2016年05月

野党共闘・・・

2016年05月31日

究極のポピュリズムで対応か?           

私の経験では、強い集団は益々拡大し・・やがて内部から崩壊する。
弱い集団は、益々細分化され、粉塵に帰す。
組織とは左様なものなりと心得、組織運営をしなければと思っている。

政治の話です。
民主党政権が瓦解、自民党一強時代が続く現状・・
取分け安倍官邸・・・目配せ、気配りが徹底しているんでしょう。
経済成長・・景気浮揚政策ためならば、日銀すら意のままに。


無節操、無思想といえるほどなんですが・・・この姿こそが究極のポピュリズムなんでしょう。
益々強靭な体制を堅持しつつあるように見えるのですが・・・


一寸先は闇だと言われるのが政治の世界・・・
何処に落とし穴が潜んでいるのかは分からない。
ポスト安倍がいない。それも権力維持のポイントだが・・
強い組織の崩壊は内部から・・・なんとなくきな臭さを感じる・・


野党・・・四分五裂を繰り返すのが弱者論理だが・・
さすがに危機感なのか。参院選、全一人区で候補を絞りきった・・
巷間色々言われるが、やはり、民進党岡田代表の手腕なんだろう。


・・・小渕内閣のおり、悪魔と手を組んでも政権維持を・・
そんな言葉を発した自民党幹事長もいたが・・
悪魔とは言わないが・・・変節を繰り返す(疑いは晴れないが)・・共産党
現実路線に舵を切ったのは、四分五裂を繰り返す他の野党の隙に乗じてか。


さすがに、弱い政党の悲哀を生き抜いたからなのか・・政治歴が違うと感心する。
堅物の岡田さんだから、強かな共産党だから・・・
野党全一区統一が可能になったとすれば・・ひょっとしたら参院選・・
与野党拮抗の状態になるのではと思う。


さァー、安倍官邸・・・次の手は如何に・・・
私は、最強自民党がさらなるポピュリズムに走る・・個人消費拡大・・
そのためには消費税の切り下げ・・しかない思うのだが・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月31日 05:21 | コメント (0)


地方創生を軽視するな・・・

2016年05月30日

基本政策をコロコロ変えては本物の政治家ではありません・・・


決して時代のせいではありません。
移り香が早いのは、四季が鮮明な日本、日本人・・・
その国に暮らすが故の・・定めなのかもしれませんが・・


次々と新たな政策を上げなければ・・メディアが注目してくれない
そんな、焦りがそうさせているのか、それとも、季節の移り香がそうさせるのか。
私的には、内閣はワンイシューのとことん拘るべきではないかと思う。


安倍内閣・・参院選の目玉を「1億総活躍」に置き換わりました。
それは経済成長のためにデフレ脱却が背景にあり・・それで良いのですが・・
私的には・・地方創生と1億総活躍がどうも結びついていない気がする。


折角・・地方創生の閣僚ポストまで創り・・
「あらゆる地方政策の権限を集中し、大胆な政策を立案、実行する司令塔」と・・
華々しく船出したのに・・・昔のなんとかのようで、忘れ去れた感は否めない。


いや・・そもそも本気で地方創生など考えていなかったのでは・・
政敵である石破氏を潰すために・・讒言を弄し、地方創生と謳っただけ、
政争の具に使っただけなのでは・・・そんな疑念にかられる。


政治の世界は権力闘争です。
敗れるものに力がなかったといえばそれまでですが・・・
石破氏は政治の王道として、地方創生は国家の大義・・巻き返すべきです。


簡単です。1億総活躍の原点は地方創生でなければならない。
「地方の再生は日本の再生」日本の再生とは全てのの国民が活躍できる社会です。
地方創生は政争にするテーマではないのです。


そうなんです。石破地方創生相は、10倍の予算を要求すべきです。
それで、それが無視されるなら、閣外にでて、安倍内閣の地方軽視を訴えれば・・
次期、首相の芽も出てこようというものです。


安倍内閣が、移香の激しい季節のように政策をころころ変えるなら・・
地方創生のため、政治生命を賭けて闘って欲しい。
「地方創生はライフワーク」とあなたは言ってきたのですから・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月30日 05:38 | コメント (0)


御食国(みけつくに)

2016年05月29日

平和である為には治安が良くなければならない。


27日、大韓航空機が羽田でエンジントラブル。すわ、テロか?
警備陣に緊張が走ったことだろう。乗客乗員全員無事で何より。
異常なほどの警戒態勢を敷いた伊勢志摩サミットが無事終了。


さすが世界に冠たる治安の良い日本、その国威を改めて世界に示した。
関係各位にご苦労様でしたと慰労したい。


サミットの成果が如何程であったのかは、メディア報道の評価に任せたい。
私は私なりに日本で開催されたサミットの意義を考えてみた。
先ず・・・開催地・・三重県民がこぞってサミットを歓迎したこと。


日本人が「御食国」(みけつくに)・・伊勢志摩を再認識したこと。
「御食国」とは古代、天皇の食膳に供する海産物などを献上した国のこと。
この地方は「美(うま)し国」として神に選ばれし聖地・・


江戸時代には伊勢神宮への参拝は・・年間約500万人に及び・・
当時の人口が3000万人と言われ、6人に一人が伊勢神宮へ詣でたことになる。
世界の首脳がこの地にこぞったことは・・・神の導きであったと言えまいか。


今後は日本各地のみならず、世界中から、この聖地を訪れるであろう。
それに、国のリーダーをコロコロ変えてはいけないってことを学んだのではないか。
安倍首相以前、日替わり弁当のように毎年首相が交代した。


それでは、世界から相手にされない・・・
一度トップを選んだのであれば、少なくとも5年は代えてはならない。
でないと、事務方が安心して、議論も根回しもできない。
そのことを教えてくれたサミットでなかったか。


米大統領がサミットを利用して被爆地広島を初めて訪れた。
勿論、核兵器廃絶が、大統領の悲願が根底だが・・
恒久平和を願う、日本国民の心が引き寄せたのではと言えまいか。


平和である為には治安が良くなければならない。
私は今回のサミットの影の主役は、もてなしの心を持つ三重県民と
鉄壁の警戒態勢を敷いた警備陣だったと思う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月29日 05:38 | コメント (0)


あをによし賞

2016年05月28日

いつの日にかは、熊本城の修復に関わった人たちが・・・本賞を。


新聞社というのは、実に様々な事業を手掛けています。
中でも文化事業には傾聴に値するものが多いと思います。
今年で10回節目を迎えた読売新聞の「あをによし賞」の意義は深い。


賞の目的は「文化財の保存・修復に大きな功績があった・・
個人や団体を顕彰する」・・日本古来の伝統文化を守ろうとする・・
その新聞社の使命感と申しますか、心意気に敬意を表したい。


今年の本賞は「表具用古代裂の製作者」・・掛軸や屏風の表具に用いる
古代裂(布)の製作に取り組み、多くの国宝や重要文化財の修理に貢献。


修理には気の遠くなるような、根気と手間が必要・・・
できないとは言わない。必ず挑戦する。100年、200年先の人が・・
困らないように・・伝統技術伝承を映像記録に残す取り組みも。


賞名の「あをによし」がまた、良いですねぇ。
意味は諸説あるようですが・・
「あをによし奈良の都に 咲く花の匂うが如く 今盛りなり」
奈良の都の修飾語、語調を整える言葉・・がいちばんピッタリですぇ。


貴重な文化財を地道に支え続けた・・誰もが納得する方々が・・
10周年の節目に選ばれた・・・読売新聞大阪編集局長の弁


九州大地震・・今も余震が続きます。
多くの文化財が崩壊しています。心が痛みます。
取り分け、熊本城の威容が見るも無残な姿に・・


修復に10年掛かると言われていますが、
いつの日か完全修復され・・修理に関わった人たちが・・讃えられ・・
「あをによし賞」を受賞される日が来ることを念じます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月28日 05:28 | コメント (0)


金鶴一声

2016年05月27日

「熊谷守一つけち記念館」を覗いてみようと思う。


「心の欲するところに従えども矩を踰えず」・・・論語
孔子古希にしての曰くです。なかなか蘊蓄があります。


心の欲するままに・・・思いのままに、やりたい放題・・
従えども・・・自由奔放に生きても・・勝手な奴だと言われようが。
矩を踰えず・・・軌道を外れない。正道の中で。あるいは常識の範囲で。


