2016年12月

穏やかに暮れる・・・

2016年12月31日

今年一年、多くの本と出会いとても幸せでした。ありがとうございます。


さぁ・・て。今日は年に一度の部屋整理をするぞ。
小窓から金華山、岐阜城が望める僅か2畳半の私の小部屋の話です。
なんせ、一年間・・・あるがまま、なすがままですから。


足の踏み場もない・・・狭い部屋ですから・・・本の山です。
改めて見回しますと、文藝春秋が一番かさばっているようです。
他人事ではありませんが・・なぜ「健康と寿命」や「終活」ばかり特集するんですかねぇ。


それだけ読者層が高齢化してると認識してるんでしょうねぇ。
どこかで、吹っ切って、若い読者を獲得する内容に変えねば・・
戦後最大最強だった「文藝春秋」も姿を消すのではないかと、
背表紙が淋しげです。


亀山郁夫さんの「新カラマーゾフの兄弟」(上下)・・分厚いねぇ。
上の三分の一で、ストップしたまま。孫娘がくれた「しおり」が動かない。
来年に持ち越しだね。読み掛けの本といえば・・


船戸与一さんのいや、彼も亡くなってしまったが、「満州国演義」(全9巻)・・
5巻でストップしたままですが、これは読み出があります。
昭和初期の「公文書」が実に鮮明に書き込まれていて・・
それをじっくり読むと、ページが進まない。


でも・・満州で日本人が何をしてきたのか、これほど丁寧に
書き込まれた小説はないのでは、侵略の実態がよく分かる。
なんとか完読したいと焦るのだが・・どなたか、映画化か、ドラマ化して欲しい・


浅田次郎さんの「天子蒙塵」(まだ2巻までしか出てないが)や
三浦英之(朝日記者)さんのドキメント「五色の虹」と重ね読むと、
中国を語るに安易な批判はできないと思う。


百田尚樹さんの本も・・・映画化された「海賊と呼ばれた男」と「カエルの楽園」
以外は、豊かな感性と本音でしか生きられない凄さを感じる新書が面白い。
それと・・・おいおい・・・机の周りにある本の解説してどうするのか・・
キリがないではないか・・・まずは読んだ本と読み掛けと、読まずに積んである
「積読」だけの本と書類の山を整理しないと・・・今日中に終わらないかも。


とは申せ・・まずはウォーキング納めをしてからだね。
乱雑な部屋を見渡し・・・本に囲まれ、とても幸せな一年でした。
それにしても、静かで穏やかな大晦日ですねぇ。
どうぞ・・・良いお年をお迎え下さい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月31日 06:03 | コメント (2)


緩い社説

2016年12月30日

閣議決定した17年度予算案・・語呂合わせもしない新聞に、新聞の価値はあるのか?


政治が安定しているのでしょうねぇ・・・年末の風物詩・・・
政府が17年度の予算案を閣議決定。
一般会計総額は97兆円台で5年連続で過去最大を更新しました。


過去最大と言う割には・・緩いと思うのですが・・・・
まぁ・・・穏やかな晦日ですからねぇ。


私の記憶では年末に予算案が発表されますと、次の日の朝刊は・・・
「語呂合わせ」で数字を評価し、厳しく点検するのですが
どの新聞にもない・・どうなっているのか。意味がないと止めたのかな。


仕方がない・社説を読んでみよう。
読売は・・・「経済成長と財政再建の両立を図った」とする・・政府の説明に
「未来への投資」に十分応えていないのでは・・と・・・緩い批判。


朝日ですら・・歳出抑制・削減する。税制改革を実行し、増税する。
経済成長によって増税を増やす。・借金まみれの財政を立て直すには・・
この三つ怠らず地道に取り組むしかない・・と当たり前の解説・・・緩いと思いませんか。


毎日も朝日と似たようモノで、防衛費が増えた。農業の公共事業が増えた。
社会保障費が増えた。巨額の借金を抱える財政への危機感が感じられぬと・・・
これまた、通り一遍の批判でしかない・・・


支持するなら支持した上で、既得権益に切り込めとか、
構造改革を進め、成長戦略を推し進めよとか・・建設的な社説を書いて欲しい。


批判するなら、徹底的に批判して、増税すべきだとか、社会保障費削るべきだとか、
財政再建のためには、国民に痛みを伴う予算案をなぜ組めぬと厳しく批判するとか・・
性根を入れた論陣を組んで欲しいモノです。


おまけに「語呂合わせ」も放棄・・
こんな「緩い」社説しか書けないようなら、
それこそ「新聞の価値」が問われないか。


予算案は政治の基本です。批判がないのは政治が安定しているからだと思うが・・
だからと言って・・97兆5千億円の予算が、どこにどのように配分され、
使われるのかには・・・国民も興味を持つべきではないでしょうか。
少なくとも、その使い道まで、白紙委任してはいけない思う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月30日 05:41 | コメント (0)


年賀ハガキにAR

2016年12月29日

ハガキ離れで値上げ・・・年賀状も値上すれば良いと思うのですが・・・


今日は29日か。後三日で今年も終わり・・・
気になったままだが、去年に続き年賀状を出すのを止めて・・
戴いた方にのみ、返信するようにしようと思っているのだが・・
年賀状を出さないのは・・・やはり何か物足りない・・


私は自他共に自認する手紙派。
なんせ、このメール全盛時代でも初めてお目に掛かった方には・・
封書で礼状を認めるようにしています。勿論、以降はメールですが。


本音で言えば、メールは瞬時に伝わりますので、
スピード時代・・メールの方が・・時代にマッチしいると思うのですが・・・
古いんですかねぇ。メールだとどうも軽い気がして仕方がない
手紙でないと、失礼ではと思うんです。


日本郵便は17年6月から「ハガキの郵便料金」を20%近く値上し62円に。
年賀ハガキ(12/17から1/7まで)に関しては今後も52円に据え置くと。
変則な値上ですねぇ。理由はまとめて集配できるメリットがあり、
黒字維持が可能だからとのこと。


関係者間では侃侃諤諤、相当な議論が戦わされたのではと・・
お察し申し上げますが・・・
そうかなぁ・・・据え置いても「ハガキ離れ」に歯止はかからない・・
年賀状も一緒に値上すべきではと思うのですが。


なぜなら、ハガキも封書も、もはや、若者の間では、
古典的希少価値の通信物ですから・・私のような手紙派は天然記念物です。
ハガキや封書を出す人は・・趣味の域です。趣味はコストが掛かるモノなのです。


ですから、年賀状はまだ、黒字だから「据え置いて稼ぐ」・・
その発想は「悪あがき」でしかないのでは・・
どうせ、あがくのなら、同時値上で良いのではと思うのですが・・


私は提案したい。ハガキにARを付けてはどうかと・・
「オルゴール」がついた電報はありますが、
「画像」がついた「ハガキ」は・・珍しいですから。


面白いと思いませんか。映像で声が聞け、顔がみられるなら、「ハガキ離れ」も
形が変わるのではないでしょうか。勿論、コストが掛かりますので・・
ハガキは益々趣味の域なります。


そこで、私の年賀状です。去年は止めたのですが・・
今年は「私の動画が付いた」(AR)年賀状をだすことにしました。

スマホで「フリモAR」をダウンロードして・・
新年のご挨拶を見て頂ければ幸いです。
(このブログでも見て頂けます。但し元旦のブログですが)Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月29日 05:42 | コメント (0)


年内に落とし前・・その2

2016年12月28日

米国追従、米国の従属国・・・・いかにも腹立たしい。


まぁ・・・2日も続けて落とし前を付けることもないのですが、
スポーツを取り上げたのですから・・・政治も経済も・・やってみます。
そもそも、「落とし前」とは・・香具師と客とで値段の折り合いを付け、値を切ること。


先ずは政治。米国大統領選挙・・・我々庶民は米国に行ったこともない。
どんな情勢なのかなど、この目で見ているわけではない。
メディア情報を頼りに、行方を追っていただけ・・・
「新聞命」の私など、各紙の特派員からの記事で、知るのみ。


どうですか。トランプが当選するなどと、どの新聞が推し量りましたか。
選挙戦終盤、CIAがヒラリーのメール疑惑を再捜査する・・
ブタ箱に入れるかも・・と発表しても、ヒラリーが負けるとは・・・


でも結果は・・・この落とし前をどう付けてくれるのか。
尚且つ、当選翌日株価大暴落だが、その翌日から、高騰・・今尚続く。
この予想・・・日経とは申しませんが、経済紙は節穴か?
政治も経済も「一寸先は闇」とでも言うのか。


ブツブツついでに・・・日銀はなんだ。
リフレ派の頭目が白旗揚げたら、途端に金融緩和政策を引っ込め・・
金利対策でお茶を濁し・・・意気消沈していたのに・・
トランプショックで、円安、株高・・途端に「景気回復に自信」だって。


おいおい・・・「人の褌で相撲を取る」とはこのこと。
もっと正直に、日銀がどんな手を打とうとも、米国様の意向には逆らえない・・
と、本音を言ってはどうか。「往生際が悪い」
どう落とし前を付けてくれるのか。


朝日や毎日が日銀政策を批判し、そんな経済音痴が何を言うかと・・
散々日銀の肩を持った・・私もその一人ですが・・・人たち・・いわば理解者・・
への「落とし前」はどう付けるのか。「終わりよければ全て良し」では済まぬ。


それと、沖縄普天間基地移設問題。国家権力をまざまざ見せ付け・・・
安全保障は住民エゴに勝ると最高裁判定で基地建設を許可・・
その当て付けのように、墜落事故を起こしたオスプレイを事故後・・
飛行停止から三日間で沖縄の空を飛ばす・・「反対派の傷口に塩を塗る」ようなもの・・


「沖縄の気持ちに寄り添う」と政治の要諦を語る安倍首相だが・・・
寄り添う気持ちがあれば、「癒すには時間が必要」であることも知るべきでは・・・
私も沖縄に基地が集中するのは「構造的差別」と考えるひとりだが・・・
余りにも「残酷な仕打ち」ではないか。
米国追従、従属国家を目の当たりするようで、いかにも腹立たしい。


