2017年05月

御用新聞

2017年05月31日

新聞とは何か。朝日と読売・・・一足早いヒートアップ。


山並みは新緑に映え、野辺には花咲き乱れ、薫風吹き、
天はまさに、五月晴れ・・一年で最も綺麗な皐月ですが・・今日で終わり。
明日からは梅雨期の6月、水無月です。


歳月人を待たずと申しますか、光陰矢の如しと申しますか・・・
今年も折り返し月となりました。月日のたつのは本当に早いものです。
この夏は、異常に高温だとか、猛暑に備えねばと思います。


政治の世界。安倍一強政治が続き、なんとなく凪の状態が続いていますが・・・
この体制を守ろうとする読売新聞と批判的な朝日新聞が激しい鍔迫り合いを
演じ始めたようだ。一足早く猛暑が来たかのようです。


朝日、5/25・朝刊・・・一面で前文科省事務次官・・・
加計学園問題で内閣府から「総理のご意向」と書かれた文章を
担当課長から説明を受けたと証言。安倍首相の指示があったことを示唆した。


前次官の捨て身の証言に民進党がやり取りの詳細を国会で取り上げれば、
国会が紛糾すること必至です。朝日と民進党とのコラボで、
スキャンダルを大きくして、政権打倒に繋げたい思惑がありありです。


読売、朝日が前次官のインタビューを行なった情報が入ったのでしょう。
22日朝刊で前事務次官は「在職中、売春や援助交際の交渉の場になっている
新宿歌舞伎町の出会い系バーに頻繁に出入り・・・との記事で、機先を制したが。


朝日・・前次官インタビューに応じたのは、「あるものが、ないことにされては
ならないと思った」と正義感を披露。天下り問題で引責辞任させられた、
逆恨みではないかとの読売を意識した問いにも「私に責任がある、自分の考えで辞任した。
謝罪する私に逆恨みする理由がない」と・・・さすがに官僚答弁で返す。


出会い系バーについては「昨秋、首相官邸に呼ばれ、
こういう所に出入りしているらしいじゃないかと注意を受けた」
「なぜ、読売新聞が報じたかわからない」と、暗に官邸のリークを示唆。読売を批判した。


加計学園ありきで「行政が歪められてはならない」・・・その通りだと思う。
ではなぜ、次官として毅然と拒否しなかったのか。
辞任後に「歪められた」では、遠吠えにしか聞こえない。


読売も、ここに来て、益々官邸御用新聞の傾向を強めている。
東京都議選に対しても官邸の意向に沿って、
豊洲問題で「小池知事の結論を迫り」始めた。
多分、朝日は都議選後に決断をと小池知事の側にたつだろう。


朝日、読売のヒートアップをどう見るか。
新聞のカラーが鮮明になって、良いのではないかと思うが、
日本列島がこんなに美しい皐月に、読売のここまで露骨な醜い
御用新聞化・・・・・新聞とは何かを問い直す必要はあるのではと思う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月31日 05:16 | コメント (0)


憂国の士

2017年05月30日

社会保障費を削減し、子育て、教育に回せ。その提案を断固支持する。


疲弊し人材が枯渇する地方。政府が旗を振る地方創生とは何か?
私の持論です。地方創生とは如何に地方に雇用を創りだすかです。
そうです。究極、地方創生とは「雇用の創出」だと思っています。


しかし現実は、地方で創出できる雇用、つまり仕事は限定的です。
その地の自然を生かした農水産事業の第一次産業。
その地であるが故に誕生した地場産業。そして観光産業です。
人口減少時代です。その担い手は、高齢者であるべきでしょう。

そして、その補佐をし、先頭に立つのは自治体職員であるべきです。
自治体職員は、その地の全てを熟知し、その地の行く末を最も案じています。
日夜、その地に暮らす人たちの安寧を考え指導し、補佐するのが自治体職員ですから。


日本は律令国家です。戦後は・・・本来の王土王民の理念を具現化する体制の
律令国家ではないが、律令格式に基づいた異常な官僚機構が構築されました。
その結果、ひとたび国家に困難が持ち上げれば、国家国民のために奉仕します。


その先頭に立つのが、中央官僚たる者の使命です。
勿論、地方に困苦が生じれば自治体職員がその先頭にたちます。


この度、経産省の若手官僚が「国家の現状を憂い」立ち上がりました。
「不安な個人、立ちすくむ国家、モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか」と題した
問題提起です。30名の有志による血判状です。正鵠を射る提案で、感動しました。


既存の社会保障制度は「サラリーマンと専業主婦世帯、定年後は年金暮らし」
昭和の残像を前提にしたもので、時代に合致しないとバッサリ。
健康寿命が延びたのに一律65歳で年金暮らしの高齢者がいる一方で
子供貧困や教育格差が自己責任とされ、十分な支援策がないのはおかしいと。


国家予算の現役向け支出は高齢者向けの5分の1以下。
「既得権や固定概念が国家改革阻んでいる」
「高齢者が現役世代に支えられる側から支える側に転換すべきだ」
意欲ある高齢者は働いて収入を確保すべきであると熱く訴えている。

「高齢者は働け、社会保障費を削って、子供や教育に回す」ってことだが、
その通りだ。もっともだ。さすが経産省、私は憂国の志士たちを断固支持する。
私の提案です。この提案を具現化させるに、まずやらねばならないことは
定年制を75歳に引き上げることです。


高齢者の票で動いている政治との戦いとなります。
そこを突破してこそ、日本が世界に類のない、律令国家である証です。
公務員の頑張りに期待する。Goto


IMG_171.JPG
真っ赤な夕日。岐阜長良川に架かる橋からの太陽、午後7時

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月30日 05:46 | コメント (0)


不都合な報道

2017年05月29日

「フェイクニュース」「ポスト・トゥルース」「オルタナティブ・ファクト」


私は毎日6紙の新聞に目を通します。
全国紙朝日、読売、毎日、日経の4紙にブロック紙の中日、そして地元の岐阜新聞。
その他、週に一度送られてくれる石巻日日新聞と日経MJ、中部経済もめくります。


「情報をどう受け止め、発信するか」のテーマで、
第6回メディアフォーラムが開催されました。(朝日新聞とテレビ朝日主催・4/22)
その模様が、5/23・朝日朝刊に掲載。興味深い内容でした。


毎日新聞に「ネットウォッチ」というコーナーがあります。
5/23付「沖縄知事の娘 中国留学」・・・「事実無根のうわさ拡散」の見出しで、
ネット上で「悪意に満ちた」・フェイクニュースの真相に迫っています。


偽ニュースと言えば、トランプ大統領の十八番ですが、問題提起した池上彰氏は
昨今の報道、「真実かどうかは二の次で、みんながその話に興味を持つかが大事」な
「ポスト・トゥルース」が重要になったり、間違いを追求されても、
「オルタナティブ・ファクト」ともう一つの真実だと開き直り、
本質を捻じ曲げる報道が跋扈する時代。新聞やテレビの役割は何かと問います。


また、朝日新聞編集長は「組織犯罪処罰法改正案で政府はテロ等準備罪」と呼び、
朝日は共謀罪としている。なぜ違うのかというと、「その方が本質を突いていると、
私たちは考えている」「都合の良いように発信していると思われると、説得力を
失うので」そうしていると。朝日のその姿勢って、オルタナティブ・ファクトではないのか。


米メディア。トランプが選挙戦で好調だと伝えたくない場合・・
「トランプ支持者は田舎者で低学歴」だと何のフィルターも掛けていないかのように、
客観報道を装って報道する。そのメディア姿勢ってダブルスタンダードではないか。