そんな意味だが・・・この「矩を踰えず」の「矩」がなかなか難しい。
「矩」の意味は・・「カネ」模範・垂直であること、直角であること・・辞典
古希を迎えた人やることは、如何に常軌を逸していようが・・・
それが人の道になる・・・そうならねばならない・・・そう理解します。


岐阜県中津川市出身の画家・・熊谷守一は、
初代岐阜市長の三男に産まれ・・絵筆が立ち・・東京美術学校で画力を磨いた。
30歳にして実家に戻り・・5年後に再度上京。


結婚して5人の子を授かったが、極貧の中・・3人失った。
その悲しみから・・「熊谷様式」いわれる独特の作風を編みだした。
晩年は東京・豊島区のあばら家に住み「画壇の仙人」といわれ
・・庭の草花や小動物を描いた。


手元に守一画伯晩年(94歳)の書・・「金鶴一声」(写真参照)がある。
独特の作風・・その流れを組むのだろうか、枯れた文字である。
じっと見ていると・・鶴の鳴き声が聞こえるかのようで、飽きない。味がある。


1977年・97歳でこの世を去った「画壇の仙人」・・
ふと思う・・・画伯の「矩」はいつ自分の中で育まれであろうか。
心の欲するところに従い・・破天荒に生きた画伯・・
いつ・・「矩」を踰えなくなったのだろうか。


来月の26日まで・・中津川市にある・・
「熊谷守一つけち記念館」で遺品の特別展示が催されている・・
中津川市で発行する我が社のハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌
「maika」スタッフの激励も兼ねて・・・覗いてみたいと思う。Goto

IMG_6185.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月27日 06:09 | コメント (0)


当たり前のことを当たり前に

2016年05月26日

理不尽や非常識は新聞から読み取ろう・・・           

世の中・・何が常識で、非常識なのか。
何が当然なことで、何が理不尽なことなのか。
時々、分からなくなることがあります。

先日・・・18・19・20歳かな・・選挙権が与えられた若い人の前で、
話をさせていただく機会に恵まれました。
政治や経済、世の中の仕組みがどの程度理解されているのか・・
判断がつきませんし・・そもそも前期高齢者の日本語が通じるかどうかも・・


非常識や理不尽を知るには・・・新聞を読まないといけない。
そんなところから、話を始めました。
なんせ、スマホ世代・新聞紙の匂いなど無縁の世代です。
新聞の役割と価値をどのように伝えるか?


熊本地震・・現状を知るには現地で取材する記者の声・・記事・・を読む。
被災地で被災者が何を悩み、何に困っているかなどがわかります。
問題点を浮き彫りにしてくれるのが新聞です。


人間たるもの・・・困っている人がいれば・・助けなければなりません。
助け方は様々です。ボランティアで現地に行く人。
支援の物資や義援金を送る人。被災地の製品を買って応援する人。
ふるさと納税する人・・・一日も早い復興をと願い祈る人。


どんな方法、手段でも構わない・・・新聞を読んで、現実を知り・・
困ってる人がいるのですから、手を差し伸べる・・
それが人間として当たり前のことです。


しかし、世の中、自分さえ良ければと、自分のことしか考えず・・
見て見ぬふりをする人も結構います。
そんな人は非常識な人です。選挙権が与えられたのですから・・
社会で起こっていることを自分の常識に当てはめ、自分なりの行動を起こす・・


当たり前のことを当たり前に生きる・・・とても難しいことですが・・
新聞を読む習慣を身に付け、理不尽や非常識と、当たり前のこととを、
見分けれる大人になって欲しい・・・そんな話をしました。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月26日 05:41 | コメント (0)


Shalom(シャローム)

2016年05月25日

外交官の人道主義が、生誕110年を経て出身地の観光に寄与する・・・


Shalom(シャローム)・・・こんにちわ。
Toda raba(トダ・ラバー)・・・ありがとうございます。
ヘブライ語の挨拶です。


25年前になりますか。
岐阜八百津町の故荒井正義町長と、イスラエルを尋ねたこがあります。
目的は、八百津町出身の外交官・杉原千畝さんの遺徳を偲び・・
八百津町に人道の丘を建立する為です。


杉原さんは第二次世界大戦にナチの迫害から逃れるユダヤ人に・・
本国の拒絶を無視して日本をトランジットできる査証(ビザ)を発給、
6000人にのぼるユダヤ人救った・・それが「命のビザ」・・


その杉原さんを顕彰する施設が「人道の丘」です。
「命のビザ」の話題を目にしますと、荒井町長の飄々として・・
杉原千畝の人道主義を子供達に伝承せねばとの心意気が思い出されます。


昨年、観光地・飛騨高山に宿泊したイスラエル人。
7324人で、前年の3割増、出身国別シエアでは台湾、タイに次いで3位、
市の観光協会では首を傾げたのですが・・原因は人道の丘に併設、
生誕100年を記念し建設された記念館を訪れるイスラエルの観光客。


町は県の指導を得て・・杉原氏が発給したビザを5月末までに、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に申請・・
17年度の登録を目指している話は以前にもこのブログに書いた。


登録が決まれば、イスラエル人のみならず、
世界中のユダヤ人が、この地を訪ねるのではないかと期待される。
県では、同氏関連資料がある福井県敦賀市とも提携・・
新たに巡礼を誘う「千畝観光ルート」を計画・・誘致に力を入れると・・(日経5/9)


外交官が施した人道主義が、生誕後110年を経て・・出生地に恩恵をもたらす。
ヘブライ語の「sholam」はこんにちわですが・・別の意味は「平和を!」です。


世界中がきな臭い時代に入りました。
杉原さんの遺徳が世界平和に繋がればと願い・・・
「toda raba」・・と感謝したい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月25日 06:03 | コメント (0)


無関心のグローバル化

2016年05月24日

ローマ法皇・・・ペットよりも隣人を愛せと・・・


「汝の隣人を愛せよ」とどなたかが仰ったかどうかは・・
定かでないが・・このほどカトリック教徒を前に・・
フランシスコローマ法皇は「ペットよりも苦しむ隣人を愛して」と・・・


「犬や猫には大きな愛情を感じているのに・・
隣人の飢えは手助けをせずに放っておく人をしばしば目にする」・・と
ペット偏愛するあまり、人間同士の連帯をないがしろにする・・
欧州の人たちを嘆いた。


日本は猫ブーム。犬派を抜いてペットの王者になったと報じられるほど・・
ペットを飼う家庭が増えた。高齢社会、巣立った子供の代わりにとか・・
シングルの人が増え、その人たちが猫をとか・・
物言わぬ・・・ペットの方が、煩わしい人間よりも・・・
そんな欧米化が日本にもと思っているのだが・・


法皇はそんな次元ではない。難民・移民の弱者を助ける
「貧者の教会」路線を掲げ、他人の苦しみを理解できない現代・・・・
「無関心のグローバル化」に警鐘を鳴らしたとみられる。


現代だけではあるまい。いつの時代も、自分さえ良ければ・・
他人のことなどお構いなし。だから「汝の隣人を愛せよ」と・・
私が言えることは、ただ一つ。
自分さえ良ければと思って行動した場合・・天網恢恢疎にして漏らさず・・
必ず、天はその人に理不尽と思える天罰を与えるものです。


物言わぬ・・・ペットが突然いなくなったり・・・
正常であるはずの人間関係が訳も分からなく壊れたり・・
人は一人では生きられないのです。
自分と自分の周りの人の幸せを考えないと・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月24日 05:29 | コメント (0)


リーデングカンパニーとして・・

2016年05月23日

頰うかむりは許されないのでは・・・説明責任を・・・


中日新聞社の広告局から・・・その記事のおかげで広告出稿が・・
微妙に減っている・・・影響が出た・・などと声が上がったとしたなら・・・
もう、この企業は広告業界の盟主でもメディア界に君臨する価値もない・・
ってことになります。


私は広告業界の端くれにいるひとりとして・・注視したいと思います。
なんのことか・・・中日新聞(5/20・朝刊)が特報・・話題の発掘・ニュースの追跡
コーナーで・・・他紙、取り分け・・読売も毎日も日経も
もちろん放送局なんておくびにも出せない・・事実関係以外には・・恐ろしくて・・・