まだまだ今年一年の・・「落とし前」を付けたいことは山ほどあるが・・
ウォーキングに行く時間がなくなってしまうので、止めるが・・・


「落とし前」とは・・失敗したことや無礼をはたらいたことの後始末を付ける意味。
今年一年・・・もっとも無礼だったのは、このブログかも知れない。
自分で、自分の落とし前を付けねばと思いつつ・・
寒風吹き荒ぶ・・田舎町へ元気に飛び出します。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月28日 05:28 | コメント (0)


年内に落とし前・・・その1

2016年12月27日

野球・大相撲・サッカー・柔道・・・これでスッキリ、折り合いが。


田舎の町角に・・門松や〆縄を売る店が立ちました。
ここ5年ほど「トント売れぬ」と店主は縄を編みながらボヤくのですが・・・
チラシには連日おせち料理が並び・・・新聞には国内外の10大ニュースが・・
何だかんだと言いながらも、今年も残すところ・・・後5日です。


この一年で、気になり、どうなるのかと・・やきもきさせたこと・・・
来年に持ち越すのも気が引けるので、私なりの落とし前を付けてみました。


先ずはスポーツから・・・
プロ野球です。我らがドラゴンズ、若手選手は頑張りましたが、19年ぶりに最下位。
落合ファンの私としては、GM任期満了の退団決定に「残念」です。
「老兵は死なず、ただ黙して語らず」で身を引くのも良いが・・


GMは経営者です。経営者はプレーヤーとは違います。
勿論、監督とも違います。経営者には経営者の責任の取り方があります。
GM制度の定着やコストカットなど、経営に新風吹き込んだり・・
合理性を追求した点・・評価したいと思いますが・・


やはり・・・出処進退には、「オレ流」なりの美学があって然るべきでは・・
華やかな野球人生で「晩節を汚した」ことにならぬよう。口を開くべきでは。


大相撲です。八百長はなくなりましたが・・怪我が気になります。
基礎・基本で鍛える以外にないのでしょうが。
土俵下のマットをもう少し柔らかくなど、予防に配慮があっても。


それと、これこそは落とし前を付けてもらわねば。
立行司伊之助の差し違いです。なぜ、立行司は脇差しを身に付けているのか。
年に2度も、3度も差し違えたのです。進退伺いで、お茶を濁しては示しが・・


サッカーです。クラブチャンピオン戦。主催地出場の鹿島アントラーズ・・大健闘。
優勝候補のアメリカクラブとの準決勝。勝因は・・・ビデオ判定です。
詳細は別として、日本で開催する国際試合は、すべて取り入れて欲しいモノです。


中東の笛が、サッカーだ。などと言うのは、理解不能です。
ホームとアウェーの判定に差があるのがサッカーなら、
ゴロツキスポーツってことでしょうか。
東京五輪のサッカーはすべて、ビデオ判定を取り入れ、
疑惑判定なし。後味が良い・・・これぞ、サッカーだと世界に見せ付けたいものです。


落とし前ではありませんが。
柔道五輪、井上康生監督は素晴らしい。全階級メダル。彼故のメダルです。
今までの監督は・・・スパルタと根性だけだったとしか・・・・
頭まで筋肉の先輩連中が口出しせねば、東京五輪も楽しみです。

とは申せ・・・アスリートたちのおかげで、
今年も元気をもらいました。ありがとうございました。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介


愛知県 くれよん(一宮市・稲沢市)の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=92


愛知県 フリモかわらの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=58


愛知県 新城はなまるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=114


愛知県 豊川はなまるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=130


愛知県 ぶらりん西尾の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=115

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月27日 05:22 | コメント (2)


アジアシフト

2016年12月26日

2016年・・・アジア11ヶ国のヒット商品は?


さすがに日経新聞・・・今年で4回目だとは知らなかった・・
年末恒例のアジア11カ国の2106年ヒット商品調査の結果が掲載された。
アジアの消費動向や世相が反映され、なかなか興味深い。


インバウンド・・・今年一年で過去最高の2400万人を突破。
その内、アジア圏からが85%を占めています。
来日観光客の影響もあるのでしょう。ポケモンGO(台湾・ベトナム・タイ)など
日本のヒット商品と時を同じくしているモノが多い。


消費は経済と連動しています。
成長が鈍化したのでしょう。成長率、インドネシア、タイ、マレーシアは2から4%台に・・
中国も景気は減速傾向・・・そんな影響でしょうか・・ブランド品や嗜好品は影を潜め・・
賢く「実」を取る消費が広がったようです。(日経12/20・朝刊)


ミャンマーは「消費者向け小口金融」が普及・・家電製品、携帯電話の資金に。
中国の「ネット販売」は日本の商品を買う越境商取引きが大流行・・昨対33%19兆円だと。
インドネシアではトヨタのエコカーが。タイでもホンダのシビックが売れ筋に。


ベトナムではコンビニ大手が1000店出店と流通の主役にコンビニが。
韓国では延べ床46万平方メートルの大モールが。台湾でもアウトレットモールが大盛況。
マレーシアではディスカウントのホームセンターが60店舗出店、節約傾向も鮮明に。


ネット社会に国境はなさそうです。
各国ともに格安スマホが人気のトップに。
勿論、フィリピンの訪日観光客30万人で昨対30%増や
映画「君の名は」も「ポケモン」も「ピコ太郎」なども含め・・
日本人気は好調だったようです。


2016年、アジア11ヶ国の商品動向をみて行きますと・・
どなたかが・・提案された「東アジア共同体構想」・・民主党政権下だったと思うが。
に一理あるのではないか。そんな思いがします。


来年は政治・経済のアジアシフトが、更に強まるのでは・・
いや、共同体化するしかないのではと思います。Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

茨城県 月刊こがもの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=110


大阪府 ohまちかねの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=119


福井県 ちゅんちゅんの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=85


滋賀県 モリスの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=36


滋賀県 オージスクラブの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=38


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月26日 05:34 | コメント (0)


サンタクロース

2016年12月25日

年頭に今年はこんなことと遣ろう・・と決めたことを点検してみます。


さて、今年も残すところ、一週間を切りました。
年内にやるべきことは何か。来年に持ち越すことは何か。
自分なりにチェックをせねばと思っています。


仕事は、企業の区切りが3月末です。
第三四半期までの反省と問題点を洗い直し、
第四四半期に拍車を掛けて、年度を締め括れればと思っています。


個人としは、年頭にこれだけは欠かさず遣ろうと決めたことはできたか?
私は、意外かと思われるかも知れませんが・・・
決めたことは割と諦めずに続けるタイプです。


早朝ウォーキングを毎日やると決めていますので・・・
早朝読書を毎朝30分以上と決めていますので・・・
新聞8紙に毎日(休刊日を除き)目を通すのも・・・
勿論、ブログを毎日800字を目標に書くも・・・
欠かさずと決めたのはこの4点ぐらいですが・・・


ウォーキングは、ゴルフに行く日は、止めました。
その代わり、ゴルフ場では、カートに乗らないように・・・・
そして、必ず砂袋を持って歩くようにしています。


小中学校のような朝の読書は、残念ながら、毎日とは行きませんでした。
理由は、風雪に耐え現代も輝く古典や哲学に関する本をと・・決めましたので、
難しくて、なかなか、面白味を感じることができず、ついつい、サボって・・


これは「人として生きる」には・・どうあるべきか・・などと大上段に
振り被ったのが間違いでした。まだまだ、その域に達していない自分を悟りました。
で、もう少し俗っぽいジャンルに変えます。(どんな内容かって?内緒です)


新聞命(しんぶんいのち)の私です。
インクの匂い、紙ずれの音など完全に新聞中毒です。
そのおかげで、一つの事案でどの新聞がどんな主張をするかがわかるようなりました。
それに、月曜紙面の手抜き、新聞広告の劣化など新聞の抱える問題も理解でるように。


ブログ、いつの間にか、連続3400日に達しました。
毎日書けば良いと言うものではありませんが。
毎日書かないと、生活している気がしなくなりました。習慣とは恐ろしいモノです。
朝、ブログが更新されていないと、私に何かが起こったと・・判断下さい。


決めたことは実践しています・・と、申し上げたいのですが。
続けることが、サンタクロースの贈り物で、
精神的な安定と、自分なりの健康のバロメーターにはなっているようです。


勿論・・・来年もこの4点だけは欠かさずに・・・
それが、今年の自己点検です。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介
鳥取県 くららくらぶの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=125


福島県 すかっとの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=134


栃木県 おりっぷの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=139


山梨県 ParuPi(甲府市版)の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=137


山梨県 ParuPi(甲斐市・南アルプス市他版)
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=138


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月25日 05:37 | コメント (0)


朝活

2016年12月24日

自己啓発に時間を使うことが働き方改革だと思う・・・


働き方改革・・電通の乱暴な過剰労働が原因とは申しませんが。
広告業界全体が、長時間労働を強いる仕事だと誤解されたようです。
確かに、クライアントの要望に応えるのが仕事・・・


先ずは滅私奉公が基本。時間の制約を全面に出すわけにいかないのだが。
それも、ひと昔前の話。無理難題を押し付ける時代は過去になりつつある。
しかし、クリエイティブ部門は、アイデアや企画を考えねばならない・・


泉の如く湧いてくるわけでないし、機械のように次々と流れてくるのでもない。
自分で詰め込んだ抽斗から色んなモノを引っ張りだしたり・・
資料を集めるなど総合的に組み立て・・形にして行く仕事です。
決まった時間、職場に止まっていれば、完結する仕事ではありません。


となると、勢い時間で区切るのは難しい。
でも、それも従来の考え方や手法を肯定しているが故の言い訳に過ぎない。
「決められた時間内」に目標を果たすにはどうすべきか・・
根本から考え、新しい仕事のやり方に変える。それが「働き方改革」です。


私は広告業界の古い体質が嫌いです。
働き方改革は、政府が推進しようがしまいが、遣らねばならないことです。
私はこう考えます。先ずライフサイクルを朝型に変える。
朝が一番頭が回ります。仕事の段取りを朝済ませてしまう。


