負け癖

いよいよ五輪・・・・日本代表選手に心からのエールを送る。


「お前のブログで、頻繁に登場する人物・・知ってるか?・」と・・
読んでくれている仲間から、逆質問・・・「うん?」一瞬・・頭が白くなった。
「誰だっけ?」「井村雅代さんだよ」・・


「先日、大阪駅で、彼女に遭遇・・ブログとダブって、思わず声掛けちゃったよ」
そんな、会話で仲間と楽しく「ブログ談義」をやりました。
考えて見ますと・・・3200回・・・8年と8ヶ月余り・・毎日書いてるんですから・・


同じ人の話を何度も・・・ってことになっているんですねぇ。(自分で書きながら)
毎日のことですから、心掛けていることは「書き始めたら・・エイヤー」
振り返らず一気に、カタをつける。でないと、ブログ時間が長くなってしまう。


リオ五輪まで後・・・一ヶ月余り。陸上も、サッカー男子もメンバーが決まり・・
選手の団長にはレスリングの吉田沙保里さんが。
残るはゴルフの代表だけ・・男子代表確実の松山英樹プロには
是非、日の丸を背負って闘って欲しいところだったが・・・


並み居るビッグネームは出場辞退・・理由はジカ熱回避だが、
本音は五輪後に米ツアー年間王者を決めるプレーオフが・・
何せ、優勝賞金10億円ですものねぇ・・・辞退仕方ないか。


ですが、女子の方は「国を代表して闘う意義は大きい・・メジャーよりは五輪が上」と、
世界ランク上位が参加権を賭け熾烈な闘いを。
大山志保プロは「一番大きな闘い。日の丸を背負って闘う姿に憧れてきた」と
わざわざ・・・肩痛を堪えて・・米女子オープンに出場、世界ランクを上げる闘いに。


五輪出場へ・・・悲喜交々だが・・・
我らがシンクロの井村雅代日本代表ヘッドにブレはない。
「あなた達はメダルを取らずに帰るのに慣れているかもしれないが・・・
私のプライドはそれ許さない」と日本チームに蔓延る「負け癖」を叱責する。


そうですよねぇ。立てた目標は必ず達成する。あたりまえですよねぇ。
それが、何度チャレンジしても目標に届かないと、いつの間にか・・
届かなくても仕方がないと慣れてしまう。怖い慣れです。それが「負け癖」。


井村雅代ヘッドには、どうすれば五輪でメダルが取れるか。
その青写真がしっかりとしている。日々の練習はその理想に近づける作業に過ぎぬ。
「体に脂肪がたっぷり、戦う気持ちがない。お互いを許しあう甘えた「協調性」だけは
一人前」それで・・・メダルが取れるか。・・・この厳しさが井村ヘッドの魅力。


我々の心の何処かに、「負け癖」根性がはびこっていないか?
また一つ・・・井村雅代ヘッドに学ぶ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年07月06日 05:58


こんばんは。中広報で紹介された亀井勝一郎さんの本を読みました。
感動しました。 抜粋しますー!人は、自己に絶望し、自己を否定しながら、第二の自己を形成して行く。絶望とは、「生れ変る」ための陣痛にほかなりません。絶望したことのない人間は、言うまでもなく落第であります。僕は、負け癖がついていたかもしれません。今が、生まれ変わるための陣痛だと考えれば勇気が湧いてくるものですね。良い本に邂逅しました。ありがとうございます。

投稿者: レモンハート | 2016年07月08日 18:44

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。