泥試合

自分のこととなると、全く見えなくなる。これが大新聞の姿です。


「新聞命」(しんぶんいのち)の私ですが・・・
こんな問題で、大幅に紙面を割いて・・・大新聞・・・
朝日新聞と読売新聞が泥試合していてはいただけませんねぇ。


新聞は読者のために存在するのです。
新聞社の見栄やエゴを剥き出しにしての「誹謗、中傷合戦」は止めて貰いたいものです。
それも、プロ野球選手になりたい・・・そんな子供の夢をぶち壊し・・法廷に持ち込んで・・


問題とは・・・2012年の話です。球界の盟主を自認する読売巨人軍・・
プロ野球界の申し合わせ(最高標準額)を27億円もオーバーする・・
36億円の契約金で6選手と入団契約を結んだ・・・と朝日が一面で報じたことに・・
「事実誤認・名誉毀損」の記事だと読売が提訴・・・した事件。


昨年9月、東京地裁は「記事は事実だ」と読売の請求を棄却。
高裁に持ち込まれ「記事は事実でない」と一審が覆り・・
読売が朝日に損害賠償求め訴訟、上告審は双方の主張を25日に退けた。


その結果、二審の判決。朝日の記事による名誉毀損成立を認め朝日新聞社に
330万円の支払いが確定した。という問題です。


読売は26日一面で、「巨人軍の勝訴確定」最高裁「朝日の名誉毀損認める」と。
朝日は社会面の頭で、巨人軍新人獲得の本誌記事・・
高額契約、記述は「真実」最高裁で確定、本社の一部賠償も・・・と共に報じた。


この問題・・・4年半・・両新聞社が角突き合わせる価値があったのか。
実はありました。入団契約金の裏取引ができなくなった。
プロ野球ってどす黒い世界なんだと、子供の夢を削いだ。
朝日と読売、「自分のこととなると」目くじら立てて、醜く争う。


その結果、新聞社って身勝手、新聞を読んでも仕方がない・・
と、新聞離れを促進させた、愚かな結末となった。その効果抜群・・・
私は思うんです。最高裁は記事の真実などどうでも良い・・


どんないい加減な記事でも、誰かを貶める記事なら、それは名誉毀損だと、
法的に解釈しただけの話です。それにしても、
こんな問題で、紙面を割かれては・・堪らないのは読者だと、
なぜ、分からないのでしょうか?


他人のことなら、冷静に見ることができるのに、
自分のこととなると・・・・これが正義、公正を標榜する・・
大新聞の現実でしょうかねぇ。Goto


地域みっちゃく生活情報誌®巻頭特集のご紹介

山形県 きたにゃの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=74


山形県 Moriverの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=75


山形県 さふらの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=87

新潟県 まるごと県央!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=82


新潟県 まるごと上越!の巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=116


愛知県 田原はなまるの巻頭特集はこちら
http://chuco.co.jp/modules/special/index.php?cid=100

投稿者: 後藤 日時: 2016年12月02日 05:26


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。