2017年04月

やっぱり本でしょう。

2017年04月30日

風雪に耐えた本にチャレンジしてみます。


日頃買い貯めた本を一気に消化するチャンス。
ゴールデンウィークがやってきました。
さて、山積みの本、それも以前から読まねばと、積んである古典的な本と、
新聞の書籍広告で選んだ本たち・・・を。


どれだけ消化できるか、寝る間を惜しんで、読むぞ・・
そんな意気込みで、気合いを入れています。
思い出します。18歳・・ニキビづらで、上京する時・・・


「今から行ってきます」と遅い朝食をとっていた親父どのに挨拶。
「そうか、行くか」と一言。ではと振り向くと・・・
「おい、仕送りの一部は本代に使えよ」と声が掛かりました。


その声を「仕送りの1割は」と理解した私・・・
東京世田谷・京王線・千歳烏山駅近くの下宿(共同トイレ)での生活がスタート。
下宿に着くと直ぐに、荷物を改めて・・・本屋に行くかと外にでました。


玄関口の路地で・・・ジャズを聴きながら、バーベルを挙げてる・・
変な、人が。その人に「今日この下宿屋に越して来た、学生です」
「この辺に本屋ありませんか?」と問いました。
「駅の向こう側に相沢書店がありますよ」・・・と丁寧に。


それが、変な人。当時東大の6年生・・・
後に私の恩師となる哲学者仁科明彦氏でした。
私が本と師を同時に得た、上京初日のことです。


あれから、半世紀・・・50年の歳月が流れたにも拘らず、
先日も「君、本を読んでますか」「思想信条を磨いていますか」と、
家族を労わる言葉を添えて手紙を貰いました。


幸いに、社内報「中広報」を毎月送っています。
そこに掲載のコラム「導線」を読んで下さって・・・私の動きを理解・・・
時々、そのような励ましの便りを頂きます。
多分、最近の私、コラムから・・・勉強不足だとのご指摘だと拝読しました。


でです。収入の数パーセントを本に充てていますが、
最近読む本がハウツー本、内容が薄いのでしょう。
折角のゴールデンウィーク、風雪に耐えた本にチャレンジを始めました。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月30日 05:39 | コメント (0)


ポピュリズム

2017年04月29日

政治とは、哲学、あるいは宗教の中にあるのではないか。


本当に大切なのは・・・我々の政府が国民によって
舵がとられているかどうかだ。・・・・ドナルド・トランプ。
民衆の、民衆による、民衆のための政治を、
ポピュリズムというなら、私はポピュリストです。・・・マリーヌ・ルペン。(朝日新聞)


「ポピュリズムとは何か」でヤンヴェルナー・ミュラーは・・…
「民主主義にとってポピュリズムは脅威だ」と明確に最近の潮流から分析している。
日本の朝日的知識人も日本には同様な傾向にあると言う。


世界各国の選挙でポピュリズムが注目されている。
ポピュリズムとは大衆迎合主義と訳されるが・・・
朝日新聞はポピュリズムを悪の権化のように使う・・・


でも大衆が決めれば民主主義ではないのか。
大衆に迎合して決めたら、なぜ、批判の対象になるのか。私にはわからない。


ポピュリズムを批判する場合、民主主義とは何かを明確にして、
ポピュリズムを語らねば、民主主義そのものが問われねばならないと思う。
私は最近、民主主義そのものに懐疑的である。


民主主義絶対主義の風潮が、ポピュリズムを生み出しているのではと思えるからである。
そもそも政治とはどの立場、どの層の側が権力を掌握するかの権力闘争である。
ポピュリズムも民主主義も権力奪取の手段でしかないのではと思う。


しからば政治とは何か。
私にはわからないが、哲学、あるいは宗教の中にあるのではと、
昭和天皇誕生日に考えるこの頃である。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年04月29日 05:40 | コメント (0)


ホモ・ルーデンス

2017年04月28日

私のような庶民は、ホモ・ワークス・・人間は働くから人間だと思っています。


明日からゴールデンウィークです。
働き方改革と称して「働かないことを美徳」とする時代です。
1日の労働時間を6時間にするだとか週休3日にする企業が、
持て囃されています。


私は高度経済成長時代の申し子、猛烈社員、企業戦士ですから、
石田梅岩の「働くことは美徳である」という思想に染まっており、
今更、休みを増やして貰っても、余暇をどう過ごして良いやら、
結局は休みも休みなく働くことになります。それが一番落ち着きますから。


「人生とは生まれてから死ぬまでの時間」ですから、
「働かない人生をどのように過ごすかは、カラスの勝手」です。
他人がとやかく言うのは越権行為です。


日本人は・・私もその典型ですが、余暇を利用するのが下手です。
余暇を遊びと捉えますと「遊び」は庶民モノではありませんでした。
平安時代の歌謡集「梁塵秘抄」(後白河法皇編)には「遊び」は
人間の本性、自然で生き生きとしたもの。


「遊びをせんやと生まれけん、戯れせんやと生まれけん、遊ぶ子供の声聞けば、
わが身さえこそゆるがるれ」と・・・謳われていますが、それは天上人、公家の世界。
日本の庶民には、人間の本性が遊ぶことだとは、とてもとても。


西洋ではどうか。オランダの歴史学者ヨハン・ホイジンガという人が・・
ヒトラーのファシズムを目の辺りにして「ホモ・ルーデンス」という説を。
ホモとは人間、ルーデンスとは遊ぶ。


哲学です。ホイジンガ以前は人間とは「ホモ・サピエンス」(考えるから人間である)
「ホモ・ファーベル」(モノ作るから人間である)と考えられてきたのを、
「ホモ・ルーデンス」(遊ぶから人間である)と主張しました。


そして、他の動物と違う人間固有の「遊び」は限定された時間と空間の中で行われる
自由で自発的な行為であり、特定のルールを必要とし、利害と関係なく、
遊びそのものが目的で、緊張と喜びがあり、日常生活とは、別ものと、
意識されねばならないと定義しています。


朝っぱらから、休みを前にして、御託を並べましたが。
折角のゴールデンウィークです。遊ぶなら、人間らしく、徹底的に無になって、
休暇を楽しんで欲しいと思います。


私は「ホモ・ワークス」「人間とは働くから人間だ」と思っていますので、
休みだからこそ、仕事のために自分を磨いてみたいと思っています。
それにしても、読みたい本が、山積みです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月28日 05:42 | コメント (4)


ママっ子男子?

2017年04月27日

見た目で判断するほど、面接官は甘くないですよ。


エステに付けまつ毛に油とりのシートマスク。
毎日スキンケアをして肌を手入れし、普段から美容に気を使う。
女の子や妙齢の女性ではありません。男子学生や若い男性の話です。


近頃、大学では男子学生用に「就活セミナー」と称して、
「外見が大事、人となりも外見で判断される。みだしなみを」と、
肌の手入れ方法から化粧の仕方までアドバイスするそうな。


男はなぁ・・・化粧なんてするもんじゃねぇ。うわべを取り繕っても、
中身、内面がしっかりしてなきゃ、面接官だって相手にしねぇ。
なんて、おっさんのようなことは言うまい。


でも、新調したり艶やかな服装をする必要はないと思いますが、
身嗜みは整え、着ているものはいつも清潔にする。
取分け、襟元はピシッとして、靴はいつも磨いて履く。当然のことです。


面接試験の話でしょうから、次いでに・・・
姿勢はどうですか。人の話を聞く時には、背筋を伸ばして聞けますか。
そして何よりも、笑顔は大丈夫ですか。
「誰もがそうですが、幸せだから笑っているのではありません。
笑っているから、人を惹きつけ幸せになれる」のです。


薄化粧して、エントリーシートの写真を良く見せるより。
心の底から、笑っている笑顔の写真が面接官の目を引くのです。


えっ・・・面接試験の話じゃないって・・・
若い男子の美容意識が高まり、化粧や美容メーカーに男性向け商品の開発が盛ん。
それも、母親と化粧談義をする「ママっ子男子」(博報堂ブランドデザイン若者研究所)
なる男性が急増している。そんなマーケティング・・・新市場の話ですって。
美容の業界もあの手この手で新市場を開拓せねばなりませんからね。


ここまでくると、面接官としては、太陽いっぱい浴びて、元気で礼儀正しい
体育会系の男子こそが、最も期待できる学生だと思えるのですが。
もちろん、男女共です。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月27日 05:30 | コメント (0)


パナソニックのIoT事業進出。

2017年04月26日

松下まねしたなんて言われないよう、IoTの先頭を走って欲しい。


遅くはないですか?と問うてみたくなりました。
日本の基幹産業、時代とともに変遷します。
しかし、基幹であった産業が衰退するのは時代の流れに沿わないから・・だと、
いう人が結構います。そうでしょうか?私はそうは思いません。


衰退する産業でも、取分け地場産業のことですが・・・
経営者のモノの考え方によって、同じ産業でも、生き残ることはできます。
私のささやかな経験ですが、地場産業は地場産業だから生き残っているのではないです。


地場産業が生き残っているのは、社会にとって必要だから生き残っているのです。
でも必要というのは、その度合いが時代によって違います。
必要であることは、文化です。文化は良い文化は生き残りますが、悪い文化は消滅します。


度合いを測ることができるかどうか。それが経営者であるかどうかの見極めです。
理屈っぽくなりましたが、伸張著しいパナソニックが、・・・著しいと申しますのは、
シロモノ電化品が低迷して、存亡の危機に陥り、V字回復したことです・・・