そうすれば、効率が飛躍的にアップします。
それを「朝活」呼びます。クリエイティブ部門だけではありません。
営業も同じです。「朝活」で徹底して予習するのです。
予習とは、設計です。1日を朝、設計してその通りに動くのです。


予習ができない人は、営業先が相手にしてくれない。
当たり前ですね。そして、余った時間を作り・・・
自己啓発に使うのです。もちろん「朝活」として。
私の細やかな体験ですが、早朝だから・・毎日ブログが書けます。Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介


岐阜県 みんとの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=29


岐阜県 Wao!の巻頭特集こちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=24


三重県 イセラクラブの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=44


三重県 からっと倶楽部の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=46


鳥取県 こはくくらぶの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=53


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月24日 06:16 | コメント (1)


良かったねぇ

2016年12月23日

捜索者全員が心の底から破顔したとのこと・・・感謝です。


幼少時に母親と死別・・・ランドセルを買ってもらえず・・
手提げ袋で小学校に通った・・「子供にそんな思いはさせたくない」と・・
2010年のクリスマスの日・・タイガーマスクの主人公「伊達直人」名で・・
前橋の児童相談所にランドセル10個を届け・・社会的に話題になった・・


その後、善意の人たちが全国各地で「タイガーマスク運動」として・・
児童にランドセルを送る活動が高まった。


その草分けとなった男性がプロレスの「初代タイガーマスク」イベントに登場
「子供達は周りの人を笑顔するために生まれてきた。この思いを胸に・・
今後も活動を続けて行きたい」・・

今後は支援しているのはヒーローではなく「普通の人」であることを知ってもらい・
「物を贈る運動から更に一歩進めたい」と素性を明らかした。
今年・・・どれだけ児童虐待のニュースが流れたことか?


数えたくもないが、親が子供を折檻する図ほど、おぞましいことはない。
少子化の反動が、虐待であるとすれば、やはり政治の貧困と言わねばなるまい。
「タイガーマスク」が登場しなければならないのも社会の脆弱さであろう。


世界第3位の経済大国が、超高齢化を迎えた成熟国家が・・・
国の唯一の宝である児童をスクスク育てられないなら・・それは・・
我々、社会人の責任である。


大分で12/5行方不明になった2歳の女児が・・21時間ぶりに保護された・・
すわ・・・虐待のせいか、誘拐事件かと暗い思いにさせられたが・・
姿が見えなくなった畑から約2キロの山中で見つかった。


警察・消防・近所の人、約150名態勢で捜索・・・
発見の報に・・捜索者全員が「良かった」「良かった」と抱き合い破顔したと。
万が一、不幸な発見だったと思うと、年末にまたかと・・・ゾッとするのですが・・


寒風を突いて必死の捜索に参加した人たちに感謝です。
これぞ・・・・国の宝を大切する・・心意気ではないか。Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

長野県 Yuikaの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=142


岐阜県 おりべくらぶの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=25


岐阜県 maikaの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=27


三重県 ふぁみんぐの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=43


三重県 リィーガの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=45

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月23日 06:08 | コメント (0)


景況感

2016年12月22日

日米の経済は一体であると知りつつも淋しい・・・


日本・株価が2万円を伺う勢いで、円安が120円に届きそうです。
これもトランプ効果なのでしょうか・・・
景気の過熱を冷やそうとの思惑からか・・米連邦準備理事会が利上げに踏み切りました。


米国が風邪を引けば、日本はたちまちに寝込んでしまう・・
それほどまでに、日本の経済は米国に左右される状況です。


ですから、トランプが掲げる・・大型減税、インフラ投資を柱とする財政拡張策を受け・・
まだ就任もしていないのですから何の手も打たれていないのですが・・
日本の景況感は、寝込むどころか、絶好調に・・・(実態がないのに)


日銀が発表した全国企業短期経済観測調査(短観)での代表的指標・・
業況判断指数が・・・米国との時差もなく・・「1年半ぶりに大幅改善」されました。
風邪を引いて寝込む・・景気が悪くなるのではないので・・


あまり、感じないのかも知れないが、次期大統領の口先介入だけで・・
日本の景気がこれだけ良くなるとは日本経済の独自性はどこにあるのかと・・
首を傾げたくなります。


新聞は・・トランプ政策は不透明とか、期待がしぼめば、一転して、
「状況は急変しかねない」とか、国内消費には改善の兆しは見えないとか、
訪日外国人の伸び悩みで、観光産業も黄信号だとか、
非製造業全体の先行きは暗いとか・・・懸念材料を並べ立てるが・・


例えばトヨタ自動車、ドルに対して1円、円安が進めば・・営業利益が400億円増える。
と言うことは、日本経済の懸念をいくら並べても、根幹の輸出企業が・・
円安効果で、好況であれば、いざという時の保険を掛けているに過ぎない。


と考えると、日本の経済なんて、所詮、米国から見れば、如何にも脆弱だと、
言わねばなるまい。何とも歯痒い現実を突きつけられているものです。


ここは、米国の景気に便乗して・・・
上前をかすめ取とるしたたかさが・・あって然るべきではと思うのですが・・
経済界にそんな迫力もないのかと思うと、無性に淋しい。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集はこちら

岐阜県 たんとんの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=26


宮城県 とみぃず!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=107


宮城県 なうてぃ!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=117


岐阜県 GUJO+の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=31


群馬県 玉村パリッシュの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=96

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月22日 05:20 | コメント (0)


まちのおまわりさん

2016年12月21日

全国の新聞社が共催すべきでは?全国で7492点って、少な過ぎませんか?


年末の繁忙期です。ふるさとの歓楽街にもイルミネーションが点灯され・・・
年に一度の賑わいを見せ始めました。地方創生は・・・
活性化だとよく言われますが。活性化とは人が集うことです。

人が集えば、お金が落ち、経済が回ります。経済活動が活発になれば・・・
そのエリアは元気になり・・・活性化する。
何も難しいことはありませんね。クリスマス商戦、正月準備・・
そして忘年会と・・人が集い、人が動く・・・慌しい年の瀬・・・ですが。


世の中、善人ばかりではありません。
年末の慌しいさを狙って・・人の集う場所には犯罪者も寄ってきます。
そんな時・・・頼りなるのは・・何と言っても「おまわりさん」です。


我が社の地域みっちゃく生活情報誌・飛騨高山エリアで発行の
「月刊 さるぼぼ」(56,000部・全戸配布)・・12月号の巻頭特集は・・
年末年始特別警戒中・わが町を見守るおまわりさん・・です。(写真参照)


警察と言えば、テレビドラマの刑事モノ、あるいは警察小説が浮かびますが・・
あれは、事件が完結するので、題材が容易というだけ。
高山警察署が管轄する面積は2534平方キロメール、全国5番目の広さ。
警察官は総勢130人。本署の他、5つの交番と13の駐在所が24時間、365日・・・
この地を見守ってくれています。

警察の役割は、事件や事故を円滑に処理することですが・・
それ以上に重要なことは、エリアが何事もなく「平穏無事」なことではないでしょうか。
月刊さるぼぼ に登場頂いた、おまわりさんの日常から、ヒシヒシと伝わります。


今年で25回目を数える全国小学校作文コンクール「わたしのまちのおまわりさん」
(主催・読売新聞/後援・内閣府・警察庁・文科省)の受賞者が発表されました。
低学年と高学年の2部門で7492点の応募があり・・・42点が選ばれました。


内閣総理大臣賞受賞の作品を読みながら・・・
折角の内容・・・読売主催では他紙には掲載されないだろうなぁ・・
すべての児童に読んで貰いたいのだが・・・新聞社のエゴを排除できたらなぁ・・・

高山署の警務課長「安心、安全の社会づくりは、地域の力がなければ、達成できない。
地域にある交番や駐在所は住人との連携の核、そこに勤務する警察官は架け橋です。
寒い日も暑い日も外で見守り活動する地道な積み重ねが、住人の信頼、安心を育み
事故防止や犯罪の要となる」のだと・・・おまわりさんの役割を。


作文コンクールの応募数・・7492点・・・
厳選されての応募数であれば、良いのだが・・如何にも少なくはないか?
全く「まちのおまわりさん」に関心を持たない小学校があるとするならば・・
「治安とか安全」の教育をどのようにやっているのか問うてみたい。Goto

20161220155429_00001.jpg 20161220160916_00001.jpg
月刊さるぼぼ 12月号 巻頭特集

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

愛知県 ひまわりくらぶの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=124


福岡県 マイタウン西新の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=120


大阪府 みーの!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=111

大阪府 すいんぐの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=135

岐阜県 きららの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=28

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月21日 06:11 | コメント (0)


鳥インフルエンザ

2016年12月20日

酉年を前に・・何とも厄介な鳥騒動である。


まるで、クリスマスに食われるのが嫌な七面鳥の抵抗なのか・・
ケンタッキーの叔父さんに反発しているのか。
それとも・・来年の干支だと、アピールしているのか。


名古屋・東山動植物園で飼育されている・・コクチョウ、
シジュウカラガン、マガモ、ベニイロフラミンゴ、コシジロヤマドリなど
7羽が鳥インフルエンザ(H5N6型)に感染、殺処分された。


環境省では鳥インフルエンザが検出された事例が・・
11道県64件、過去最多だった2010年のシーズンを上回ったと発表。
過去では年明け以降の感染確認が多いことから・・
「全国どこでも確認され得る状況にある」と注意を呼び掛けている。


飛来する渡り鳥から感染するのでは、防ぎようがないのだが・・
徹底した防疫を行い封じ込めるしかない・・
養鶏事業者や鳥飼育施設の人たちには神経をすり減らすことになる。
酉年を前に何とも厄介な脅威である。


麻雀の話で、鳥インフルエンザを語るのは不謹慎ではあるが・・お許しを。
そもそも麻雀は中国の宮廷遊び。それも奥向きの女性たちの暇つぶし。


麻雀牌・・・索子は竹、萬子はお金、筒子は貨幣を意味する。
索子の1(イーソ)は羽を広げた孔雀である。なぜ、孔雀なのでしょうか。
それは竹の籠に入れられたような暮らしを強いられている宮廷の女性たちが・・・
いつか大空に羽ばたけますようにとの・・・儚い願いが込められてである。


