命を預けているのですから・・怒りは収まらない。


「空飛ぶタイヤ」・・池井戸潤さんの小説です。
ある自動車メーカーの不正と敢然と闘う企業告発小説です。
モデルは知る人ぞ知る、三菱自動車。


その三菱自動車・・主力の軽自動車・・エコーカー減税対象認定のため、
データを改ざん。62万5千台を不正販売・・・記憶に新しいリコール隠しで・・
社会の指弾を浴びたのが2000年と04年に続く不祥事・・・


一寸の虫にも五分の魂、泥棒にも三分の利と申しますが・・・
この不正、国民を欺いただけではなく、同業他社も、そして国家も。
世界の市場から日本の自動車業界全体が懐疑の目で見られる・・
日本の基幹産業、経済の屋台骨が揺らぐ大事件になっています。


もはや弁解の余地もない法を無視した企業ぐるみの犯罪行為。
さて、どう対処するか。まずは経営陣の一新。VWの例に倣い全車買取、補償金の支払い。
そして、減税分の還付を早急に実施する以外になかろう。


総額がいかほどになるかはわからないが。
数兆円規模になるのではないか。
となると、存続は難しくなる。だとすれば、経産省が乗り出して・・
自動車業界の再編を指導することになるでないか。


旧財閥系の三菱と新興のトヨタが・・・そんな構図も見えないではないが
不正の代償はあまりにも大きい・・・
さて、池戸井さん「空飛ぶタイヤ」の続編・・・この不正で書くのか?Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月28日 05:49 | コメント (3)


報道の自由度

2016年04月27日

偏向調査では、ランキングが下がるのも仕方がないですね。


2010年に11位だった世界ランキングが・・・
年々順位を下げ、14年59位、15年61位、16年72位ですって。
なんのことかと申しますと、「国境な記者団」が発表した「報道の自由度」です。


180ヶ国・地域を対象に、各国の記者や専門家へのアンケートを踏まえ
ランキングをつくっているそうです。
因みに12年、13年は当然下がっているのでしょうねぇ。


72位とは欧米の民主主義先進国から・・・大きく遅れている。
ドイツ16・カナダ18・英国38・米国41・フランス45位・・・
なぜ、どんどん下がったのか・・・


報告書では「東洋の民主主義が後退した」と日本を規定・・
特定秘密保護法の定義があいまいな「国家機密」が厳しい法律で守られ・・
記者が処罰の対象になりかねない。「メディアをマヒさせる」


放送事業者に「政治的公平」を求めた「放送法4条の規定を根拠に
総務相が放送局の電波停止に言及する」のは・メディアが自主規制に陥っているからだと。
「報道の自由」に関する国連特別報告者(朝日)・国連人権理事会が任命した
特別報告者(毎日)は「日本は報道の独立性が重大な危機に直面している」と・・・


安倍政権が「報道の自由世界ランキング」を下げている元凶だと指摘。
それがランキングが下がる根拠のようです。
菅官房長官は「放送法で編集の自由は保たれ報道が萎縮する実態は生じていない」と反論する。


私の率直な感想だが・・・日本で報道規制が強化されたとは到底思えない。
順位が下がり始めた年は民主党政権です。(朝日はその年の順位を明らかにしてませんが)
特別報告者はいったい誰を対象に調査したのか。


ぜひ、教えて欲しいものです。
政権に批判的な記者や専門家が対象なら・・
安倍政権を右傾化政権だと決めつけている人たちです。
それは偏向調査と言わねばなるまい。


「報道の自由」が守られてなくなれば、この国は死滅します。
私にはこの国は世界的に見ても自由で闊達な報道ができる国だと思っています。
国を守ることが、報道の自由を阻害するとはとても思えません。
私の感覚では英国並みではと思います。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月27日 06:01 | コメント (0)


新聞の価格

2016年04月26日

誰も読まない・・日経の学力テスト紙面・・それも講読料の内ですか?


新聞が今朝、何ページ立てで配達されたか・・・
カウントしている読者はいないのではと思います。
新聞を読もう・・・をテーマにブログを書く私です。


新聞は商品です。読者は定期購読者が圧倒的に多いです。
当然ですが、一ヶ月支払う金額が定額ですから、
新聞の月間ページ数が商品として価格の根拠でなければならないハズです。


普通の商品ですと、中身の量によって値段は変動します。当然ですね。
でも、新聞の場合、今月のページ数が少ないと文句を言う読者はいません。
発行する側に裁量権がある不思議な商品です。


情報を買っているのだから。ページ数は関係ない、とおっしゃるなら・・
月にどれだけの情報を届けるから幾らの値段だと言わねばいけませんね。
例えば、月に1000本のニュースをお届けするから、幾らのなのだと。


ページ数も情報量も売り手の新聞社が勝手に決め・・・
誰もが何の矛盾も感じないなんて、通常のビジネスでは考えられません。
特殊なのか、それとも新聞社の甘えなのか・・・


4/20・新聞各紙に全国学力テストの問題が掲載されました。
朝日新聞は「紙面の都合なのか・・・新聞紙面に収まるようにしたため
文字が小さくなりました。問題用紙と紙面では異なる場合が・・」と注釈付きで掲載。


毎日は全問題を掲載せず・・・「特徴的な問題と正答を掲載します」と
抜粋して掲載・・・全問題と全正答は毎日新聞ニュースサイトで見ろと。
読売も朝日同様、文字を縮めて、全問題を掲載しました。


その日の新聞立てページは、朝日、読売、日経は40ページ。
毎日は30ページ、紙面が足らないので抜粋になったのでしょう。
新聞によって、情報量が違う典型です。毎日と他紙の月極価格が
ほぼ同じなのに・・・・(新聞の価格は再販制度で守られています)・・抜粋はおかしい。


で、日経ですが。6ページに渡って全問題を掲載しています。
日経は経済紙です。経済と学力テストの因果関係がどこかにあるのでしょうか?
なぜ、学力テストの問題をすべて掲載せねばならないのか?私には理解できません。
テストの紙面、日経の読者の誰が読むんでしょうか?


乱暴に申します。日経読者・・・誰も読まないと思います。
読まないと思っていて掲載する理由がどこにあるのでしょうか。
あるとすれば、40ページを維持するために・・・掲載したとしか考えられません。
読者としては、経済記事を6ページ分掲載してくれた方がよほど講読料に見合っている。


学力テストに例を取りましたが、
新聞の定期購読料金の基準はどうなっているのか。
新聞社がそんなことを考えたこともないとするならば・・・
購読者の減少もなんとなく・・時代にマッチしていないから・・
と思えるのですが・・・如何ですか?Goto


IMG_6165.JPGIMG_6166.JPGIMG_6167.JPG
4/20日本経済新聞

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月26日 05:55 | コメント (0)


ナンセンス!

2016年04月25日

文化の「文」に対立するのは「理」ではなく「武」です。


朝日新聞オピニオン「耕論」のページは実に楽しい。
今度の号、テーマは何か・・日々捲る新聞で、必ず手が止まる・・・
4/7・「文系で学ぶ君たちへ」と題した・・三氏の文系擁護論は面白かった。


学生注目!・・・何だ!
文系の学問は役に立たないから廃止しろ何てことが言われている!
・・・ナンセンス!我々は先輩の教えを聞いて、断固文系で学ばねばならない!