翁長知事の令嬢の話でも、朝日のテロ等準備罪をわざわざ共謀罪というにしても、
米大統領選の報道にしても。情報を発信する側には、常に何らかの意図がある。
その意図を見抜いて情報を受け止めねばならない。


それには、大きなニュースが起きた場合、新聞を読み比べることだと、
池上さんは助言する。情報と向き合うには「事実を集めて自分なりに組み立てる試みが、
情報を生かし、自分のモノにすることができる」・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月29日 05:50 | コメント (0)


移住・定住者増に貢献

2017年05月28日

地域みっちゃく生活情報誌で地方の人口減少歯止めのお役に立てば。


16年度、岐阜県への移住者数が前年度比で16%増の1310人・・・
過去最高を更新したと県知事が発表。県の移住定情報発信強化や、
空き家改修に対する補助制度の創設、それに各自治体の積極的な取組などが
功を奏し、岐阜県の本気度が移住者に伝わった結果だ。(読売岐阜版・5/16)


地方の人口減少が止まらない。
秋田県の人口が100万人を割込み、10県が100万人以下の県になった。
県だけではない、全国20の政令指定都市も6市が人口減少で、
静岡市が政令市で初めて基準の70万人を割り込んだ。


この20年間で人口が増えたのは都市部の10都府県だが、
ここに来て顕著になったのは、過去の都市部の人口増は地方から仕事などを求めて、
都市部に移動するのが要因だったのだが、外国人の流入による社会増に変わった。

出生率が減り死亡者数が増える・・・自然減による人口減少の歯止めは、
一向に改善されていない。社会増も外国人の入国超過が牽引していて、
日本人の人口増とは関係がない。(国立社会保障・人口問題研究所)
これでは、予想を遥かに超えて、地方の人口減少が進む。

岐阜県、県や自治体の努力で、移住者こそ増えているが、
県人口は201万4千人で年間1万人以上のペースで、人口減少が続いている。
ではどうするのか。取り敢えずは移住者を増やす以外にないのだが、
昨年増えた移住者の内訳は愛知県からが703人と大半を占める。
それも若い人が圧倒的に多い。


我が社の地域みっちゃく生活情報誌。愛知県下での発行部数は2,186,700部。
38誌、県内リアル世帯カバー率は66.3%。取り分け名古屋市での発行部数は915,880部、
市内リアル世帯カバー率は82.5%と圧倒的なシェア誇る。


県内移住先は高山市、大垣市、土岐市、恵那市、中津川市が100人を超す。
取分け、大垣、土岐、恵那の三市は名古屋市で発行の地域みっちゃく生活情報誌、
「名古屋フリモ」に市の魅了を丁寧に掲載した。


地方の人口減に特効薬はない。
行政と住民が一体となり、子どもを産み育てる環境を地道に作りあげること。
移住定住者の充実した受け入れ体制を正確に発信すること。
そして、他文化共生を推進し、外国人を受け入れる行政対応を急ぐことであろう。


我が社も、地域みっちゃく生活情報誌を活用して、地域の人口減少に歯止めをかけるべく、
真摯に取組んで行きたい。それが社是である「地域社会への貢献」であるから。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月28日 06:01 | コメント (0)


1000万人突破

2017年05月27日

早上好(ザォ シャンハオ)・・・一路平安(イィーロ フゥーアン)


1000万突破と聞いてドッキリ・・です。
ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌の総発行部数目標が、
1000万部だからです。まだ、730万部です。これからが胸突き八丁・・


常に「何のために」情報誌を発行するのか。
「読者のためになっているか」「地域の元気に貢献しているか」
その目的を果たすために、自己研鑽をしているか。実践を怠っていないか。
その真摯な姿勢こそが胸突き八丁を克服し目標達成への道だと肝に銘じて。。


で、1000万の話です。
私の早朝ウォーキングコース、途中にシティホテルの前を通ります。
連日、10台近い観光バスが停泊しています。この頃は夜明けが早くなりましたので、
何人もの方が早朝からホテル周辺を散歩。「早上好」(ザォシャンハォ)・・と挨拶。
「おはようございます」とたどたどしく返事が。「一路 平安」(イィーロ フゥーアン)と。


お互いニッコリ・・・そうなんです。観光庁の田村明比古長官が、
昨年よりも1ヶ月早く・・・訪日観光客が1000万人を突破と発表。
国別では韓国が227万人、中国が218万人、台湾144万人でこの3ヶ国で6割弱。
4月は前年比で23.9%増、260万人で単月過去最高だったとも。


なぜ、4月に。桜を見るため。全国各地の春祭りを楽しみにですって。
ゴールデンルートの東海道から、地方へと観光客が流れ始めたってことでしょう。
いよいよインバウンド・・・地方の時代に入って来た感があります。


長官いわく「訪日リピーターを飽きさせない官民の努力が必要だ」と。
そうなんです。観光は地域の活性化の最たる産業です。地方創生の重要な施策です。
観光関係者のみならず、住民を上げて、訪日観光客をもてなす姿勢が必要です。


岐阜のホテルに宿泊する訪日客は、前日の夜、セントレア着の便で来日。
日本最初の朝ということになります。私の拙い朝の挨拶が、訪日初日・・・
爽やかな気分の一助となれば・・・


これも細やかな「地域の元気に貢献」だと思っています。
ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌の1000万部も近い・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月27日 05:13 | コメント (0)


日本でテロは起きないのか。

2017年05月26日

テロ対策法案は本当に必要ないのか?


英国で・・・また悲惨なテロが・・・・
今、国会最大の争点であった「組織犯罪処罰法改正案」が衆院を通過。
法案内容を知らない63%、この国会で成立させる必要はない64%、
政府の説明は十分でない78%(朝日新聞最新調査)・・・


法案への理解が全く進んでいないのに、自民・公明・維新で「改正案」を
強行可決するとは何事だと朝日新聞は声を張り上げる・・・
3党は「テロ準備罪」といい、民進・共産は「共謀罪」と言うこの法案・・
参院で議論されるが、もう一度論点を整理してみる。


反対理由・・・法案の目的は犯罪が行われなくても、計画し準備に乗り出した段階で、
処罰するのが目的。であれば捜査当局が法を恣意的に運用したり、
「計画」「準備」を察知するために行きすぎた監視や情報収集に走ったり
する可能性がある。無辜の市民が犯罪者にされかねない。
戦前の治安維持法に匹敵する悪法で「乱用の恐れ」がある。


賛成理由・・・個人犯罪に比べ、組織犯罪は事前に摘発しなければならない。
組織犯罪と対峙するための体制を整える国際組織犯罪防止条約に
参加するのは法治国家として必須の条件である。
国際的な動きを強める組織的犯罪集団に対し諸外国と歩調を合わせ、
計画段階から取り締まる体制が整っていないのは、国家のあり方として
間違っている。国際社会に責務を果すために必要な改正である。


そもそもこの法案は、改正案である。条約自体は暴力団やマフィアの
不正利得の剥奪が主な目的の法案である。改正案は、東京五輪、パラリンピックが控え、
「イスラム国」など過激派組織の脅威が増すので、テロ対策を加味した・・・
テロ対策法案である。改正案が国民に理解されていないなら、政府の怠慢と言わねばならない。


反対派は、そもそも法案については議論しない。
そして、組織的犯罪集団、テロについても論じない。
改正案は捜査当局が法案を乱用、一般人を勝手に逮捕する怖い法ができると煽るが・・
テロ組織に洗脳された個人なら(洗脳されれば一般人ではないが)対象になるが、
そんなことはありえない。


治安維持法を引き合いに出すが、日本は民主国家。
朝日新聞とは言わないが、メディアと社会と警察が健全な関係であれば、
テロ集団であるかどうかは、明確になるのではないか。


私の疑問である。
野党は国際的な犯罪組織によるテロが起きないと思っているのか。
民進党が政権を担っていたとしたら。(以前担っていたが)どうテロを処罰するのか。
まさか日本でテロは起こらないと、本気で思っているのではないでしょうね。
であれば、如何にも平和ボケです。いたずらに煽る積もりはないが、
緊張感を持っていないと、と・・思う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月26日 05:53 | コメント (0)


週刊新潮と週刊文春

2017年05月25日

週刊誌の取材方法には違法性も道義的責任もないのだろうか?


