クールビズに思う

斎藤道三と織田信長の初面談、季節はいつだったっけ?


いやいや、今年の夏は猛暑・・そんな予感が・・
この地方は梅雨入り。なんともドンよりした天気が続きます。
昨日と今日は抜けるような青空ですが、どなたか、良い行いをしたのでは?)
例年だと清々しい日が続く5月も、意外とねっとりと暑かった気が・・・


官公庁が一ヶ月前倒しして、クールビズに突入・・・
我が社も、それに合わせて、実施しましたが・・
古い営業マンの私。何んとなくクールビズが馴染めません。
(本格的な猛暑になれば・・・そうなるんでしょうが)


ポロシャツやアロハシャツで、人前に出るのは・・・
「礼」を欠く気がします。クールビズも良いのですが、
やはり・・・TPO考えねばと思います。(古いですかねぇ)


さすがに・・・日本の衣料・・・
そんな、いや、世の中には私のような堅物が多いのでしょうか。
クールビズの普及に抗うかのように・・「スーツやネクタイに回帰の動きも」


速乾性の「乾湿素材」や上質で軽い羊毛を使ったスーツが出回り・・
昨年比1割増の売上だとか・・・(読売)
その影響でしょうか。涼しげに見える・・綿素材のジャケット、ニットのネクタイや
ベージュなど見た目に涼しい色合いの商品が人気だとか。


上着なしでも正装らしくみえるベストや・・・
脱いだ上着を持ち歩き易くするために、上着の裏地に紐を付け・・
カバンの持ち手に引っ掛けれるスーツやワンタッチで着脱できるフックの付いた
ネクタイまで(このネクタイは面白い)・・「礼」を欠かない服装のために
知恵と工夫に溢れていますね。

2ヶ月前倒しされた就職戦線・・・夏場が勝負とあって・・・
通気性が高い素材のリクルートスーツが品薄になったとか。
学生なりの「礼」を考え対策を練っているのですね。


斎藤道三が宿敵織田の城主信長と初めて面会する場面・・・
道三、尾張のうつけ者はどんな奴かと・・・道中を観察・・
なんと、ざんばら髪に擦り切れの着物。帯は荒縄だった・・
「ふぅーん・・・この程度か」と思ったかどうかは・・定かではないが。


平服で信長を迎えた道三・・・髪を結い直し、冠衣に身を纏い・・
「礼を尽くし」堂々と現れた信長に「ころり」・・和議が成立、娘の濃姫の婿にと・・
故事には・・・確か、季節は夏と・・・
さて、クールビズ・・ビジネスマンのあなたはどうする。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年06月11日 05:34


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。