鳥インフルエンザ陽性の鳥なら、籠の鳥でもよいのだが、
酉年には女性たちには大いに羽ばたいてもらわねばならない。
酉年を迎えるあったて、何とも厄介な鳥騒動である。Goto




●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

山梨県 なないろの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=71

岐阜県 らせるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=30

三重県 つぅぴーすの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=42


京都府 ぐってぃの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=128


埼玉県 くっきーずの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=102


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月20日 05:55 | コメント (0)


朝日に「新聞魂」はあるのか。

2016年12月19日

安倍外交を支持する。北方領土返還の本質を、正確に理解すべきではないだろうか。


プーチン大統領来日、あなたは安倍対露外交をどう感じましたか?
私は、宇部空港、タラップを降りるコート姿に、防弾チョッキを着てるかな?と・・
平和条約が締結されていないとは・・・こう言うことかと・・・


全国紙・・・12/17・朝刊各紙を読み比べ・・・こんな風に感じています。
各紙とも北方領土返還への道筋が見えない・・との厳しい論調は同じですが・・
朝日・・「国民の大半ががっかり」「日本、振り回された」と辛辣。
毎日・・厳しさ増した領土交渉・・・露外交戦略、大幅な見直しがと批判。
読売・・領土解決へ重要な発射台だ・・相当な覚悟でと・・・期待感が滲む。


考えて見なければならないのは・・・
北方4島には、ロシア人が住んで暮らしていることです。
何人暮らしているかご存知ですか?国後、択捉に約7000人、
色丹約3000人、歯舞群島、軍関係者以外は・・一応いない。
その人たちに罪はありません。北方4島を追われた日本人と同じように。


領土問題で明確になったのは、日露の戦後は終わっていないと言う現実です。
歴代の政治家や政党を責めても意味がありません。
東西冷戦化、日本は・・今尚ですが・・・米国の属国なのです。
その重荷を背負いながら、幾多の政治家が努力して来たのですから。


返還とは・・70年に渡り、島に住むロシア人たちに・・出ていけと・・
言うことです。そもそもが日本固有の領土だから、当然だ・・
そんな主張が根底にあり・・朝日の「国民の大半はがっかり」になるのですが・・
可能だと思いますか?


私は、安倍さんの「我々の世代で解決したい」との決意を高く評価します。
戦後、戦争以外で領土を取り戻すことができたのは・・世界中で沖縄・・だけです。
でも、それは、属国と化しているから、可能になったのです。他にありません。
どうしてもと言うなら、戦争です。


安倍内閣が長期政権だから、これから粘り強い交渉を重ねれば・・
世界の歴史に類のない・・「特別な制度」(香港の二制度一国体制のような)が構築され、
ウインウインの関係での新たな国のあり方が誕生するのでないか。
私は、その知恵こそ、新聞が提案すべきだと思っています。


少なくとも、日経が書くように、進出には懐疑的だが・・
政府の要請に応え、大局的な判断で、3000億円の投資をする
経済界の決断を後押しするのもメディアの役割ではないか。


それにしても、「日露ビジネス対話」に出席したソフトバンクの孫社長・・
「投資・さっそく」とプーチン大統領に耳打ちしたのは、さすがです。
他の財界人は見習うべきではないか。ビジネスチャンスと捉えて。
及び腰などと言われるのは心外ではないか。と思うのですが・・・


長くなりましたが・・ついつい熱くなり・・・
それと、このことだけは書いておきたい。
17日の朝刊、一面のコラムで、朝日新聞の天声人語だけが、
プーチン訪日の話題を取り上げていない。なぜか・・…


予定原稿・・クリスマスの話題・・ポインセチアの原稿を前日に書き上げていたので・・
それを差し替えてまでに、プーチン訪日が重要だと思っていないからです。
締め切りの早い毎日ですら、余禄はプーチンの話題。ついでですが、
あの浜矩子先生の名物コラム(17日掲載)ですら・・プーチンがテーマです。


にも拘らず・・・天声人語はプーチン来日をテーマにしていない。
日本の日刊紙で朝日だけです。
朝日新聞は「新聞魂が欠如している」・・北方領土問題を語る資格がないと、
私は憤りを持って、批判したい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月19日 06:11 | コメント (2)


「独」が良い。

2016年12月18日

神頼みと金頼みの一年だったって、言うことかな。平和で何より。


今年の流行語大賞が「神ってる」で、漢字が「金」ですってねぇ。
どう思われますか。「金」って、12年もでしょう。その4年前もか・・・
日本人のボキャブラリーの貧困って申しますか・・・


「神ってる」?・・流行を発信し時代を追う・・・広告代理店の無策と申しますか・・・
この一年間、平和であったのでしょうが、実に安易で、無味な言葉が選ばれたものです。
だいたいが、野球に興味のない人には何が何だかわからない。


広島なら、黒田投手の「男気」でしょうが。
神がかっている。という意味なんでしょうが。
そもそもスポーツは努力の結果です。「神さま」が決めるなんてことは、ない。
まぁー甲子園では、奇跡のような試合がありますので、ムキになってもですが。


今年の漢字が「金」とは?・・・国民の応募で決めたのですから・・・
そうか・・・と思うだけですが。なるほど・・とは思えない。
トランプの金キライメージ、拝金主義のようで宜しくない。


五輪の金メダル。イチローの金字塔、前都知事の金権体質などが理由とか。
06年の「命」とか11年の「絆」には感動しましたが、「金」ではねぇ。


私は、英国のEU離脱、米国の保護主義、世界的な右傾化で
内向き傾向が・・顕著になった世界を鑑みて・・身勝手で独善的な国が増えた・・・
・民主主義が壊れる・・「独」が良い・・と思うのですが。


人権、移民受け入れで孤軍奮闘するメルケル・・独国首相に失礼かな。
でもドイツもEU存続が国益に最も叶っているんですから、本当ところは分からない。
神頼みと金頼みの一年だったとすれば、情けない年だった、ということか。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月18日 06:06 | コメント (0)


変化は唯一の永遠である。

2016年12月17日

自己分析が少々、足りなかったかな?


今年も指折り数えるほどになりました。
昨日のことも忘れるほどに緩慢な年齢ですが・・
年初に掲げた目標が、どの程度現実化しているのか?チェックする必要があります。
そうしないと、来年が見えてこないですから。


えっ・・・今年の目標なんてない? えっ・・・どんな目標を立てたのかを忘れた・・
ですって。おいおい・・「ハイハイ」・・おいおい・・「ハイハイ」・・
それではまるで・・おいおいハイハイで、お位牌ではないですか(きみまろさん)


「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる」
年初に目標を立て・・夢を描くだけではダメ・・それを実現しようと努力できましたか。
即ち、去年の自分よりも成長しましたか・・・残念ながら・・・
努力したが変わらなかった・・と思ってますか?


目標を達成して、自分を変えることができた人には・・こんな特徴があります。
1・自分は絶対に変われる・・との信念、成長に対する健全な考え方を持っている。
2・自分を変えることは可能だ・・と信じている。だから誰にもサポート求める。
3・自分の行動を常に反省する・・自己分析に時間を使う。(日経12/6・朝刊)


目標が達成できなくて・・自分を変えられなかった人は・・大概が・・
「自分が目標を達成できないのは、もともと得意でない」と否定的に・・
物事考える・・・そんな壁があるようです。


かく申す・・・私。
変化は唯一の永遠である・・・と思っていますので。
昨日の自分と、今日の自分が、どこか、いや、どこでも良いのですが・…
変化し続けたい、それには年初の目標を達成させると・・・
常に言い聞かせていますので、それなりの一年だったと、感謝しています。


ただ、願わくば、過ぎたことにくよくよしないのは良いのですが・・
(ボケて直ぐ忘れてしまうのかな)、自己分析が足らない。
もう少し「なぜ自分はあんなことを」とか「どうすればよかったのか」とか・・
好奇心を膨らませればと考えを深めればと、反省しています。


老いてならばこそ・・・自分を変える。未来を創る・・
そうありたいと、一年を振り返る年の瀬です。Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

愛知県 ゆいまるくらぶの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=136


愛知県 ぶらりん幸田の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=143

滋賀県 こんきくらぶの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=33

群馬県 伊勢崎パリッシュの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=79

高知県 こじゃんとの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=132

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月17日 06:16 | コメント (0)


先見性

2016年12月16日

大手企業のお偉方は、様子見なんでしょうねぇ・・・


3兆3千億円で、英半導体設計の大手ARM(アーム)の買収を発表・・
その金額は元より・・第四次産業革命・・IoT時代の匂いを・・
敏感に感じ取る・・ソフトバンクの孫社長の「機を見て敏」なる先見性に・・
度肝を抜かれたのですが・・・


今度は・・・トランプ次期米大統領と会談・・
就任前に友好関係をアピールしたことにも驚くのですが、
それ以上に、500億ドル(約5兆7000億円)の投資と、5万人の雇用を創出すると・・
約束したのには、さすが・・と申しますか・・びっくりポンです。


日本のメディアでは未だに、トランプ評を・・ああでもない。こうでもないと
グダグダ繰り返していますが・・・そんな論評に振り回され・・
様子見だと、首をすくめ、ジーとしている大手企業トップが多いようです。


トランプが米国の大統領になるんです。
であれば、孫氏のように・・彼の発言を忖度して、次の手を打ったらどうでしょうか。
孫氏はアーム買収では英国メイ首相にも雇用倍増をすると約束。


EU離脱に揺れる英国に安心感を与え・・・
9月末には韓国の朴大統領(今は悲惨状態ですが)と今後10年間、
IoT・AIなどの分野で5兆ウォン(約4600億円)の投資を表明した。
(大統領が代わっても基本は変わらないのでは)


朝日と毎日は孫氏の各国での巨額投資姿勢を・・・
派手な演出とは裏腹に約束が履行されるかは不透明と、
懐疑的な論調に終始している。


日本の経営者が世界に打って出ようと・・ダイナミックにチャレンジする・・
その迫力に度肝抜かれたのか・・・内向きな批判に終始する図は・・
まるでガラパゴスそのもの・・・すべてがメディアのせいだとは、言わないが・・


少なくとも、トランプ次期大統領が規制緩和を一気に進め・・
米国産業に巣食う既得権益を取っ払う発言はホンモノだと・・
見定めた孫氏の、この大胆な行動を、バックアップする視点が欲しいものです。
孫氏の先見性に・・・ホトホト、感心します。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介
愛知県 Coconの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=99


愛知県 Stepの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=129


滋賀県 ロトスの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=37


岐阜県 月刊さるぼぼの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=23


北海道 SORAの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=109


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月16日 05:17 | コメント (0)


家庭画報・婦人画報

2016年12月15日

中高年女性が元気なら・・・この年末年始は好景気ですぞ・・・


地方の話で恐縮ですが・・この処・・・トランプが次期大統領に決まった頃から・・
景気が上向いているのではと思えてならない。
田舎暮らしです。さしたる根拠はないのですが・・・


車の往来が妙に多い。いつもの時間、いつもの場所に向かうのに、
渋滞で時間が掛かる。師走だからではありません、その前からです。
それも朝夕に。これって、人の動きが激しいってことでは?