違法性がなければそれで良しとするのか。
それとも道義的な責任をどこまで追求するのか。難しいところだ。
この2点をどう判断したら良いのか。悩ましい。


一つはご存知、森友学園、いや間違い。全く同じ問題なのでこんがらがる。
加計学園の獣医学部、新設の件。やはり官僚の忖度なのか。
それとも、安倍首相の職務権限があったのか。その見返りは?


客観的に見れば、昭恵夫人のブログに掲載された、学園理事長と首相のスナップ写真。
この親密さから読み取れば、依頼を受け、何らかの、恣意的な圧力が・・・と、
民進党が入手、国会で取り上げられた内閣府と文科省のやり取り文章に、
疑惑を覚えざるを得ないが、しかし、現状で違法性が問われれば、難しい。


違法行為でない以上は、沙汰止みになるが、
最高権力者なのだから、「事実なら責任を取ります」などと軽い発言は・・
どうもムキになるところが・・・と勘ぐられる。
二つの学園問題ともに、官僚の忖度で片付けられては困るが、
民進党も、いや、メディアも「違法性を証明する証拠」がなければこれまでか。


もう一つ。新潮社と文藝春秋の「週刊誌」情報漏洩事件。
この地方では、電車の中吊り広告なんて、昔日の幻だが、さすがに東京。
中吊り広告の価値は高いようだ。週刊新潮の広告を文春の記者が盗み見した。


「文春は15年ごろから組織的に中吊り広告を不正に入手していたとは許せぬ」と新潮社。
取り次ぎ店大手のトーハンは「文春の記者に週刊新潮の広告を貸した」と告白。
文春編集長は「そうした事実はないが情報収集の過程で他メディアの動向を掴むこともある」と
開き直る。新潮社「潔く非を認めろ。アンフェアな編集姿勢を反省せよ」と憤る。


ちょっと待て。この問題に違法性があるのか。
昨今の週刊誌。話題が満載で、発行部数減少に歯止めがと言われているが・・
雑誌の業界、現実は厳しい。文春43万部、新潮26万部(ABC調べ・昨年7から12月平均)・・


そもそも論を言うつもりはないが、週刊誌の取材方法って、
対象者のプライバシーなんて無視。名誉毀損で訴えられることもしばしば。
世間的には、週刊誌は乱暴なメディアだと言われる所以。


その二大週刊誌が、自分のところの情報を盗まれ取材されたと怒り、
明々白々なのに、開き直りシラを切る。何とまあ・・・週刊誌的なことか。
そもそもは情報を漏洩した「トーハン」の問題ではないか。
新潮社も自ら情報管理ができていないことの証左ではないか。
「トーハン」に損害賠償請求をして終わりの話だ。


それを大騒ぎする意図はわからないが、この両社の泥仕合・・見苦しいが・・・
週刊誌の取材方法には道義的な責任も違法性もないってことの証明。
恐ろしいメディアだ。スクープ記事の信憑性も疑いたくなる。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月25日 06:08 | コメント (0)


日本外交に奮起を。

2017年05月24日

TPP、11ヶ国で批准を。経済二流、政治は三流と言われぬように。

私の持論です。日本は米国の従属国ではないかと思っています。
何事にも米国の顔色を伺って政治行動をしているからです。
そりゃ、米国の核の傘にいるのです。軍事を頼る以上は、従属国でも仕方がない。


とは思うのですが、これだけ、保護主義を徹底するトランプ政権です。
「一寸の虫にも五分の魂」と申します。何かで一矢を報いたいと思うのも無理からぬ。
安倍首相の「憲法9条に自衛隊を明記したい」との改憲への思いの背景は・・・
ひょっとしたら、従属国であることの義憤があるのではと・・・


中国の国際経済構想「一帯一路」。日本は正式に参加は表明していないが、
安倍さんの親書を携え駆けつけた二階自民党幹事長。
中国主導の「AIIB」(アジアインフラ投資銀行)に参加すべきと発言。


トランプ政権のことです。「一帯一路」にも「AIIB」にも・・
日本の頭越しに、参加を表明するかもしれません。
可能なら「先手必勝」・・・後手を踏まぬが良いのでは・・・


手こずっているようですが。「米国抜き」のTPP、署名11ヶ国の閣僚会議が終わった。
米国が勝手に離脱したのです。ぜひ、安倍政権の力を発揮・・政治力で・・
11ヶ国揃って批准してもらいたい。でないと、米国のFTA圧力に屈する。
そうなると、やっぱり従属国ってことになってしまう。


中国の経済的台頭とロシアの存在感ある外交力、そして、訳のわからない、
勝手主義の米国、その間で揺れる日本外交。
それもこれも、世界第二位の経済大国からの転落に端を発した
国際的な地位の低下に他ならないのだが、せめて、外交では老獪さを見せて欲しい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月24日 05:26 | コメント (0)


祐筆

2017年05月23日

手紙派として・・・本屋大賞を受賞した「ツバキ文具店」を楽しみました。


読むのがもったいない。そんな本に出会ったことありませんか。
本好きの私、明日の朝も早いので、ここまでで・・・と、
無理に打ち切って明日またと、ページを閉じる本は山ほどですが・・・


久々に、これは凄い。一気に、いや、こんな本、読んでしまわねば寝れないと、
品の良い格調高い、味のある本を楽しめました。
きっかけは「本屋さんが推薦する本」との新聞書籍広告です。


タイトルは「ツバキ文具店」・・・鎌倉の風景、情緒を縦糸に・・
今時街にない文房具屋さんが横糸・・・・「祐筆」・・・おばあさんの後を継いで・
孫娘が・・・代書屋に育って行く物語です。
一コマ一コマに、暖かくて、人情味があり、でも社会の機微を細やかに。


作者は小川糸さん。直木賞のノミネート作品なら・・・
そりゃ長編、圧巻の「蜂蜜と遠雷」とどっちがと問われれば、
素人なら迷うでしょうが・・私なら「ツバキ文具店」に軍配をあげます。


で、ふと思ったのです。なぜ、「ツバキ文具店」が直木賞に漏れたのか。
名だたる選者諸氏が侃侃諤諤の議論をしたはずなのに。
理由は簡単です。芥川賞は奇をてらった作品なら何でもいいのです。
ですから、駄作でも、それで本屋に足を運んでくれる人が一人でも増えれば。


でも、直木賞まで、そうしたくない、そんな選者の矜持が、一作品に絞らざるを得ない。
素晴らしい作品が二つあっても、無理矢理一つを決めねばならないからでは。
それと、ここまで「手紙」の真髄を掘り下げられると・・・
選者の負い目がでたんでしょうね。そうです。選者をある部分で超えた作品・・
だから、選べなかったのではないでしょうか。(ノミネートされていたらの話です)