そんなリードで、この問題を取り上げている。
これって、全共闘時代のノリですよねぇ。
朝日には、あの時代の残党がまだ残っているのでしょうか?
あの時代の残党である私・・笑っちゃいます。


文系不要論は、文学部を指しているのではありません。
法学部、経済学部なども含んでいるのです。
大学に入学したけれども、バイトと遊戯に明け暮れ・・
真面目に学問と取り組まない学生があまりにも多い。
であれば、不要ではないか。そんな意図です。


それを文化の否定と捉えて・・文学部擁護論を展開させる・・
朝日的ではありますが・・・ピントが合っていない。
やはり、如何にすれば文系の学生が真摯に学問と向き合えるのか・・
その制度を論じるべきではないかと思う。


しかし・・・真面目に論じておられる三氏の文化論、なぞっておきましょう。
私の好きな哲学者、鷲田清一氏・・・文系の文は織物の「文」(あや)
理系の「理」は石の「肌理」(きめ)を意味する。どちらも模様のこと。
見極めようとするものは同じ・・・大学では皆が「文」を学ぶのです。


因みに「文」に対抗するのは「理」ではなく「武」。
と考えると危機にあるのは文系学部ではなく「文化」ではと。
なかなか蘊蓄のある文化論です。勉強になりました。


初めて聞く詩人・・最果タヒ氏
「さいはて」とは面白い姓です。それに素顔を公開しないんだそうで、後ろ向きの写真が。
今時顔を隠しても、ネットで直ぐに公開されますよ。格好付けすぎではと思うのですが・・
彼女の論は・・役に立たないこと、無駄なことにも意味がある、
それが文学だ。私の詩はそうだと。妙に納得ですね。ポエム的ではありません。
自虐的ではありますが。


そして、もう一人が日本文学研究家のロバート・キャンベル氏
文学とは表現やコミニケーションを研究する学問。
作者の意図するところを「問い」ながら読み解いていく。
そのプロセスから「解」を導き出す。
そこで鍛えられた感性こそが、自分を支える基盤となる。


小説好きの私としては、なるほど奥が深いと感心します。
ナンセンス!ナンセンス!と叫んでいた私・・
こんな先生に巡り合っていたら・・もう少しまともな文系の勉強を。
どうぞ、文系の学生さん、良き師と出会い・・真面目に勉強して下さい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月25日 05:12 | コメント (0)


妙なコラムです。

2016年04月24日

地震・火山列島とTPPにどんな因果関係があるのでしょうか?


米国、大統領選、民主・共和の有力候補は、こぞってTPPに反対している。
エッと驚きますね。だってオバマ政権が積極的に取りまとめ役担っているのに・・・・
それなのに、民主党の候補二人が共に・・・


例えば・・・ヒラリーさんが大統領になったら、どうなるんでしょうか?
今更、米国は一抜けするんでしょうか?
環太平洋の国々で中露を除くんですよ。安全保障の含みもありますよねぇ。
韓国が加わらないのは理解不能ですが・・・


共和党のトランプさんになれば、日米同盟も危うくなります。
そうなると、日本の立ち位置が難しくなり・・・
東アジア共同体構想(民主政権時代の)なんてことになるんでしょかねぇ。
そうなればTPPは米国抜き・・・・??


毎日新聞のコラム・・名コラムニストの山田孝男さんが・・
風知草で「TPP漂流」と題して、先日消費増税の先延ばしを進言した・・
ノーベル賞経済学者米コロンビア大の教授が・・・


「TPPは悪い協定である。国際企業利己性が強調される。
欧州はそれを理解して非加入を選んだ、日本が参加すれば二流の協定に縛られる」
・・「世界に分断と対立撒き散らす、最悪の協定」だとこき下ろして批判している・・


にも拘らず・・・日本政府は「GDPが増え、みんなハッピー」というが、
TPPは・・「あらゆる人の犠牲もとに、米国のごく一部の最富裕層と、
世界各国のエリート層が恩恵を得る、という状況ができる危険を孕む」


2010年、民主党政権が参加表明・・・そして、成長優先、同盟重視の安倍政権が参加を決め、
この2月に署名、今月5日からTPPの承認案と農業対策などの関連法案が国会で始まり・・
地震・火山列島ますます鳴動の時・・「すんなり可決で良いのか」とコラムは異を唱える。
(結果は震災対策を優先・・先伸ばしたが・・・実は米大統領選見据えて)


なんとなく御尤もなコラムですが・・・
よくよく考えてみると、米国の有名な学者がそう宣ったからTPPに反対との主張は・・
消費増税率据え置きの根拠を同じ経済学者に求める・・安倍政権とどこが違うのか?


また、どうして、地震とTPPが関係するのか。妙な論理展開です。
では、農業問題をどう解決するのか。農産物の輸出は考えないのか。
なぜ、格差の拡大になるのか。大統領選候補者の反対は農業者の利益確保のためでしょ。


「倉廩実ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る」と申しますが、
民主であれ自民であれ、時の政治家は、国民のためを思っていないと批判を
前提でコラムを書いているとすれば・・それこそ、新聞の奢りではなでしょうか・・・
コラムニスト、コラムのためのコラムではねぇ。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年04月24日 06:09 | コメント (0)


情けないですね。

2016年04月23日

子供の成長を理解できないわがままに・・高齢者を叱りたい。


岐阜の片田舎に暮らしているせいなのでしょう。
「子供の声でうるさくなる」だから、保育園を作らせない・・
そんな都会の住民の声が信じられない。


我が家は中学校の前あります。
「おはようございます」と元気に登校する生徒の声。
音楽の時間なんでしょう。歌声も、休憩時間の喧噪も・・
実に心地良い音です。騒音だなんて思う人の気持ちがわからない。


とは申せ。開校している時間に、家に居たことがない私ですから。
家人の話ですが・・・。中学校と保育園とでは違うのかもしれません。
報道で知る限り・・・反対する住民の大半が・・・高齢者って言うじゃないですか。


それも、「声がうるさい」だけではなく。車での送迎で、道路が混雑するから、
自転車の放置で交通渋滞がとか、地域の行事に参加しないとか。
子供が多いから火災の発生が気になるとか・・・取るに足らない。理由ばかり・・


私に言わせれば、独居老人や高齢者世帯の方が・・よほど、心配です。
子を育て、孫に恵まれた人たちが、社会を担う子供ために・・などと考えもせず・・
身勝手を押し通し、「絶対に作らせない」と口角泡を飛ばす姿に・・・


あーあ・・・この国を腐らせているのは、自分さえよければと
傲慢に生きているワガママな高齢者なんだと改めて思う。
片方では、「待機児童をなんとかせよ」・・・子育中の若い女性が・・
これもいささか乱暴に訴えるが。


なぜ、日本人はこんなに殺伐として生きているのでしょうか。
もっと大らかに、温かく生きようと思えないのか。
人間は誰もが死する運命にあるのです。であれば、善く生きねばなりません。


そのためには、自分の周りの人たちが幸せになれば、
自分も幸せになれると、なぜ、思えないのか。
身勝手な保育園設置絶対反対に情けない思いです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年04月23日 06:36 | コメント (0)


被災者支援を・・・

2016年04月22日

オスプレイで物資を輸送するのが、なぜ問題なのでしょうか?


