教育国債

もはや、マスメディアの役割は権力を批判することではない。未来に提言すべきだ。


申し訳ありません。また、朝日新聞に文句です。
朝日の論調・・・「こら、安倍、人権を考えろ、折角、恫喝大統領に会うなら・・…
7ヶ国の国民の入国拒否を許さない。とトランプに言え。それを世界が期待してるぞ」と、


移民受け入れ、イスラム主要国民の入国拒否の大統領令に憤っていますが、
一言伺いますが、「わかったと、恫喝大統領が納得して・・
日本はイスラム過激派を否定していないと、日本人の入国を拒否したら・・
朝日はどうしますか?


外交は相手あってです。相手の主張を否定するなら・・・・

では、基地撤廃、米国の核の傘には入らない。と、米国との関係を疎遠にできますか?
その勇気と、覚悟が朝日新聞にありますか。
あるなら、堂々と安倍米国追従路線を本気で否定すべきです。
そして、独自路線を主張すべきです。

メディアがジャーナリズムを気取って、格好をつけている時代は終わりです。
おかしいと言うなら、自己主張を貫きなさい。
日本は・・・米国が、恫喝大統領が拒否する難民、移民はすべて受け入れると、
主張すべきです、朝日の人権を立て闇雲な批判にはうんざりです。


この国がこれからも、生き延びて行くには・・…
教育しかないじゃないですか。安倍政権が、教育政策、高校、大学の授業料・・
無料化を「教育国債」の発行で賄おうと方針を決めました。


私は思うんです。米国の従属国であることに、
偲んでいること、そのことに忸怩たる思いの安倍政権が・・・
国家財政厳しき折にも拘らず、敢えて、教育国債に踏み切ろうとする覚悟・・
読売にしか記事が掲載されないが・・・


天下の朝日新聞は、なぜ、記事にしない。
この国がどうなっても、人権を唱えるのか。移民も難民も受け入れるべきと、
化石のような主張を繰り返して、マスターベーションを楽しんでいるのか。


お願いです。思惑は色々あるでしょうが、
せめて、この国の未来のために、高等教育無料化には・・・
例え、高齢者に負担を強いても、教育国債に頼らなくても・・
実現できる論陣を張って欲しいと願う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年02月10日 05:33


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。