惜春会

蝸牛(カタツムリ) 登れば登れ富士の山、悠々と祭り創りの日々であれ・・・


季節の移ろいは速いものです。
正月のお餅がまだ、喉につかえているかと思うのですが・・
寒梅が咲いたかと思えば、桃に、桜に、菜の花が・・野辺を彩り・・


寒風に襟を立て、仕事に立ち向かい・・期末を乗り越えたかと思えば・・
若い仲間を迎え、決意新たに新年度・・・
新鮮な思いで、駆け巡る日々・・・ふと気付けば、初夏の香り・・


歳月人を待たずと申しますが・・・
如何にも時の流れが速いと・・ツブラジイの黄金色の華に覆われ・・
故郷の街にデンと構える・・金華山、その頂きの岐阜城を眺めています。


先日、このブログにコメント寄せてくれる、我が友・・
レモンハートさんが、堀内孝雄さんのCDを・・ありがとうございます。
18曲・・曲ごとにレモンの香りがする熱いハートのメッセージが添えられえて。


中でも・・・惜春会
蝸牛 登れば登れ 富士の山
悠々と 祭り創りの 日々であれ 日々であれ・・・
と謳う・・最後のフレーズに、


先日開かれた同窓会での・・友のたちの顔、思い浮かべ・・
心境はまったく歌詞と同じ・・・


友の訃報が またひとつ
風に飛ぶ花 散る桜
残る桜も 散る桜
ふと 良寛浮かべたり?・・昨年喉頭癌で亡くなった彼の・・・


老いたりとはいえ申せ、まだまだ、老骨に鞭打って・・
祭り創りの夢のため・・
蝸牛のように、ただひたすらに、ただひたすらに・・富士の山を登る。
いや、朽ち果てるまで、諦めることなく、登り続けたい。


季節の巡りが如何に速くなろうとも・・
そんな熱い思いが澎湃と湧き上がっています。
レモンハートさん、友情に感謝です。Goto

追伸
同窓会で、友が・・・
今年はブログにナンジャモンジャの写真がないねぇと。

IMG_0716.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2016年05月11日 05:34


聴いていただいて、ありがとうございます!「石をつらぬく滴であれ」を聴くと、いつも後藤社長のことを思い出します。強い意志で上場、まさに石をつらぬく滴のようです。「男泣き」の歌詞もです。ひそかな 苦労に 耐えてようやく♪果たした 夢に うれし泣き♪いいじゃないか 最高じゃないか♪それこそ 命の煌きだから♪堀内孝雄の男歌は最高ですね。僕はいま51歳になりました。今が正念場。苦しい時です。同志と思える師を追いかけて、うれし泣きができるよう歯を食いしばりがんばらねばーです!

投稿者: レモンハート | 2016年05月11日 22:36

二枚目のCD賜りました。
ありがとうございます。
まだまだ、道半ばの未熟者・・
死ぬために善く生きようと思っているだけです。
Goto

投稿者: Goto | 2016年05月17日 08:30

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。