中国の主張

国際仲裁裁判・・・自分の頭で考えてみる必要があります。


中国が主張する南シナ海の境界線「9段線」法的根拠なし。
岩礁を埋めた人工島は島ではない。大陸棚の権利は主張できない。
人工島埋め立ては海の環境を守る義務に違反している。


3年前にフィリピンが起こした裁判で・・・
仲裁裁判所(国際海洋法条約に基づき、海洋権益をめぐる紛争を解決する機関)は
南シナ海問題に・・・判決が下された。


新聞はこの判決を受け、こぞって、中国は法秩序を守れ(朝日)
「違法」解決は不可欠(毎日)。中国は判決に従う義務がある(読売)
試される海の法秩序(日経)・・・と厳しく中国を非難しています。


通常は当事国が裁判官5人を指定するのだが。
中国が裁判に参加しないため、条約に基づき国際海洋裁判所長が人選。
ガーナ、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランドの国際法学者が判断した。


裁判に参加していない中国の言い分を、感情抜きで聞いてみましょう。


1・この海域で2000年以上前から活動、主権は中国にある。
1・日本が一時期不法占領したが第二次大戦後、国際条約で主権を取り戻した。
1・国際海洋法条約締結国として領海基線から200海里排他的経済水域と
その外側の大陸棚に権利を有する。


1・フィリピンの提起は法律の衣をまとった領土問題であり 海洋法条約300条に違反している。 中国は06年に298条に基づき調整範囲に含まれないと、宣言している。
1・第三者による強制的な紛争解決手続きは受け入れない。


1・裁判は高度に政治的な問題にすり替わっている。
中国とフィリピン間の紛争解決を目的にしていない。
フィリピンの立場に立ち地域の緊張をつくり出し、中国のイメージダウンを目的にしている。


1・中国は判決によって、立場を変えることはない。
無効な判決を根拠にした駆け引きや主張を受け入れることもない。
1・判決を理由に中国の主権や関連権益を損なうなら、断固として戦う。


中国は東シナ海・・・尖閣列島問題も同じ論調で主張しています。
この身勝手な中国の言い分をどう判断するのか。
あなたの頭で考えてみて下さいね。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年07月14日 05:35


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。