ここに来て、あらゆるモノがネットに繋がる「IoT」や人工知能(AI)の推進を、
柱とする研究戦略を発表、本社にビジネスイノベーション本部を創設、
新規事業を創出すると言及したことです。


私は、さすがパナソニック松下幸之助氏が起こした企業。
松下の最大の特徴は「松下ならぬまねした」企業であること。
ここに来て、またぞろ、IoT時代を真似て、伸びようとの発想。


日本の基幹電機産業がIoTに舵切るのを、良しとしますが
でも、物足りないない。ぜひ、全ての電化製品をIoT化することで、
製品を無料化する、第四次産業革命の・・中核に躍りでる・・
そんなパナソニックになって欲しいと願います。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月26日 05:44 | コメント (0)


あらない

2017年04月25日

蜂蜜と遠雷は・・・ダブル受賞の価値ありかな。


直木賞と本屋大賞、ダブル受賞・・・初めてのことですね。
恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」読んでみました。
それと、村上春樹さんの新作「騎士団長殺し」も・・・・


村上作品。愚鈍の私、リアリスティックな作品にはなんとか・・・
付いて行けるのですが、ハードボイルドワンダーランドって言うんですか、
ファンタジーな作品って言うんですか。今回の作品は後者・・・


理解できる村上ファンにとっては最高の作品なんでしょうねぇ。
だから初版130万部で、3月の発売以降160万部も売れるんですねぇ。
私の能力では、イデアをぶち壊すのが他の男の元に走った妻に・・
できた子供が自分の子だと思い込むことで。


また、昔の恋人の子供が自分の子だと、
望遠鏡で、その子の家を盗み見ることがメタファーだと言われても・・
月が二つ見える1Q84にはなんとかついて行けたのですが・・残念ながら・・
理解不能でした。わからないのがわかって良しとするか。
とは申せ、古希に手が届くおっさんが村上作品にチャレンジしたことは
「あらない」とは言えなくもないです。


「蜂蜜と遠雷」・・・村上作品もそうですが、音楽に疎い私としては、
音楽に関する項が登場しますと、途端に「飛んで」しまうのですが。
この作品は、そうではなかった。村上さんのように「おまえは知らないだろうが、
俺はこんなに音楽の知識があるのだ」そんな穿った場面はひとつもない。
音楽をこれほど上手く小説化するとは・・・作者の人柄を感じる。


そもそも論ですが。直木賞は新人作家の登竜門。
一方では出版社の「売らんかな」政策です。芥川賞がその典型ですが。
本屋大賞は書店員が「売り場からベストセラーを作ろう」と04年から・・


書店員が読んで面白いと思った作品が、直木賞の選考から漏れ「受賞できなかった」
それに憤りを覚え、それでは自分たちでと・・・いわば「アンチ直木賞」として。
にも拘らず・・・今回始めてダブル受賞に。


本屋大賞は、直木賞選考の著名作家が選ぶのとはひと味違うと
今年で14回目、第1回受賞作品、小川洋子さんの「博士の愛した数式」・・・
野球タイガースの項が面白く、感心して読み、その後、大賞作品は全て読んでいるが、
(鹿の王は駄作だったなぁ)・・・直木賞とダブルはない。


しかし、ダブル受賞するに相応しい内容だから、蜂蜜と遠雷は、
ダブル受賞になったので、「アンチ直木賞」とは「あらない」のが凄いってことか。
ですよねぇ。本屋大賞も所詮は売らんかななのに、それすら超えたのだから・・・Goto


追伸
因みに「あらない」は村上作品「騎士団長殺し」の騎士団長が・・・
そうでなかろ・・・そんな意味で使われた言葉です。


二伸
笑っちゃうんですが。
「民主党を支持する理由」と題した米国民主党を揶揄した本が、
9.99ドルで9万部近く売れてるんですって。内容がない。260ページ、ほとんどが「空欄」
民主党の政策には中身がない。パロディ本です。
トランプ大統領もツィートで「読書を楽しむには素晴らしい本だ」と。
如何なる賞よりも売れるとは。

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月25日 06:02 | コメント (0)


JLAA

2017年04月24日

全国から68社の広告会社が集い一般社団法人日本地域広告会社協会総会を。


もう15年になります。日本地域広告会社協会(JLAA)を創立して。
京都、清水寺の庫裏に全国各地から地域に根を張る・・
32社の広告会社の精鋭が集い、疲弊する地域を広告の力で・・
「地方一揆」を起こそうと、旗揚げしてから。


15年の歳月は、北は北海道・・・南は九州鹿児島まで
全国42の都道府県から、68社100名を超す会員が集まりました。
29年度・一般社団法人日本地域広告会社協会の総会が
4/21・東京・大森で開催しました。


総会では、28年度の活動を総括し、29年度の方針を決めました。
28年度・・・「地方創生・時代はローカル」のスローガンに則し、
新事業としてスタートした「第一回地方創生アワード」の結果が報告され、
優秀賞9社が紹介されました。


地域を元気にする。それが地域の広告会社の役割と使命。
その成功事例が次々と発表され、JLAAは日本で最も活発な活動を展開する・・
広告集団の役割を果たす。15年の歴史の重さを実感した総会でした。

総会後の勉強会では、田村明比古観光庁長官にご来駕頂き・・・
「観光先進国を目指して」と題し、特別講演を。
地方創生の柱としての観光産業の重要性を学び、
地域広告会社の地域観光における立ち位置を再確認しました。


29年度のスローガンを「地方創生・地域観光への貢献」とし・・・
新たな事業として、「観光マーケティング実務責任者」養成講座を開講することを決定。
DMOの中核を担いうる人材の養成に踏み出すことになりました。


要項は後日発表されますが、講座受講後、試験が実施され、終了証が授与されます。
受講資格はJLAAの会員社以外可能で、観光マーケティングに興味のある、
自治体職員、旅行代理店、あるいは学生にも門戸を広げます。


どうぞ、あなたも日本の中核産業に成長する観光事業の、
マーケティングマネジメントを学んでみませんか。


日本全国、何処でも、広告マーケティングが必要なら、
ぜひ、一般社団法人日本地域広告会社協会(JLAA)にお声掛け下さい。
きっと、満足の行くプランを手に入れることができます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月24日 06:10 | コメント (0)


昨今の景気動向から・・

2017年04月23日

広告会社の使命と役割は個人消費の拡大に寄与すること。


「鉄は国家なり」と演説したのはプロイセン王国・ドイツ帝国の首相ビスマルク。
鉄鋼生産量は国力を表す重要指標です。
製鉄業は日本のものづくりを象徴する産業です。


鉄鋼メーカーが戦後の日本経済成長を支え、
国際社会では、存在感の高揚に貢献・・・まさに「鉄は国家なり」です。


「アベノミクス景気」は12年末から始まり・・・バブル期を超え戦後3番目の長さに。
その証左が、日本鉄鋼産業の基幹「JFEスチール」では「どの製鉄所もフル稼動が続く」と。
「鉄は国家なり」底堅い好景気が続いています。


「鉄」だけではありません。
輸出産業の中核、半導体製造装置メーカーも強気の見立てで。
米国・中国を中心とした世界景気の回復追い風を受け、製造工場を拡張しています。(日経4/17)


雇用も堅調で、国内「完全雇用」状態。失業率は3%を割り込み、
有効求人倍率は四半世紀ぶりの高水準を記録している。
景気の三大要素の、輸出が好調。設備投資が顕著、雇用環境も良好となっている。


問題はもう一つの好況要因である、個人消費の拡大ですが。
春闘も官製の限界か、イマイチ、ベア獲得が鈍い。
賃金が上がらなければ、個人消費の伸びは期待薄だか・・


個人消費の拡大とくれば、広告会社の役割。
小売業は全般に業績を上向かせているが、トレンドに流されず、
個性ある商品の提供、低価格に走らず、ニーズを先取りする努力が、実っている。
メーカー、流通、広告会社との連携が功を奏しているよう。


ここに来て・・・アベノミクスを批判する向きもあり・・・
日銀総裁の金融緩和策を否定する論調も聞こえます。
では、どうすれば良いのか?対案なき批判に耳を傾ける人はいません。


この「アベノミクス景気」「鉄」の受注が続く限り・・
まだまだ、好景気が続くでしょう。
個人消費拡大のために、広告会社の使命と役割は重いモノがあると、
景気動向から、気合いを入れ直しています。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年04月23日 05:31 | コメント (0)


パノプティコン

2017年04月22日

森友問題は政権を揺るがすような、本質的な問題ではない。


何とも難しい表現を使うモノだと、感心しています。
安倍1強政治を批判する朝日新聞の論調です。
天下の朝日に、この様な揶揄しか、表現しようがないほどに・・・
政治的ミスがないのかと、反って政権の強固さを感じます。


紙面内容は・・・森友問題、証人喚問の質問に立つ自民党議員に、
安倍首相自ら、注文を付けた。それが、パノプティコンであると。
パノプティコンとは・・監視者がいなくても囚人が監視を意識する監獄施設のこと。


つまりは、森友問題に象徴される様に、自民党は元より、野党、官僚、メディアも、
それぞれが安倍1強政治のもと、忖度して動く様に支配されている…
日本の政治はパノプティコン状態にあると朝日はいうのです。