そうです。日本の広告市場の3割を占め業界を牛耳る・・
モンスター広告エイジェンシー「電通」が絡んでいると、英紙ガーディアンがスクープ。
東京五輪誘致不正疑惑を真正面から、特集で取り上げたことです。


電通に睨まれたら・・・メディア界、広告業界では生きていけない。
そんな世界で、ジャーナリズムは死なず。
さすがに中日新聞だとエールを送りたい。


記事の内容は至って最もなこと・・メディアお得意の・・説明責任を果たすべき、
との正論を述べているに過ぎないのだが・・それすら天下の朝日も書かないのですから。
電通は東京五輪「マーケティング専任代理店」として・・五輪全体を取り仕切っている。


例の破談になった公式エンブレム、その選考で電通から出向の局長二人が・・
不正に関与していると更迭されたのだが・・・
電通からの説明はまったくないまま頰かむり。


で、この誘致疑惑では・・・「関係が報じられた会社と関係はない」と否定しているが・・
招致委竹田理事長は参考人として衆院予算員会に呼ばれ・・
「問題会社からの売込みに電通が良いと言ったから金を出した」と語っている。
であれば電通にはOKをだした根拠とどのようにその会社を評価したかを説明する責任がある。
メディアが追求しないことを幸いに・・・まったく説明していない。


「そもそも招致委は電通に幾ら払っているのか。その金でどんな仕事をしているのか。
明細をかきらかにする責任がある」と民進党が更に突っ込んではいるのですが・・・


天下の電通です。疑われるのは片腹痛いでしょう。
問題がなければ十二分な説明責任を果たせばよい。にげないで。
それがリーデングカンパニーの矜持ではないでしょうか。


この記事で中日新聞への電通からの広告出稿が万が一でも減るようであれば・・
企業倫理が問われるのでないか・・・
それを恐れて追求しない他のマスメディアは
ジャーナリズムを放棄していることになるのでは・・・。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月23日 05:38 | コメント (0)


サミットの成否が・・・

2016年05月22日

新聞社の主張も辛いところではないでしょうか。           

新聞を読み比べていると実に、面白い。   
いや、重要な問題です。面白いなどとは不謹慎。   
サミット後、安倍首相の決断が注目される・・・   

私の意見をまず・・述べます。
安倍首相は1億総活躍プラン実現するには、デフレ脱却・・
アベノミクスを更に進め、増税で・・
そのために個人消費が冷え込むようでは・・そんな理由で、
消費増税を再延期します。そして、衆参同時選挙に踏み切ります。


朝日(5/16)社説・・・1億総活躍社会を実現するなら・・消費増税の支えが必要。
目先の選挙を意識して有権者の歓心を買おうとする対応は政策を歪め・・
国民に付けを残すだだけ・・・断固増税せよと。


5/19付け・・安倍政権が看板に掲げる「1億総活躍プラン」・・
そもそも子育て支援は「税と社会保障の一体改革」で充実を約束している。
まずは消費税を10%にあげろ。それでも財源が不足するなら・・更にあげろ。


読売(5/19)社説・・・消費増税は8%への増税で、内需を冷え込ませた。
その轍を再び踏むリスクが伴う。経済再生と財政健全化の視点を忘れてならないが、
是非については世界経済の動向を含め多角的かつ慎重に・・・と増税延期を主張。


民進党支持の毎日(5/19)・・増税推進の論陣を・・党首討論で岡田民進党首が・・
増税2年延期すべきとやったものだから・・・子育て予算、財源不足・・
確保の見通し立たない・・1億総活躍プラン・・実現大丈夫かと・・お茶濁す。


読売・・・岡田民進党、・・・憲法を変える必要なし。
消費増税必要なしを主張するなら・・共産党と同じではと皮肉る。
朝日の主張、理解に苦しむのは一貫している。増税容認、1億総活躍プラン反対・・


政局は参院選を睨んで・・各政党間の駆け引きが活発になり、
新聞はそれぞれの主張を勝手に書いていますが、
実のところは・・サミットの成否が、先行きを決めるのです。
1億総活躍プランも消費増税も宙に浮いたままだと言えるのでは・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月22日 05:56 | コメント (0)


潮目変わった・・・

2016年05月21日

既得権益に大胆に切り込まない限り・・アベノミクスは・・・


2016年3月期がどんな業績だったのか・・・
企業の決算発表が出揃いました。
輸出産業はアベノミクスのおかげで・・・軒並みに好調でした。


経営者の様々なコメントが紙上を飾りましたが・・
取分け・・・気になるのは「トヨタ」トップののコメント。
過去最高益を更新して・・胸張るかと思いきや・・


17年3月期は大幅な減益を見込む・・
「これまで数年間の決算は為替による追い風参考記録だ・・
風がやんだことで等身大の姿が見えてきた。
真の実力を追求する意志の強さや覚悟が本物かどうか試される年なる」


「大きく潮目は変わった」と眼光鋭く口を真一文字に噤んでのコメントには迫力が・・
「風が止まった」と言うことは、天下のトヨタはアベノミクスの限界を見極めた
と理解して良いのではないか?(成長戦略を推進して欲しいとの思いは変わらないが)


5/11・政府は経済財政諮問会議を開き・・子育や女性・高齢者の就業支援を
柱とした経済財政運営指針「骨太方針」の骨子を示し・・・
歳出の効率化で浮く財源と景気回復による税収増を「アベノミクスの成果」と
位置づけて活用する方針だそう・・・


ズレてませんか?納税額日本一のトヨタが相当な決意でないと
17年度を乗り切れないと、覚悟しているのに・・
政府は骨太方針で税収増を当て込んで・・個人消費喚起にと・・
「プレミアム商品券」をばら撒こうとしている。


私はアベノミクスが終焉したとは思わないが・・・
女性・高齢者の就業支援も大切だが、それよりも・・
「潮目が変わった」とする企業に、そうではないと、既得権益に切り込むべきではないか。
それ以外に「潮目を変えない」方法はない。経済成長はないと思う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月21日 05:33 | コメント (0)


さらば・・社会党

2016年05月20日


民進党と合流するより・・・共産党に吸収してもらった方が・・・


時代の趨勢なんでしょうが・・一抹の淋しさを覚えます。
存亡の危機にある社民党が民進党に合流の秋波を・・・
結局・・・党首のカラ回りで終わったのですが・・・


参院で一議席も取れない状況に究極の選択・・・
社民党は社会党の本部があった三宅坂の
社会会館(消滅)を継承したのですから……社会党です。


非武装中立、反戦平和、護憲、労働者の政党・・
社会民主主義を標榜した・・社会党・・・
戦後の日本の繁栄は、55年体制にありました。


自民党と対峙した社会党は政権担当能力を放棄した理想主義の政党でした。
社会党の政策は官僚によって提案され・・自民党政権に反映、
高度経済成長のバックボーンなりました。


逆説的ですが、社会党の存在が自民党の長期政権を齎し・・
戦後日本の繁栄の一翼を担ったと言えるのではなかったでしょうか。
東側が崩壊したにも関わらず、社会主義を掲げ社会党を継承したのが社民党。


その社民党を支えてきたのが、お上目線で律令国家を堅守したい自治労左派・・
倒産や解雇される心配のない・・・化石集団。
地方創生の担い手は地方公務員と主張する私には理解不能の集団です。


政治は最早イデオロギーの時代ではありません。
経済の時代です。自民党が社会保障を維持するに、財界に賃上げを要求する。
労働条件の改善を参院選の主要政策にする時代です。


社民党の存在意義がなくなったのは歴史の必然です。
私は思うんです。民進党との合流は健全野党の妨げになります。
共産党と合流すべきではないでしょうか。
但し・・・共産党が受け入れればの話ですが。


青春時代・・社会党に傾注した一人として・・
社民党がまた分裂し・・消滅するのが忍びない。
さらば・・・社会党・・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月20日 05:20 | コメント (0)


ジャーナリズムは死なず

2016年05月19日

巨悪を眠らせないスクープを。


日本の新聞記者諸氏にも頑張って貰いたい。
日本の国際紛争報道、大マスコミの記者は紛争地の近くで遠巻きに取材すると聞く・・
労働管理上?本人が申請しても、危険な場所までは行かせないそうだ・・