それと、街ゆく人の目線が高い。景気が悪いと、特に冬場は・・
身体を丸め、目線を落として、足早に通り過ぎる人が多いのですが・・
田舎の駅でも、ウキウキとは申しませんが、心なしか明るい雰囲気の人が・・


他にも、シーズンなんでしょうが忘年会の予約が取り辛かったり・・
おせち料理の予約が例年よりも早い・・・とか、気持ちが前を向いている感じが。
景気は「雰囲気」や「気分」で左右されると言われます。


専門家に言わせれば、色んな材料や統計があるのでしょうが・・
少なくともマインドを暗くする材料はないようです。
年末年始は好況で過ごせるんではないでしょうか。


「悲観主義は気分に属し、楽観主義は意志に属す」と・・・
フランスの哲学者アランは言いますので、
私の感想は、そうありたいとの願いが先行しているのかも知れません。


とは申せ。富裕層の中高年女性を対象とした「家庭画報」と「婦人画報」・・
競い合うように1月号の全ページ広告を読売と朝日に掲載しました。
これも年末年始に向け、女性消費者の購買を煽ってのことでしょうが、
久々に気合いが入った紙面です。(写真参照)


「婦人画報」は創刊112年。国木田独歩が創設者。
「家庭画報」は創刊60周年。ともに・・・夢と美を楽しむ・・
美しき伝承をテーマにしています。


広告によって、両誌の売れ行きが・・・上昇するなら・・
この景気は本物かも知れない。なぜなら、この国の個人消費を支える・・
中核が・・中高年女性だからです。Goto


IMG_6537.JPG IMG_6538.JPG
12/1読売新聞         12/1朝日新聞

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

名古屋市 南区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=17

名古屋市 東区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=52

茨城県 にしもの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=76

山梨県 ピグレの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=70

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月15日 05:51 | コメント (0)


NHK新会長

2016年12月14日

なぜ、NHK内部から選ばないのでしょうか?


私にはさっぱり分からない。
NHKの会長をなぜ、一期で交代させるのかが?
それも、同じ商社の出身者に・・・


資質が問題だから。現会長。就任会見から、不適切な言動を繰り返し・・
公共放送、報道機関のトップとして相応しくないのが交代の理由。
不適切な発言とは・・・従軍慰安婦は戦争地域ではどこでもあった・・と。


どこが問題だったのでしょうか。公共放送のトップって、
聖人君子でなければならないなら・・・生馬の目を抜く・・商社では?
それに資質というなら、この人を上級役員にしていた、三井物産が問われるのでは?


別段・・・放言癖があるような人だと思うので、擁護するつもりはないが・・
少なくとも、引きずり下ろす理由に・・ハイヤーの私的利用。
そんなの内部告発でしょう。(内部をまとめきれない責任はありますが)


子会社の架空発注なんて、会長の責任なんでしょうか。
そりゃ責任と言えば責任ですが。子会社まで‥ダメにする批判ですね。
NHKの視聴率、最近ではプライムでも民放を上回る勢い。


ニュース・報道番組も、政府に服従するでもない、中立な立場で、制作されていますし。
老朽化した放送センターをデジタル対応に建て替える基本計画も公表されたし・・
経営的には、建設資金1700億円も積立資産で賄える見通し・・
「お金に余力が出たら視聴者に返す」と、50円値下げの意向も発表したし・・


経営者としはなかなかでは?何が基準で交代なのか。私にはさっぱり分からない。
野党が政府寄りと言うからなら、NHKを潰して、民放にすれば良いではないですか。
そもそも経営監視する常勤の経営委員から次の会長を決めるなんて・・
それこそ、コンプライアンスが効かない組織ってことじゃないですか。


私の意見で恐縮ですが。レッテルが貼られしまったので、交代せねばならないなら・・・
次期会長は無理して民間から選ばなくても、それも商社から・・
NHKの内部から抜擢すれば良いと、思うのですが。
なぜ、ダメなのか。優秀な人材、山の如くですよ。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介


愛知県 月刊はるるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=56

愛知県 月刊ぶるぅむの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=98

福岡県 マイタウン伊都の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=112

兵庫県 フリモ姫路の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=72

群馬県 渋川パリッシュの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=97


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月14日 05:55 | コメント (0)


新聞を映像で・・・

2016年12月13日

スポーツ報知にフリモARが・・・優勝者の喜びが動画で・・・


ご報告です。我が社の・・「フリモAR」スポーツ報知の紙面に登場しました。
「フリモAR」は、写真をスマホでフォーカスしますと、動画が見れる・・
そんな新しいIT商品です。仕組みは至って簡単・・・


スマホのストア・・・APP STORE、 Google playなどよりダウンロード(無料です)
「フリモAR」の赤丸マークがついた画像にかざすだけ、瞬時に映像がでてきます。
一度インストールすれば、もちろん、何度でも再生できます。


毎月ご家庭にお届けするハッピーメディア地域みっちゃく生活情報誌には・・
紙面情報の他に「フリモAR」マークの付いた写真からお得情報が・・・
ご覧いただけますが、日刊の新聞に付いたのは始めてです。


写真は・・・スポーツ報知、一面です。(12/2付)
東京よみうりCCで開催された男子ゴルフ・日本シリーズJTカップで
賞金王を賭けて闘う(池田勇太プロに競り負けましたが)谷原プロの華麗なスイング。


小さいですが、左下の赤く囲んであるところ、ご覧下さい。
スマホ・・「フリモAR」でかざして下さい。
優勝選手のコメントが動画で見られます。・・とあります。
(映像は12月31日まで可能です)


12/2付・以外にも四日間の競技開催中は、注目の選手が登場、インタビューに答えています。
新聞紙面で記事を読みながら・・・伝えきれない内容を・・
勝利の瞬間とか、感動のシーンとかを映像によって紹介されています。


紙媒体とIT技術のコラボによって、新聞の価値をより高める・・・
我が社の新たなチャレンジをご報告しました。
実は、もっと凄いことを考えています。内緒ですが・・Goto

IMG_6541_1.JPG
12/2スポーツ報知

IMG__1.JPG
↑読み取りはこちらの画像をご利用ください。

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

愛知県 リブル倶楽部の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=21

愛知県 アサヒトセトの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=20

岐阜県 Kanisan clubの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=22

滋賀県 オウティクラブの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=35

三重県 よっかいちaiの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=41

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月13日 05:20 | コメント (0)


新聞の価値

2016年12月12日

ネットサイトの落とし穴に嵌らないように・・・


インターネット上には実に様々なサイトがある。
ネット社会です。自分が求める情報を新聞や雑誌から入手するのではなく
ネットサイトから得るのが日常になっています。


ところが、大手企業の運営するサイトでも・・(いい加減なサイトが多いのですが)
信憑性ない事実誤認や無断転用の記事が溢れ、社会問題になっています。
(アカウントの多いサイトにはスポンサーが付き、ビジネスが成り立つのです)


取分け、医療・健康・美容系などのサイトは、
記事に騙され被害を受ける人が続出・・社会問題になっています。
ネットサイトなら何でも有りの風潮は厳に戒めねばなりません。


日本の場合は、まだ、マスコミ(新聞)のチェックが効いていますので、
記事の削除や公開の中止に追い込まれる場合がありますし・・・
まだ、サイトの記事はノーチェックで危険だとの認識がありますが・・


最近、ネットに押され、ローカル新聞が次々に廃刊の憂き目の米国では・・
ジャーナリズムが死滅・・・ネット上での虚偽ニュースが拡散しています。


例えば、大統領選で、「ローマ法王がトランプを推薦した」
「クリントンはトランプが勝った場合、内戦を求めている」など・・
愚にもつかない「フェイクニュース」が、まことしやかに拡散・・
瞬時に何十万の人に伝わり・・・トランプ勝利の陰の立役者などと囁かれています。


ネットの落とし穴に嵌らぬようにするには・・・
グーグルやヤフー、フェイスブック、それにサイト運営会社が
虚偽のニュースや情報に歯止めを掛ける対策が肝要ですが・・・


それにも増して、ジャーナリズムを絶やさないことが大切ではないでしょうか。
それには、新聞を信頼し、購読する読者が必要です。
我々がネットサイトを安易に信じないことと、
新聞の役割をもう一度考えてみる必要があると思います。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

名古屋市 中区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=49


名古屋市 西区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=10


佐賀県 月刊TOSSの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=106


富山県 トラッタ!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=95

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月12日 05:30 | コメント (0)


カジノ法案

2016年12月11日

いよいよ「あれ」・・・通常国会・冒頭解散ありかも・・


やけに急ぎますねぇ。来年の6月には2025年の・・・万博開催地が決まりますからねぇ。
焦るのも分かります。それと競合相手がパリですから・・手強いです。
そりゃカジノも要りますわねぇ。カジノで開催地が決まるとは思えませんが。