ハイ。矜持と引け目が綯交ぜとなった結果・・
「ツバキ文具店」が選から漏れたのではと思います。


何となくですが。芥川賞よりも直木賞よりも、本屋大賞の方が、
「本物」の作品を提供してくれる気がします。
出版業界も、格好つけないで、もっと素直になれば良いのにと、思うこの頃です。Goto


追伸
私は手紙派です。最初のご挨拶は手紙でします。その後はメールですが。
手紙とは何か。「ツバキ(椿)文具店」に改めて教わりました。

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月23日 06:05 | コメント (0)


こども保険を。

2017年05月22日

少子化は静かなる有事である・・・その通りです。


朝日新聞看板コラム・・・天声人語ではありません。
毎週・・火曜日に掲載される「波聞風問」(はもんふうもん)のことです。
内容的にはいかにも朝日的で、苦手なコラムですが。(でも毎回欠かさず読んでます)


5/16付の「安倍1強下の小さな革命」には共感です。
多分ですが、「小さな革命」の見出しは、TBS日曜9時のドラマ、
警察権力の闇に迫る「小さな巨人」をもじったのでしょうが、良い意見です。


人口減を解消するには「少子化対策」を徹底するしか道はない。
誰もが分かっていることです。しかし、政府の対策はいつも・・・
財源がないからと中途半端。本気度が問われるのですが。


自民党30代の若手議員たちが、財源がないからと政策が前に進まないなら、
「こども保険」の名目で社会保険料に0.1%上乗せしてはどうか。
事業主負担と合わせれば3,400億円の財源が生まれると提案している。


因みに0.5%上乗せなら1.7兆円、それだけあれば、幼児教育と
保育の無償化が可能。「子育て革命」が起こるやもしれぬ。
さすがです。若い議員だからこその提案・・・大歓迎です。
できれば、現行、社会保険料は給与の15%だが、そちらも0.1ほど
「こども保険」に回せば、2兆円規模になる。そうなれば最高です。


なぜ、この提案が前に進まないのか。
経済界が事業主負担に拒否反応を示している。新聞各紙も社説で冷めた反応。
朝日、読売、日経は「なぜ、現役世代だけが金を出すのだ、
こどもがいない世帯まで負担はおかしい。そもそも子育て支援の財源は、
税金で賄え・・・」と課題を指摘、反対の論調。


自民党や民進党の「教育国債」や「こども国債」の国債で賄うのが良いのか。
国債の発行に「子孫に付けを回すな」と批判しているのは新聞ではないか。
新聞各社は「こども保険」に反対なら代案を出すべきです。


朝日新聞のコラムで、朝日の主張に異議を述べるんですから素晴らしいコラムです。
提案の中心人物小泉進次郎議員は「少子化は静かなる有事」である。
「社会でこどもを育て、財源を私たちの負担で生み出そう」と声を張り上げる。

少子化で最も困るのは事業主です。経済界が拒否反応なんて、全くのナンセンスです。
高齢者の票が欲しいからと、反対する議員たちは国の将来を考えない議員です。
私は「小さな革命」を断固支持します。
ぜひ、「こども保険」を実現しようではありませんか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月22日 06:13 | コメント (2)


IoTって?

2017年05月21日

第4次産業革命に臆することなくチャレンジを・・・


去年、ソフトバンクが、IoT事業を加速させる・・
そんな主旨で、英国のアーム社を3兆3千億円で買収したと、世間を驚かせた・・・。
日本の基幹産業、電機の最大手、日立製作所もIoT関連ビジネスに
「M&A」を含め1兆円規模で投資するという。


IT技術の登場が第3次産業革命なら、その中核インターネットを、
あらゆるモノと繋ぐIoTは市場に変革もたらす第4次産業革命と言われる。
第4次というが、第1次の産業革命が蒸気、2次が電力・・いずれも文明の進歩の象徴。
人類の社会構造を根こそぎ変えた大発明、それに匹敵するのがIoT時代だと。
IoTって何か・・・おさらいしてみたい。


日立の投資は・・・自動車など幅広い業種、工場や鉱山、建設現場などで
使われる空気圧縮機(M&A)と日立のオリジナル予兆診断サービスをネット(IoT基盤)で結び、
産業の生産効率を飛躍化させるのが目的、これが産業のIoTです。

ソフトバンクはアーム社を買収して何がやりたいのか。
アーム社は半導体設計の最大手、アームが設計したベースチップは
年間148億個出荷されスマホに搭載されている。


また、モバイルコンピューテイング市場では、
アプリケーションプロセッサーの85%のシエアを持っている。
あらゆる企業がIoTに関わるビジネスを展開するには、アームの設計技術が必要となる。
ソフトバンクがアームを抑えたことは、IoT時代をコントロールできるということです。
(壮大なビジョンですね。さすが孫正義社長です)


これじゃあ、専門的すぎて、どのように利便性があるのか、我々、門外漢にはわからない。
一言で言うと、IT(情報技術)はアナログでの計算をデジタル化したが・・・
まだデジタル化できない分野が多くある。それらをデジタル化することがIoTです。


まだ?わかり易い米国の例。ゴミ箱にセンサーを付け、ゴミの量をデータで取得する。
ゴミがたまれば収集車が回収する。それだけで、コストが3分の一になった。
団体競技のスポーツで選手のユニホームにICタグを付け位置確認をして
選手の動きをデータ化、次の試合戦略を練るのに利用、新たな価値を生み出す。


バルセロナのお笑い劇場、座席にタブレット端末をとりつけ、
カメラで観客の表情を把握、入場料は無料だが、1回笑うごとに課金する仕組みなど。
つまりはどんなことでも、我々のアイデアで、デジタル化して、
生産性の向上につなげることをIoT化といいます。
もちろん、お笑い劇場のように価値の創造も可能になります。


IoT時代、臆することも受け身になることもありません。
我が社も情報誌のIoT化にチャレンジしたいと思っています。
第4次産業革命、我々も主役になろうではありませんか。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月21日 05:53 | コメント (0)


木造名古屋城復元

2017年05月20日

尾張名古屋は城で持つ・・・楽しみです。


先日、海外からお客様が・・・岐阜のどこをご案内すればと、悩み。
結局、金華山、岐阜城に。ロープウェーで、山頂まで、5分。
そこから、歩いて、約10分強かな。なかなかの急勾配・・・ふぅふぅいいながら、天守閣へ。


私は早朝ウォーキングで鍛えています。スイスイと歩けますが。
高齢化です。年配者には結構大変です。
ロープウェーから天守閣まで山頂の尾根を歩きます。
もうちょっと・・手入れして、ワクワクする道に工夫を懲らせば良いがと、いつも思います。


思っているだけでは、埒があかないので、観光岐阜のために近々具体的な提案をします。
天守閣の内部も、階段が急勾配・・・最上階に登れば、絶景で、疲れは吹っ飛びますが、
城内はコンクリートで無味乾燥・・・情緒もなく興醒めです。


今日は岐阜城の話ではありません。名古屋城の話です。
名古屋城は徳川御三家、尾張藩の居城。「尾張名古屋は城で持つ」と謳われる名城。
屋根に聳える、鯱は「金製」・・・名古屋城別名「金城」と呼ばれる由来です。


現在の天守閣は、戦災で消滅、戦後建てられた鉄筋コンクリート製です。
これを「木造復元」しようと、現市長が提唱。費用が掛かり過ぎると、議会がクレーム。
先ごろの市長選の争点になったのですが、現市長が圧勝。一気に「木造復元化」が前進。


幸いなことに。城内の間取りや柱の位置など、完璧な図面と文章・・・
「金城温古録」が現存。1930年から戦後にかけて市が城の詳細を
「昭和実測図」としてまとめ、写真も大量に保存されているとのこと。


