オオカミがきた。

移民政策に舵を切るしか方法はないのでしょうか?


オオカミが来るぞ。オオカミが・・・と・・
何年前から聞いていたのでしょうか。
かれこれ・・・10年にはなりますよねぇ。


オオカミとは、人口が減少し、国力が低下する時代が・・くるので、
手を打たねばならないっていう声です。
もちろん、それなりに危機感を持って、行政を先頭に議論し、手を打ってきました。
だが、国民の大半は、心の底では私と関係ないと他人事で無関心だったのでは。
と、反省しても・・・もう遅い・・とうとう・・オオカミはやってきました。


そうです。15年国勢調査の結果、日本の総人口は前回10年の調査から・・
96万2607人(0.8%)減り1920年の調査開始以来初めて減少に転じたと、総務省が発表。
和歌山県の人口は96万人・香川97・山梨・佐賀83・福井78・徳島75・
高知72・島根69・鳥取57万人です。


5年間で、これらの県が一つはなくなったのです。
47都道府県が46になったのです。96万人人口が減少したってこと
大変なことだと思いませんか。


また、国内に住む日本人の減少は107万人(0.9%)ですが
外国人が10万4千人増えたので96万人の減少です。(中国51・韓国・朝鮮37・比17万人)
人口減少を報じる新聞各紙は・・・衆参院の一票の格差の拡大を問題にしていますが・・


総人口に占める65歳以上が3346万人(26.6%)で15歳未満は1588万人(12.6%)
正に超高齢社会・・・国債という名の借金で成り立つ国の財政・・
その負担は・・・全て、減少の一途を辿る子供達に降り掛かるのです。


そのことの方が問題ではないでしょうか。
いや、そのことにも、国民の大多数は関心がないようです。
なんとも・・・まあ、太平楽なんでしょうか。


この5年間での減少は96万人でしたが、次回の国勢調査では・・間違い無く・・・
3年で100万人減少・・・香川県や和歌山県の人口が消滅することになります。
それでも他人事だとすれば、仕方がない。オオカミが来た以上は、移民ですね。
2020年は東京五輪ですが、移民解禁の年になるのではと思うのですが。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

愛知県 守山フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=13

愛知県 北区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=11

三重県 ぽろんの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=39

宮城県 んだっちゃ!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=81


投稿者: 後藤 日時: 2016年11月02日 05:34


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。