天下の朝日新聞が現政権を揶揄するには、少々的はずれではないかと思う。
勿論、安倍政権を支持するのではない。現実を直視しているだけです。
森友問題が内閣の支持率や与党批判に繋がらないのは・・
跳ね返りの嫁はんが、調子に乗っただけだからです。


野党は「すわ鎌倉」と意気込んだのですが、疑獄になるような、話ではないからです。
そもそもこの問題、本気で攻めるとなると、教育勅語を教育の基本とする・・
学校を認めることになるわけで、共産党も、腰が引ける訳です。
それを、朝日が、政治がパノプティコンになっていると言っても・・・ピントが。


朝日は、朝日を除くメディアと、共産党を除く野党がパノプティコンの囚人だと
言いたいのなら、それはそれでわかるのだが、実はその朝日の独善的報道こそが、
批判されていることに気づくべきではないだろうか。


4/18の朝日のオピニオン&フォーラム・耕論の紙面です。
テーマは「相手の話、聞こうよ」・・・論者には「ムネオハウス」で、
一躍有名になった共産党の元議員が。「18年間の議員生活で、10人の首相に
質問したが、安倍さんを除いて、お互いに尊敬の念が芽生えた」と・・・


共産党が国会の場で「他の政党の話を聞いて」自党の意見を変えたことがあったのか。
独善以外の何物でもない政党だと記憶しているが・・・
その共産党の元議員を引っ張りだして、安倍は「人の話を聞かない」と言わしめる・・
朝日新聞って、いつの間に共産党の機関紙になったのかと・・驚く・・


安倍1強政治をパノプティコンとしか批判できない朝日だから、
安倍1強政治が続いているとは言えないか・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月22日 05:40 | コメント (0)


700万部突破

2017年04月21日

エールをいただいた各位に、今後の夢を述べます。


ありがたいことです。
この4月。ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌が
全国28都道府県、124誌、7,075,349部、総発行部数700万部を突破したこと、
日経新聞、中日新聞に取り上げられ、多くの読者から祝意を賜わりました。


これも偏に関係各位のご尽力の賜物、この場をお借りして、感謝申し上げます。
700万部を一里塚として、今後の方向を若干述べてみたいと思います。
23年前に、岐阜県可児市で「カニさんくらぶ」という・・
一風変わったネーミングの無料情報誌を創刊しました。それがスタートです。


目的は、可児市の生活情報を可児市の全家庭にお届けする。
そして、名古屋の衛星都市化しつつある可児市、
従来からの住民と、新興の人たちとの融和になるメディアを。
それが、可児市の個人消費に貢献し経済の活性化に繋がれば、そんな思いが発端でした。


その後、岐阜県の飛騨高山市で、大垣市で、各務原市でと
順次岐阜県内の主だった市に・・・現在岐阜県では12誌発行・・・
総発行部数は731,663部、県内世帯カバー率は90.8%に達しています。


今年中には岐阜県内の全てのご家庭にお届けできる、地域になくてはならない・・
ユニバーサルメディアに育てたいと思っています。


次いで三重県に、滋賀県に、愛知県にと拡大。福岡県ではVCが誕生。
VCの仲間も徐々に増え、今年の1月には東京・深川で創刊・・・初めて首都の地を踏み、
4月には静岡県御殿場市で創刊、全国29都道府県に広がりました。
目標は47都道府県で発行すること。今年中に残り18県での発行を計画しています。


私の夢は、日本全国にハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌を
お届けすることです。情報誌を捲ると・・・そこには・・
生活をエンジョイできる暮らし情報が満載され、地域が元気になることです。


10年前、名古屋証券取引所の新興市場に上場する時・・
発行部数が100万部に満たない頃から・・・ずっとそう言い続けています。
たわごとだと、誰も相手にしてくれませんでしたが。


それが、700万部を突破。約2000万人にご利用頂けるメディアになりますと、
1000万部は間違いなさそうだ。ひょっとしたら47都道府県で発行するかも知れない。
どうも本気らしいから、日本全国5000万世帯に届けるかも知れない。
そんな声も頂けるようになりました。激励のメールにそんな声も。


私は信じています。
ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌総発行部数が1000万部を突破して、
日本の総世帯数の20%を超えれば、「フリーメディア」と言う分野が、市民権を得て、
社会に影響力を持つメディアとして確立されることを。


700万部突破にエールを頂いた各位に心から感謝申し上げます。
700万部は一里塚です。今後の我が社の成長に期待下さい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月21日 06:03 | コメント (1)


北朝鮮有事・・・

2017年04月20日

乱世の様相です。平治の蓮舫さんでは、民進党がモタない。


私・・・したり顔で、申し上げるまでもないのですが、
北朝鮮の脅威が新たな段階に入ったようです。
ソウルが火の海となり、東京にサリンを搭載したミサイルが着弾する。


そんな話が絵空事ではなくなりつつあります。
にも拘らず、安全保障の問題が国会で真剣に議論されていない。
25日に何か起こる気がするのですが・・・・


元駐中国大使(民主党時代)で伊藤忠の元会長氏は・・・
この場に及んでも・・日中韓北露米6ヶ国の話し合いが大事だと・・・
中国を牽制する米の強行姿勢批判を繰り返すが・・・


机上論をどのように現実化するのか。その道筋は一切示さない。
誰が、どのような手順で、会談をセッティングするのか。
その間、北朝鮮は核ミサイル開発を中止するのか?


それが民進党の対北朝鮮方針なのだろうか?
であれば、そりゃ保守系の議員が飛び出すのも致し方ないのでは。
誰もおっしゃらないので、敢えて私が言いますが、野党第1党・・・民進党
蓮舫代表の安全保障に対する顔が見えない。北朝鮮有事が迫りくるのに。


だから、私は・・・内外情勢が非常に難しい時です。
平治なら蓮舫さんでも構いませんが、党の存在意義が問われている時に、
人気と勇ましい演説だけで、女性だからと、蓮舫さんを選んだ・・圧倒的多数の
民進党関係者に猛省を迫りたい。


なぜ、乱世の前原誠司さんを代表にしなかったのかと。
6月の都議選で民進党が惨敗すれば、この国難・有事の時に・・
全うな野党がなくなってしまうことになると危惧する。


民進党のこの体たらくを見透かしてか。自民党の派閥が蠢き膨張している。
麻生派が第2派閥になるそうだ(読売新聞4/13)・・・
これまた、派閥の数遊びなどやってる場合かと思うのだが。
この緊張感のなさは民進党のせいだと私は思うのだが・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年04月20日 06:17 | コメント (0)


移民と高齢者リサイクル

2017年04月19日

都市鉱山から、五輪のメダルを作るって、高齢者の再利用みたいですね。


何を今更を大騒ぎするのか。私にはメディアの扱い方が全く理解できない。
4/11・朝刊各紙、一面で「人口、2053年に1億人割れ・・
厚労省推計50年後8808万人」とトップ扱い。


2015年の国勢調査結果、96万の人口が減少したと、
先日発表されたばかり。96万人とは和歌山県人口と同じ。
5年間で47都道府県が46になったんです。
その時は全く驚いていなかったのに・・・

各紙書くわ書くわ・・・一面どころか、社説でも、社会面でも・・・
特に社説・・・日経、人口推移と向き合い一層の少子化対策を。(そんなこと今更)
毎日、質量共に対策が足りない。(政府の責任だけでしょうか)
朝日、政策にどう生かすか。(疑問を投げ掛けるだけ)


新聞各紙が社説で政府の政策がなっちゃいない。
無策だから・・1億人割れどころか、8800万人になっちゃうんだと・・・攻め立てるが。
メディアに責任はないのかと、問うてみたい。


各紙こぞって・・二人目が欲しいが保育の受け皿がない。夫の労働時間が短縮されないから・・
出産をためらう夫婦が多い。職場環境の整備をすべきだと・・・言うが。
本当に整備できれば、人口が増えますか?そう思っていますか?


メディアは子供を産まない現状を憂いているだけで、何の具体策も、
解決策も示さない。批判のための批判を政府に向けても何も解決などしない。
社説で訴えなければならないのは・・・このままでは労働人口が減少し国力が衰え、
社会保障すらままならなくなる・・・・


であれば、方法は二つしかないではないですか。
ひとつは「移民に対する明確な見解」ではないですか。
新聞各紙の主張はどうなんですか。移民に対する象徴的なのは・・・


日経、当面の人手不足を補うには外国人労働者の受け入れが必要との意見もある・・
との意見もある・・この恐々の他人事のような書き方に・・・
「移民」問題から目を逸らす新聞社の姿勢が見て取れます。
朝日も毎日も同様、外国人労働力を検討すべきとは言うが。
「移民論議」は避けてしまう。それでは何の解決にもならない。


もう一つは、毎日が書いていますが、人口減少は高齢者の「引退」がない時代になると。
高齢者がいつまでも働くべきだとの主張です。
労働力不足には当然、高齢者がいつまでも働くことに反対ではありませんが。


それを言うなら、定年延長の主張、なぜ声を大にしないのですか。
60歳を区切りとした社会制度も変えるべきとの具体的な意見を述べないのでしょうか。
最近、東京五輪のメダルを・・・都市鉱山から拠出しようとの動きが活発です。
それって廃棄物から鉱物を取り出し再利用しようってことです。


詰まりは、古くなって使い捨てられたモノに価値があるってことです。
では、やはり、人口減少による労働力不足を賄うには、
高齢者を引っ張りだして、使えるところだけ使って、切り捨てるってことが、重要です。