それでは臨場感溢れた記事も、スクープも取れない。
海外の話だけではない。最近、国内ニュースでも
辣腕記者が特ダネを連発するなんて話は少ない・・・


新聞社の姿勢が変わったのか、記者の魂が失われたのか、
自分の足で、執拗に取材してスクープを追うよりも
記者クラブでのお与え記事でお茶を濁していることが楽ではあるが。


新聞が売れなくなった。購読者が減ったと嘆く前に・・
新聞のコンテンツは記事です。骨のある記事が増えれば、読者は戻ってくると思うが。
最近・・・週刊文春が売れてるのも話題性のある記事が・・


5/7・毎日朝刊です。
世紀の特ダネ「パナマ文書」をスクープした独大手新聞・・
南ドイツ新聞社の二人の記者との単独インタビューを掲載・・
不透明な金融取引を暴いたスクープの裏側が語られた。


両記者・・汚職事件などを長年報じてきた・・
その結果のタレコミ。センセーショナルな文章だとすぐ理解した。
各国首脳の関係者のほか、犯罪組織の名も・・・


裏付け取材には人手が必要、記者を抹殺することなど厭わぬ人物も含まれ・・
安全上の問題もあり・・新聞社は、国際調査報道ジャーナリスト連合との
共同取材の方針をとった。


入手データは2,6テラバイト・・膨大な情報量。
漏洩を防ぐため、CPはインターネットから遮断、設置場所も秘密に。
気の遠くなるような取材と信憑性の検証が行われたことが分かる。


その結果の世紀のスクープだと知ると、
米国の首脳や関係者の名前が出てこないのはおかしいとの陰謀説も流れたが
そんな穿った見方はぶっ飛ぶ。まさに新聞社の威信と・・
ジャーナリスト魂が結実した命懸けのスクープだったのがわかる。


これぞ、ジャーナリズムだと感動した。
日本の新聞社も負けずに「巨悪を眠らせるない」スクープをと願う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月19日 05:56 | コメント (0)


公私混同

2016年05月18日

リーダーの条件・・公正公平・無私・ロマン・使命感・人間性・・


週刊誌ネタが大マスコミで報じられるようになった・・
舛添東京都知事の公私混同問題・・
首長の公がどこまでで、私がどこからか・・判断が難しい。

ただ、はっきりしていることは、税金を使うのだとの自覚が問題ではないでしょうか。
ここまでは公務で、ここからは私用・・基準はその人の内にあります。
リーダーの条件は・・公平公正・無私・ロマン・使命感・人間性です。


些細なことで、公私混同の批判をされるなどとは・・
リーダーに相応しくない証拠ではないでしょうか。
田舎暮らしです。東京は日本の中枢、東京に暮らす人々が選ぶリーダーは・・
それなりの人物・・だと思うのですが・・前任者も含め・・どうもねぇ・・

パナマ文章・・日本企業と個人の名前が発表されました・・
持たざるものの僻みと解されると片腹痛いのですが・・
違法性がない。知らなかったとどの様に弁解しようが・・・


タックスヘイブンとは・・・たとえ法律の範囲内であろうと・・
税負担を減らす節税であるに違いない。合法的な節税対策に何が悪いと・・
開き直ってもらっては困る。

他国で稼いで、無税の国で申告する・・納めるべき税を回避するのです。
真面目に納税している人たちからすれば・・・不公平ではないかとの・・
怨嗟の声が起こります。そうなれば、稼いでる国の信用がなくなります。
稼げなくなるのでは・・・

舛添さんは、タックスヘイブンとは無縁で正直に納税している人々の・・
その血税を、私的に流用しているのではないかと、疑惑の目で見られているのです。
人間性が問われているのです。果たしてリーダーに相応しいのか。
節税する富裕層と言われる人たち、社会的にはリーダーです。
使命感が問われるのは恥ではないでしょうか。


口幅ったい言い方ですが・・人生は瞬きほどです。
「善く生きよう」ではありませんか。公私混同などせず・・
税とは何かを真摯に受け止ませんか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月18日 05:43 | コメント (2)


夏場所優勝力士を占う

2016年05月17日

大相撲夏場所・・・なんで5月場所を夏場所なんでしょうねぇ。
以前は7月の名古屋場所を夏場所と呼んでいたのに・・
一度、協会の方にお尋ねしてみたいものです。


そんなことより、連日「満員御礼」・・盛り上がっていますねぇ。
火を付けたのは、勿論・・・初場所に優勝した大関琴奨菊ですが。
それにもまして・・大相撲は神事でありながら、真剣勝負です。


それが、無気力相撲で人気を落としていたのですが、
このところの相撲は・ガチンコ相撲ばかりですね。ですから、怪我人も多い。
何事でもそうですが、真剣な姿は感動を呼ぶのです。


今場所から、立会い前に、両手をついて仕切らないと、
何度でも仕切り直しになります。中腰でふわっと立たなくなりましたから・・
迫力が違ってきました。勝ちたい一心で早めに仕掛けたいそんな思がマッタも多い、
真剣勝負に拍車を掛けているのでしょう。


大横綱白鵬の・・「ダメ押しをダメ」・・横綱の品格が・・などと、メディアは・・
彼をheel扱いしようとしていますが、それは為にする話です。
横綱とは如何なるモノかを、彼ほど知り抜いている力士はいないのでは・・


場所の途中で、優勝を占うのは・・なんとなく気が引けるのですが。
このところ、当たった試しがありません。もう占うのは止めたと・・言ったハズですが
この盛り上がりです。相撲通を任じるひとりとして


言わねばなるまい・・・ズバリ・・・大関稀勢の里です。


来場所は、横綱稀勢の里の誕生です。
名古屋場所での横綱土俵入り・・・楽しみですね。
大相撲から目が離せなくなりました。


そうそう・・・名古屋場所後の巡業、7/31・岐阜市で・・
私は・・向こう正面の二階席の一番前を購入しましたが……
チケットの売れ行きが良いようです。
この機会・・ぜひ、岐阜場所を生でご覧ください。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月17日 05:34 | コメント (0)


「ジャポニズム2018」日本博・・パリで開催

2016年05月16日


ここは一気に攻めどころなんでしょうね。
アベノミクス三本の矢・・・取り分け第三の矢である・・
成長戦略の成果がなかなか見えない。


所詮、経済成長は、民間主導になる。如何に政府が鐘を叩き笛を吹いても・・
財政出動や金融緩和のようには・・簡単には行かない。
だからといって、時間を掛ければと弁解しても許されるものでもない。
為政者とは辛いものだと思う。


幸いと言いて良いのか。
成長戦略の柱の一つである・・観光立国を目指す施策は功を奏している。
都市部は元より、ローカルにも海外からの観光客が押し寄せている。
何かと物議も醸しているが・・・さしたる産業もない地方にとって・・
ありがたいことである。


参院選も視野に入ってきた。
このまま円高、株安が続き、景気浮揚の道筋が見えなければ、
アベノミクス失敗のレッテルが貼られ・・・選挙戦にも影響がでてくる。
そう考えてのことなのか・・・どうかはわからないが。


海外からの観光客を積極的に誘致するのが・・目に見える形の成長戦略。
政府は2018年・・日本の文化・芸術を世界に発信する総合祭典・・
パリ博「ジャポニズム2018」を開催すると発表した。


数ヶ月に渡り・・パリを中心に、歌舞伎に能、茶花道、浮世絵などの
伝統文化の公演、展示会、体験会を開催するほか・・・
クール・ジャパンと呼ばれる・・アニメや漫画も。


ブームの和食の試食会は元より・・
欧州各国からの訪日旅行客向けでしょう・・
日本の地方の祭りや工芸品などの観光資源も一挙に公開する観光展も催される。


欧州に日本ブームを巻き起こす力の容れようである。
我が岐阜県も、門外不出の・・・「古川の起こし太鼓」や郡上おどり・・
が花の都パリで、繰り広げられれば、面白い。


一点突破全面展開・・・そんな戦闘用語がありますが・・
成長が見込める観光産業を突破口として経済成長を・・目指す・・
果たして思惑どうり行くかどうか・・・いや、行って欲しいのだが。
受け皿が心配である。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月16日 05:29 | コメント (0)