私はカジノに反対です。
理由は、もう、これ以上公営ギャンブル必要ないです。
観光立国には必要だとの意見、そうは思いません。
カジノ目当のインバウンドなんて、時代遅れです。


どうしてもギャンブルがとおっしゃれば、競輪でも競馬、競艇でもやって頂けば・・
日本の観光資源は、カジノで釣らなくても、色々あります。
国の品格としても、賭博場があるよりないほうが・・・観光国として喜ばれるのでは・・


衆院では数の力で押し切りましたが・・・
与野党ともに党内での賛否が割れています。参院で採決できるかどうか?
微妙な情勢ですが。禍根を残してまで無理に通すなら、理由は他にあるのでしょう。


他とは・・・いよいよ「あれ」ですか?「あれ」には維新の党の力が要りますから・・
通常国会がスタートになるのでしょうか。「憲法改正」のことです。
年末の真珠湾慰霊も、敢えて反戦平和を演出している気もしますし、
プーチン訪日の目玉、北方領土に何らかの方向性が示されるでしょうし・・


官邸、長期政権ゆえに、乱暴なことはしないハズです。
政権運営では定評があります。カジノ法案を無理して通すには・・
それなりの背景があるのではないでしょうか?
通常国会、冒頭解散ありかも知れませんね。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月11日 06:13 | コメント (0)


誕生日に思う

2016年12月10日

カタツムリ登らば登れ富士の山、悠々と祭りづくりの日々であれ・・(惜春会より)


夜明けです。やっと、ふるさとの街にデンと構える金華山、その稜線が見えてきました。
日々見慣れているのですが、今朝はひときわ凛と感じられ身が引き締まります。
今日は私の68回目の誕生日です。


古希に手が届くところですが・・・
まだまだ、ドライバーの飛距離は200ヤード以上を目指していますし、
人生で、今がいちばん若いと思っていますし、
寸暇を惜しんで、脳細胞を鍛えたいと活字を楽しんでますし、
欲窮千里目 更上一層楼、気力も意欲も満々です。


私がノー天気なのかも知れませんが・・
ひと昔前の68歳と今の68歳では随分違うのでないかと思っています。
もちろん、人によっても違うでしょうが、実年齢の8掛けでないかと。
だとしますと、私の年齢は53歳ということになります。


人生、四十而不惑、五十而知天命と申します。
50代と言うことは・・モノの考え方に一定の方向が見てきて、
生き方に迷いが生じなくなり、自分のなすべき道、やらねばならないこと・・・
祭りづくりが、見えてきた・・・と思っています。


まだまだ耳順の域にはほど遠いですが・・・
周りの人の話に耳を傾け、カタツムリのように、諦めことなく、
ノロノロではありますが、生ある限り、富士の頂き目指し・・歩み続けたい・・
そんな心情でありまます。Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

三重県 Bellve clubの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=40


名古屋市 昭和フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=48


名古屋市 熱田フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=51


山形県 あづまーるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=126


和歌山県 らくりの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=73

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月10日 06:12 | コメント (0)


次の10年・・波頭の先に

2016年12月09日

日本経済新聞140周年・・・日本株式会社の機関紙はこの国を何処へ・・・


日本経済新聞が創刊140周年を迎えたとのこと・・・慶賀に存じます。
日経は「中外物価新報」として1876年・・・ご維新から僅か8年目・・に創刊・・
・・・以来、日本経済社会の発展とともに・・・歩んできた。


140周年を契機に「経済を中心とするリーディング・メディア」として、
中正公平の社是のもと、言論報道機関の使命を果たしていきたい・・・と
記念日の12/2付朝刊一面で覚悟を述べています。


私と日経の出会いは、昭和42年・・・ニキビ面で上京した18歳・・・
先輩から「日経はなぁ、日本株式会社の機関紙・・資本の手先だ」と・・・
働く人たちの敵であると聞いたのが始まり・・・
その先輩「ブルジョア新聞を読むなら、赤い赤い朝日だろう」とのアドバイスも・・


それがどうですか・・今では、日経に目を通さないと、時流に取り残され、経済の
荒波に飲まれてしまう。そんな脅迫観念に苛まれ、日々目を皿にしてページをめくっています。
私の尊敬する経営者のひとり・・・イビデンの中興の祖・・は、卒寿を迎え・・・


全ての役職を降りた日・最初にやったことは、日経の購読を止めたこと・・
そして、経済情報から解放された喜びであったと・・仰ったのが今でも耳に残る・・・
日経は経済戦争の戦士にとって、正に・・・最低限の防具である。


12/2付けの朝刊・・・第二部は創刊140周年大特集・・
「次の10年 波頭の先に」と題しての36ページに及ぶ大特集・・
さすがに、日本株式会社の機関紙です。読み応えありました。


残念ながら、広告紙面にはイマイチ勢いがないようです。
当然、祝賀広告で満載になるところですが、どこかチグハグな感じがします。
新聞広告への誘導に陰りが見えた大手代理店の影響かも知れませんが・・・


しかし、内容は今日の日本の課題を網羅・・・
10年先を見据えての提案は実に多義に渡り一読の価値がありました。


私的には地方創生を見据えた「魅力ある田舎若返る」や・・
仮想通貨が社会を変える。AIドライバーが高齢者運ぶなどの・・
IT革命の近未来は納得でした。しかし、日経とメディアに望むは・・
これが日経の体質なのでしょうか・・・些か選者の意見が甘い感じがしました。


それと、日経トップの声が聞けないのが淋しい。折角の折です。
かの英国ファイナンシャルタイムス(FT)を買収して・・日経は何処へ向かうのか・・
経済のリーデングメディアとして、日本株式会社の10年先を・・
何処へ導こうとしているのか・・・聞かせてもらえればと思うのですが・・Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

名古屋市 瑞穂フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=19


名古屋市 千種フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=18


福岡県 マイタウン姪浜の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=113


大阪府 クレハの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=84

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月09日 05:30 | コメント (0)


しんぶんのうた

2016年12月08日

新聞の購読部数が年率で3%以上減少しているそうです。


「おりべくらぶ」(岐阜県・多治見市・44,540部)・・
我が社の発行するハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌です。
12月号の巻頭特集は、地元多治見市で活躍する・・・
シンガーソングライター「佐藤梓」さんを紹介しています。


先日、多治見市にある東濃信用金庫さんのテーマ施設・・・エール館
そこで感謝祭が催され出掛けました。女性社員の皆さんが企画。
家族連れで超満員。子ども達に人気のゆるキャラも総動員。
その中でひときわ異彩を放っていたのは「しんぶん君」(写真参照)


ヘェ〜。新聞にまつわるゆるキャラがあるとは・・・
「新聞命」の私としてはびっくり。ホールでは、佐藤梓さんのミニコンサートが・・・
透き通った歌声に魅了されたのですが・・・ご存知ですか?と披露された・・
「しんぶんのうた」に、またまた、びっくり。


ペラペラペラペラ ぶんぶんしんぶんぶん


朝一番にお家の玄関先まで届くってすごいな
今日もニュースがぎっしり 世界のこと この街の身近な話題も

パパもママも おじいちゃんおばあちゃん みんな読んでるかな?

ペラペラペラペラ 毎日読んでいたら
ぶんぶんしんぶんぶん 頭が良くなるよ
ペラペラペラペラ ぶんぶんしんぶんぶん
みんなで新聞読もうよ・・・・


こんな内容の歌詞です。
軽快なリズムに、振りも付いていて、子ども達が一緒に踊る。
まるで、NHKの「おかあさんといっしょ」の雰囲気で・・・実に賑やか。
勿論、ゆるキャラのしんぶん君も一緒に・・


「しんぶんのうた」が子どもたちの間に浸透し、
普及活動に一役かってくれればと、願います。


佐藤さんには、もう一曲、新聞の歌のバラードバージョンで、
「小さな宝物」があります。


手にとって
知ること 感じること 意見を持つこと
それが大事な 大事なことだと教えてくれた新聞

昔初めて新聞に載った時 家族はそれを喜んで
大事そうに記事を切り抜いて 小さな宝物ができた
今でもそれはこの家の大切な宝物


新聞の購読部数が年率で3%以上減少している現実・・・
新聞の価値と役割、そして使命を簡略に認めた歌詞・・・新聞の心を歌った曲に・・・
果たして新聞人たち、いかほどの思いで佐藤梓さんの歌声を聴きいるのか?Goto

IMG_6540.JPG


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

鳥取県 つばさの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=47


埼玉県 とねじんの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=103


名古屋市 名東フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=14


名古屋市 天白フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=15

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月08日 05:50 | コメント (0)


校閲部

2016年12月07日

正しい日本語が活字になっているから、国家が存在しているのではないでしょうか?