日本のゼネコンで、「木造」建築物を再現できるのは「竹中工務店」
市はこのほど、竹中工務店と基本協定を結び、復元が新たな段階に入りました。
私は、現代日本の建築技術で、江戸時代の木造城が復元されることに・・無条件に大賛成です。
そして、国産のヒノキが素材になれば、山林業界にも活気が。
「400年前にタイムスリップ」できるなんて・・ワクワクします。


ぜひ、我が社の地域みっちゃく生活情報誌「名古屋フリモ」(名古屋市内・98万部発行・
市内世帯カバー率・92%)で、市民と共に、平成の「名古屋城造り」を盛り上げ、
世界に誇る名古屋のシンボル「金城」の誕生を追跡して見たいと思っています。
スケジュールは22年12月に新天守閣完成だそうですが、
東京五輪に間に合うと良いですね。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月20日 05:47 | コメント (0)


新聞社の正念場

2017年05月19日

安倍首相の改憲の覚悟に、護憲派はしっかりと構えろ。


新聞命(しんぶんいのち)の私です。
安倍首相が国会審議で「読売新聞を熟読して」と答弁・・・・
衰退著しい新聞購読者数です。そりゃ首相発言で読者が増えれば嬉しいのですが・・


待て。興奮しないで、整理します。
読売新聞を広報として、首相は何を言いたかったのかを。
1・憲法を改憲する。施行目標は2020年の東京五輪開催の年としたい。
2・戦争放棄の9条は変えない。自衛隊に関する条文を追加する。(公明党の加憲論に配慮)
3・高校までの教育無償化も改憲の優先項目に加える。(維新の取り込み)


この三点を軸に憲法を改正するとの覚悟を読売新聞を使って示した。それを熟読してと。
自民党の結党以来の悲願・・改憲の道筋を明確にしたのです。
そのことを論じたいのですが、その前に、読売新聞には言わねばなりません。


そもそも論を言うつもりはありませんが。
首相は4/24・読売グループのトップと会食、
その後、5/3一面トップでインタビュー記事。誰が考えても、出来レースです。
これではまるで、政府の広報ではないですか。(自民党の機関紙とも言える)


今更、新聞の役割は権力を監視することでないかとは申しませんが。
少なくとも、読売がジャーナリズムとか、ジャーナリストの類だと言うなら。
老害に牛耳られ、強引な紙面だと信じたいのですが、読売の編集人に矜持はないのかと、
問いたい。新聞をこよなく愛するモノとして新聞が新聞の首を絞めてどうすると言いたい。


で、本題です。安倍首相は政治生命を賭けて、改憲に挑むと、正式に公言したのです。
野党も、護憲派も、技術論や手続き論でモタモタしないで、正論を戦わせて欲しい。
しかし、答えは平行線です。現憲法を一行たりとも変えない。不磨の大典の護憲派と、
時代変化に応じ、改憲も必要だとの改憲派で相入れることはない。


であれば、相互の主張・違いをわかりやすく整理するまでを国会でやって、後は
「国民投票」で決着すれば良い。YESかNOで国民が決めれば良い。それが民主主義です。
(私は民主主義に懐疑的ですが。議員内閣制の英国もEU離脱を国民投票で決めたのですから)


そのためには、メディアの盟主、新聞各社もそれぞれの綱領に沿って腹を括ってはどうか。
読売は改憲新聞として、官邸の機関紙を・・・堂々と(臆面もなく)やる。
他の新聞も、方針を決めれば良い。朝日と毎日は、護憲派の機関紙になれば良い。
(ひょっとしたら、新聞が真剣に読まれるようになるかもしれない)


少子高齢化、人口減少のこの国。戦後70年、時代も変わっています。
成熟国家として、どうあるべきか、方向を決める時です。
私は、経済が比較的安定している今しか、国民投票をやれる時はないと思う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月19日 06:14 | コメント (0)


ガチンコ

2017年05月18日

大相撲夏場所を占う・・・遠藤関の金星「お茶漬けの日」を飾る。


大相撲人気、半端じゃないですね。何せ当日券が買えないそうですから。
横綱・稀勢の里関が怪我に耐え、頑張るんですから・・
相撲ファンならずとも、堪えられませんね。


テレビ桟敷に座る時間が・・・なかなか取れませんので、
夜のニュースで、見るしかない。夏場所の優勝を占うことはできませんが。
3日目の稀勢の里と千代の国戦・・・見応えがありましたねぇ。
結婚して気合十分の千代の国、「誰かのために」頑張る姿、美しいですね。


大相撲人気の原因は、何と言っても「ガチンコ」ですね。
前半戦ですが、どの一番も手を抜かない。下位力士が全力で、上位陣にぶつかる。
私の注目は、関脇玉鷲ですね。この数場所、地力がついてきました。
遅咲きが良いです。バランスも良い。勝負に厳しさがあります。大関も夢ではない。


厳しさと言えば、小結の嘉風・・・速くて激しい。「ガチンコ」の中心です。
下位にも、その気力が向かえば、星も上がるでしょうが。
35歳。若い者には手を抜くのかな。その優しさが魅力です。


人気の遠藤。一回り大きくなりました。柔軟な身体、四つ身の型も良く、相撲巧者です。
低く当たって、前みつを取り、拝み寄りが理想の相撲では・・と思うのですが。
ボチボチ自分の「型」を決めて欲しい。勝ち越して、三役昇進で、名古屋に。
17日、読売朝刊全面広告(写真参照)今日は「お茶漬け日」・・・遠藤関良い広告です。


低い立ち合いで、速く鋭い相撲は、贔屓の小兵横綱日馬富士関、
夏場所を制するのは、日馬富士関だと良いと思う・・・あれ、いつの間にか、
優勝占いになってしまった。相撲愛好家のさがです。お許しを。


今場所の優勝は・・・無条件で関脇高安関です。
関脇琴奨菊戦で、馬力の元大関を弾き飛ばすのですから・・・強い。
高安関の大関昇進・・・そして、琴奨菊関の引退でしょうか。栄枯盛衰・・・ですね。


栄枯盛衰と言えば、八百長問題で、閑古鳥が鳴いていた大相撲。昔日の感があります。
その際、相撲界をひとり「ガチンコ」相撲で支えた大横綱・白鵬関には、
高安関を一蹴して、壁の偉大さを教えてやって欲しい。
後悔しなければと思いつつ、夏場所優勝力士を占ってみました。Goto

IMG_7006.JPG
5/17読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月18日 06:16 | コメント (0)


利益1兆円超

2017年05月17日

頭の皮がよじれるほどに考えた結果でしょうね。


17年3月期、上場企業の決算がほぼ出揃いました。
しんがりで、真打ちトヨタが登場・・・5年ぶりの減収減益・・
売上27兆5000億円(前期比2.8%減)最終利益1兆8311億円(20.8%減)と発表。


記者会見で社長は「18年3月期の営業利益1兆5000億円(18.1%減)、
二期連続の減収減益」と予想「二期連続の減益はスポーツの世界では連敗だ」と
危機感を露わに「徹底的に競争力を磨く」と覚悟を。


1兆円超の利益なんて・・・私にとっては天文学的数字ですが、
それでも「企業努力の欠如による結果」だと総括するあたり、
さすが、日本一企業のトップです。真摯な経営姿勢に敬意を表したい。


利益を1兆円以上上げる企業は、日本ではトヨタだけ(金融業除き)でしたが、
今年もう1社登場。売上8兆9010億円。最終利益1兆4263億円(前期比3倍)・・・
ソフトバンクの連結決算です。