五輪返上はない。

2016年05月15日

全てをつまびらかにして・・・誰かが罪を被ればよい・・それが日本です。


茶化すしかないのか?どうなる東京五輪・・・そんな思いで、
誘致委員会が「いかがわしき」コンサル会社に支払らった・・
2,2億円の顛末を見守っている。


招致委会長は・・契約した会社は国際的な渉外活動で実績がある。
支払に問題はない。依頼内容は・・招致計画づくり・プレゼンテーションの指導
ロビー活動・情報分析を依頼した」と疑惑を全面否定した。


もう一つ重要な依頼を忘れていませんか・・・委員に対する収賄活動を。
さすがに朝日・・五輪反対派だけあって、取材が徹底している・・
支払先「ブラック・タイデンングス社」のシンガポールの事務所、
代表者「タン・トハンン」の公営住宅の自宅と突きとめている・・


渉外活動で国際的な実績がある会社の事務所が・・・公営住宅。
その会社、実質オーナーは誘致委員に影響力のある・・
国際陸連前会長(当時・五輪開催都市を決める投票権を持っていた)
の息子・・「パパマサッタ」だという。


英ガーディアン紙はタン氏を・・東京五輪誘致を指導したと言われる・・
大手広告代理店の子会社「AMS」のコンサルタントだと報じている(朝日5/14・朝刊)


この手の誘致には・・・視察に訪れた委員への東京での歓待ぶりから察するに・・
裏も表もあるだろうとは安易に想像できる。でなければ・・誘致は実現しないだろうと。
でも、筋が悪すぎるのではないか・・だって会社名が「ブラック」だものねぇ。


それに、親父の権力をかさにして・・ひと儲けしてやろうと考えただろう悪ガキ・・
その名前が「パパマサッタ」では・・・茶化すしかないではないか。
こんな馬鹿げたことが、日常化している五輪など返上してしまえ・・


と言いたいのだが・・五輪目指して頑張っているアスリートのことを考えれば・・
今更、五輪を返上するわけには行かないだろう・・・
ではどうすべきか。簡単です・・全部つまびらかにすれば良い・・


仏の検察に協力して、贈収賄の罪も責任者が被ればよい・・
そして、五輪にまつわる因習断ち切る。その役目を日本が担えば良い。
そうですよ、高齢ですが・・・潔い適任者がおられるではないですか・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月15日 05:34 | コメント (0)


「くまモン」頑張れ・・

2016年05月14日

大人向けキャラクターを買うのも良いですが・・まずは「くまモン」を・・


熊本空港を飛び立つ飛行機に・・空港の職員が・・
「応援ありがとう。がんばるけん熊本」と書いたプラカードを掲げる姿を・・・
テレビのニュースで見た。思わず・・涙がこぼれた・・


僅かな寄付と、熊本で採れた農作物、熊本産と書かれた製品を買うぐらいしか・・
何もできない自分が・・無性に腹立たしい・・


私はゆるキャラ人形があまり好きではないが・・
自粛していた「くまモン」が復帰、被災地を巡り・・子供たちのはしゃぐ姿に・・
ゆるキャラの役割もあるかと思うと・・・考え方を変えねば・・・


ゆるキャラが子供に驚きだけでなく・・夢と希望を与えるのなら・・
ゆるキャラ元祖・・マンガはどうなんだろう。
子供に影響を・・なんて時代は、古い頭の我々だけか?
今では大人の方が、マンガ好きらしい。
そのせいなんだろう・・最近の映画やTVドラマの原作にマンガが多い。


商魂は逞しいモノで、マンガの大人化を狙って・・・
キャラクターを使った大人向け商品が矢継ぎ早に発売、好調のようだ。
「ドラえもん」の大人向け商品・・・2年間で100億円を目論む・・・


有名アパレルブランドが「ドラえもん」のライセンスを。
子供向けなら、数百円〜数千円が、大人向けで2万円の財布、4万円のバックに・・
「ドラえもん」が付いた・・ブランド品を・・買う人がいるんですねぇ。


着せ替え人形の「リカちゃん」が大人向け新ブランド「Licc」を立ち上げ・・
通常の3倍の値段で売れているのもその証・・・
ウルトラマンを見て育った大人に・・ウルトラマンロゴの大人向けアパレル、
雑貨を売り出しなかなかの売れ行きだとか・・・


兎にも角にも・・・マンガから生まれたキャラクターの国内市場規模は・・
14年に前年比7,6%・・1兆6900億円だそうで・・(日経5/7・朝刊)
大人向けがその4割を占めているそうな。ブームなのか?


しかし、子供向けに比べ・・ノウハウが蓄積されていないので・・
そう簡単に行くかどうかとの疑問の声も聞こえる。
私には・・大人の幼児化としか思えないのだが・・
ここは「くまモン」頑張れと言っておこう・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月14日 06:01 | コメント (0)


新米記者

2016年05月13日

岐阜市唯一の全国ニュースです。もう少し勉強して記事を書いて下さいね。


別段・・・暇だからじゃないですよ。
朝日・読売・毎日・日経・・地元の中日と岐阜新聞・・
それに中部経済、MJ、そして一週間まとめて送られてくる石巻日日新聞・・を・
毎日めくっているのですから・・・その次いでに読み比べてみただけです・・


と、弁解するのは・・・・5/12・朝刊各紙に掲載された
夏の風物詩・・長良川の鵜飼開幕を告げる記事についてです。
我がふるさと岐阜市が・・全国ニュースになるのは・・年に一度、
鵜飼開きだけ・・淋しい限りですが・・


多分ですが・・・この記事は定番記事です。(確実に掲載される記事)
各紙とも新米記者が書いたのだろう・・と想像できます。
なぜなら・・勉強不足だからです。(勉強不足と新米記者は関係ないかな)


日経と毎日は・・鵜匠が操る鵜の数が正確にわかっていない。
毎日・・鵜匠がそれぞれに10〜12羽の鵜を手縄で操り・・・
日経・・6人の鵜匠が、それぞれに10羽前後の鵜を手縄で操り・・
一人の鵜匠が操る鵜の数は・・・12羽と決まっています。
おおよそ・・・何羽はありませんので・・鵜飼の基本です。


字数に制限があるから致し方ないのでしょうが・・
4紙ともですが、告知記事です・・鵜飼の開催日を・・
書かねばなりません。10月15日までとは書いてありますが・・


満月の日は開催されないと休日があることを書き加える・・・
重要なポイントが抜けます。
満月の日は月明かりが篝火の効果を弱め、鮎が鵜舟に集まってきません・・
だから、満月の日はお休み・・この情緒を織り込むのが記事の味です。


それから・・ここまで深く紹介して下さいとは申しませんが・・
鵜舟には鵜匠の他に船頭が二人乗ります。
一人は舟尾に、もう一人は中程で舟を操ります。(中乗り船頭といいます)


朝日記事では鵜匠が「ほうほう」と声を出しながらと書いてありますが間違いです。
「ほうほう」と声を掛け・・舟の縁を叩いて鵜を励ますのは中乗り船頭の役目です。
読売の記事はそつなくまとまっていますが・・・味も素っ気もないのが・・残念です。


新米記者諸氏どの・・
新聞の価値は、なんと言いてもコンテンツ。記事の中身です。
折角・・岐阜赴任したのです・・どうぞ、在任中、何処かで・・鵜飼の記事、
もう一度書いてみて下さい。その成長ぶりが見たいので・・新聞命のGoto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月13日 05:47 | コメント (0)


魅力のコンテンツを。

2016年05月12日

スマホ・タブレットでテレビ番組を見る時代・・・


毎日テレビを5時間以上見続けると脳の発達に支障をきたす。
EU主要国のテレビ視聴率平均は1時間半にもならない。
テレビの前に長時間座っている老人は無気力度が高まる。


そんなテレビ亡国論を読んだ。
テレビはニュースか報道番組しか見ない私。(大河ドラマ・真田丸はビデオで見てますが)
番組によるのではないか。ほんとかいな・・と疑いつつも、
バラエティー番組・・画面のバカ笑いを口を開けてみてる図には
・・・う〜む・・と唸らざるを得ないが。


先ごろ、NHK文化研究所は16歳以上の男女を対象にした調査で、
15年に初めてテレビ視聴時間が短くなったと報じられてた。
テレビ離れというより、ライフスタイルが・・・