最近、紙面から消えましたが、以前、毎日新聞に「校閲」というコーナーがありました。
「新聞命」(しんぶんいのち)の私としては・・・編集局の政治部や経済部、
社会部や文化部の記者が書く記事よりも・・そのコーナーが楽しみでした。


新聞に掲載される記事に、文字の誤り、言葉使いの間違いや
事実関係や歴史認識に齟齬がないかチェックする・・・地味な部署・校閲部。
その校閲部の失敗例が・・・書かれていて、日本語って実に難しいと勉強になりました。


新聞社には様々な部署があり、それぞれが新聞を支えています。
販売局が最も大切だ。新聞が宅配されなければ、読者を確保できない。
広告局は収入源の肝で、広告収入が新聞経営を支える。
いやいや、事業局は地域とのコミニケーションを築き新聞の価値を高めている。


などなど・・・各局の役割が強調されますが・・・
新聞社の花形は、そりゃ編集局です。記者が新鮮な記事を書いてこそ、
読者が情報源として、新聞を購読するのですから・・・


でも、しかしです。その記事に誤字脱字、あるいは、意味が通じない文脈であれば
折角の記事も、形無しです。新聞社の信用を失墜させてしまいます。
地味な部署ですが、校閲部がしっかり仕事をするから・・
新聞の権威が保たれていると言っても良いのではと、思っています。


新聞社の校閲部とは、多少趣が違いますが・・・
出版社の「校閲部」を扱ったTVドラマが人気です。
流行に乗り遅れてはならじと、早速に宮木あや子さんの「校閲ガール」(角川文庫)を。


校閲とは「文章や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり、
校正したりする仕事」・・・作家がこれだけ丁寧に校閲の仕事を理解し、
校閲をテーマに小説を書くとはびっくりポンでした。


ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌を発行する・・我が社としては・・
改めて、校閲の重要さ、役割を再認識させられ、勉強になりました。
ふと、思ったのですが、新聞社のデジタル紙面って、校閲はどうなっているんだろうか。


出版社は紙であろうが、ネット配信であろうが、
校閲はしっかりなされるでしょうが・・・
デジタル配信の特性から、新聞社に校閲部が不要になることはなかろうか。
もしも・・・校閲部が無くなるようなことなら・・
それは日本語の衰退に繋がるのではと危惧します。


何故かって、正しい日本語があるから、国家なのです・・・
メディアの校閲部が日本を支えていると言ったら大袈裟でしょうか?・・・Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

名古屋市 港区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=12


名古屋市 緑区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=16


福井県 きらめき倶楽部の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=32


群馬県 前橋パリッシュの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=77

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月07日 05:43 | コメント (2)


HAPPY MEDIA

2016年12月06日

年末年始です。街のおまわりさんに感謝、ありがとうございます。


ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌12月号が出揃いました。
総発行部数は全国26道府県・110誌・6,445,573部です。
周年を迎えたハッピーメディアは8誌・・・関係各位に感謝です。


岐阜県土岐・瑞浪市で発行の「らせる」が8周年・・・97号を。
名古屋市の「西区フリモ」が6周年。「瑞穂フリモ」が4周年。
同じく滋賀県の「オージス」(大津市)も4周年。


富山県・高岡市の「トラッタ!」が2周年。1周年を迎えることができたのは・・
福岡市早良区の「マイタウン西新」・大阪府豊中市北部「oh!まちかね」
三重県・志摩・鳥羽市の「さみっとくらぶ」(伊勢志摩サミットを記念して発行)の・・
4誌です。いずれも読者の市民権を得て、益々元気です。


今号から・・・全誌に統一ブランドで、HAPPY MEDIAのカラフルなロゴが・・
表紙に掲載されるようになりました。このロゴは姉妹誌・・・
子育てママに元気を与える「ままここっと」の表紙にも掲載されます。


我が社の目的は「広告業を通じ地域社会に貢献する」ことであります。
地域みっちゃく生活情報誌は「地域の経済を活性化」し、そこで暮らす人たちの
「幸せと元気のために」役立つメディアを発信することです。


ですから、「地域みっちゃく生活情報誌」も
「ままここっと」も同じコンセプト・・HAPPY MEDIAです。


巻頭特集も・・・地域みっちゃくを標榜・・・「地域を元気に」をテーマに
組み立てられています。実に様々な・・地域がHAPPYになる話題を取り上げています。


さすがにクリスマスの話題が多いですが、こんきくらぶ(滋賀県・彦根市)、
伸びやかなハーモニーを奏でる児童合唱団の歌声は街に響きます。
群馬県玉村で発行の「玉村パリッシュ」は「玉村のジュニアオーケストラ」の
仲間たちを。良い顔しています。


福岡の中間市・遠賀郡の「りばぁな」は、全国大会出場果たした「希望が丘高校」の
吹奏楽部を特集・・・素晴らしい音色をARで聴かせてくれます。
また、山形市の「さふら」ではクリスマスコンサートの練習に励む・・
全国ハンドベルフェスティバルに出場の山形学院高校のハンドベル部を紹介・・


圧巻は岐阜県・高山市・・・「SARUBOBO」の表紙です。
ぜひ「フリモAR」でスキャンしてみて下さい。
高山市民合唱団のみなさんが唄う「ジングルベルと聖しこの夜」が流れます。
それと、年末年始・・何かと犯罪が心配です。
街のおまわりさんの特集、思わず、ありがとうございます。です。


ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌・・・今年一年のご愛顧に感謝です。
来年もよろしくお願い致します。Goto

20161201112915_00001.jpg20161201112915_00002.jpg20161201112915_00003.jpg
20161201112915_00004.jpg20161201112915_00005.jpg20161201112915_00006.jpg
20161201112915_00007.jpg20161201112915_00008.jpg20161201112915_00009.jpg
20161201170719_00001.jpg20161201170719_00002.jpg20161201170719_00003.jpg
20161201170719_00004.jpg20161201170719_00005.jpg20161201170719_00006.jpg
20161201170719_00007.jpg20161201170719_00008.jpg20161201170719_00009.jpg
20161201170719_00010.jpg20161201170719_00011.jpg20161201170719_00012.jpg
20161201170719_00013.jpg20161201170719_00014.jpg20161201170719_00015.jpg
20161201170719_00016.jpg20161201170719_00017.jpg20161201170719_00018.jpg
20161201170719_00019.jpg20161201170719_00020.jpg20161201170719_00021.jpg
20161201170719_00022.jpg20161201170719_00023.jpg

1_munahuorune_12.jpg2_pigurenanairo_12.jpg3_himejirakurri_12.jpg
4_harurubloom_12.jpg5_kitamori_12.jpg6_kounaniwakura_12.jpg
7_nisimokogamo_12.jpg8_oripkawara_12.jpg9_ndacyamaroota_12.jpg
10_gamagoorinisio_12.jpg11_kenoujhouetu_12.jpg12_safuraazaumal_12.jpg
13_torattanaozane_12.jpg14_ichinomiyatoyokaea_12.jpg15_itomeihama_12.jpg
16_nisisintoss_12.jpg17_culehamiino_12.jpg18_taharasinnsiro_12.jpg
19_ohmatikaneswing_12.jpg20_kojyanntogoody_12.jpg21_sukattriverna_12.jpg
22_parupi_12.jpg23_steptoyota_12.jpg24_mynaaga_12.jpg


ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌®

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月06日 05:14 | コメント (0)


世代交代

2016年12月05日

大相撲九州場所をインバウンド場所にしてはどうでしょうか?


「おいおい」「ハイハイ・・・」なんでしょうか?
夫婦で・・「おい」と「ハイ」を繰り返していると、
綾小路きみまろのあれから40年、「おいハイ」で「お位牌」に・・なっちゃうと・・
「おいおい」とご同輩から声が掛かった。


同輩曰く「大相撲九州場所が終わったんだ、コメントせよ」との仰せ・・
考えてみれば、大の相撲好き・・初場所からずぅーと・・一年間大相撲ウオッチしてきた。
・・ブログを読んで頂いているので、感謝せねばと思うのですが・・・


優勝力士を占ってはハズれ。オマエの相撲通も大したことはないと、
言われ続けていますので、九州場所の感想は止めとこうと思ったのですが。
そう言われれば、致し方ない。では、恒例の大相撲九州場所評を・・・


豪栄道豪太郎関・・・綱取り。残念だったねぇ。
前半戦は、申し分ない圧力。自力も風格も、横綱級だったが・・
6日目玉鷲戦、あれは審判団のミスだね。どう見ても同体でもう一番でしょう。
それから、隠岐の海戦もそうだったね。あれは豪栄道の勝ち。綱取り失敗は判定ミスが原因。
他にも、判定ミスが多い場所だったと思う。


折角、ビデオ判定しているんです。際どい勝負は、もう一番で良いのでは。
お客さんも喜ぶし、NHKとの約束で、18時打ち出しに拘っているんでしょうかねぇ。
観客と言えば、2日目から中日まで「満員御礼」が下がらなかったねぇ。


福岡の市場では、15日間満員にするのは難しいのかな。
であれば、インバウンドに解放してはどうでしょうか。
国技館はなかなかチケットが取り難い・・であれば・・
台湾、上海でも大相撲中継していて、ファンが多いのですから。
九州場所目当てにインバウンドが増えれば、地方創生のコンテンツに。


若手では、正代がいいねぇ。大関候補だね。御嶽海も押し相撲で行くのか・・・
四つ相撲にするのか。決めた方がいいね。私は、頭を下げて右前みつ、一気の押しに徹すれば・・
きっぷも良いし、角界を背負うのではないでしょうか。


石浦・・・新入幕で10番。小兵ですが、あの筋肉は亡くなった千代の富士関を彷彿・・
さすがに鳥取北高、相撲部監督の子息、基礎がしっかりできているので、
久々に「頭で相撲が取れる面白い関取」の誕生ではないかな。
来年は幕内上位で取れば、舞の海のような面白い存在に。怪我に注意だが。


それに、来年は、世代交代かな。大関琴奨菊関は引退。贔屓の横綱日馬富士関も満身創痍。
大横綱白鵬関には、何としても、東京五輪で土俵入を奉納して貰いたいが・・・
衰えは否めないね。こんな予想はハズれて欲しいですが。


大関照ノ富士関の横綱はあるんじゃないですか。左ヒザさえ直せば、気力が戻ります。
白鵬戦での自力は横綱級ですね。期待の遠藤関、何とか三役にと願います。
で、九州場所優勝の横綱鶴竜関・・おめでとうございます。
型のないのが鶴竜の良さ。地味に凄い鶴竜関、初場所連覇と予想して置きましょう。


ご同輩、こんなところで如何でしょうか。
この一年、楽しませて頂いた大相撲関係者に感謝です。Goto

●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

愛知県 守山フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=13


愛知県 北区フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=11


三重県 ぽろんの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=39


宮城県 んだっちゃ!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=81


投稿者: 後藤 日時: 2016年12月05日 05:49 | コメント (0)


伊勢志摩サミットから半年

2016年12月04日

一過性のイベントには終わらせない。


次から次へと目まぐるしくニュースが飛び交う時代。
一過性のイベントがいつ開催されたかなど・・
覚えている人は意外に少ないのではないか?そんな思いに駆られる師走です。


一過性とは失礼ですが・・・トップがコロコロ変わるので・・
7ヶ国の首脳が伊勢志摩に集ったサミット、5月に開催されたんですが。
覚えておられますよねぇ。半年前のことです。
その後、オバマ大統領が米国大統領として初めて広島訪問。