なかなか地震が終息しない。難しい時期にこんなテーマも何ですが・・・
4/19の朝刊各紙・・九州大地震を伝える紙面です。
我々は、テレビのニュースか新聞の報道で
現地の事情を知るしか・・術はありません。


毎日新聞・・・「物資不足いつまで官民連携機能せず」(2・3面)
読売新聞・・・「避難所物資届かず」「米軍が支援輸送開始」(2・3面)
朝日新聞・・・「膨らむ避難所・混乱」「情報共有進まず物資滞留」(2面)
日経新聞は交通網が寸断され、物流が機能せず、企業の製造が止まり、
経済的打撃を報じています。経済紙ならではの視点です。


各紙共通するのは・・・ライフラインの確保、支援物資の早急な配備です。
政府も、すべての手を尽くし、物資を被災者に届けると大号令を発しています。


同日・・朝日新聞の4面・・・
米軍のヘリ「オスプレイ」が水、食料、簡易トイレなど・・
緊急物資輸送を始めたことに・・政治利用だと・・・報じている。
自衛隊には大型ヘリ70機ある。敢えてオスプレイが必要なのか。

「オスプレイに対する国民の恐怖感をなくすために・・慣れさせよう・・
この機会を利用するのはけしからん」との共産党書記長談話を敢えて・・・
最近、朝日と共産党は近いですねぇ

安全面に問題はないのか。日本政府と米軍は、
オスプレイの災害派遣での実績づくりを急ぎ・・安全保障上の
「必要性」と「政治的効果」を狙ったと・・批判の記事を掲載した。

そうかも知れない。でも私はこの緊急時に、オスプレイだから・・
と批判する感覚が理解できない。被災者は余震の恐怖と不安に苛まれているのです。
支援を待ち望んでいるのです。


にも拘らず、「オスプレイ」を取り上げ、右傾化だと批判する。
戦争しているんじゃないんです。
非常時です。右でも左でもない。被災者を護るために手段を選ばぬのが当然です。


記者は必死で取材しているのに・・
編集局なのか、一部の人達なのかわかりませんが・・・
同日のオピニオンのページに憲法を考える「国家緊急権」について・・・
二人の論客に・・・緊急権を憲法に付加する必要はないと語らせています。

平和を唱えることで被災者が救われると思っている人がいるのですね。
どんな感性で新聞を作っているのでしょうか。
読者に被災者支援を訴えてこそ・・だと思うのですが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月22日 05:48 | コメント (0)


時代は、ローカル

2016年04月21日

一般社団法人・日本地域広告会社(JLAA)年次総会開催・・・地方創生を熱く語る。


我が社が所属する・・・全国の広告会社の集合体
日本地域広告会社協会(JLAA)の総会が東京で開催されました。
今年で14年、一般社団法人となって3年目です。


会員社は北は北海道から、南は九州まで、全国を網羅した48社。
賛助会員と合わせ61社が組織され、年間を通じ活発な活動を展開しています。
取分け、会員間の交流が盛んで、日本各地での様々な取り組みが共有できます。


人口減が現実のものとなり・・・地方創生は急務です。
政府は「地方の再生なくして日本の再生なし」と地方創生に本腰を入れています。
地域の広告会社の役割は「その地域を元気にすること」であります。
具体的には「その地域の経済を活性化し住民元気に」するために活動することです。


「地方創生」を牽引するのは、もちろん、そこに暮らす有為な人たちです。
その牽引役は首長であり、議員であり、そして自治体職員であります。
地域の広告会社もまた、地域メディアとともに・・
知恵とアイディアを駆使して役割を担う立場にあります。


JLAAの昨年のテーマは「集積知で地方創生を!」でした。
地域の広告会社の持つ様々なノウハウを持ち寄り、集積知です。
その地域の創生のために、それらを活用する・・・


今期のテーマは「時代は、ローカル」と昨年よりも一歩踏み込み、
不透明な時代と言われますが、その霧を晴らすのは・・地方からでなければならない。
そんな熱い思いで広告の仕事に取り組もうとの決意です。


基調講演では、ズバリ「地方創生時代に求まられる広告会社」と題して・・
公益財団・全国市町村研修財団・全国市町村国際文化研究所の教務部長・教授
松藤保孝氏に・・・地方創生の現状と方向性について語って貰いました。


また、セミナーも同時に開催、会員社のユニークで多彩な取り組みが披露され、
地方の広告会社の新たな可能性を掴み取れる有意義な総会となりました。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月21日 05:54 | コメント (0)


三重サミットの成功を。

2016年04月20日

G7外相会議・・・ヒロシマでの開催・・外務省を評価して良いのでは・・・


主要先進国の首脳が一同に集う・・・
伊勢志摩サミット開催まで、後1ヶ月余りとなった。
我が社では、昨年12月、サミットを開催地を誇りにと・・


志摩・鳥羽エリアを中心に・・ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌
「さみっとくらぶ」(20,000部・全戸配布)を創刊しました。いよいよです。
4月号では・・巻頭特集に「成功に向けて地域力を結集」
「オール三重でサミット成功へ」を組み・・・開催地の機運を盛り上げている。


同時に・・・伊勢地区で発行の「イセラ」(伊勢市・60,000部・全戸配布)でも
「地域一丸・・伊勢志摩サミットを成功させよう」を特集(写真参照)
市民のサミット成功への様々な取組を紹介。事前準備に汗を流す市民の活躍を報じている。


そのサミットに先立ち・・広島でG7外相会議が開催された。
私は久々に、日本外交の真髄を見た思いで、新聞報道を読んだ。
会議の中心課題はテロ対策と非核国の核化阻止。つまりは国際平和を論じた。


何よりもヒロシマで開催された意味は大きい。
外務省・・よくぞ広島開催にこぎつけた・・原爆資料館を案内できたのは快挙だ。
ケリー米国務長官・・・「世界中の全ての人が資料館を見るべき。
核兵器の脅威を根絶させる責務ならず、戦争を回避するあらゆる努力をすべし、
戦争は最後の手段であって、決して最初の選択であってはならない」


「記念館は私たちに対し、世界を変え、平和を求め、すべての人に希求される未来を
作るように懸命に努力すべきだということを強く訴えかけてくる」と・・記帳した。


さすがに一流の政治家の見識は違いますねぇ。格調があります。
読んで・・・長官はこう感じられたかと思うとジーンときます。


朝日・・・原爆を投下した米国の・・・謝罪なし・・
(これでは歴史認識で譲らぬ隣国と同じ論理じゃないか)
毎日・・最近のヒロシマ・・被爆地としての声が弱い・・
(訳の分からない、批判を広島市民に向けている)


朝日に一言、戦争終結を早め、多くの将兵を救ったと原爆投下を正当化する・・
米国世論を押し切って資料館を訪ねた長官に敬意を表しないのか。
この実現に70年の歳月が掛かった・・・その重みこそ、未来に繋げようとしないのか。


毎日にも。ヒロシマの訴える力が弱くなったのではない。
日本人が、ヒロシマ、ナガサキを忘れつつあるのだ。
毎日が主張すべきは、すべての日本人が資料館を訪れることではないのか。


そして、日本のメディアは外務省を讃えるべきではないか。
叩くばかりが、メディアじゃなかろう・・・


三重サミットで、原爆資料館が話題となり、オバマ大統領を始め、
他の首脳もヒロシマを訪れること、それがサミット成功の姿ではないか・・
そんな思いもする。G7外相ヒロシマ会議に感じた。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月20日 06:06 | コメント (0)


パナマ文章・・その2

2016年04月19日

天網恢恢疎にして漏らさず・・・


このブログは1日1話が基本です。
同じテーマを複数日書くことはないのですが・・・
これが世の中だと思うと、腹が立って仕方がないので、その2を・・・


知るべき人は知っていたのでしょう。
税金を逃れ、裏金をロンダリングして、私腹を肥やす・・・
その手法の一つに「タックスヘイブン」(租税回避地)を利用すること。


タックスヘイブンは、法人税や所得税などの税率がゼロか極めて低い国、地域。
カリブ海の英領バージン諸島やケンマイ諸島などが有名。(朝日)


犯罪ではないのだろうが・・・
世界の名だたる指導者・・キャメロン、プーチン、習近平、
ポロシェンコ、アイスランドの首相、パキスタンのシャリフ首相などなど・・
10ヶ国の現旧指導者と関係者が関与する会社が
英領バージン諸島に会社を持っていたとは・・・・


天網恢々疎にして漏らさず・・と申しますが、悪事はできないモノです。
政治とは税をどのように集め、使うかであります。
その世界の指導者達が脱税するのですから・・
真面目な納税者として、情けない限りです。