「移民」と「高齢者の再利用」が人口減少に抗う方法だと思うのですが、
なぜ、メディアはそのことを主張しないのか。
東京五輪、都市鉱山からつくる。みんなのメダル運動の広告を見ながら・・
つくづく思う次第です。Goto                            



IMG_6983.JPG
4/11朝日新聞                                   



IMG_1525.JPG
すっかり葉桜になりました。                            

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月19日 06:31 | コメント (3)


「いつかは」を応援します。

2017年04月18日

敗けても敗けても全力で取り組む・・・


もう10年以上前になります。高知競馬にハルウララという牝馬がいました。
70戦連敗あたりから「一回ぐらいは勝とうな」そんな高知新聞の記事などで、
注目を浴びるようになり・・・全国的に大人気を博しご存知の方も・・


競馬界の至宝・武豊騎手が騎乗したり(それでも勝てませんでしたが)
馬券が当たらないのが評判になり「単勝馬券が交通事故防止の御守り」になったり
映画にもなりましたが結局は・・113戦0勝・・で姿を消しました。


人生勝ち組ばかりじゃない。敗けても敗けても出場し続ける。
頑張っても頑張ってもなかなか芽がでない。でも諦めないで、走り続ける。
そんな自分とダブらせながら、「負け組の星」を「いつかは」と信じて応援する。
それが日本人なんでしょうね。


「いつかは」で応援したくなるのは、三重県伊勢市の「英心高等学校」野球部。
春季高校野球三重県大会で「0ー91」5回コールド敗けが話題に・・・
敗戦後、監督はツイッターで「相手校・宇治山田商、最後まで手を抜かず、
点取りに来ていただき嬉しかった。選手たちは何かを掴んだ」とつぶやいた。


英心野球部は創部2年目。野球部員は9名。未経験者ばかり・・
全校生徒の半数以上が「元不登校」、野球部にも数人が(朝日新聞4/3・朝刊)
そんな彼らが「敗けても、敗けても、全力で野球」に打ち込んで行く。


「目標に向かって頑張る姿が素晴らしい」「最後まで続けた生徒たちに感動です」
そんな応援メールが殺到・・・主将は、練習試合を含め30試合未勝利・・・
「勝ったらチームや気持ちがどう変わるやろう、その答えが知りたくて、頑張ってみる」と。


月並みですが。スポーツ、それも団体競技、野球は人間を作りますね。
彼らを見続け、応援する人たちがいる限り、彼らに「いつかは」必ずくる。
伊勢市には我が社の地域みっちゃく生活情報誌「イセラ」を発行しています。
三重県では9誌・・608,021部を発行しています。(県内世帯カバー率80.5%・全戸配布)


「イセラ」は4月で78号。市民にとってなくてはならない生活情報誌に成長しています。
「イセラ」の紙面を通し、市民と共に・・英心野球部を応援し、
「いつかは」を追いかけて見たいと思います。Goto


追伸
それにしても我らがドラゴンズ。
応援しがいがありますね、負けても負けても応援します。
英心が勝つ日が早いか。ドラゴンズの最下位脱出が早いか。
今年のプロ野球の大いなる楽しみです。

IMG_1516.JPG
昨夜の嵐で花の芯が散り新芽だけに。                        

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月18日 06:08 | コメント (1)


長浜曳山祭

2017年04月17日

400余年、町衆の手によって守り続けられ、ユネスコ登録。


滋賀県・長浜・米原市で発行するハッピーメディア地域みっちゃく生活情報誌
「botejako」(44,220部)、この6月号で121号・・10周年を迎えます。
読者に愛され、スポンサーに評価頂き、優秀なスタッフの頑張りで、ここまで来ました。
改めて感謝御礼申し上げます。


10年前、長浜進出を決めたのは、戦国の世・・・岐阜城主・織田信長が功労のあった
木下藤吉郎(秀吉)に報償として大名(1万石以上)の資格を与え、長浜の領主を命じました。
長浜は伊勢に北陸に、京に向かう交通の中心地。信長の天下取りに抑えねばならない要所。


そんな歴史の背景が頭の隅にあって「いずれは・・」と思い描きながら
「良し」と、10年以上前ことですが、長浜市での発行を決めました。
その時、いつの日にか・・・秀吉が戦乱で荒廃した長浜八幡宮を再興した折に始まった
「長浜曳山祭り」に行ってみたいと・・・


なんども訪れるチャンスがあったのですが。タイミングが合わなくて・・・
それが・・ご縁なんでしょうか。昨年の暮れ・・長浜商工会議所の会頭に声を掛けて頂き
・・・・10年にしてやっと、念願が叶いました。
それも関係各位のご尽力により、ユネスコ無形文化遺産に登録されて初めての年に。


「曳山祭」の全容はHPでご覧頂きたいのですが。
祭りの主役は選ばれし「男の子」・・彼らが舞台屋台で狂言を演じるのです。
12基の屋台があり、毎年4基が出番山となって、その屋台を持つ町内が、
子供を選び、歌舞伎を教え、八幡宮に奉納するお祭りです。


祭りは子供を選ぶところから始まりますが祭典行事は4/12から4/17まで。
私は14日の「夕渡り」を拝見させて頂きました。
子供役者が、舞台衣装で八幡宮から街中を練り歩きます。


その様を街中の中心地に組まれた高所で見せてもらい・・
所々で「見得を切る」その様がなんとも愛らしく、決まっています。
400有余年に曳山祭を支えて来られた、町衆の心意気に感嘆しました。
念願叶い大満足です。ご招待に感謝です。


ふと感じたのですが・・・
練り歩く先頭のお囃子隊、その先頭に女の子の笛隊が・・
そうか、このお祭りは男子の祭り、女性は脇役なんだなぁと・・・


祭典日程の最後に祭りを下支えしている女性達を慰労する催しがあれば・・
曳山祭は永遠に続くのではと・・・思いつつ・・・
すでにそんな催しがあれば、「botejako」で紹介せねば。Goto


IMG_1512.jpg
花の芯が残り、新芽と微妙な色合いです

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月17日 06:01 | コメント (0)


プロの政治家を選んでいますか。

2017年04月16日

こんな素晴らしい政治家がリーダーである熊本は・・・・


何となくですが、昨今の異常気象。
我が家の窓から「桜」の定点観測をしているのですが、
例年ですと、3月の末には満開になり、4月上旬、岐阜まつりの頃には
葉桜に変わるんですが・・・いつ迄も桜を楽しめるのは嬉しいのですが
チョッと異常な気がします。


そうそう、それに金華山の脇に垂直の虹が(写真参照)出たり・・・
昨年の熊本地震から1年。大きな震災がないと良いのですが。


杞憂だと思いたいのですが、備えあれば憂い無しです。
根拠のない話で恐縮ですが、万が一への備えを怠らないようにしたいモノです。
一度震災に遭遇すれば、一人ひとりは無力です。
地域の力、取り分け政治の力に頼らざるを得ません。


我々が選んだ政治家は大丈夫か。いっときのムードで選んではいないか。震災に遭っても
「自己責任だ」などと平気で強弁するような政治の素人を選んではいないか・・・
それこそ点検しないといけないのではと思っています。


ソクラテスの言葉です。
「政治家やその志望者のなかには、政治というものは、
非常に習得が困難であるにも拘らず、訓練もせず、勉強もせずに突然、
勝手に政治の達人になれると考えている者がいる。まことに不思議である」


危機管理が重要だと思うこの頃、私が注目する政治家は熊本県知事。
高校卒業後、農業研修生として渡米。ネブラスカ大学農学部を卒業後、
政治学を学ぶためハーバード大学大学院博士課程を修了、
東京大学で教授を務め、2008年より知事に、3期目。本物の政治学者です。


政治信条が凄い「政治家とは何月何日までにこれをやると決め実行することである」と、
熊本地震が発生。ハーバードで研究した「ギャップ仮説」に沿って災害対策を・・・
分母「実態+展望」分子「期待値」・・分子を大きくしない。
期待値が実態+展望より大きくなると人は不満を感じるようになる。


そうならないようにするのが政治家。政治の役割は実態や展望を先取りすること。
熊本では知事のリーダーシップのもと・・・
「あんしんで希望に満ちた暮らしの創造」「未来へ繋ぐ資産の創造」(熊本城)
「次代を担う力強い地場産業の創造」「世界に繋がる新たな熊本の創造」の4つ指標を掲げ、
実態が進み展望が明確に示されている。
だから、メディアは色々言うが、被災者を含め不満の声が殆ど聞こえない。


自然は素晴らしいが、時として過酷です。
何となくで恐縮ですが、地震のにおいを感じるこの頃。
我々はプロの本物の政治学者をリーダーに仰いでいるか、
再点検する時ではないでしょうか。Goto

IMG_1342.JPG
                                          


IMG_1508.JPG
葉桜に一息です。                                 

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月16日 05:59 | コメント (0)


かかみがはら航空宇宙科学博物館

2017年04月15日

大空への夢を・・・子供たちに見せてやりますか。


仕事が大好き、仕事人間には、ピンと来ない話ですが・・
巷では、若い人たちがゴールデンウィークの計画を立てる頃です。
カレンダーを眺めて見ますと、5/3から7日まで休みです。


えっ・・・巷では・・4/29から9連休の会社が多いですって・・
盆や正月よりも長休みじゃないですか。
我々は・・兎角、生産性が悪いと言われるサービス業です。
ものづくりの製造工場じゃないんです。


