頑張れ!鈴鹿市長

地域の創生、その先頭に立つのは公務員です。


このブログは原則、一話完結。同じテーマを続けて書かないようにしている。
理由は簡単で考えは簡潔にまとめたい。それと世の中には実に色んなことが起こる。
できるだけ、多くの話題にコメントしたいと思っているので・・。


しかし、このテーマは・・・やっぱりと二度目を書かねばなるまい。
そうです。三重県鈴鹿市の教育委員会が決定した、
野菜高騰を理由に給食を中止すると決めたことです。


私は・・品悪く「クソ教育委員会」・・・知恵を出せ。
市長や議会に計ったのか。文科省に相談してのか。・・どうせ撤回するだろうが。
あまりにも能無し・・・こんな教育委員会ならぶっ潰してしまえ・・と朝っぱらから
力んだのですが。案の定である。市長は寝耳に水・・・報道で知ってビックリ。


慌てて、緊急記者会見。「中止を中止する。子育て政策に力を入れる中・・
この決定は非常に残念。拙速だ。教育委員会は給食をあまり重要と考えていない」と批判。
「市教委には中止の見直しを指示。今月中に代替案を出す」と。
さすがです。それが政治というものです。


教育委員会は、大阪の橋下前市長の時もそうだったが、教育の政治介入排除を御旗に・・
聖域化して・・首長や議会と一線を画し・・市民の声が通らない教育体制を築いている。
その弊害が露骨にでた事件だと言えないか。


私の持論です。人口が減少に転じ、地方の危機が叫ばれている最中。
国を挙げて地方創生に知恵を縛らねばならない時です。
その最先頭に立って・・活躍して欲しいのは、自治体の職員・・公務員です。


日本中・・・何処へ行っても田舎で最も大きな企業は「役場」です。
そこは「有能人材」を擁しています。
公務員が右肩あがりで成長する時代なら、ボーとしたままでも、
何とかなるでしょうが、もう、そんな時代は過ぎました。
公務員が八面六臂の活躍をしてこそ、地方が創生できるのです。


その中心が・・・知的分野を担う・・・教師だと思います。
そして教師に頑張れとバックアップするのが、教育委員会ではないでしょうか。
教師も公務員、更なる自覚が必要です。


給食中止を中止した鈴鹿市長、この事件を皮切りに・・
職員とどんな会話をするのか。そして彼らに如何に活躍してもらうための
手腕を発揮するか、楽しみに見守りたい。


もちろん、必要とあらば、鈴鹿市で最も市民に寄り添う・・
ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌「Bellve」で応援したい。Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

三重県 Bellve clubの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=40


名古屋市 昭和フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=48


名古屋市 熱田フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=51


山形県 あづまーるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=126


和歌山県 らくりの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=73

投稿者: 後藤 日時: 2016年11月13日 05:53


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。