若い世代を中心にスマホやタブレットで動画を見る習慣が浸透したのが原因らしい。
キー局各社は・・視聴スタイルの変化に合わせ動画配信サービスを相次ぎ打ち出している。


テレ朝は4月から20チャンネルを原則無料配信。
日テレ月額933円、フジ650円、テレ東500円で自社番組を配信。
TBSも得意とする時事や芸能イベント関連を提携したベンチャーと組んで配信を開始する。


動画配信の市場は15年度約1500億円。
20年度は2000億円を超える見通し(野村総研)だとか。
テレビ局の焦りが目に見えるようだが、ライフスタイルがどのように変わろうと
基本はコンテンツ。コストのかからないバカ笑い番組でお茶を濁しているようでは・・


テレビ離れが、配信サービス事業を追い越すのも・・・
時間の問題かも知れない。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月12日 05:25 | コメント (0)


惜春会

2016年05月11日

蝸牛(カタツムリ) 登れば登れ富士の山、悠々と祭り創りの日々であれ・・・


季節の移ろいは速いものです。
正月のお餅がまだ、喉につかえているかと思うのですが・・
寒梅が咲いたかと思えば、桃に、桜に、菜の花が・・野辺を彩り・・


寒風に襟を立て、仕事に立ち向かい・・期末を乗り越えたかと思えば・・
若い仲間を迎え、決意新たに新年度・・・
新鮮な思いで、駆け巡る日々・・・ふと気付けば、初夏の香り・・


歳月人を待たずと申しますが・・・
如何にも時の流れが速いと・・ツブラジイの黄金色の華に覆われ・・
故郷の街にデンと構える・・金華山、その頂きの岐阜城を眺めています。


先日、このブログにコメント寄せてくれる、我が友・・
レモンハートさんが、堀内孝雄さんのCDを・・ありがとうございます。
18曲・・曲ごとにレモンの香りがする熱いハートのメッセージが添えられえて。


中でも・・・惜春会
蝸牛 登れば登れ 富士の山
悠々と 祭り創りの 日々であれ 日々であれ・・・
と謳う・・最後のフレーズに、


先日開かれた同窓会での・・友のたちの顔、思い浮かべ・・
心境はまったく歌詞と同じ・・・


友の訃報が またひとつ
風に飛ぶ花 散る桜
残る桜も 散る桜
ふと 良寛浮かべたり?・・昨年喉頭癌で亡くなった彼の・・・


老いたりとはいえ申せ、まだまだ、老骨に鞭打って・・
祭り創りの夢のため・・
蝸牛のように、ただひたすらに、ただひたすらに・・富士の山を登る。
いや、朽ち果てるまで、諦めることなく、登り続けたい。


季節の巡りが如何に速くなろうとも・・
そんな熱い思いが澎湃と湧き上がっています。
レモンハートさん、友情に感謝です。Goto

追伸
同窓会で、友が・・・
今年はブログにナンジャモンジャの写真がないねぇと。

IMG_0716.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月11日 05:34 | コメント (2)


シンクロの母に学ぶ

2016年05月10日

一流は立ち止まらない。リオ五輪の楽しみがひとつ増えました。


素人の私としては、昨今の世界経済動向・・・
良いのか悪いのか?さっぱり分からない。
中国、輸入が減っているのに、GDPは6%も伸びていると発表するし・・


エネルギーの95%を輸入に頼っている日本、
輸入価格が下がるんですから景気に良い影響を与えるはずなのに・・
デフレ予想が先行、個人消費が増えない・・


マイナス金利で企業の設備投資が増え・・
住宅ローンを喜んで借りる人も多いハズなのに・・
金融機関の経営が悪化するとの心配ばかりで、市場の困惑は解消しない。


米国の景気もはっきりしない。
量的緩和政策をどうするのか。様子見ばかりで、腰が定まらない。
その結果、日本では円高、株安に触れる。


米国の大統領選も・・・わけがない分からない。
移民で成り立っている国が、移民をなくそうと訴える候補者が・・
勢いを増して、まさかの展開になりつつある。


いや、愚痴っているのではありません。
日本経済は、日本の国内事情だけでは解決しない。
複雑な様相を呈していて、どうすれば良くなるのか。
その答は、他国の何倍もの努力するしかない・・のでは・・と思う。


「一流の世界は固定したものではない。日々発展、変化ている、
同じ地点に止まっていたら、どんな人でも取り残されてしまう。
だから、一流の人ほど、自分のことを一流だと思っていない」


「シンクロの母」といわれる井村雅代ヘッドコーチの名言です。
先のシンクロ日本選手権で見せてくれた五輪日本代表チームの演技・・
素人には良く理解できないが・・・


メダル常連国だった日本は沈んだ・・それが井村コーチの指導のもと、
血の滲むような努力を積み重ね・・再びメダル圏内へ浮上しつつあるとのこと、
リオ五輪の楽しみがひとつ増えた・・・


同時に、日本経済も一流など昔日話、変化に機敏に対応し、
他国の何倍もの努力が必要だと、井村ヘッドコーチに学ぶ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月10日 05:21 | コメント (0)


茶摘み・・

2016年05月09日

・・・人間は働くから人間なのだと思いませんか。・・・


連休も終わりました。さぁー、仕事です。
と申しても、第一線で仕事する人たちにとっては、
365日、24時間、仕事のことが頭から離れていませんが・・


先日も、勤務医の友人から。
休みといっても、休みを取っている方って、そんなにいるんですかねぇ。
病院で患者さんと向き合っている限り、連休なんてねぇ・・・


人間とは何ぞや・・・何て大上段に振り被る積りはありませんが・・
私は「人間は働くから人間」なのだと、思っていますから・・・
死ぬために・・「善く働く」のが持論です。


仕事の原点は、農作業だと思っています。
農家は自然を相手に仕事をします。連休だから農作業はしません。
なんて言ってたら、農作物は実りません。そもそも、農家に連休などないのです。


もちろん、農繁期もあれば、閑散期もありますが・・
老母の実家、富有柿作りの老叔父に言わせれば・・・
閑散期にどれだけ、柿の木をいたわるか、手を掛けるかで、実りが違う。
冬場は冬場で、「木と会話」して、「土を肥やさないと美味しい柿はねぇ」と。


立春から・・・88日目・・「八十八夜」
岐阜県のお茶の産地・・・白川町でも「茶摘み」が・・
白川町は、山間に位置し、寒暖の差が激しく、日本でも最高級のお茶が育つ・・


この冬は霧に備え手入れに工夫を重ね・・
豊作だった昨年よりも、さらに新芽の輝きが増しているとこと。
茶摘みに連休どころではない、家族総出・・ここが勝負とニコニコ働く・・


農作業だけではありません。
どんな仕事も、本当は・・・待っていてはくれないのです。
365日・・・更に善い仕事をするには何をすべきか・・
必死に考え、体を動かす・・・そうするから「人間は人間なのだ」と私は思う。


さぁー。一年で最も気候の良い・・・皐月。
張り切って、農家に負けない働きをするぞ・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月09日 05:31 | コメント (2)


偏向報道では?

2016年05月08日

中国寄りは酷過ぎるし、NHK会長にはまるでストーカーですね。


朝日新聞を批判するつもりは全くありませんが・・
なぜ、肝心記事が一行もないのかと、不思議に思うことが時々あります。
また、悪戯に、いや執拗に「ひとり」を追い回すことも。


広島でのサミット外相会議、各国外相を原爆資料館に案内するなど、
私は、岸田外相、派手さはないが、なかなか手堅い政治家だと評価するのですが。
国際会議以外では久々に訪問した中国で、屈辱的な内容を突き付けられた。


なんのために訪問したのか。
だいたいが、外相会談で4項目・・箇条書きで、要求するとは異例・・・甚だ失礼な話。
1・歴史を直視・反省し「1つの中国」政策を守れ・・・台湾の民進党との接近に・・
2・中国脅威論・中国経済衰退論を撒き散らすな・・中国の海洋進出批判への牽制・・
3・経済面で中国を対等に扱え・・・貿易の邪魔をするなってことかな?
4・地域や国際社会の問題で中国への対抗心を捨てろ・・・アジアインフラ銀行に参加せよか?