こんな気候が良くって1番働きやすい時期に・・・休んでられますか・・
と、申し上げたいのですが、我が社もカレンダー通りの休みです。
この連休は5/5の子供の日が中心だと思っています。(古いですね)
子供と遠出を予定される方もおられると思います。


私は気の置けない仲間とゴルフにでもと思っていますが。
今年は近場ですが・・・孫たちを連れて「かかみがはら航空宇宙科学博物館」を
訪ねて見ようと思っています。


各務原市は航空・宇宙の街です。戦前から航空機関連の産業が多く、
戦後初の旅客機MRJもここで作られています。
博物館には、航空エリアでは日本が世界に誇った「飛燕」の実機や
「ライトフライヤー」・「零戦初号機」の実寸大の模型が。


宇宙エリアでは国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」や
最新鋭探査機「はやぶさ2」、現在活躍中の火星探査機「キュリオシティ」の
実寸大模型などが・・・・来年3月リニューアルオープンする前に・・・
収蔵庫で先行展示され、間近で見ることができます。


私、子供の頃・・・思い起こして見ますと、やけに飛行機が好きでした。
もしも、鳥のように大空を飛びたいと願ったことも。月に、あの星に・・
大宇宙を駆けてみたいと思ったことも・・・もしも本物の飛行機を間近で見ていたら・・・
ロケットを見ていたら・・きっと宇宙へ行ってみたいと思ったでしょう。
いや、私だけではありません。多くのご同輩も同様だったと思います。


日本には米国・スミソニアン航空宇宙博物館のような本物の
航空博物館がありません・・・各務原市に本物の航空・宇宙博物館が
リニューアルオープンすることは、子供のみならず・・元飛行少年の
夢をリメークしてくれます。


そんな思いを込めて、孫たちに・・・
大空・宇宙への扉を見せてやろうと思います。
そうそう、宇宙飛行士の山崎直子さんが、かかみがはら航空宇宙科学博物館の
アンバサダーを勤められます。Goto


20170413113752_00001.jpg %E8%AA%8C%E9%9D%A2.jpg

%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E7%9B%B4%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93AR.jpg
アプリ「フリモAR」をダウンロードし、写真にかざしてみてください。
山崎さんのコメントが流れます。


IMG_1492.JPG

これから葉桜です

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月15日 06:17 | コメント (0)


東建ホームメイトカップ

2017年04月14日

桜が満開。チューリップやすみれが咲き乱れる・・・名物コースで。


気候変動の中、今年も男子プロゴルフ公式戦が開幕しました。
第25回を数える東建ホームメイトカップの・・・
プロアマ大会と前夜祭に呼んで頂きました。


会場の東建多度カントリークラブ名古屋は、三重県桑名市にある。
2月の下旬に大雪が、10日以上積雪のために休業。
春先の試合。自然相手です。果たして会場準備が間に合うか?
心配されましたが、関係者の必死の努力が実り、無事大会にこぎつけた。


改めて関係各位のご尽力に敬意を表します。
プロアマ大会当日は快晴でしたが、多度カントリー独特の
「春風」が吹き荒れ・・・素人には過酷なコンディション。
下手の横好きの私では・・ゴルフにはなりませんでしたが、楽しいことが・・・


通年なら3月末には散るはずの桜が満開。大会に合わせて植えられたチューリップも
花を咲かせ、花壇には三色すみれが・・・花盛りのコースを堪能できました。
それと、同伴プロが、紳士で人柄も良く、強風用の低い弾道のショットを
見せてくれ、プロの醍醐味を味わせてもらった。


ギャラリーの要請にも嫌な顔一つ見せず、にこやかに対応。男子プロの手本です。
我流の私に、適切なアドバイスも。そのおかげで・・・
ドライバーの飛距離が、20ヤード近く伸びました。(フォローの風でしたが)
その選手名は金庚泰プロです。日本語も堪能、たちまちにファンになりました。


多度カントリーには名物が幾つかあります。
インコース12番。茶店が金閣寺と同じ作りになっていること。
ティーグランドに立ちますと、グリーンの先に池が広がり、
その先に金閣寺が。なかなか絶景です。


もう一つは3番ホールのグリーン奥。
美しい孟宗竹の竹林が、強風だったせいか、竹の擦り合う独特の音が・・
静寂を旨とするゴルフ場では実に不思議な響きです。
それに、通年ですとこの時期から筍が。レストランで旬の味が楽しめる。


東建カップ初日、金庚泰プロはパープレーの50位でした。
私とラウンドするプロはその年、いつも好成績です。
金庚泰プロの東建ホームメイトカップ連覇に期待しています。Goto


IMG_1482.JPG

葉桜移行中

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月14日 06:32 | コメント (0)


移民を考える

2017年04月13日

次世代日本人となる長期定住政策を決断する時に・・・


労働力不足が深刻です。全国的にそうだと思うのですが、
この地方は特別なのか・・・求人倍率が2.0に達しようとしています。
原因はいくつもあるでしょうが、団塊世代が完全にリタイア・・・
労働人口の急激な減少が大きな要因ではと思っています。


政府は潜在労働力として女性を生産現場にと「女性が輝く社会を」のスローガンを掲げ・・
子育て制度の充実や労働時間短縮、同一賃金への是正など、
様々な施策を講じていますが、現下の労働不足の解決には遠いようです。


根本的には「ヒト不足」を解消せねばなりません。
それには「若い男性が頑張る」ことが肝要だと思っています。
出生率向上策といえば直ぐに・・女性の・・となりがちですが。


私はそうではないのではと、最近思うようになりました。
直近の数値ですが、40歳で一度も結婚したことがない男性が3割います。
それが出生率を急増させられない大きな課題ではないでしょうか。


「結婚する気はないのか」とその世代の独身男性に聞いてみますと・・
「その気はありますが・・・」との返事。「では何が・・」
ここを探って、阻害要因を蝉脱させることも重要なことではないでしょうか。
(結婚とか、出産は、あくまでも個人の問題です。一人ひとりと向き合うこと肝要)


で、労働力解消ですが。
日経新聞が3月末に経済教室の欄で「外国人材を考える」特集を組みました。
団塊世代問題をいち早く社会に提起した堺屋太一氏が・・・
日本は「ヒト不足・土地あまり」の時代が到来している。


空き家820万戸。耕作放棄面積40万ヘクタール。
この資源を、外国人材に投入してはとの建設的な提起を。
さすがに堺屋先生です。


また、日本の在留外国人は231万人。そのうち139万人は「身分による在住者」
つまり外国籍の「永住者」や日系人の「定住者」日本人と結婚した外国籍の配偶者です。
そもそもの「外国人活用」といえる外国人労働者数は100万人ほど。


欧米先進国に比べれば、わずか。他には技能実習制度21万人。留学生21万人。
「技術・人文知識・国際業務」の専門人材は15万人。
日本は外国からの移民は勿論、外国人材を活用して居ないのが現状。


外国人の長期定住を目指す政策が不可欠ではないかと・・・
長期定住とは「次世代日本人」となる移民の奨励です。
当面の労働力不足の解消と長期の安定成長のために、
私は堺屋案に賛成です。政治が決断する時ではないでしょうか。Goto

IMG_1478.JPG
葉桜近し                                     

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月13日 06:19 | コメント (0)


これも忖度かな?

2017年04月12日

パン屋さんと和菓子屋さんの問題ではないかも?


先日、うぐいす餅と桜餅を頂きました。
以前は左党を自認、甘物は何と無く避けていましたが・・・
歳のせいでしょうか。和菓子も菓子パンも頂きます。


左党ですと、汗をかき喉が渇くとビール。
コオロギが鳴き、ススキを立て月を愛でながら熱燗で・・と
多少の風流を感じて酒を味わうこともありますが、
酒と季節感は・・あまり関連を付けて頂きませんが・・


お菓子は違いますね。この地方、秋になりますと、栗を題材にしたお菓子が有名です。
夏には水羊羹なんて風流な菓子も。桜満開のこの時期は桜餅ですが、
月が変わりますと五月の節句・・・ちまきに柏餅が店頭に並びます。


庭先のソメイヨシノを眺めながら、濃い目のお茶で、桜餅・・・
淡い塩漬けの桜葉、餅米が残る皮に包まれた、とろりとしたこしあん。
日本の「伝統と文化」風情を感じます。美味しく頂きました。


文科省が・・・一年生の教科書に「さんぽみちでパンやさんのまえをとおりかかり
よいにおいだとのぞくと、ともだちのいえだった」とのパン屋が・・
「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」に照らすと不適格だと、
「甘い匂いのするお菓子屋さん」に変えろ・・・で・・


「このおかしはにほんのおかしで、わがしというんだよ、
あきになるとかきやくりのわがしをつくっているよ」
「おいしそうなくりのおかしをかってかえりました」・・・こうなり・・・


パン屋さんは怒るは、和菓子屋さんは戸惑うはの大騒ぎになりました。
文科省担当者、「我が国や国土の文化と生活に親しみ、
愛着を持つことの意義を考えさせる内容になっていない」からパン屋を和菓子屋にしたと。


パンが日本文化にそぐわない・・・とする硬直した見解って、
実は・・このところ「教育勅語」を評価するとか・・・
履き違えた道徳観が横行するなど、右傾化が気になりますが・・
その先頭を走る安倍首相への忖度ではないのかと勘ぐりたくなります。