最終利益の大幅増は「保有株式の売買益」も含まれるが、
本業の営業利益でも1兆259億円(12.9%増)で、1兆円を突破した。
社長は「1兆円達成までトヨタは設立から67年かかったが、
ソフトバンクは36年でできた。記念すべき数字だ」と胸を張り・・・


「通過点だ。今後もさらに伸ばしていきたい」と決意を。
来期の業績予想はしなかったものの・・そのあくなき追求心・・・・凄いですねぇ。
企業は生き物。それも成長しなければならない使命を持った生き物だと実感します。


1兆円の利益を上げるにしても、トヨタは27兆円の売上が。ソフトバンクは8兆円の売上で。
産業や事業の形態によって違います。当然、育て方も違います。
この生き物をどんな育て方で成長させるのか。経営者はそこが問われます。


ソフトバンク社長は、創業時、数十人の社員の前で、みかん箱に乗り・・
「1兆円、2兆円の利益を上げる企業になる」と宣言し「世間では豆腐屋でもあるまいし」との
笑い話は有名ですが。それが実現しているのですから。

私は、創業当時の彼を、我が社のイベントセミナー事業部が
トヨタの係長研修の講師に斡旋した時の講演内容が頭に残っています。
「私は頭の皮がよじれるほど、物事を考えます」
何事にも必ず答えはあります。


「どうぞ、みなさんも頭の皮がよじれるほどに考えて下さい」と、
みかん箱の上ではなかったが舞台の演壇で叫んだのが、昨日のように思えます。
そのソフトバンクが営業利益で兆を超えたのです。凄いですねぇ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月17日 05:19 | コメント (0)


都議選

2017年05月16日

メディアの世論調査の信憑性を計るに面白い。


日経の世論調査が面白い。なぜならこの調査ほど、
直ぐに答えが出る調査はないですから・・・・
その調査とは7/2投開票の都議選でどの政党に投票するのかを・・
東京都民152名を対象に分析した調査です。


東京都民は1200万人。日本の総人口の10%です。
有権者は約1000万人です。それを152名の調査で・・・
(統計上はデータ分析の最小単位だそうですが)・・・新聞にデカデカ(5/1)と発表。


自民党に投票するのは32%で、最も都民が注目する小池知事率いる・・
都民ファーストの会は17%、共産・公明両党が5%で、民進党がわずか2%だと。
都議の議席は127。64議席が過半数。政党別の議席数は自民党58、公明22、
民進18、共産17、都民ファースト5です。


これを単純に支持率に当てはめるには無理がありますが。
でも、この調査結果、自民の32%は議席にすれば、64議席ってことになり、過半数。
都民ファーストの会が30議席です。共産、公明党が10議席づつ。民進が5議席ってことに。


7/2に結果がでますので、果たして、日経の世論調査が・・・
どの程度の確率なのか・・・メディアの世論調査の信憑性を計る上で、面白い。
現状では小池知事の支持は都民の77%、特に女性9割が支持すると答えています。
にも拘らず・・・32%自民党が過半数に近い議席を確保すると日経は調査しました。


私はこの調査で二つのことを考えます。
一つは、メディアのアンケートに都民は真剣に答えなくなったこと。
もう一つは、152名のアンケートに価値があるのかと問いたいことです。


東京都民の政治認識は、既存メディアの常識で判断すると間違う。
アンケートにも真剣に答えないが、政治も真剣に考えてはいない。
青島知事を選んだ頃からの都民は、政治放棄したと私は思っています。
その象徴が参院選で、山本なにがしを当選させたことです。
彼は政治を分かっていない紛いものです。


それと、天下の日経新聞が、たった152名のアンケートで、
都議選の判断をするとは、信じられない、メディアの横暴ではないでしょうか。
結果は7/2にでます。私は都民ファーストの会が過半数を制すると
思いますが、あなたはどう読んでいますか?
都政は日本の縮図です。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月16日 06:10 | コメント (0)


語るに落ちる。

2017年05月15日

読者は分かっていますよ、「カッカ」した特別紙面など掲載しなくても。


暇なのか、執念(しつこい)のか。まぁーよくもここまで喧嘩してますねぇと、
皮肉の一つも言いたくなる・・・朝日新聞と読売新聞の・・・
朝日が2012年3月に報じた「新人選手への多額契約金違反」報道への遺恨合戦。


5/9・読売は特別面を組んで・・・朝日の人権委員会は「誤報」記事を審理しないと、
社会面と合わせて怒りの大報道・・・一方の朝日は最高裁で決着したことを、
掘り返して審理しても意味がないと、「審理しない通知書」の全文を公開。


世の中が平和なんでしょうねぇ。天下の二大新聞がこんなことで・・・
この問題、司法の場に持ち込まれ「東京高裁は契約金報道の名誉毀損を認め、
朝日に330万円の賠償を命ずる判決」で決着した。
ところが朝日は誤報で決着したと謝罪するどころか「判決記事の根幹部分は、
真実だと認められた」と開き直る。


読売は「判決で敗訴したのだから、そんな記事があるか。記事の根幹部分が事実とは」と
激怒・・・取り消せと申し入れ。朝日拒否。それなら朝日の人権委員会に・・
名誉毀損されたんだ、委員会でちゃんと審理してくれと怒鳴り込む。
で、朝日の委員会も・・もう済んだことだ今更審理のしようがないと審理拒否。


拒否に憤った読売が・・・大々的に今回特別面での「カッカ」記事が。
暇な私はその記事を丁寧に読んでみて、読売の主張が良く理解できました。
巨人軍は新人6選手に契約金9億円の他に報酬加算金と称する27億円を
支払ったことは事実らしい。


読売は「朝日が球界の申合せ額を大幅に上回る契約金を結んでいた」というが、
報酬加算金の制度を理解せず、目安に過ぎない最高標準額の超過を不正と見誤った、
誤報記事だった」と書いているが、語るに落ちるとはこのこと。
契約金を二つに分け、片方を報酬加算金と言い換えただけのこと。
これを欺瞞と言わず何という。


それと、もう一つ、読売の「カッカ」記事で気になるところがある。
この問題の本質は巨人軍球団元代表が流出させた内部資料が記事の元になっている。
そもそも別の裁判で元代表に返還を求めた資料だ、それを使って書くとは・・
朝日は何と卑怯なことをするのか・・・と読売のどなたかが怒髪天にきて・・
朝日を許さん・・・となってこんな泥試合を・・・


私に言わせれば、なぜ、球団元代表者が内部資料を外部にばら撒くのか。
読売内部に問題があるのではないか。その責任を明確にすることの方が、
読売に求められていることではないのか。読者はもう分かっている。
巨人軍が結構乱暴に、金で新人の頬っぺたを張ってきたことは・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月15日 06:16 | コメント (0)


金華山

2017年05月14日

雨に打たれ・・・ツブラジイの華が満開、山が黄金に輝いています。


ふるさと街にデンと構える金華山が・・・昨日の雨で、本当に綺麗です。
信長が・・尾張から美濃の国に入って今年で450年。
岐阜市では、市を挙げてのイベントを繰り広げています。


岐阜市の市章は井桁です。
理由は信長以前・・この地は井ノ口の里と呼ばれていました。
その井ノ口から井桁に。金華山は稲葉山。信長が稲葉山に聳える天守閣、
稲葉城に入城。井ノ口を岐阜に、稲葉城を金華山と改めました。