これじゃまるで、喧嘩腰・・・席を蹴って不思議はないが・・外相良く我慢した。
中国は伊勢志摩サミットを警戒、先手を打ったのであろう。
しかし、会談翌日(5/2)の朝日紙面には・・この屈辱会談の内容が一行も触れられていない。
実に不思議なことです。


で・・5/2の社説・・「NHKの使命」と題して会長批判を。
NHKは報道機関としての使命を果たしていない。
熊本地震に川内原発を停止せよと報じないNHKは会長が無知だから・・


このまま会長を続け政府に寄り添う発言は、NHKの報道全体への信頼を失うと・・
朝日的な考えに逆らう会長の更迭を執拗に世論に訴える・・
私も含めて・・・NHKが会長の意向で、偏向報道を繰り返しているとは・・


誰も思っていないのでは・・むしろ、会長発言を就任以降・・
一言一句漏らさず執拗に報じる・・まるでストーカーじゃないか。
これがメディアに睨まれたら怖い・・の実態ではないでしょうか。


如何に中国寄りであっても、報じるべきことは冷静に報じるべきではないか。
思い込みで記事は書かないと・・慰安婦問題で反省したではないか。
なぜ、NHK会長を「無知」だと決めつけて報じるのか。
もう少し、冷静になれないかと思うのは・・私のみではあるまい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月08日 05:18 | コメント (0)


日経を読まない日を楽しみに・・

2016年05月07日

日経新聞・・・新社会人、学生を対象に紙面の刷新が・・・


「私は日経新聞を日々通読せねばならない苦痛から解放された」と・・
語ったのは・・・80歳で経営の第一線から身を引かれた・・
私が直にお聞きした「イビデン中興の祖・多賀潤一郎師」引退弁のである。


二つの意味があるとその時解した。
一つは文字どうり、日経を読まずして経済を知り得ないこと。
経営に携わるということは、貪欲に経済情報を吸収し続けること。


もうひとつは、生き馬の目を抜く経済の世界は・・常在戦場であるということ。
一瞬でも気を抜けば、その場で倒れ屍となる。
生き残り成長を続ける気力がなくなれば、後継に道を譲る・・
それが経営者というものであると・・


経営者の話ではありません。仕事するということは、
経済の海に生きるということです。
海の状況にアンテナ張り巡らせなければ・・・上手く泳げません。


日経が経済の羅針盤であることに間違いはない。
多賀師の「言」にその重みを学びました。
ですから、私も日経を私なりの視点で日々捲っています。


9日から、日経朝刊の紙面が刷新されます。
刷新といっても、経済新聞です。経済情報を発信するに変わりはありませんが・・
若い読者を意識した企画が幾つも登場するようです。


経済教室面・・・経済ニュースを個性的な有識者の目を通し、違う角度で分析する。
月曜に「18歳プラス」・・就活に役立つ情報をふんだんに。新社会人にも必要かと。
時代は東京五輪です。アスリート群像や先端技術で五輪に挑む企業紹介など。


新商品の紹介を火曜に。ヒット商品舞台裏を探るコーナーも新設されるとか。
生活面にも力を入れ・・・家事やおしゃれ情報も・・
第一線の営業マンには・・仕事に不可欠な紙面になるのではないでしょうか。


大いに期待したいと思う。
合わせて、電子版とのコラボを強化するとのこと・・
FT(フィナンシャルタイムズ)を買収した日経・・国際紙面の充実も期待したい。


何だか、日経の拡張員のようだが・・・
私もいつの日にか「日経を読む苦痛から解放された」と・・
肩の荷が下ろせる日が来るのを楽しみに・・新紙面にすがろう。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月07日 06:14 | コメント (0)


進化するハッピーメディア®

2016年05月06日

地域みっちゃく生活情報誌®5月号が出揃いました。


風薫る・・・5月です。創意工夫を凝らした色鮮やかな表紙・・をご覧下さい・・
百花繚乱とは、まさに、ハッピーメディア®103誌のことです。


地域みっちゃく生活情報誌®・・・福島県にその名も「すかっと」初登場・・
(須賀川市・鏡石町・32,000部全戸配布)で・・・24道府県・103誌となりました。
総発行部数は5,953,479部です。


周年を迎えたのは、岐阜県大垣市の「Wao!」が13周年。
西濃一円になくてはならぬ生活情報誌に成長しています。


岐阜県下の11誌・720,050部・・県下世帯カバー率95,6%に。
お陰様で県下で最も到達率の高いメディアと評価頂き・・
新年度「岐阜の魅力を世界に発信!」のタイトルで・・
古田肇岐阜県知事が登場。中広取締役・河瀬晴予がインタビューしました。
(内容は中広で検索願います)


三重県では津市で発行の「つぅぴーす」が8周年を迎えました。
県都の情報誌として不可欠なメディアに育っています。ありがたいことです。
三重県9誌・592,061部、県下の世帯カバー率は82,3%で、念願の80%を超えました。


伊勢志摩サミットに因んで、鈴木英敬知事に登場願い・・
「三重の未来を拓く・・千載一隅のチャンスを活かして」と題し・・
熱く語って頂きました。河瀬晴予がインタビューしました。


知事といえば、県下カバー率61,3%・発行部数342,662部、6誌発行の滋賀県。
三日月大造知事には「キラリしが」のタイトルで、
滋賀県の課題を毎月、発信して頂いています。


滋賀県・彦根・米原市・多賀・甲良・豊郷町で発行する「KONKI」(84,100部・全戸配布)が
11周年となりました。地域一番の生活情報誌として更なる精進を重ねます。
ありがとうございます。


新潟県の「まるごと県央!」(三条・燕・加茂市・59,000部・全戸配布)が2周年
宮城県の「とみいず!」(仙台市泉区・富谷町・83,500部・全戸配布)が1周年を迎えました。
これも偏に関係各位のご尽力の賜物であります。


周年を迎えるほどに、地域に根差し、地域の人たちに愛され、
進化するハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌・・
あなたの街にもお届けできる日は遠くないと思います。
ぜひ、ご期待下さい。Goto
%E4%B8%AD%E5%BA%83%E5%A0%B1201605.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月06日 05:20 | コメント (2)


疎開させるとか

2016年05月05日

学校に行けない被災地の子どもたち、文科省の責任で何とかすべきでは?


地震学者の先生方にお伺いしたい。
余震が続く九州地震・・いったいいつ頃収まるとお考えか?
収まらないとすれば、どうすれば良いのか?


今日は子どもの日、被災地の小中学校では、未だに学校が再開できない・・
学校に行けない子どもたちの心境を察すると胸が痛む。
余震が続く以上は再開できないのか?教育委員会はどんな判断なんだろうか?


被災学校の先生たちがチームを組み、家庭訪問を始めたとか・・
一部の地域では避難所で校外授業が始められたなどと報じられている。
道路などのインフラは脅威的なスピードで回復しつつあると聞く、
国交省の心意気というか、政府の必死の復旧体制に敬意を表すが・・


まさか、学校の再開は・・先生任せ、学校任せではないでしょうね。
文科省が動いているとか、教育委員会が先頭に立っているとか・・
自治体が・・他の自治体に教師応援を依頼したという話も、聞かない。


現状では如何ともし難い・・・余震が落ち着くまでは・・・
避難場生活や車中泊が続く限りは・・
あるいは避難生活余儀なくされている教師もいるので・・・との理由で・・
現場任せになっているのではないでしょうね。


現場を知らない私の浅知恵ですが・・・
開かれていない学校の数と生徒の数は明らかです。
であれば、文科省が前面に出て、子どもだけでも疎開させ・・
別の地で開校できないのか。


勿論、簡単ではなのは分かるが、
国会での震災補正の与野党合意、国交省の迫力、JRの執念など・
何がなんでも被害を最小限に、被災地の復旧、復興をと国を挙げての取り組む中なのに・・
なぜか、文科省の対応が見えない。対応する発想がないのかも知れない。


子どもたちは学校の再開もだが、同級生たちと
一緒に居たい、学びたいと思っているハズですから。
震災時の教育体制に遅れがあるのではと危惧する。


被災地の子どもたちの現状を思うと、
なんとかできるのに、何とかしないのは・・なぜかと・・
苛立ちを覚えます。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月05日 05:25 | コメント (1)


「男は黙って・・」

2016年05月04日

サミット後、やはり、衆参同時選挙に打ってでるのではないか?


