糀(こうじ)

夏バテ解消に発酵食品を見直す………                   

健康管理にバランスの良い食生活は誰もが知るところですが、
果たして、そうできるかと言えば、なかなか難しいのではないか。
連日の猛暑、食べ物に工夫を凝らすことも、夏バテ防止には重要。


8/5・「発酵の日」(知りませんでした)・・・
発酵食品は食欲をそそり夏バテには最適と、マルコメが見開きの広告を。
私的にはじっくり読ませ、また、ううんと唸らせるなかなかの広告でした。


マルコメと言えば、坊主頭の愛らしい男の子をモデルに・・
CMを流し・・・味噌の宣伝で一世を風靡しました。
最近は、CMには力を入れていないのではと・・思っていたのですが・・


「夏休み、思いっきり遊んだ後は、冷たい甘酒」・・えっ・・
子供に甘酒と驚かせる紙面(写真参照)も・・氣をてらって面白い。
アルコール度ゼロで、酒ってうたうのですから、大胆な商品です。


商品は二種類、米糀(こめこうじ)と豆乳ブレンドの甘酒
身体にどのような効果があるのか、効能効果をうたいたいのでしょうが・・
薬事法との関係で、抑えざるをえない。紙面に苦心が伺われます。


「熱中症対策にも」がせめてもの、訴えでしょうね。
疲れたら「発酵食品」。酢にみりん、ヨーグルト、納豆・・・
それに、へしこ(鯖の糠漬け保存食品)に鮒鮨・・・などなど・・

日本古来の発酵食品の良さを再認識させるマルコメの広告に・・
日本食の心意気と申しますか、覚悟が感じられます。
米糀から作った甘酒・・・オンラインショップで買えるそうですから、
夏バテ気味の私も、飲んで見たいと思います。Goto             

IMG_6343.JPG IMG_6348.JPG

8/4朝日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2016年08月10日 05:18


こんにちは。発酵食品いいですね。うちの店でも疲れが残る夏は、発酵食品に注目して甘酒、黒酢のソーダ割りをはじめました。いまは、黒酢といっても、ざくろや、アセロラ、りんご、ブルーベリー....。様々なものがあります。企業努力に頭が下がります。発酵食品といえば鰹節。出汁をとるときに、いつも不思議を感じます。脂がのったカツオが発酵年月が経ち、鰹節になったとき、出汁の中は澄み渡り、一滴の脂もない。すべての脂をバクテリアが食べつくしおいしい発酵食品(鰹節)になる。ロマンを感じます!

投稿者: レモンハート | 2016年08月10日 12:12

コメントありがとうございます。
黒酢ソーダ割り・・元気が出そうですね。
夏が終わらぬ内に、頂きに上がらねば。
Goto

投稿者: Goto | 2016年08月15日 20:52

コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。