法を無視した天下りで、点数を下げた文科省の焦りが忖度なら・・・
子供を忖度の人質にすることになるとは如何にも、如何にもではないか。
これでは日本の教育行政は大丈夫かと疑わざるを得ない。Goto

IMG_1405.JPG
                                          

IMG_1475.JPG
昨日寒かったでまだ頑張っています                         

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月12日 05:49 | コメント (0)


水の如く

2017年04月11日

光をあてるだけで殺菌できる深紫外線LED・・日本企業のイノベーションに敬意。


私は自分の生き方を自然体でありたいと考えています。
平常心でいられれば良いのですが、懐疑の念に苛まれて生きています。
ですから、せめて称号ぐらいは・・と「如水」としています。


水は常に方円の器に従い、争うことを避け、常に低くに溜まる。
理想的な生き方は水のようなものが良い。万物の利となり、
争わず、人の嫌うところへと流れる。・・水の如く・・です。


誰しも理想的な生き方をしたいと考えます。私も・・・
大地に根を張って暮らす。思考は常に奥深く。
情を持って人と交わり、言葉は誠実さ持って旨とし、
周りは良く治り、処理能力は常に高く、行動は時を誤らない。


上善如水 水善利万物 而不争 居衆入之所悪 老子
そんな生き方が出来ればと願い「如水」などと・・・おこがましいですね。


写真は3/27・全国紙掲載された「Asahi KASEI」の広告です。
「人は水がなければ生きられない。しかし、飲み水で亡くなる人が50万人」
光をあてるだけで殺菌できる深紫外線LEDを開発・・・
飲料水での実用化を進めています・・・と。


人間の身体の60%は水です。水を守ることは命を守ること。
LEDを照射するだけで、生活用水を清潔に変える。
人類のために、いや全ての生物のために・・・
日本企業のイノベーションが、世界を支える。

水が水であるために・・・如水。                          

IMG_6767.JPG
3/27日本経済新聞                                 


IMG_1462.JPG
まだ元気に咲いてます                                

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月11日 06:12 | コメント (0)


常陽新聞廃刊

2017年04月10日

新聞命(しんぶんいのち)の私・・・再生の秘策があります。


毎日新聞3/30・オピニオンのページ・・・
茨城県の日刊紙・・「常陽新聞」の廃刊が報じられた。
新聞命(しんぶんいのち)の私としては、遂に来たかの思いと、
こんな考えで・・発刊すれば・・やっぱりな。そんな思いが交錯します。


同記事に・・この20年間で、地域に根ざした小さな新聞が経営難から
休・廃刊するケースが目立つ。日本新聞協会の資料では96年に全国で
150社あった地方・地域紙・・・20年間で30紙が姿を消した。
原因は地方の疲弊、新聞離れだと報じられる。


毎日のこの分析・・・新聞の置かれている位置とか立場が本当に分かっているのか。
大いに疑問である。地域に根ざした小さな新聞が・・・
毎日さんあなたもその仲間じゃないのですか。昨今の購読者の異常な減少・・
大新聞気取り、上から目線で・・・経営難から・・・などと言えるのですかねぇ。


そんな反論がしてみたくなります。大小は関係ありません。
小さな規模で経済基盤が軟弱だから早く経営難に追い込まれただけです。
戦後に構築された「ライフスタイルに組み込まれた新聞」が・・
ネットの台頭により情報取得手段を新聞以外の媒体(PC・スマホ・携帯)で
賄うことができるようになり、新聞の必要性が薄れたこと。


合わせて、新聞購読料が他の情報手段(スマホ・PCなど)の経費に移り・・
新聞に支払う優先順位が後回しにされ、結果として購読を止めることになったのが原因です。
茨城常陽新聞の廃刊は、新聞事業ビジネスモデルが陳腐化し、
「情報手段」のツールとして必要性がなくなったことに起因しています。


常陽新聞の社長廃刊の弁「ローカルニュースニーズがあると思った」が
「地域の支えがなければ地域メディアは成り立たない」と・・・
「購読料も割安な料金設定にしたが売り上げ増加にはつながらなかった」


「地域メディアがなくなれば、行政をチェックするものがいなくなる」とも・・
そうでしょうか。ニーズがあれば購読者が増えるはずです。
ニーズがないのです。いや、ニーズは消費者が決めるのです。
新聞記事にローカルニュースを求めていないのです。


ニーズがないものを幾ら廉価にしても、売れないのです。マーケティングの常識です。
廃刊の理由付けであって思い上がりに過ぎません。こんな考えでオールドビジネスの
新聞発刊事業をやっても成功するはずはありません。


少々乱暴申しますが。1948年創刊の常陽新聞は13年8月に廃刊。
14年2月に現経営者が題字を譲り受け再刊・・・でこの3月末で再び廃刊。
そもそも廃刊の理由が何であったのか。メディアの業界がどんな状況にあるのか。
理解されていたのか。甘かったのでは・・・新聞命の私には疑問です。


心配なのは、新聞経営あり方を抜本的に、いや、発想を根本から変えなければ、
早晩、大半の新聞は消えて往くことになりはしないか?
もちろん、各申す私には新聞の役割と使命を再生させる秘策があります。Goto

IMG_1449.JPG


投稿者: 後藤 日時: 2017年04月10日 06:09 | コメント (0)


ブレグジットに思う

2017年04月09日

民主主義の源・・英国はどこへ行こうとしているのか?


決めたことは、決めた日に必ず実行される。
それがこの世というものです。
英国が「民意に沿った孤立の選択」「ブレグジット」EU離脱をEUに通知。


離脱・・・離婚条件を決めるのに2年間の交渉が始まる。
2年も掛けて交渉するとなると、長すぎた春の逆で、長すぎる秋で、
スコットランドや北アイルランドは離婚を嫌い・・・独立、復縁するかも。


「民意」に従う姿勢こそが民主主義の源である。英国がその掟を破ることはあるまい。
如何に困難が予想されようが「災い転じて福となす」 のがしたたかな英国政治。
いかなる知恵をだし、離婚が英国の将来に禍根を残さず解決するのか
メイ首相の政治手腕に注目して見たい。これが政治だという手腕に。


しかし、交渉が泥沼化しても2年後には決裂で離婚成立となるのだが。
交渉の入り口が「手切れ金」・・・EUは分担金約600億ユーロ(7兆2000億円)を
払わねば、FTA(自由貿易協定)に応じないと。
EUとしては英国の分担金がなくなるのだから譲れない額だ。


時間切れ・・離婚では、英国はどの国ともFTA交渉ができなくなる。
そうなれば経済が成り立たない。世界経済への影響も大きい。
所詮、離婚は「金目(かねめ)」の話かと笑っては入られない。


ネット社会、地球は益々小さくなります。
ボーダーレス、国境も無くなりつつある時代、
世界は一つと考える時代に「移民は嫌だ」「保護貿易絶対だ」と・・・
一国至上主義に走る道を選ぶ国の苦悩を見るに付け・・・


民主主義も所詮は強欲の権化であり、
政治は利害優先であり、宗教は他教を認めず・・・
世界は暗澹たる状況にあると言うしかないのだが・・


日本の片田舎で、そんな心配しても仕方ないのだが、
せめてこの国は「自分さえよければ」が民意にならない国にならねばと思う。Goto


IMG_1430.JPG

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月09日 05:50 | コメント (0)


ピカピカの一年生

2017年04月08日

自我が目覚めるころ、子供新聞を読んでくれればと願い・・・


孫娘がピカピカの一年生になりました。
小学校の校庭でしょうか、満開の桜の下での家族揃っての記念写真と・・
教室での風景、黄色い帽子を被ってクラスメートとのショットも・・メールで。


離れて暮らしています。年に数回会うだけ、後は写真で成長を知りますが、
入学式の写真は今迄とは少し違います。ピースなどしていません。
少しはにかんで、でも目はキリッと写っています。


なるほど、自我が目覚め「私が誰かが」分かるようになったんだ・・
これからですが、若い夫婦が助け合い、頑張ってここまで育てたのだと思うと・・
子供の成長の分だけ親も学び、年輪を重ねました。感謝と敬意を表したい。


読売新聞、4/6・7二日間に渡り・・元気の良い変型広告が(写真参照)・・掲載。
「新聞読んで何が悪い」・・・読売中高校生新聞の購読申し込み広告です。
もう一つは・・「コドモの?が輝く未来に変わる」・・読売KoDoMo新聞の
申し込み案内です。


孫娘は・・・自我に目覚めました。自分と他人の区別が付くようなったと思います。
自分と周りの関係が徐々に分かってきます。学校生活を通じて。
読んでくれるかどうか。わかりませんが。「私のモノ」として、
手元に「KoDoMo新聞」があれば、読んで見るかとの意識が芽生えるかも。


読んでくれれば、世の中を見る目が育まれる。
ジジ馬鹿ですが、そんな思いで・・・


毎週木曜日発行で月額500円(税込)のワンコイン・・
「読売KoDoMo新聞」を届けて貰おうと早速に購読を申し込んでみます。
若い夫婦は共働きです。共に忙しだろうが、週に一度。「子供新聞」を開いて・・
親子の会話を弾ませる。・・・そんな時間をと・・願い・・ジジ馬鹿ですが・Goto

IMG_6979.JPG
4/6、4/7 読売新聞


IMG_1423.JPG

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月08日 05:43 | コメント (0)