この実態を暴いた「ICIJ」・・(国政的な汚職や犯罪調査報道する組織)
国際調査報道ジャーナリスト連合にジャーナリズムは死なずと・・・
敬意を表したい。


「反腐敗」を旗印にしてきた中国当局の狼狽ぶりや、
英首相のしどろもどろの会見などを知るにつけ・・
改めてジャーナリズムの必要性を思い知らされます。


膨大な資料の全容が解明されてたわけではなさそうです。
朝日新聞社は2012年にICIJと提携関係を結んだと胸を張っています。


「パナマ文章」は1000万件にものぼるそうです。
日本の政治家に・・不届きな奴はないと思いますが・・・
この際です。ぜひ、その証明をして欲しいと願います。
しかし、嫌な世の中ですねぇ。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年04月19日 05:36 | コメント (0)


教訓

2016年04月18日

自分のことは自分で守る・・・


おさまれ、おさまれと天に祈る気持ちです。
内陸性の地震が九州を縦断・・・四国、中国地方まで・・
断層の意味がよく分からない素人ですが・・


報道で知る限り・・日本列島を無尽に走るいくつもの断層が・・
徐々に東進していくかのようです。
これではまるで、小松左京が描いた「日本列島沈没」の図ではないか。
そんな思いがします。


熊本で発生した最初の地震が6弱。その翌日に6強の地震・・・
先のが前震で、後のが本震・・そんな気象庁の発表を聞いて・・
八つ当たりではありませんが。そんなの後付けじゃないのか。


5年前・あれだけ地震学者が登場・・・解析したのに。
今度の地震、誰も言い当てないどころか・・・なんの予見もない。
これって、はっきりしていることは、地震はいつ何処で起こるのか、
誰にも予知できじゃいってことですよね。


研究者皆さんは、いったい何を研究しているんでしょうか。
そんな、怒りを覚えます。
無辜の庶民としては、テレビから流れる・・避難してくださいとか・
気を付けて下さいとの繰り返しに虚しさを覚えます。


と言うことは、備えあれば憂いなし。
地震はいつ起こるかは分からない。だから、
懐中電灯と、携帯の電源、ラジオ、手袋、スポーツシューズ、など防災グッズと
水だけは、必ず用意すること。


寝るときには、圧死しないよう予めガードした部屋で寝ること。私もそうします。
そして、危険だと思ったら、兎に角、安全な場所。屋外に飛び出す。
喉元過ぎれば・・・なんてことにならないで、教訓としないといけない。


自分さえよければ・・そんな人が増えましたが、
他人を蹴散らして自分だけが・・そんな世渡りしかできない人ほど・・
自分の身は自分で守ることができない気がします。


真に周りの人のことを考えることのできる人は、
他人に迷惑をかけない。そんな意味で、
自分のことは自分で守ることができるのではと思います。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月18日 05:44 | コメント (0)


心が痛む

2016年04月17日

風雪に耐え、肥後人達を見守ってきた熊本城が・・・見るも無残に・・・


天は何を怒っているのか。
大自然の猛威にどう対処すれば良いのか。
固唾を飲んで見守るテレビ報道に・・5年前の悪夢が蘇る。


春分の日に気の置けない仲間達と、
お堀のほとりにある城見櫓と称する飲食店から、ライトアップされた熊本城に感動。
風雪に耐え、熊本の人々を温かく見守っていた勇壮な城が・・無残な姿に。


地震発生の報を知り、打ち続く余震の恐怖に耐えておられるであろう・・
熊本の知人達・・・何かをしなければと思うが、何もできない。
その安否を気遣う意外なす術もない。ただただ・・地震よ、治ってくれと祈るのみ。


政府の更なる迅速な対応に託す以外にない・・・
自治体職員の奮闘を願うしかない・・・
緊急派遣される自衛隊員や警察官、消防隊員諸氏に「お願いします」と・・
無力を痛感しながら・・・心が痛む。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月17日 05:13 | コメント (0)


パナマ文章・・その1

2016年04月16日

こんな政治家を選んだ国民に責任はないのでしょうか?


遂に東京地検特捜部が乗り出したか?
今時、古典的政治家の利得行為が白昼堂々大臣室で・・・嘘じゃないか・・
と思ったんですが・・業者とUR(都市再生機構)を家宅捜査・・


元大臣の公設秘書、UR職員らの事情聴取はすでに済んでいるとなると、
次は業者の逮捕・・そして政治家の・・・・止まらないだろう。
本格的な捜査が・・・これほど明確な「あっせん利得処罰法」違反では・・・


この政治家の逮捕がいつになるのかが焦点になるのではないか。
このままだと、国会開会中です。終了後の6月だが・・
直後に行われる参院選・・ダブル選になるかも知れない・・の影響があまりにも強い。
だとすると、前倒して・・ゴールデンウィーク中の逮捕ってことになるかも。


政治とカネの話はもう、うんざりだが・・
この程度の政治家を盟友として、政権の中核に据えていたのだから・・
安倍さんの真贋も如何なモノか。政治家のモラル極まれり・・


ここはメディアの出番です。
職員の「備忘録」は秘匿すべきと、隠蔽しておきながら・・
特捜が本格的に捜査に乗り出したと知るや・・組織防衛に走るURの体質・・
メスを入れる必要があるのではないか。メディアが徹底的に取材すべきです。


この問題では政局にはならない。余りにもお粗末な事件だから。
日本経済にもなんら影響もない。もはや、過去の出来事だから・・
特捜にはぜひ、頑張って事件解明を急いでもらいたい。


ただ、私が思うことは「この政治家にこの国民」・・
こんなお粗末な事件を起こす政治家を選んだ国民にも・・
責任が問われているのでは・・と思うのですが・・・
しかし・・海の向こうでもとんでもない・・政治家を首脳に・・。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年04月16日 05:35 | コメント (0)


悼む・・多胡輝先生

2016年04月15日

実践心理学をご教示頂きました。


「みんなハッピー。誰もがハッピーにならなければ・・」
私がまだ血気盛んで、イケイケドンドンの若かりし頃・・
そうです。40代の前半。「多胡輝先生」に諭されたことばです。


ひょんなご縁で、公私ともにお世話になりました。
「頭の体操」・・・の読者が先生から社会実践の心理学を学び・・
人生勉強をさせていただきました。心の師であります。


所以あって、最近はご縁が遠ざかっておりましたが・・
悲報に接し、ご指導頂いた日々が走馬燈のように巡ります。
四半世紀以上前の話です。


我が岐阜県の山中に樹齢500年と言われる杉が林立する地があります。(旧洞戸村奥)
その大木を拝すべく十数人で山中に分け入ったことがありました。
俳優の丹羽哲郎さんも奥様の須磨さまもご一緒でした。


山主氏に先導され・・山道を・・結構な勾配を・・
大方の人が根を上げ掛けた時・・多胡先生。
「目的地までちょうど半分来ました」と・・・
その一言に「全員の心理はどう動いたでしょうか」


「半分まで来てしまった。もう引き返せない」
「このまま全員でチカラを合わせて行くしかない」と奮いたったのです。
実際の目的地は目前だったのです。(山主に先生はこっそり聞いていた)


やっとの思いで辿り着いたその場所は・・・まさしく聖地。
杉の大木達が大気を優しく包んで、我々を迎えてくれました。
全員が清々しい、爽やかな気分に・・・


多胡先生の叱責のおかげ・・・優しい笑顔が忘れられません。
私のハッピーメディアの心は多胡輝先生の「誰もがハッピー」にあります。
先生のご冥福をお祈り申し上げます。合掌 Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月15日 05:36 | コメント (0)


善く生きる・・・

2016年04月14日

63歳・元漁師の准看護学校入学を祝す・・


アラ環こそが、日本社会をけん引すべきではないでしょうか。
アラ環とは・・還暦を過ぎた60代を指します。
60代が頑張らねば・・この国は良くならない。そんな思いが・・アラ環こそ・・です。


