空気読めないNHK

現役でいる以上は、疲れたとか、しんどいなんて。死んだらずーっと寝ていられるのだから。


相撲愛好家を自認する私です。本場所が始まる頃にはウキウキ・・・
ブログで優勝者を予想したり、大相撲の醍醐味を紹介するのですが・・
大阪場所をじっくり味わう時間なく、ちょっぴり焦っていましたが・・・


昨日はテレビ桟敷で・・・観戦。
22年ぶり・・・新横綱・稀勢の里関の優勝・・おめでとうございます・・
などと言うには軽過ぎる。・18年ぶり日本人横綱と騒がれたにも動ぜず・・
黙々と稽古に励んだ結果の優勝。心より敬意を表します。


優勝表彰式に先立ち斉唱する「君が代」・・途中感極まり・・涙が溢れ斉唱できない。
左肩脱臼の不甲斐なさ。命懸けの本割決定戦。万感の思いがよぎったのでしょう。
左肩の痛みに顔を歪めながら賜杯を受け取る姿。
新横綱のプレッシャーに耐えての優勝・・思わず・・・貰い泣きしました。


で、優勝旗授与された後、恒例の優勝者インタビューをLIVEで観ようと思ったら
放送終了・・オイオイ・・・なぜ後5分延長しないのだ。
民放じゃあるまいし、スポンサーからクレームが入るわけでもないのに。


延長時間は何が起こっても10分までってマニュアルが決まっているんだね。
NHKの辞書には臨機応変なんて言葉ないんだね。
思わず・・・「何が皆様のNHK」だ。空気も読めない輩に放送を任して良いのか。
こんなNHKだから政治介入にオタオタするんだ甘い甘いと、私は八つ当たりです。


格闘技で最も激しい競技は「大相撲」です。
13日目の横綱・日馬富士戦。破竹の新横綱を鋭い出足、
厳しい相撲で、一気に押し切られ土俵下陥落。先輩横綱の意地と申しますか。
厳しい相撲でした。さすが・・・角界では激しさ厳しさNo.1の日馬富士関です。


でも、稀勢の里関の「自分に対する厳しさ」も傾聴に値します。
「見えない力に押されの優勝だった」「明日から怪我を治し、
稽古をし準備を重ね、5月場所の土俵に上がる」と・・・


「疲れたとか、大変だとか、しんどいとか、愚痴こぼす暇があれば、精進・精進だね」
死んだら、ずーっと寝ていられるのですから。厳しさ不足のNHKを他山の石とせねば。
新横綱・稀勢の里関の優勝を祝う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年03月27日 06:08


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。