春の新聞週間

2017年04月07日

もしもあなたが一角の仕事したいと思ったら・・まず新聞を読もう。


将棋の世界・14歳2ヶ月・中学2年生でプロ棋士になった藤井聡太4段。
プロデビュー11連勝と破竹の勢いで、将棋界の話題をさらっています。末恐ろしい神童です。
聡太君が4/6からスタートした春の新聞週間に・・こんなコメントを・・


「毎日、学校から帰ると新聞を開く。1面を見た後、社会面、将棋欄に・・・」
「最近ニュースでは東京・築地市場の豊洲移転問題、行政の曖昧さが気になった」
初めは子供新聞を読んでいたが小学4年ごろから普通の新聞に手を出すように・・
(新聞を購読している家庭で良かったね)


テレビはあまり見ない。普段の主な情報源は新聞だ。
通ってる中学受験を決めたのは6年生の12月、塾に通わなくても合格できたのは
新聞で得た知識が大きかったからだと思う・・・


紙の新聞には様々なニュースが隣合わせで載っていて、どれが大事かを自然に考える。
将棋の手を読む時も、局面のどこが急所か見極めるのが大事。
新聞を読むこととの共通点だと感じている・・・・と。(中学2年生コメントです)


私はこの「ブログで新聞を読もう」をテーマにしています。
彼は天才なんでしょう。9歳そこそこで一般紙を読むようになったのですから。
でも、子供にとっても如何に新聞が価値あるかを見事に証明してくれています。


私の率直な思いです。
この国がなんとなく、軽薄で、刹那的、殺伐としている原因のひとつに・・
事実かどうか分からないネット情報に振り回され・・・
新聞を購読しない家庭が増えたからではないかと思っています。


米国の話ですが。トランプ大統領当選以降、米主要紙購読者が急増しているそうです。
ニューヨーク・タイムズ昨年11月(トランプ誕生直後)紙とデジタルの
有料契約数が13万2千件増え、前年同期の10倍だったとか。
ウォール・ストリート・ジャーナルもデジタル購読者増加が過去最高・・
共に既存メディアに回帰の動きが起きています。(日経・4/6・朝刊)


日本の新聞メディアは米国とは違います。
公器を自認し、優秀な記者が物事の本質に迫り、質の高い情報を提供しています。
その証左が、14歳にしてプロ棋士を生むベースに新聞があります。


春の新聞週間を機に新聞に触れて頂きたいと思います。
それもできるだけ、若いうちに・・・
社会で一角の仕事をしたいと思ったら・・・・・・Goto

IMG_1410.JPG
                                         

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月07日 06:07 | コメント (0)


プレパレーション

2017年04月06日

2017年度は・・・幸福度世界No.1のための準備に入る年ではないか。


新年度のエンジンが掛かってきました。
2017年度をどう理解するかは、それぞれによって違いますが。
私は2020年東京五輪という節目に向って準備を本格化する年度だと思っています。


プレパレーションイヤー・・・準備年、準備期間だと呼んでいます。
何をプレパレーションするのか。・・・私の独断と偏見で申します。
2020年を境にして、この国は成熟国家へと変貌して行きます。


勿論、少子高齢化、人口減少が顕著になり・・・
誰がどうあがいても、今後50年、その傾向を止めることはできません。
つまり、超高齢社会に突入することです。
高齢社会の弊害は、国力が著しく衰えることです。


老化は成長の反対語です。高齢化とは国が老化することです。
もはや抗うことはできません。ではどうするのか。
老人大国の姿を描けば、どうすべきかが見えてきます。
答えは幾つもありません。キーワードは「成熟」です。


成熟とは個体が成長して機能を十分に発揮できることです。
決して老化して朽ち果てることを意味しません。
高齢化とはあらゆる機能を完成させることです。


国の成熟化とは国民の「幸福度、満足度」を充実させることです。
国連が「国際幸福デー」に指定している3/20に「世界幸福度報告書2017」が
公表されました。調査対象は155ヶ国、最も幸せ度の高い国は「ノルウェー」
最悪の国は「中央アフリカ」だそうです。


査定方法は各国の一人当たりの国内総生産や社会支援の在り方基準・・
14?16年の「幸福度」を算定、ランク付けしたそうな。
で、上位5ヶ国のうち4ヶ国は北欧諸国が占め、デンマークは2位、
アイスランドが3位。特徴は社会福祉の自由度度合いが幸福に資するのが要因だとか。


で、日本は51位だそうです。 北欧の国々に行ったことはありませんが、
私は世界中で日本ほどの福祉国家はないと思っています。
独自の歴史と文化を有するこんな豊かで自由な国はないと思っています。


が、国際的な評価が51位であるならば、北欧に勝る「幸福度満点」の国家にすればよい。
それが、「成熟国家」と言えないでしょうか。
2020年までに、幸福度No.1の国家にする・・
2017年度はそのための・・プレパレーションではないかと思っています。Goto

IMG_1400.JPG

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月06日 06:00 | コメント (0)


自我作古

2017年04月05日

春祭りを作る。飛騨の若者たちに敬意を表す。


春です。春のハズなのに・・三月末・・寒冷地ではなごり雪にしては・・
寒の戻りのような大雪が降りました。
咲きかけた桜びっくり。蕾を固めましたが・・ここに来てやっと咲きました。


桜が咲けば春。春といえば五穀豊穣を願い「春祭り」です。
祭りと言えば、昨年・日本各地の「山・鉾・屋台」18府県・33祭事が、
ユネスコの世界遺産に登録されました。


飛騨高山祭りもそのひとつ。高山祭りは春・・日枝神社の例祭4/14・15(12台の山車)
秋・・桜山八幡宮の例祭10/9・10(11台)に開催され、いずれも日本三大美祭です。
今年は世界遺産を記念して4/29・両山車23台が揃い踏みするそうです。
豪華絢爛・・でしょうねぇ。


高山祭りの起源は16世紀後半、大名金森家によって始められ・・・
400年を超える歴史を町衆の手によって護り継承され、観光客は50万人に達します。
飛騨高山には高山祭りの他もうひとつ熱い祭りがあります。


起源は14年前です。高山祭りは格式を重んじ伝統に則った祭り、
関わる町内や人は限られている。町衆が誰でも参加できる祭りがあってもと、
JAの青年部、商工会議所青年会、そして発起の青年会議所の三団体が・・
声掛けあって・・飛騨と言えば酒・・一番酒を神の恵み、五穀豊穣、
神酒「神のしずく」として祝おうと・・・飛騨の若い力が結集して・・・スタート。


それが今年14回目を数えた飛騨の春おこし「飛騨・雫宮祭」です。
祭りは、神酒が飛騨一宮水無神社で清められ、陣屋前に運ばれ、披露され、
神酒を戴いた神輿巡行で始まり・・・思い思いの酒樽を戴い神輿が・・
街中を練り歩く・・・高山の街は熱気で盛り上がります。
(SARUBOBO・3月号・巻頭特集・担ぐより・写真参照)

「雫宮祭」は命名も「神酒・神のしずく」も・・まつりを企画した、
若者たちのアイデア。誰でも参加できみんなの手で街を元気に・・
「我々がなさんとすることは前人未到の祭り。予想される困難は覚悟の上、
試練に耐えて古を。自分たちが草創の土台を作る」と意気込む・・


まさに「自我作古」です。素晴らしいです。
今年の「飛騨・雫宮祭」は3/12に終わりましたが、
来年も再来年も受け継がれていくでしょう。
ぜひ、春祭り一緒に飛騨人の心意気に触れて頂きたい。
一緒に酒樽を担げます。お運びを。Goto

20170329100758_00001.jpg 
20170329100758_00002.jpg
20170329100758_00006.jpg
月刊さるぼぼ3月号


IMG_6769.JPG
天領酒造株式会社(下呂市)


IMG_1391.JPG

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月05日 05:24 | コメント (0)


上機嫌であれ・・・

2017年04月04日

「観察眼を磨こう」・・・24名の若鮎を迎えました。


新年度に入りました。街角で初々しい社会人の姿を見ますと・・活力を感じます。
思わず、頑張れよと、声を掛けたくなります。若い力はエネルギー源です。
我が社も24名の新入社員を迎えました。


4/1に名古屋のホテルで、入社式を行い・・・
同日に開催した新年度の方針を確認する会議に参加の幹部諸君と共に
歓迎の懇親会を開き、社会人をスタート・・・しました。


私は入社式でこんな意味の訓示を・・・


我が社はこの5/1に創業40年迎えることができる。
その記念すべき年に優秀な人材を迎えることができた。
心より歓迎する。


我が社の社訓は「飲水不忘掘井人」今日この日を迎えたこと、
喜んでくださっている方、応援してくださった方に感謝しよう。


「広告業を通じて、地域社会に貢献する」我が社の企業理念を胸に刻み、
ハッピーメディアで日本を元気にする・・・我が社の掲げる「高い志」を
我がモノとして共に未来を切り開いて行こう。


広告業で必要なことは、「観察眼」を持つことです。
その土地を知ること。治めるモノを知れ。住むモノを知れ。
気候・風土・地形を知れ。歴史を文化を知れ。
そしてそこから導き出される長所・短所は何かを見極めろ。