昔と比べるのは私の心情ではありませんが。
自分が67歳であるにも関わらず、昔の60代と比べれば、
随分、若い60代ではないかと思っています。(それは勘違い、歳は歳かもしれませんが)


しかし、人生90年時代です。
67歳でもまだ、残りの人生20年はあるってことです。
20年あれば、今から新しいこと創めて、善く生きねばなりません。
そして、十二分に社会のお役に立たねばならないと思います。


問題は「善く生きるってことは、人の幸せに貢献する」ってことを理解できているかどうか?
60年間・・生きて来て・・・「まだ自分さえよければ」なんて思っているのは恥です。
人の幸せに貢献すれば、自分も幸せになれることを、知らねば、タダ飯喰いです。


読売新聞(4/8朝刊)・・・宮城県気仙沼・・38年間、遠洋マグロ船の漁師だった・・
63歳の男性が気仙沼医師会付属准看護学校に最高齢で入学・・
看護師の道を目指すと報じています。

下船後・・「残りの人生、地域に役立ちたい」と
ホームヘルパー2級の資格を取得、介護施設で働き始め・・
大震災に遭遇・・改めて「介護の仕事にやりがいを感じ」・・一念発起
「スキルアップして高齢社会を支えたい」と准看護学校への入学を決意。


2年間学び・・資格取得後は元の介護施設に戻るとのこと・・
新入生の63歳元漁師・・「卒業後は「老老介護」になっけど、
身体が続く限り頑張りたいね」と・・・素晴らしいですね。


人口減だ、高齢化だ・・・嘆いていても何にも解決なんかしない。
アラ環なんて若い・・アラ環こそが、この国に役立ちたいと、
もうひと頑張りしてこそ、「善く生きる」ってことではないか。
私も私のやれることを通じ・・社会のお役にたつぞ・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年04月14日 05:31 | コメント (0)


新年度の全国紙・紙面から・・・

2016年04月13日

朝日新聞・The column・・吉岡桂子氏に敬意を表す・・・


新年度、新聞の紙面刷新は・・・高齢者を向き過ぎてはいませんか。
健康問題や年金など、高齢者が興味をそそる特集を多く組んでいます。
リニューアルした読売の「yomiDr.」などはその典型・・


毎日新聞のReライフは「退職金を生かす」で運用の話を連鎖させているし・・
健康の話で、高齢者の健康は足元からとフットケアを取り上げ・・・
更には・・市民農園を借りての菜園の話などなど、高齢者向け特集のオンパレード。


読者層がそうなんですから、それで良いのでしょうが・・・
どうもピンとが合っていない。なぜなら、老後の悠々自適な生活を送れる人が対象。
もはや新聞を購読する高齢読者層はそんな人たちだと・・
思い込んでいるのでしょうか?


読者の実態調査を一度もした事のない新聞社編集局の思い上がりでしょう。
いや、新年度の紙面にケチを付けているのではありません。
そんな悠々自適な生活のできる人たちは、新聞を読んでいませんよ。
と、申し上げたいだけです。彼らの情報源はネットに移行しちゃってますから。


朝日新聞、天声人語のメンバーが変わりましたね。
申し上げにくいのですが・・・味のない文章にがっかりです。
4/7の「花見の幹事」のなんとお粗末な内容・・
朝日新聞の新人記者って、よほど暇なんですね。
もっと深みと味のある天声人語を書いてもらえませんか。


とは申せ。4/7の私の視点、New York The Timesのコラム・・
トランプ現象を引き起こした責任は「メディアにある」と
米国ジャーナリズムに自省の記事を掲載、警鐘を鳴らしたのには感動でした。


それに、いつも思うんですが。The columnに執筆の吉岡桂子編集委員の
香港で書店主が消えた問題を取り上げ「読んだ空気を吹き流せ」は圧巻。
わざわざ、香港まで取材してのコラム、中国共産党暴露本が、大陸で人気とは。
さすがに鋭いと言わねばなりません(新たに始まったcolumnではありませんが)


それに、日曜日、何気に読む読書面・・どのような仕組みで
本が取り上げられるのか。書評委員会で、数百冊の本が吟味される様・・
新聞紙面の裏側を覗くようで、感心しました。本気で新聞作りやってるんじゃないですか。
安易に紙面を批判することすらはばかられます。


新聞を購読する高齢者は、実はこんな記事を待っているんですよ・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月13日 05:32 | コメント (0)


IVYルック

2016年04月12日

我が街の主力産業・・・岐阜アパレルの復活を・・・


懐かしいじゃないですか・・・あの・・IVYのJUNが帰って来たなんて。
IVYとは蔦のことですが。1960年代、日本がもっとも輝いていた・・
高度経済成長期に入ったころの若者のファッションの代名詞がアイビールック。


JUNと言えばそのライバルはVANです。
細身のチェックのパンツにVANのジャケット。小脇に麻の袋を抱え・・
リーガルのコインローファーの靴、髪を73分で銀座のみゆき通りを闊歩する・・
「かっこ良い」若者たちの象徴でした・・・


1967年春・・ニキビ面で上京した私・・・
平凡パンチでしか知らなかった・・・アイビールック。
目の当たりにした同級生達のお洒落なアイビールックに度肝を抜かれたのですが・・


憧れたのは・・・お洒落とは無縁の・・ジーパンに長髪。(今では長髪にする髪が?)
反戦歌を歌うフォークソング。ヒッピー族。そして学園闘争・・・
佐藤訪米阻止に、成田反対闘争、佐世保エンタープライズ阻止・・・政治活動・・


でも、心の何処かでは、VANにJUNにJプレスのお洒落なファッションに
憧れていたのかも知れない。石津謙介さんが、VANを立ち上げ一斉を風靡・・
そして、倒産、アイビールックが去った折、なぜか、無縁だったのに・・
過ぎ去った青春の苦味を味わったものです。


そのJUNが復活ののろしを。それがこの広告です。(写真参照)
コピーはちゃらんぽらんな文章で、何が言いたいのかさっぱりわからないが。
なんとなく、時代の変遷を生き抜いた逞しさと、あの時代の心意気が感じられる。


あれから半世紀近く・・みゆき族とヒッピー族。歩んだ道は違えども・・
敢然と姿を現したJUNに敬意を表し、復活おめでとうと、エールを送りたい。
願わくば、VANも復活してほしい・・勿論、我が街の主力産業・・
岐阜アパレルブランドも・・・Goto
IMG_6097.jpg
3/29朝日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月12日 05:25 | コメント (6)


酒輸出過去最高

2016年04月11日

年度替りのお礼です。祠で小宴会を・・


早朝ウォーキングの途中に、小さな祠がある。
どんな神様がお立ち寄りになるのか・・定かではないが。
行き掛かり上・・・毎朝、脱帽、立礼をして通る。


春の例祭なのでしょう。祠の前に小さなのぼり旗が立った。
御神酒とお菓子も供えられた。宗教的な儀式には疎い私ですが・・
年度替りです。昨年度のご加護に感謝し、新年度の恙無い日々を祈念し・・


・・お酒を奉納しようと、近所のコンビニに・・・
そこで、祠の主は、どんなお酒を好まれるんだろうか?
本来は日本酒なんだろうが、日本のビールも旨いしウイスキーも・・
最近はワインのお好きな神様もおられるかも知れない。
下戸でノンアルコールが良いかも・・はたと迷った。


昨年の話ですが。国税庁の発表によると・・
酒類の輸出額が390億円と前年から33%増え、4年連続、過去最高を更新した。
花見のシーズンで桜の下、酒を呑む若者が激減だとか・・
国内は寂しい限りだが、輸出は今後も増え続けるとか。


品目別では日本酒が140億円(昨対21,8%増)・・美味い日本酒が増えましたからね。
ウイスキーは77,4%増で103億円。欧州を中心に日本産が人気ですって。
(NHK朝ドラのまっさんが聞いたら、泣いて喜ぶ話ですね)