井口を岐阜と命名したのは、岐は中国「周の文王が、岐山より起こり、
天下を定め」・阜は孔子の生誕地「由阜」から取ったとされています。
信長天下統一の夢が、地名に。


稲葉山を金華山と改名したのは・・・私の想像ですが。
この季節・・・薫風・皐月、山は黄金色で覆われます。
実際をお見せできないのが残念です。信長が岐阜城(当時の稲葉城)に
入城したのは旧暦4月。稲葉山は黄金色に輝いていた・・・
それを見て、黄金の華が咲き乱れる山・・・金華山としたのでは。


黄金の華を咲かすのは「ツブラジイの木」(椎木)です。
山の5割程度が、ツブラジイの木で覆われています。
五月中旬、一瞬ですが満開となり本当に綺麗です。
(写真参照)取り分け、夕日に映えるツブラジイの黄金の華は綺麗です。


ツブラジイの木は、秋になりますと、実をつけます。
それが「椎の実」で、重要なタンパク源、滋養になります。
今でもその実を拾い、炒って食べますが、
戦国の世、「椎の実」が入った袋を腰に下げ、信長の兵は京をめざしました。


薫風・・・黄金に輝く金華山を眺めながら・・・
我が社も・・・岐阜の地からハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌・・
47都道府県・1000万部をめざして、驀進します。Goto


170514.jpg
IMG_1631.JPG

IMG_1649.JPG
5/13岐阜新聞朝刊

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月14日 06:00 | コメント (0)


一帯一路

2017年05月13日

中国の世界経済戦略に乗り遅れてはならじです。


日本と中国は「一衣帯水」(南史陳後主紀)であるとは、昔からよく使われる言葉です。
衣帯とは帯のこと、両国は帯の幅(細い川)ほどしか離れておらず、文化も同源。
両国は昨今ギクシャクしています。仲良くやりましょう。そんな意味に使われます。


では、「一帯一路」とは・・・どんな意味でしょうか。
この14・15日、中国北京で開催される国際協力フォーラム、
巨大経済圏構想のことを「一帯一路」・・・中国経済外交の代名詞として使われています。


一帯(One Belt)・・・中国西部と中央アジア、EUを結ぶシルクロード経済圏
一路(One Road)・・中国沿岸部と東南アジア、インド、アラビア、アフリカを結ぶ
21世紀海上シルクロード経済圏・・…


中国が指導してこの二つの経済圏でインフラ整備、経済、貿易などを促進する・・
一大経済圏構想のことで、29カ国の首脳が出席。
習近平政権の威信を賭けた国家プロジェクトです。


「一帯一路」で話し合われる内容は、スケールがデカイ。
ロシアとは、モスクワとカーザス間の高速鉄道(全長770キロ)の建設。
カザフスタンでの次世代型路面電車の開発。
ギリシャの地中海進出拠点の港整備。


パキスタンはグワダルでの中国、パキスタン経済回路の建設。
ジブチでのソマリア沖海賊対策のための港湾整備。
スリランカの港湾の土地を中国が99年間借り上げ、インド洋の資源開発。
ミャンマーのチャウピューに中国と結ぶ原油、天然ガスパイプラインの敷設。などは決定。


更に、南米との協力文書締結・・・すでに済みの国も。
アフリカは今後の主要舞台にと。(首脳参加国も)
ニュージーランドがこの経済圏参加協定に署名、豪州にも勧誘が。
そして、米国のインフラ投資に関しても議論されるそうです。(読売5/12)


日本は、米国に同調して首脳は不参加ですが、(米国は急遽政府高官を派遣するそうですが)
何せ米国はトランプ大統領です。中国が貿易不均衡解消を旗印に、
超大型のインフラ投資に踏み込めば、この構想に加わるのは必定です。


そうなれば、EUも順次・・・「一帯一路」とは中国主導の国際経済圏づくりの野望です。
「一衣帯水」の日中、この際です。「一帯一路」に乗り遅れてはならじと思います。
安倍首相、腹心の政務秘書官を派遣するそうですが・・・
中国はもはや侮れませんね。誰ですか、嫌中なんて批判ばかりしているのは。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月13日 06:01 | コメント (0)


神宿る島を訪ねねば・・・

2017年05月12日

宗像・沖ノ島と関連遺産群全てに世界遺産登録を。


嬉しいニュースです。福岡県・宗像市・・・
「神宿る島」宗像・沖ノ島を世界文化遺産に
登録するよう国際教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が勧告した。


同地区は1600年以上続く信仰エリアだが登録が認められたのは、
沖ノ島と周辺三つ岩礁。新原・奴山古墳群(福津市)と、
宗像大社沖津宮遥拝所・宗像大社中津宮・宗像大社辺津宮は除外された。


そもそも推薦願書には、宗像・沖ノ島関連遺産群は、
日本と大陸との交流成就を祈る国家的祭祀が行われた沖ノ島と、
九州本土の宗像大社は一体、8件の国定史跡で構成されるモノとして申請した。


勧告されたのは嬉しいニュースではあるが、沖ノ島だけとは、中途半端。
7月ポーランドで開かれる世界遺産委員会までに、あらゆるルートを通じ、
主旨を訴え8件一体の登録に理解を求めるべきであろう。


ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌・・・・
福岡県では、6誌・267,080部発行。・「神宿る島」・・宗像・沖ノ島関連遺産群のある
宗像・福津市では「むなふ」(61,000部・全戸配布)を発行しています。


しかし、私は宗像・福津をまだ尋ねたことがありません。
「神宿る沖ノ島」も宗像大社も、「むなふ」の特集記事で知ったのみです。
7月の登録までには、ぜひ一度訪ねねばと思っています。


世界遺産登録勧告に感謝するとともに、
何とか、全ての構成遺産が認定され、同地区の活性化に繋がって欲しいと、
読者のみなさんと共に心から願います。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月12日 05:25 | コメント (0)


二人の大統領誕生

2017年05月11日

経済が分かる政治家がトップにならねば、国が持たないと思う。


フランスに39歳の大統領が誕生した。
政党のバックもない。議員の経験もない。左派でも右派でもない。
経験は支持率が1桁台に落ち込み、二期目の出馬すらできなかった・・
オランド政権の経済相のみ・・・そんな彼が、フランスを何処へ導こうとしているのか。
とても興味があります。


欧州銀行元総裁は「マクロンは柔軟な労働市場、健全な財政、
雇用を生み出すのに有効な税制といった改革の必要性を明確に理解している。
同時に今の経済状況は続かないと多くのフランス人は理解している」と・・勝因をズバリ。

メディアはマクロンの勝利を右傾化、保護主義の流れを止めたと言うが。
私は日本メディアのそんな論調、20世紀の遺物、陳套(ちんとう)を感じてならない。
トランプ大統領の誕生についてもそうだ。素人に何ができるか、
政治には理念や思想があってこそ政治なのだ・・そんな批判を繰り返すが、
その発想自体が陳套だと思わないのが不思議だ。


マクロンの路線はただ一点、「ビジネスや貿易を活発にして経済成長を高める」ことに
尽きるのではないか。オランド政権で不燃焼だった経済成長政策を自らの手で実践する。
それが「フランス国民が39歳に選択した「第三の道」なのではないかと思う。
EUの経済地位を高め、国際経済を牽引し、フランスがその中心となる。


フランスは成長も競争力も著しく低下している。若年層の失業は大問題だ。
解消は時間との戦いであろう。日本もそうであるが、経済成長には、
構造改革が必要であり、痛みを伴い時間が掛かる。それを突破するのは若さであろう。
二期10年、フランス国民が、辛抱できるかどうか。見守りたい。