それが仕事の核となる。情報誌作りの肝となる。
そのためには観察眼を磨かねばならない。観察眼を座右に置いて欲しい。


そして、上機嫌であれ・・・と訓示しました。
凡ゆる人間関係は上機嫌であれば構築できます。
上機嫌であれば、自分と自分の周りの人を幸せにすることができるから・・と。Goto


IMG_1391.JPG

まだ咲かないんです。自宅前の桜・定点観測です。

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月04日 06:19 | コメント (0)


700万部を突破しました。

2017年04月03日

地域みっちゃく生活情報誌4月号が出揃いました。


地域みっちゃく生活情報誌、最も歴史がある岐阜県可児・美濃加茂市
御嵩・坂祝・八百津・川辺・七宗・白川・富加町と東白川村で発行する
「Kanisan club」(発行部数・73,690部・全戸配布)が262号。
創刊から23年目に入ります。


23年間で、この3月に9誌新規創刊、2誌エリア拡大で437,204部増・・・
岐阜県は12誌、県内総発行部数731,663部・・リアル世帯数90.8%
三重県・608,021部、愛知県・36誌・2,147,490万部、滋賀県・8誌・410,592部、
群馬県・6誌・422,000部などなど・・・28都道府県、123誌・・


7,045,340部となり・・・700万部を突破しました。
誠にありがとうございます。関係各位に改めて感謝とお祝い申し上げます。
700万部の全戸配布。フリーメディア(月刊誌)の分野では、
最も発行部数が多いのではと思っています。


因みに、新刊エリアは、愛知県日進市・東郷町・・「Sun Go club」(33,000部)
豊橋市南部「はなまる」(50,000部)・群馬県太田市「太田パリッシュ」(50,000部)
岐阜県羽島市「はしまる」(24,000部)・福井県小浜市・若狭町「るりいろくらぶ」
(15,630部)茨城県土浦市「ろたす」(55,000部)・鹿島・神栖・潮来市「かしす」
(50,000部)・宮城県大崎市「さきっぺ」(38,000部)です。


周年号は岐阜県飛騨一円「Sarubobo 」が21周年。三重県桑名市「ぽろん」11周年。
「minto」(岐阜県本巣市)10周年。名古屋市北区・港区「フリモ」6周年。
「名東フリモ」・滋賀県・守山・野洲市「モリス」が5周年。


4周年は愛知県江南市「くれよん」・鳥取市「つばさ」山形県東根・村山市
「きたにゃ」。3周年は宮城県石巻「んだっちゃ!」鳥取県米子市「こはく」
愛知県碧南・高浜市「フリモかわら」・蒲郡市・幸田町「ぶらりん」
名古屋市「昭和・中区・熱田・東区各フリモ」が共に3年を。


2周年は、愛知県田原市「はなまる」福岡市「マイタウン姪浜・伊都」
北海道滝川市他「SORA」埼玉県羽生・加須市「とねじん」久喜市「クッキーズ」
大阪・箕面市「みーの!」がそれぞれ2年を。


1周年は、愛知県豊川市「はなまる」鳥取県倉吉市他「くらら」
高知県南国市他「こじゃんと」が迎え、そして岐阜県郡上市の「GUJOプラス」が
100号を迎えました。


ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌は、
地域と共に年輪を重ね、地域不可欠なメディアに成長しています。
これも偏に関係各位ご尽力の賜物と、衷心より厚く御礼申し上げます。
誠におめでとうございます。


「今月号、まだ届かないのか」と、読者に首を長くして待たれる・・
そんな地域に寄り添ったハッピーメディアを作って参りましょう。
704万部突破に感謝して。ありがとうございます。Goto


20170330114636_00001.jpg20170330114636_00002.jpg20170330114636_00003.jpg
20170330114636_00004.jpg20170330114636_00005.jpg20170330114636_00006.jpg
20170330114636_00007.jpg20170330114636_00008.jpg20170330114636_00009.jpg
20170330114636_00010.jpg20170330115541_00001.jpg20170330115541_00002.jpg
20170330115541_00003.jpg20170330115541_00004.jpg20170330115541_00005.jpg
20170330115541_00006.jpg20170330115915_00001.jpg20170330115915_00002.jpg
20170330115915_00003.jpg20170330115915_00004.jpg20170330115915_00005.jpg
20170330151941_00002.jpg20170330140414_00001.jpg20170330140414_00002.jpg
20170330140414_00003.jpg20170330140414_00004.jpg20170330140414_00005.jpg
20170330140414_00006.jpg20170330140414_00007.jpg20170330140414_00008.jpg
20170330140414_00009.jpg20170330140414_00010.jpg20170330140414_00011.jpg
20170330140414_00012.jpg20170403101509_00001.jpg20170330151941_00001.jpg
1_munahuorune_04.jpg2_pigurenanairo_04.jpg3_himejirakurri_04.jpg
4_harurubloom_04.jpg5_kitamori_04.jpg6_kounaniwakura_04.jpg
7_nisimokogamo_04.jpg8_oripkawara_04.jpg9_ndacyamaroota_04.jpg
10_gamagoorinisio_04.jpg11_kenoujhouetu_04.jpg12_safuraazaumal_04.jpg
13_torattanaozane_04.jpg14_ichinomiyatoyokaea_04.jpg15_itomeihama_04.jpg
16_nisisintoss_04.jpg17_culehamiino_04.jpg18_taharasinnsiro_04.jpg
19_ohmatikaneswing_04.jpg20_kojyanntogoody_04.jpg21_sukattriverna_04.jpg
22_parupi_04.jpg23_steptoyota_04.jpg24_mynaagafukagawa_04.jpg
25_faveurmirutoku_04.jpg26_casislotas_04.jpg27_toyohashiminami_04.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月03日 05:44 | コメント (2)


テロ準備罪法案について

2017年04月02日

この国でテロが起こらないと考えられますか?


ベルギーで起こった連続テロ・・通勤中の地下鉄駅で、
自爆テロに巻き込まれ28歳の娘を亡くした公共放送記者が・・
実行犯への思いを綴った手記を朝日新聞に寄せた。


「私は君と出会ったことはない。2016年3月22日9時11分、娘と君の道が偶然重なった。
君は前の晩、よく寝れたか。翌日の自爆で天国に行けると本気で思っていたか。
その行為で多くの人が苦しむと少しでも頭をかすめなかったか。
あの朝、君は隠れ家を出て地下鉄駅へ向かい、重いベルトを身にまとい車両に乗り込んだ。
駅に到着した瞬間、たった一度の爆発で16人が殺された。


君は何を考えていたか。ボタンを押し、自ら引き起こす惨事を見ることなく
真っ先に死んでしまって。1年経ち、君の卑劣行為の犠牲者である私達は生きている。
人生を立て直し、また涙を流すようなことが起きれば、みんなで分かち合う。
憎しみに突き動かされることは一度もなかった。


君は英雄などではない。単なる人殺しだ。君と他のテロリスト、そして
「人の命を奪う」という最悪の行為を犯させた卑怯者たち。君たちこそが敗者だ。
他の人をいたわり、違いを尊重する社会を願う」


深い悲しみを正面から受け止め、テロの本質に迫る手記で
言いようのない憤りを訴える・・・立派なお父さんです。


政府は衆院に「組織犯罪処罰法改正案」を提出した。
今国会最大の対立軸にと野党は意気込んでいる。
この法案を政府は「テロ等準備罪」といい、野党は「共謀罪」という。


その時間、その場所に居合わせたばかりに、
娘さんの命を自爆テロで奪われたお父さんの寄稿を読んで・・・
組織的な重大犯罪を計画・準備段階で処罰する法案が妥当かどうか。
一緒に考えてみませんか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月02日 05:59 | コメント (0)


夢は大きく・・・

2017年04月01日

創業40年、新年度のスタートです。


我が社は今年、5/1創業40年を迎えます。
幹部諸君と40年に感謝を込め・・・新年度の会議を催し方針を確認します。
同時に入社式を行います。


我が社の社名は「中広」です。
中広の中は中部から興したから中です。広は文字通り広告の広です。
でも、私は違う語源を持っています。中国の中です。
ですから、いずれは中国に進出しようと思っています。
いつの日にか、香港・上海でハッピーメディアを発行しようと思っています。


その後、北京、天津、大連、成都と内陸部に順次拡大し・・・中国全土に・・
将来は東南アジア諸国へ。更には北米へ、EU諸国へ・・
そして、全世界に地域みっちゃく生活情報誌を発行しようと思っています。


もう何年、いや何十年も前になりますか。正確には23年前・・・
岐阜県・可児市に「kanisan club 」を発行した折・・・
ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌を日本全国5000万世帯に配布する。
それが中広の夢です。と申しましたら・・・5万部しか発行していないのに・・・
大言壮語もいい加減にせよと歯牙にも掛けられませんでした。


それが、現在123誌、28都道府県、総発行部数704万部に至っております。
当面目標1000万部は可能だと思いませんか。1000万部達成できれば、
2000万部、3000万部、5000万部は実現すると思いませんか。


40周年スタートにあたり「夢大きく」日本全国ではありません。
全世界にハッピーメディアを届けたい「世界に突き抜ける」と・・・
声を大にしたいと思います。


今日・・・我が社を背負って立つ・・24名の若鮎が入社してくれます。
私は若鮎達に・・・ちょっぴり元気をなくしているこの国を元気にするために
広告業を通じて「地域社会への貢献」を実現しよう。
その「こころざし」を胸に、共に「世界に突き抜けよう」と呼び掛けます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年04月01日 06:26 | コメント (0)