核兵器撲滅を訴えたのに、その米国が次期大統領に選んだトランプは・・保護主義を訴え・・
日韓の核武装容認発言繰り返す。平和を希求し、経済の均衡ある発展を論じた・・
伊勢志摩サミットは一体なんであったのか?改めて考えさせられると同時に・・
喉元過ぎれば何とやらで、もう忘れ去られしまったのかと思うと、哀しい。


そうあってはならじ。我が社は、伊勢志摩サミットで確認し合った首脳の合意は元より・・
誘致から開催までを通じて、成功裡に導いた関係者や警備の人たちの
尽力に敬意を表すると共に・・


何よりも、サミット開催を誇りとし、惜しみない支援と協力をした・・
市民のために・・・市民の財産として、伊勢志摩サミットを心に刻もうと、
伊勢市で発行のハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌・・
「イセラ」に続き、志摩、鳥羽地区に「さみっとくらぶ」(20,700部・全戸配布)を
昨年の12月に発行しました。


そのサミット開催から半年。
「さみっとくらぶ」では伊勢志摩サミット舞台裏と題して、巻頭特集を組み、
読者と共に、改めてサミットの感動と意義を確認・・・
サミットに選ばれたこの素晴らしい地域の良さを観光資源として活用、
地域活性化の起爆剤にせねばと決意を新たにしています。


市民の間にも、サミットを一過性に終わらせてはいけないと、
「新料理」・・「カツオギョーザ」で地区起こしがスタートしたり、
主会場だった賢島をガイドしようと「志摩市観光ガイドの会」が・・
市民らの手で結成されたり、地域全体の活性化に繋げようと、様々な取組が、
継続されています。嬉しいことです。


市民と行政がガッチリスクラム組んで、伊勢志摩の魅力を発信し続けること、
それが、サミット開催の大きな意義のひとつです。
2016・5、伊勢志摩サミット開催を契機に発刊された・・・
「さみっとくらぶ」の使命と役割は重いものがあります。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

三重県 さみっとくらぶの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=118


群馬県 高崎パリッシュの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=80


愛知県 kureyon(江南市・大口町・扶桑町版)の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=57


愛知県 kureyon(岩倉市・北名古屋市版)の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=86

愛知県 フリモかわらの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=58

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月04日 05:19 | コメント (0)


気分

2016年12月03日

フィデル・カストロが逝った。無性に淋しいです。


トランプショックが、日本の景気に影響をもたらしている。
理由が良くわかりません・・・どなたか教えて頂けませんか?
なぜ、トランプが次期大統領に決まったからと言って・・
円が113円と安くなり、なぜ株価が18,000円を突破するのか?


アベノミクスは関係ないですよねぇ。
あれだけ頑強に金融緩和を繰り返した日銀が・・
物価上昇2%のインフレ策を放棄、次の打つ手がなくなり・・
総裁退任論まで囁かれ始めたんですから・・


トランプは米国主義を貫き「経済は自国さえよければ」保護貿易の政策を掲げ・・
実行するって言っているんでしょう。
それなのに、なぜ・・円安、株高になるのか?


その仕組みが私には理解できない。
もちろん、米国の金利が上がれば、ドルが買われ、円が下がるとか、
円安になれば、輸出企業は潤うとか、後付けのような理由は分かるが・・


まだ、大統領にもなっていない、トランプへの期待値なのか。
何を期待しているか・・ひょっとしたら、世界中の閉塞感を・・
米国が「変化」することによって、払拭するとの期待・・・…


そんな淡い期待が、景気を押し上げているのではないか思える。
そう考えると、景気というものは、統計や分析、あるいは、学問などの裏付けで・・
動いているのではなく「風向き」とか「気分」に左右されるシロモノだと言えないか。


例え次期大統領の影響であろうがなかろうが、日本が元気になれば、それも良しか。
ましてや、師走・・・忘年会のシーズンです。
今年一年を振り返りながら、大いに「トランプ」を語り、宴席が盛り上がれば・・
気分が高揚します。そうなれば景気は上向くというものでしょう。


気分と言えば、フィデル・カストロがチェ・ゲバラの元へ逝った。
トランプが「残忍な独裁者が死亡した」とコメントしましたが・・
フィデル・カストロは「青春の蹉跌」です。淋しいです。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集はこちら

愛知県 中村フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=8

愛知県 中川フリモの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=9

岐阜県 GiFUTOの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=54

滋賀県 ぼてじゃこ倶楽部の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=34

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月03日 06:11 | コメント (0)


泥試合

2016年12月02日

自分のこととなると、全く見えなくなる。これが大新聞の姿です。


「新聞命」(しんぶんいのち)の私ですが・・・
こんな問題で、大幅に紙面を割いて・・・大新聞・・・
朝日新聞と読売新聞が泥試合していてはいただけませんねぇ。


新聞は読者のために存在するのです。
新聞社の見栄やエゴを剥き出しにしての「誹謗、中傷合戦」は止めて貰いたいものです。
それも、プロ野球選手になりたい・・・そんな子供の夢をぶち壊し・・法廷に持ち込んで・・


問題とは・・・2012年の話です。球界の盟主を自認する読売巨人軍・・
プロ野球界の申し合わせ(最高標準額)を27億円もオーバーする・・
36億円の契約金で6選手と入団契約を結んだ・・・と朝日が一面で報じたことに・・
「事実誤認・名誉毀損」の記事だと読売が提訴・・・した事件。


昨年9月、東京地裁は「記事は事実だ」と読売の請求を棄却。
高裁に持ち込まれ「記事は事実でない」と一審が覆り・・
読売が朝日に損害賠償求め訴訟、上告審は双方の主張を25日に退けた。


その結果、二審の判決。朝日の記事による名誉毀損成立を認め朝日新聞社に
330万円の支払いが確定した。という問題です。


読売は26日一面で、「巨人軍の勝訴確定」最高裁「朝日の名誉毀損認める」と。
朝日は社会面の頭で、巨人軍新人獲得の本誌記事・・
高額契約、記述は「真実」最高裁で確定、本社の一部賠償も・・・と共に報じた。


この問題・・・4年半・・両新聞社が角突き合わせる価値があったのか。
実はありました。入団契約金の裏取引ができなくなった。
プロ野球ってどす黒い世界なんだと、子供の夢を削いだ。
朝日と読売、「自分のこととなると」目くじら立てて、醜く争う。


その結果、新聞社って身勝手、新聞を読んでも仕方がない・・
と、新聞離れを促進させた、愚かな結末となった。その効果抜群・・・
私は思うんです。最高裁は記事の真実などどうでも良い・・


どんないい加減な記事でも、誰かを貶める記事なら、それは名誉毀損だと、
法的に解釈しただけの話です。それにしても、
こんな問題で、紙面を割かれては・・堪らないのは読者だと、
なぜ、分からないのでしょうか?


他人のことなら、冷静に見ることができるのに、
自分のこととなると・・・・これが正義、公正を標榜する・・
大新聞の現実でしょうかねぇ。Goto


地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

山形県 きたにゃの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=74


山形県 Moriverの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=75


山形県 さふらの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=87

新潟県 まるごと県央!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=82


新潟県 まるごと上越!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=116


愛知県 田原はなまるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=100

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月02日 05:26 | コメント (0)


師走

2016年12月01日

12月1日って、何の日だかご存知ですか。                           


今日の昼は「カレーうどん」を食べようかな。
先日、役得で、うどん県(香川県・高松)に行って来た。
JLAA(日本地域広告会社協会)の中四国ブロック会議で。
その話はブログに書いたが・・・


さすがにうどん県・・高松駅ビルの「うどん店」に・・昼時であったが・・
超満員。「天ざるうどん」を注文・・手打ちのさがで待たされたが・・実に旨い。
・・滑りがあり、腰が強い。噛み応えもあり・・天ぷらもカラッと揚がり・・堪能した。


今日から師走。12月をなぜ、師走いうのか。疑問に思う若い人も多いようだが。
そんなものは、ネットで調べなさい。この一年を振り返り、年内にやりべきことをやる。
やれないことがあれば、知ってる人に尋ねる。あちらこちらから・・
尋ねられる人は忙しい・・走り回らねばならない。知ってる人・・それが師。


師走の1日は「何の日か」。新聞が教えてくれたのだが・・
寒くなるので「カイロの日」(便利なものができたモノです)・・なるほど。
「デジタル放送」がスタートした日で「デジタルの日」ってのもある。
デジタルは「ゼロイチの順列」一度記憶されたら永久に変化しない。
だから、デジタルの日って変化しないのだから「死の世界」ってことかな?


他には「映画の日」っていうのもある。師走に映画を・・年末年始興行の成功を願ってかな。
そうそう、「手帳の日」何て言うのも12/1だ。
この一年間、何があったのか、手帳を捲りながら反省し、新しい手帳と併用し・・
徐々に移行する・・師走最初の日に相応しいかな・・・


そもそも手帳は・・・江戸末期、福沢諭吉が海外から持ち込み・・・知識人の間で浸透・・・
大正時代。ポケットサイズが誕生。背広から手帳をだして、日程を調整するのが、
モダンボーイの証で、大ヒット、一般化したんですって。でも、いまでは手帳じゃなくて、
スマホかタブレットだから・・・手帳も過去の遺物になりつつある。


それと「カレーうどんの日」というのもある。何で12/1が?
不思議だが。東京・中目黒の・・「朝松庵」という蕎麦屋が・・
東京でも「うどん」を流行らせようと考案したのが「カレー南蛮」で、店主の誕生日が、
12/1・・その別バージョンが「カレーうどん」・・そんなわけで、「カレーうどんの日」
だとか・・・ここまで来ると、「何の日」もこじつけだね。


とは申せ・・・師走。寒さに負けず。先生と言われることもないが・・
まずは、熱々の「カレーうどん」をいただいて、一年締め括りの月・・・
元気いっぱいで走り周りたい。Goto


●地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介


福岡県 むなふの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=61


福岡県 おるねの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=90


福岡県 りばぁなの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=140


埼玉県 NAOZANEの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=123


香川県 マルータの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=122

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月01日 05:38 | コメント (0)