国別では米国が48,2%、韓国31,2%・・TPPが発効されれば・・・・
加盟国に日本産の酒が一気に輸出できっるとの嬉しい予想も・・・
農作物に続いて、酒が貿易の柱になる時代なんて・・考えられなかったのに。


で、祠ですが。散々悩んだ結果・・5日新発売の梅酒と・・
私の好きな甘口の日本酒と、そして最近評判のノンアルコールビールにしました。
ぜひ、祠でお仲間を呼んで・・小宴会をとの願いを込めて・・・
えっ・・・量が足りないですって・・・すみません。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月11日 05:31 | コメント (0)


毎日とWSJの提携

2016年04月10日

デジタル時代の新たな試みがミスマッチではないこと祈ります。


新年度です。新聞も新たな試みが展開されています。
その中でも、毎日新聞と米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の
デジタル分野での提携にはびっくりポン(あさが来たは終わりましたが)です。


WSJは世界の主要都市で発行されています。
日本では、毎日新聞が印刷し、毎日の販売店が配達していますので、
毎日新聞と提携するに不思議はないのですが・・・


それにしても、ニューヨークの「ウォール・ストリート」は・・
毎日が嫌う・・金融資本主義のメッカ・・金融・投資・世界経済の代名詞です。
その中核メディアとデジタルとは申せ・・提携するとは・・


日経とFT(ファイナンシャル・タイムス)との提携は・・
経済紙同士です。わかるのですが、毎日はどちらかと言えば・・・
自由主義経済に否定的な新聞です。その辺の整合性は取れているのでしょうか?
少なくとも、アベノミクスを認めてはいませんが。


デジタル毎日の会員ならWSJのコンテンツを追加料金なしで閲覧できると・・
結構なことですが・・・戸惑うのは毎日の読者ではないでしょうか。
いや、毎日新聞の読者層が奈辺にあるのか。
その実態を毎日は把握しているのでしょうか?


そんなことは百も承知で、メータ制課金を強化するには・・
国際経済情報を厚くする必要がある。つまり、ビジセスライクに不可欠・・
そんな判断なのでしょうか?果たしてその効果は?


新たな試みの成り行きを見てみようと思いますが・・・
有料デジタル会員が増えること願いつつ・・
読者とのミスマッチならねば良いがと心配します。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年04月10日 05:55 | コメント (0)


日本のいちばん熱い夏

2016年04月09日

女性が輝く社会が本当に実現するのか?


新年度エンジンが掛かってきました。
勿論、4/1開催した幹部会議で、新年度の方針が確認されたからです。


今期、我が社は502名の陣容になりました。
そのうち、302名が女性。日本の広告会社では・・・
もっとも広告営業に携わる女性の多い組織ではないかと思っています。


因みに、管理職の27%が女性です。
政府が目標としている30%の管理職比率も、今期中にはクリアします。
別段、意識して、登用しているわけではありません。


優秀な人材を適材適所に配置した結果です。
男女の格差とか差別とかは我が社に無縁です。
一人ひとりが「何のためにこの仕事」に携わるるのか。


仕事の役割と意義を理解し、最先端に立とうと思う人が管理職になり・・
その結果が女性の管理職比率になっているだけです。


話は変わりますが。
5月のサミットでは世界的な財政出動が議論されるでしょう。
そうなれば、政府は世界経済安定のため「今無理して消費増税を実施するのは危険」
延期が妥当と判断し、消費税増税は見送られるでしょう。


そして、働き方改革、取り分け労働制度、同一労働同一賃金の実現や
定年引き上げなど、多様な働き方の提案をベースに・・・
「ニッポン1億総活躍プラン」を掲げ・・衆参ダブル選挙に打って出るでしょう。


この選挙は「世界経済と日本経済は一体である」という当たり前のことの認識。
「日本人の働き方・社会の発想を大きく転換する」社会構造の変化が論じられ・・


疲弊する地方をどう創生するのか・・
女性が本当に輝く社会をつくれるかどうかが問われる・・
重要な選挙になるのではないでしょうか。
2016年夏は「日本でいちばん熱い夏」になるのではと思っています。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月09日 06:09 | コメント (0)


新聞は一冊の本

2016年04月08日

HAPPY NEWSキャンペーン応募に大学生急増・・・


春の新聞週間です。新聞読んでますか?
新聞を購読している人、手を挙げて下さい。毎日読んでる人、手を挙げて下さい。
なかなか手が挙がらないですねぇ。


我が社の社内報・・「中広報」に「導線」と言うコラムを書いています。
4月号で298号ですから、24年と8ヶ月・・毎月書いています。
4月号は「新入社員38名の若鮎に捧ぐ」と題して綴ってみました。


広告の仕事は幅広い知識が必要です。
自分を磨く努力を続けて下さい。自分を磨くには本を読むのが一番。
読書とは「他の頭を借りて考えること」であり「思索の代用品」です。
経験に未熟な人は本の力を借りて自分とは違った人生を学ぶことが大切です。


私は長年「新聞を読もう」を提唱しています。(このブログもそうです)
新聞を一冊の本と捉えてみてはどうでしょうか。
今地球上で起こっている事が毎日わかる一冊の本です。
毎日本を読むのですから、自分を磨く事になります。


春の新聞週間は「しんぶんをヨム」の語呂合せでヨムの4/6から1週間。
日本新聞協会(会員・日本の新聞104社・通信4社・放送22局で構成)が主催。
新生活をスタートさせるこの時期に「購読をすすめ」る目的で。


新聞週間で私が好きなのは、「HAPPY NEWS」キャンペーンが発表されること。
新聞はその性質上、暗いニュースや批判する記事が多い。
温かな気持ちになるニュースもたまにはあることを知って貰おう・・
世の中、すこしでも明るくなるようにと・・・始まった試みです。


今年の大賞は昨年9/4・朝日新聞横浜・川崎版に掲載された・・・62歳の女性の一文。
昔、乳児を抱えてバスに。お腹を空かした娘が泣きだし、乗客の男性に怒鳴られた。
「ごめんなさい」なんども心の中で謝った・・・


15人ほど乗ったバス。母親に抱かれた赤ちゃんがぐずり泣きだした。
10分経っても泣き止まない・・・「お母さん大丈夫ですよ・・
赤ちゃんですから気になさらないで下さい。きっと眠いか。お腹が空いたか。
オムツが気持ち悪いかといったところでしょうから」・・と運転手さんの
明るい口調のアナウンスが流れた・・・


実にHAPPYなNEWSじゃありませんか。
12回目のキャンペーン。応募者3538件、うち大学生が1299件ですって・・
これって・・・新聞を読んでる大学生が増えたってことじゃないでしょうか。
日本の未来も捨てたもんじゃないですね。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月08日 05:12 | コメント (0)


さらば・・民主党

2016年04月07日

そんな時代もあったといつの日か語られるでしょうか。


民主党が消滅しました。
結党から20年。鳩山由紀夫さんと菅直人さんがタッグを組んで・・
市民運動家と宇宙人の組合せ・・律令国家を打破するのではと、斬新でした。


全共闘世代と申しますか、団塊世代のロマンを結実させ・・・政権交代・・・
「コンクリートから人へ」民主党は輝いていましたね。
それが、米国との関係「最低でも県外」と辺野古でガタガタに。


軍事を知らずしてトップになるのが異常だったのかなぁ・・
菅さんの不幸は、大震災に遭遇したこと。誰が首相でも対応は同じだったと思うが。
市民目線で踏ん張ったんですが、なんせ、官僚組織を動かす術を知らない。


その結果が、財務省に取り込まれた・・野田政権。
「増税と議員定数削減」という本質の違うテーマで解散権を行使・・歴史的惨敗。
民主党政権は3年で崩壊・・・その総括も儘ならぬまま・・