九州大地震・・・私はそう呼んでいます。
余震がいつまでも続く。不安が募ります。
大災害やリーマンショック級の事態が起これば・・消費増税は見送る・・


安倍首相はそんな発言を繰り返していますが。
九州大地震がそれに当たるのか、中国の経済危機がそうなのか?
微妙なところだが・・・長引く地震は・・・


増税派は、消費増税には使命がある。
先進国で最悪の財政を再建、積み上がった債務の付けを次世代に回さない。


社会保障制度の財源を確保することである。
自民・公明・民主の3党は党派を超え議論し、2段階で増税する。
税収増をすべて社会保障財源に充てると合意したではないか・・


情況が変わったとは言わせない。と安倍首相の変節発言に憤る。
憤るのは、大概が財務省の息の掛かった学者が多いですが。


その2段階増税の言い出しっぺである、民主党・・・いや、民進党。
このほど、参院選のマニフェスト素案を発表した。
さて・・・消費増税についてどんな、見解を示すのか。


期待して拝見したのですが・・・
「同一労働同一賃金の確立」「2020年までに最低賃金、平均時給1000円」など
格差是正をアピールする内容に終始・・消費増税には全く触れていない。

「同一労働・・・」は安倍政権が掲げる「1億総活躍時代」での政策と同じ・・
他にも保育士の月給5万円、介護職員、障害者福祉従事者1万円引き上げ・・
ひとり親家庭児童扶養手当1万円、19歳まで支給。
大学の授業料減免拡大、残業時間上限規制、底年金者年金かさ上げ・・などなど


違いがわかる・・・のは「男のビール」(古いCMだ)だが、
どこが違うのかさっぱり分からない。1万円か2万円か・・では、
とても国政選挙の論争になりはしない。
地震を意識した「備えをしっかりするための」災害特別法すらない。


だとすると・・・私の勘だが・・・
安倍首相、サミットが成功すれば、衆参同時選挙に打ってでるのではないか。
憲法改正を秘めて・・・そう思うんですが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月04日 06:07 | コメント (0)


新年度の進捗をチェック

2016年05月03日

新入社員諸君から、熱いメールをもらいました。


休みです。何の日か。憲法記念日ですね。
広告の仕事を始めて、最初の新聞企画が「憲法を考える」でした。
全三段の紙面を五つに区切って・・・


下段に政党名、立て見出し3段組の記事広告。
政党の岐阜県支部を順に回って・・・憲法に対する政党のスタンスの違いを・・
中日新聞の紙面にとお願いして歩き地方版に掲載

・・右から自民党、社会党、公明党、共産党・・・ひと枠・・余って・・苦労したのを。
でも40年近い前です。政党が広告を出すのは斬新でした。


そんなことを懐かしく思い出すようでは、営業マンとしては焼きが回っていますね。
でも、憲法に対する考え方、政党も色々できましたが・・随分変わりましたね。
なんせ、護憲派であった私ですら・・・改憲すべきではと思うのですから。


万物、みな朽ちます。日本国憲法だけが、不磨の大典であることの方がおかしい、
憲法も時代と共に錆びつきます。改憲の議論をどんどやって良いのでは、
その方が、国民も憲法を理解し、重要性を認識するのではないでしょうか。


いや、幾ら憲法記念日だといっても休みです。
難しいことは考えないで・・・新年度の進捗を振り返る時間にするのも一考か。
日頃あまりにも多くメールがきます。じっくり読んで返事を出すのも、
安易に読み飛ばすモノもあります。


その再チェックをしています。
嬉しいじゃないですか。この春入社した社員諸君が・・・
「初任給を頂きありがとうございます」・・・と熱いメールをくれます。
全員の顔を思い出しながら一人ひとりに私の思いを返信しました。
漏れがなかったかと・・・点検です。大丈夫でした。


「早く良い仕事ができるようになりたい」「良き先輩に学んでいる」
「親や家族を食事に・・」「母親にプレゼントを・・」
「本代にします」そんな子も・・・感謝の気持ちが溢れています。


嬉しいですねぇ。「焦らずに、何のためにこの仕事に関わったのか」
広告通じて・・地域みっちゃく生活情報誌をお届けすることで、
その地域の人たちが元気に、ハッピーになってもらう。
そのために素晴らしい提案、企画を立てて・・喜んで働く。

憲法記念日に憲法について考える企画に立ち向かった・・40年前・・
若い営業マンであった私が・・・新入社員とダブります。
いかん、いかん、折角の休み・・・仕事を片付けなくっちゃ。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月03日 05:36 | コメント (3)


組市松紋様

2016年05月02日

いよいよチェッカーフラッグが振られましたね。


東京五輪のエンブレムが決まりましたね。
あなたはどう思われますか?
私は・・・D案の朝顔が良いかなぁと思っていましたが。
例の問題になったエンブレムよりも「善い」と思います。


市松紋様が使用されている代表はカーレスのチェッカーフラッグです。
レースの始まりと終わりに振られる旗ですから・・
これで、いよいよオリンピックの始まり、始まりですね。


広告を生業としています。デザインには多少心得と興味があります。
藍色一色で派手さがない・・・そんな声も耳にしますが・・
「市松」とは江戸時代の歌舞伎役者「初代・佐野川市松」のこと。


その佐野川が「白と紺の正方形を交互に配した袴」履いて・・
中村座の舞台に登場・・時は元禄・・その派手さに、江戸市民が喝采。
古来から石畳模様と呼ばれていた柄が・・市松紋様と呼ばれるようになったとか。


ですから、決して地味なデザインではありませんね。
ただ、白と紺、シンプルさがそう言わせるのでしょう。
多分、四角の部分に様々な色が勝手に付けられ華やぐのではと思います。
(著作権の関係で問題ですが)


因みに、このエンブレムを「組市松紋様」いうそうですが、
人の名前と同じで固有名詞で新語だそうです。
そこまで考え、白と紺の四角を組み合わせてのデザイン、実に優秀なデザイナーですね。


江戸時代・・・江戸文化が最も花開いた元禄の世。
その象徴一つ「市松紋様」が東京五輪の顔になる。
オープニングでは、江戸の文化を駆使したイベントになるのでは・・
そんなことを思いますとワクワクしますね。


市松紋様・・・チェッカーフラッグが振られました。
あと四年・・・一抹の不安はありますが・・元気で五輪まではと・・
そう思って頑張る高齢者が増えれば・・・五輪冥利に尽きるのでは・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月02日 05:12 | コメント (0)


目には青葉 山ほととぎす 初鰹

2016年05月01日

荒れ狂う大自然ですが、その恵みに生かされています。


野辺には草花が咲き乱れ・・日本で一番過ごしやすい風薫る5月です。
九州地震で、被災されておられる方も、どうぞ、外に出て、美味しい空気を、
五月晴れの大空を、大自然の恵みに触れて頂きたいと願います。


何を呑気なことをと、怒らないで下さい。
日本中、誰一人として被災者の心と寄り添いたいと思わぬ人はいません。
それぞれに心を痛め、やれることで支援をと取り組んでいます。


私の友人たち、ある人はふるさと納税を。ある人は熊本の生産品を買い求めています。
メディアも被災地の事情を丁寧に報じてくれています。
どうぞ、メディアを通じて声を上げて下さい・・・相身互いです。


「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」・・・
春、黒潮に乗って太平洋岸北上する「初鰹」の季節をです。
しかし、各地の漁港、一本釣りの高知、定置網の宮崎・・は激減。
水揚げの大半がカツオの和歌山・すさみ町は「カツオ祭り」を中止・・
春の風物詩が食卓に届きにくくなっています。


原因は「ツナ缶」が国際的に大ブレーク。
日本ではツナ缶はマグロだが、漁獲制限の強化や価格の高騰により・・
欧米では「カツオ」が使用され・・その生産拠点はタイ(毎日・余禄から)


そのタイにカツオを供給する南洋での巻網漁・・・
黒潮に乗って太平洋岸に回遊するのだが・・・その前に一網打尽。
それが日本近海でのカツオ不良の原因だと。


初鰹を食さなくても、カツオのたたきに縁遠くなっても、困りはしませんが。
責めて、爽やかな風、滴る新緑、鳥のさえずり・・・
美しい日本の五月を満喫したいものです。


とは申せ・・・江戸時代から「初鰹を食べると長生きできる」と申します・・・
被災地の皆さんには初鰹を食べて頂きたいものです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年05月01日 05:23 | コメント (0)