未来投資会議

第四次産業革命こそが、アベノミクス第三の矢・・・だと思います。


やっと動き出したか・・・と、期待したいと思います。
アベノミクス、第三の矢、成長戦略のことです。
第一・第二の矢は、金融緩和に財政出動・・政府・日銀主導で放つことができますが・・


第三の矢は、民間企業の成長を促すのです。
そう簡単には行きません。
取分け、規制改革が伴いますので、既得権益に触れます。
そうなれば抵抗勢力とガチンコ、なかなか進まない。それを打破するには・・・


頭の良い人がいるのですね。
ガチンコにならないで、成長戦略を進める・・・キーワードは未来と投資。
未来とは第四次産業革命。第一次は18世紀の蒸気機関。二次は19世紀の電力活用。
三次が20世紀後半のコンピューターの普及・・・


そして第四次がAIを含めあらゆるモノをインターネットで繋ぎ・・
情報のやり取りをするIOTなどの先端技術を組み合わせて活用し
産業の生産性を高め、新しい事業・サービスを創出する取組です。(読売)


第四次・・未来ですから、既得権も抵抗勢力もありません。
そこを突破口にして、成長へ産業構造を改革して行く。
「国民生活の利便性を抜本的に高め、地方を主役に世界をめざす。
新たな技術革新の芽を、社会構造へと改革して行く」・・・


未来投資会議の議長を務める安倍首相の覚悟です。
力強くないですか。背景に投資あり・・・予算編成に反映させると。
で、この会議6人の民間議員で構成・・誰が仕切るのか?


もちろんです。成長戦略を練れる人はひとりだけ。竹中平蔵元総務相です。
次の4分野で下部組織を設け、来年1月に課題を整理・・・
1・第四次産業革命イノベーション。(ベンチャーの育成)
2・企業関連制度改革(これが既得権益者との闘いですね)
3・医療・介護
4・ローカルアベノミクス


来年夏頃に成長戦略を取りまとめる・・そんなスケジュールですが
多分、予算次第で、新年度から「未来投資」は動きだすのでは・・
アベノミクス・・・待った無しですからね。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年09月20日 05:49


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。