維新の会と野党連合を組んで合流新党「民進党」が結党され、
民主党名は消滅しました。長期政権で歪みのでた自民党に喝を入れただけだった・・
かも知れませんが・・いつの日か歴史の片隅に・・
そんな時代もあったと語り継がれるのでしょう。


すっかり陰の薄い鳩山さん・・・沖縄の民意を汲み取って欲しい。
民進党トップは山尾志桜里さんが良い。第二自民党にならないで・・と
ポジティブに生きる菅さん・・・米国では「民主社会主義」掲げ、
大統領選を闘うサンダース候補を見習い・・・格差是正路線で行こうと・・意気軒昂。


古希を迎える懲りないご両人。老害とは申しませんが・・・
団塊世代のあがきはみっともない。私もその世代だが。
老兵は死なず・・・静かに去るのみ・・
さらば・・・民主党の20年・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月07日 06:03 | コメント (0)


雪塩

2016年04月06日

塩がなければ人は生きては行けません。沖縄県は「敵に塩を送る」度量を。


沖縄宮古島産のお塩・・・「雪塩」を頂きました。
パウダー状の塩で、野菜の天ぷらに振って楽しみにました。
まろやかで口当たりが良く・・こんなに料理を引き立てる美味しい塩ははじめてです。


「敵に塩を送る」とは「争っている相手が苦しんでいるとき、
争いの本質でない分野について援助を与える」ことですが、
辺野古基地移転問題は・・・沖縄県民を二分化し、苦渋を強いています。


政府と沖縄県・・の異常な敵対関係。
誰かが「塩を送らねばならない」時に来ています。
裁判所が調停案を出し、話し合いが始まりましたが・・簡単ではなさそうです。


「雪塩」がなぜ、美味しいのか。
それは宮古島の地形にあるようで、サンゴが隆起してできた宮古島
琉球石灰岩が島の下の地層にあり、スポンジように無数の穴が・・
天然の濾過装置を海水が通る・・不純物が除去され、


サンゴの持つカルシュウムが溶けた地下水になる・・・
それを組み上げ、独特な製法で、パウダー状の塩作り出す。
なんでも、その製法ではにがりの成分が取り除かれないので、まろやかな味に。


沖縄の地政学上の問題が、基地の存在を許しているわけですが・・
宮古島の地質が・・「雪塩」を育んでくれています。


1997年・・塩の専売制が廃止されて以来・・・24年ぶりに4/1から家庭用の塩が・・
35%値上げされました。「塩」が無けれ人間は死にます。
24年ぶりだから、許されるのかどうかは、よくわかりませんが・・


家庭用の塩の需要は18万トン(10年前に比べ約2割少ない)
健康志向で減塩の動きが功を奏しているらしい。(日経3/30・朝刊)
政府は米国の下命に従わざるを得ない立場ですが・・・


万が一。米国民が大統領選で・・・トランプを楽しみすぎて・・ババを掴んだら
それこそ、安全保障の根幹が崩れる・・・
だとすれば、政府は米国一辺倒ではいられない。(情報収集に必死だとか)


であれば、ここは一番・・・
沖縄県は困窮する政府にこの沖縄ならではの「雪塩を送ってはどうでしょうか」
安倍首相が「雪塩」の味を知れば・・・こじれた関係の雪解けが近いと
思うのですが・・・それにして、35%値上げは如何がなものか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月06日 05:18 | コメント (0)


100誌突破

2016年04月05日

ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌®4月号が出揃いました。


地域みっちゃく生活情報誌は岐阜県可児市の「Kanisan club」が第一号。
4月で250号を数えます。第2号は、飛騨高山一円で56,000部発行する・・
「月刊 SARUBOBO 」ですお陰様で、241号、創刊20周年を迎えました。


20年間、支えて頂いた、飛騨高山の読者のみなさま。
「地域の元気のために」・・出稿頂きましたクライアントさまに
厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございます。


20年間の歩みと感謝の思いは巻頭特集を・・・
飾って頂いた各位の往時と今を紹介させて頂き、
如何にSARUBOBOが地域と歩んだ足跡を綴っています。(写真参照)
是非、ご覧頂きたいと存じます。

Kanisan club、SARUBOBOに遅れること3年、岐阜県大垣市で
Wao!が創刊されその後、各務原「たんとん」以下続き・・・
現在では岐阜県下では11誌、72万部。県内世帯カバー率96,5%に達しいます。


その後、三重県、滋賀県、福井県、愛知県、鳥取県に進出・・
山形県、宮城県、北海道、新潟県、茨城県、群馬県、埼玉県、富山県、
山梨県、和歌山県、京都府、兵庫県、香川県、福岡県、佐賀県、
この4月に高知県南国市でで「こじゃんと」を創刊。
全国23道府県にハッピーメディアが届くようになりました。


また、愛知県豊川市で「はなまる」半田市で「Step」山形県・米沢市で「あづまーる」
鳥取県倉吉市で「くらら」と「こじゃんと」と合わせ、5誌が同時創刊され、
情報誌数は全国150エリア・・・102誌となりました。


その結果、総発行部数は591万部。全国総世帯数の5000万世帯の12%に
お届けできるメディアとなりました。
これもひとえに関係各位のご尽力の賜物と心より熱く御礼申し上げます。


日本全国で100誌を超えた地域みっちゃく生活情報誌®は
更なる進化を遂げながら、読者に愛され、ご利用頂ける・・・
エリアNo1のハッピーメディア®となるべく、精進する覚悟です。
ぜひ、ご期待下さい。Goto


20160329144138_00001.jpg20160329144332_00001.jpg20160329144514_00001.jpg
20160329144602_00001.jpg20160329144857_00001.jpg20160330142428_00001.jpg
20160330142503_00001.jpg20160329144941_00001.jpg20160329145020_00001.jpg
20160329145100_00001.jpg20160329145409_00001.jpg20160329145618_00001.jpg
20160329145654_00001.jpg20160329150005_00001.jpg20160329145727_00001.jpg
20160329145758_00001.jpg20160329145826_00001.jpg20160329145859_00001.jpg
20160329145933_00001.jpg20160329150037_00001.jpg20160329150110_00001.jpg
20160329150814_00001.jpg20160329150846_00001.jpg20160404135641_00001.jpg
20160329150923_00001.jpg20160329151009_00001.jpg20160329151043_00001.jpg
20160329151115_00001.jpg20160329151148_00001.jpg

1_munahuorune.jpg2_pigurenanairo.jpg3_himejirakurri.jpg
4_harurubloom.jpg5_kitamori.jpg6_kounaniwakura.jpg
7_nisimokogamo.jpg8_ndacyamaroota.jpg9_kawaracocon.jpg
10_gamagoorinisio.jpg11_kenoujhouetu.jpg12_safurans.jpg
13_torattanaozane.jpg14_ichinomiyasora.jpg15_itomeihama.jpg
16_taharasinnsiro.jpg17_tomiiznautei.jpg18_culehamiino.jpg
19_nisisintoss.jpg20_ohmatikanegootei.jpg


20160329151214_00001.jpg21_kojyannto.jpg22_toyokawaadumaal.jpg
↑3月に創刊した5誌

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月05日 05:33 | コメント (0)


自我作古(我より古を作す)

2016年04月04日

今年も38名の若鮎が入社してくれました。
4/1・名古屋のホテルで入社式を行い幹部諸氏と門出を祝いました。

訓示・・要旨・・・

入社おめでとうございます。
我が社は昨年末、東証1部に上場しました。
あなた達は、東証1部企業中広の第1期生です。
その自覚と誇り持って社会人第一歩踏み出して下さい。


