全力って素晴らしい

アメリカンドリームに乗っかってみませんか。


休む時は休み、働く時は徹底的に働く・・・
そんなメリハリが大切だと思うんですが・・・
年末年始・・・今日で5日間も休みなんて私には宜しくありません。


明日からのために、2017年の日本の景気がどうなるのか占って見ます。
新聞命の私です。新聞情報からの推察でしかないのですが・・・
私なりの仕事始めの覚悟として。


ズバリと申します。株価は上昇気味ですが、幾らになるかはわかりませんが・・
今年、日本の景気は上昇します。理由は簡単です。
トランプ次期大統領疾風が吹き荒れ、米国が空前の好景気になるからです。


専門家筋の予想は、総じて上半期はそれなり・・下半期は雨にと、
当たり障りのないことを言っています。彼らはトランプの大統領当選を外したのです。
トランプ大統領どんな施策を打つか、特に経済政策については・・…
評論家達は、実のところ分からないのです。だから、予想も当たらないのです。


私は・・・トランプ新大統領は発言通りに政策を実行すると考えます。
彼の基本はアメリカファーストです。それは経済に最も顕著に現れるでしょう。
米国の景気が良くなるためには「何でもあり」になります。


大国の横暴と世界は批難するでしょうが。お構いなしで、ビシビシ進めるでしょう。
保護貿易主義を取るでしょうが、結果的には世界経済が米国に牽引される・・
そんな一年になるのではないでしょうか。その結果、世界経済は上向き・・
世界は米国の経済力をまざまざと見せつけられることになります。


で、日本です。私はこのところ、日本経済をこのように分析しています。
日本は米国の51番目の州であると。だから、米国と一体化して考えなければ、
経済のみならず、この国は見えないのだと。


昔は、日本は10年遅れで米国に追従していると言われました。
ひと昔前は、米国がくしゃみをすれば、日本が風邪引くと言われています。
今は時差だけ遅れで同じことが起こっていると言われます。


ネット社会がそうさせているのですが・・・
本当のところはITの進化によって、日本と米国の時差さえも取り払われています。
ですから、日本の景気は米国の景気と同じだと考えるべきです。
日本は、そもそも戦後一貫して、安全保障は米国の傘の中です。一体です。


経済も一体化すれば・・・言語の違いを除けば・・・同じ国ではないでしょうか。
同じ国であることに抵抗などしても仕方がないのです。
と考えると、今年の景気は、米国と連動していると考えるのが妥当です。


写真をご覧下さい。サッカーで得点を挙げた瞬間の喜ぶ少年の姿です。
全力って美しいと思いませんか。私は感動してこの写真を眺めています。
日本は米国の属国、米国は好景気なる。一体なんです。
その波に乗れば・・チャンスではありませんか。休んでる場合ではありません。


この少年のように・・・無心で全力を出し切れば・・・
アメリカンドリームを掴める年ではないでしょうか。Goto


IMG_6562.JPG
12/26読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2017年01月03日 05:29


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。