我が社の社是は「飲水不忘掘井人」です。
今日の佳き日を迎えたあなた達には、今日まで支えてくださった、
多くの方々がおられます。改めて、その方々のおかげと、感謝の心を持って下さい。


あなた達が社会人としてスタートした今、
世の中は不透明な時代だと、言われています。
本当にそうでしょうか。いつの時代も不安な、不景気な・・
そんなマイナーな時代だと言い続けています。


年度末の日経新聞をめくって下さい。紙面に広告が溢れています。
時代に流されず、積極的に打って出る企業は、不透明な時代など
モノともせず、前向きです。不透明などとは、自らの内に宿る弱き心です。


我が社が三重県桑名市で発行する「ぽろん」(66,790部・全戸配布)が
4月号で121号、10周年を迎えました。
その周年記念号に読者からの熱いメッセージが掲載されています。
「ぽろんは困った時の救世主です」と広告の価値が語られています。


なんのために、広告の仕事をするか。
人はひとりでは生きられません。多くの人の助けによって生かされています。
自分だけが幸せになることはありません。広告の力で地域を元気にする。
関係する周りの人の幸せのために仕事をする。そうすれば自分も幸せになれます。


22年前岐阜県可児市で地域みっちゃく生活情報誌「Kanisan. Club」が産声をあげました。
この4月で全国23道府県、102誌、総発行部数は591万部であります。


私の夢は、地域みっちゃく生活情報誌®を日本全国5000万世帯にお届けして・・
生活情報誌の力で、日本を元気にすることです。読者に幸せを運ぶことです。
それがハッピーメディア®の使命と役割です。


東証1部企業中広の第1期生であるあなた達とこの夢を共有し
日本を元気にしようではありませんか。
社会人として時代に歴史を刻んで行こうではありませんか。
「我より古を作(な)す」・・入社を心より歓迎します。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月04日 05:34 | コメント (0)


あさが来た

2016年04月03日

全てNHKの会長が悪い。視聴率が上がるのも・・


NHK・・・朝の連続テレビ小説「あさが来た」が面白かった。
なんせ、平均視聴率が25%だっていうんですから、凄い数字です。
私だけが楽しく見ていたわけではないようです。


他局がどれだけ頑張っても取れない数字です。
NHK会長が政府寄りで、右傾化していると批判する野党やマスメディアに・・・
朝の連ドラの高視聴率をどう説明するのか問いたい。


NHKなんて・・・と言えば叱られますが・・ 政府の手先なんですよ・・・
むしろ、私のような反体制的な男が・・・
朝ドラに嵌ることを問題にしなければいけないのではないでしょうか。


それも、女性が輝くべき・・・だと、 最後に平岡らいてうまで、
登場させる番組担当者の心意気に・・・負けてませんか。
とりわけ、民主党、間違い。民主党の本質を隠して・・野合した・・民進党
枝野幹事長にはひとことコメントが欲しいものです。


日本はそんなに朝日や毎日が批判するほど、変な国ではありません。
いや、メディアが批判しているから変な国にならないのかもしれませんが・・・
私の率直な思いですマスメディアはNHK会長の何を批判しているのでしょうか?


あさの亭主・新次郎は「時代は働く女性が当たり前、そうい時代だからこそ、
あさの生き方に共感が得られたのではないか」と・・
時代に受け入れられる番組を必死で作る・・そんなNHKに心よりの敬意を表す。


会長が作っているわけではありません・・
しかし、批判する側の理屈で言えば
会長が指示して作っていることになりませんか。


とりも直さず、そんな番組が作れるのは、マスメディアが批判する会長のおかげでは・・
と思うのですが・・・私の勘違いでしょうか。
「あさが来た」とはNHKの女性応援歌でした。楽しませてもらいました。
ありがとう・・NHK・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月03日 05:12 | コメント (0)


木材の輸出

2016年04月02日

産官が手を組んで・・・第一次産業の振興こそ地方創生です。


今期、農産物の輸出額が8000億円に届きそうです。
地方創生の一丁目一番地は第一次産業の活性化。
その地方で穫れる農作物が輸出できるとなれば・・希望も湧きます。


農業だけではありません。
衰退の一途を辿る林業ですが、輸出できるとなると、違ってきます。
岐阜県は「ぎふは木の国、山の国」と歌われ、県土の80%が山です。
先月の話です。韓国最大規模の住宅展資材展示会に・・・


日本から40ブースが出展。このうち、15ブースが岐阜県を始め、
県内に本社や工場を持つ企業が出展、県産材の魅力をアピール。
ブースには約3000人が来場・・先駆的企業の商談件数は約500件と大盛況。


県が韓国市場に狙いを定めたのは、「ヒノキは体に良い」とテレビ番組で紹介され、
ヒノキブームが起きているから・・県が主催したヒノキのセミナーは立ち見が出るほど。


県内に供給される木材量は1973年のピーク時比べ、2割程度。
一方、木材輸出額は国も県も増加傾向にあり、
国は2012年以降、毎年35%増、県も約5倍強と急増している。(読売・3/24)


木材需要量の急増の主要因は中国。
住宅などに日本産の高級木材が使用されるようになったから。
岐阜県には東濃杉、飛騨ヒノキなど、良質の木材が多い。


農作物に続いて、木材の輸出が活発になれば、
これまで苦労して、林業を支えてきた人達にとっては
「野にも山にも・・・」春が来たってことになります。


我々地方の広告会社もマーケティングを始め販路の拡大に汗をかかねばと思う。
官民一体となって更なる生産と輸入の拡大に努め、地方創生の柱に育って欲しいと願う。
岐阜県、県産材流通課の奮闘に敬意を表す。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年04月02日 05:30 | コメント (0)


世の中を元気に!

2016年04月01日

読売農学賞に限りない明日が見えます。


いよいよ新年度がスタートします。
企業では新社会人がチョッピリの不安と大きな希望に胸踊らせています。
大学では学生達が学問への夢を膨らませていることでしょう。


文系の中途半端な学生であった私が言うのも何ですが・・
第53回を数える・・「読売農学賞」の受賞者が発表されました。
7人の業績を紙面で知るに、農学研究の多様性に触れ・・・
理系の農学部に強い憧れと、充分な研究費を投入すべきではと思わずには入られません。


なぜ、海水でも塩水でも生きられる魚が存在するのか。
「一つの細胞で二つの役割を果たし、異なる環境に適応する」
魚のエラにある「塩類細胞」という特殊な細胞の謎を解明。


その応用は・・飛騨山中の温泉水でトラフグの養殖が・・商品化されました。
福島原発事故後には魚が塩類細胞から放射性セシウムを排出する仕組みを解明。
東大の金子豊二教授・・・原発汚染を除去できるかも・・・


「ロボットで農作業の負担が減れば、農家はもっと「何を作り、どう売るか」という
創造的なことができる」・・農業の生産性を上げ地域の元気を取り戻すのが夢・・
世界初のハンドル操作を自動で行う無人ロボットトラクターが・・畑を耕す日も近い。
北大の野口伸教授・・・農業の高齢化、過疎化に抗って・・


髪の毛太さの2万分の一細く。重さが鋼鉄の5分の一軽く。強さは鋼鉄の5倍。
そんな夢の素材を木材に含まれる植物繊維「セルロース」から作る技術を開発。
建材や自動車部品など幅広い分野への応用が期待される。
「石油時代は終わる」自然界に豊富に存在するセルロースの研究から。磯貝明東大教授


他の受賞者の研究も紹介したいのですが・・・
受賞の先生方の研究から・・限りない未来が見て来ませんか。
新年度です。ぜひ、新社会人は社会を変えてやろうと。
学生諸君は、なぜの解明に夢膨らませて下さい。


勿論、私も総発行部数591万部・・全国23道府県・102誌となった・・
ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌®で・・
「日本を元気に!」と意気込んでます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年04月01日 05:29 | コメント (0)