もうひとり、韓国に新大統領が誕生した。
公約の中身を覗いてみると、北朝鮮対話政策のみならずイデオロギー先行型の政権である。
経済公約の公務員80万人増・・・その財源を大企業の増税で賄う。
非正規と正規格差の是正、大企業と中小企業の給与差の解消を目指すとするが・・
果たして、社会主義的価値観であり発想で、経済成長を促すことができるか。


経済の実態を理解していない左派政権の経済政策をじっくり見てみたいところだ。
韓国民の選択にとやかく言うつもりはないが、選択の根拠、余りにも緊張感がなく、
理想的過ぎる。戦時国であるとの自覚がない。軍がどう動くか。注視したい。


二人の大統領について思うところを書いたが、
我が国、安倍一強政権が続くが、ポスト安倍は、30代の政治家がいいなぁ。
それも経済が分かる政治家が、例えば農業改革で苦労している、
小泉進次郎議員のような。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月11日 05:21 | コメント (0)


地方議会崩壊

2017年05月10日

二元代表制の危機にネット社会で対応できないだろうか。


全国に人口が1000人未満の「村」が10村ある。
毎日新聞の総力取材だが、高知県大川村、人口408人、
村議会議員定数6名だが、村議平均70.8歳。(内75歳以上3名)


村議選は99年以降の5回で3回が無投票、立候補者定員数を下回る「欠員無投票」
次回選挙で、村議の成り手がなく、公職選挙法では議員数の欠員が6分の1を超えると、
補充の選挙を義務付けられている。大川村では立候補者が5人揃わねば、
直ちに再選挙となり、村議会が崩壊する。


そうなると、現行法で村議会に代わり有権者総会・・・「町村総会」を設け、
村民総意の直接民主制の議会運営に移行せざるをえない。
しかし、人口の45%が65歳以上の高齢者、「有権者が総会」に集うことすらままならぬ。


大川村の議会崩壊は、少子高齢化、人口減少時代の縮図であろう。
1000人未満の「村」の問題ではない。さて、どうするのか。
政府は地方創生を政策の一丁目一番地といい、
総務省は「地方の再生なくして日本の再生なし」とスローガンを掲げるが。


大上段に振り被るわけではないが、
地方自治体の根幹をなす「間接民主主義」「二元代表制」の制度が崩壊する。
地方政治が成り立たないことを意味する。詰まり地方の再生どころか、
自治体が機能しないのですから、地方消滅の危機です。


この問題を解決する道は幾つもありません。具体的には・・
一つは町村合併により、分母を大きくする。合併で機能を維持する。
もう一つは地方自治を司る総務省が「現行の関連法案」を改め、現状に即した法整備をする。
勿論、それは政治の責任ですが、それ以前に、地方自治法や選挙法が、
適合しないのですから、総務省の仕事です。


それと、ネット社会です。ネット環境を整備することで有権者の意思が
伝わるようにすれば、直接民主制が可能になる。
高齢者にPCやタブレット、スマホが使えるか。そんな声が聞こえますが、
ネット社会はIoTの時代です。高齢者こそ、簡易にネット社会に溶け込むことができてこそが、
次世代ネット社会です。


我が社は、紙のメディアとネットをつなぎ、「自宅に居ながら、紙をめくりながら、
社会との関わりを深める手段」としての地域みっちゃく生活情報誌づくりを、
進めています。「地方議会崩壊の危機」の歯止めに役立てばと願い。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月10日 06:07 | コメント (0)


朝鮮半島有事が心配です。

2017年05月09日

世の中、そんなに甘くはありません。緊張感を持って。


連休明けの話題をどうしようか・・・チョッピリ迷いましたが。
緊張感を持って・・・スタートしよう。そんな思いで、
この問題を取りあげてみました。


備えあれば憂いなし。と申します。
ひとたび屋外にでれば、7人の敵ありです。
遊びほうけて、いや失礼、ゆっくりと休養した後、緊張して仕事に向かうのは・・・・
なかなかなり難いものです。しかし、世の中はそんなに甘くない。
休みの延長で、仕事を始めれば、必ず大きなミスにつながります。締まって参りましょう。


今日は韓国の大統領選挙です。
どなたが当選するのか、報道以上には存じませんが。
朝鮮半島が緊迫していると、私は思っていますが、
どうも韓国の人たちは、そうでないようです。


先月29日早朝、北朝鮮は弾道ミサイルを発射しました。
日本政府は、即刻官房長官が記者会見、状況を国民に報告しました。
結果は「失敗」で事なきを得ましたが・・・緊張状態は続いています。


韓国では、ミサイル発射に・・東京で地下鉄を止めた、
新幹線が速度を落としたとの日本の対応に、嘲笑する報道がなされました。(朝日新聞から)
「戦争を経験した私たちから見ても、東京の人たちの不安ぶりは不思議に思える。
軍事衝突が容易に起こるとは考えにくい」と南北軍事境界線上にある島の住民の声。


朝鮮半島情勢を、日本政府のように緊張感を持っているのを異常と見るか。
それとも戦争にはならないと、鷹揚に構える韓国民を平和ボケしていると見るのか。


韓国民は前大統領を犯罪者として罰すことには一生懸命になっているが・・
大統領選挙で親北朝鮮の大統領が選ばれれば・・・危機はないと鷹揚に構えているなら・・
それこそ、日本の危機管理レベルを上げねばなるまい。


韓国の主要紙、中央日報は「朝鮮戦争以来最高の危機、韓国だけが知らないのか」と
韓国民の危機感の薄さに警鐘を鳴らしていますが、有事が起こっては遅い。
緊張感のない韓国民が心配です。


何事も起こらなければ、それに越したことはありません。
が、世の中、そんなに甘くはありません。一歩外へ出れば、何があるか分かりません。
働き易い季節です。備えあれば憂いなし・・・
緊張感を持って、働こうではありませんか。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月09日 05:43 | コメント (0)


創業40年

2017年05月08日

経済を創る。文化を創る。コミュニティーを創る。

ハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌・5月号が出揃いました。
静岡県・御殿場市・小山町で「mydo」(31,800部・全戸配布)と、
愛知県・常滑市・武豊・美浜・南知多町で「くらむ」(54,100部)を同時創刊・・
5月号の総発行部数は7,137,500部となりました。


静岡県が増え29都道府県に、情報誌の数は125誌・・・
「47都道府県に、ハッピーメディアを」とのスローガン実現まで後、18県です。


我が社は、5月1日に創業40年を迎えることができました。
これも偏に、関係各位のご尽力の賜物と心より感謝申し上げます。
HPに掲載の社内報・中広報の「社長コラム」にて・・創業40年と題して、
「感謝の意と覚悟」を述べさせていただきました。(お読み頂ければ幸甚です)


広告業界はネットの台頭で新しい時代に突入しています。
我が社は、新時代にどう生きるべきか、創業40年、その整理がつきました。
713万部に達しましたハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌を、
10年間で、日本全国5000万世帯にお届けする。


地域みっちゃく情報誌の目的は・・・・個人消費を拡大することです。経済を創る。
・・・地域の歴史、伝統を継承し、文化を育むことです。文化を創る。
そして、地域社会にコミットすることです。コミュニティーを創る。


そのために、誠実に、正直に歩んできたこの道を、
「四十にして惑わず」ひたすら歩み続ける覚悟です。


2017年5月・地域みっちゃく生活情報誌713万部・・
目標の1000万部に、後、2,862,500部と迫りました。Goto

20170426131900_00001.jpg20170426131900_00002.jpg20170426131900_00003.jpg
20170426131900_00004.jpg20170426131900_00005.jpg20170426131900_00006.jpg
20170426133642_00001.jpg20170426133642_00002.jpg20170426133642_00003.jpg
20170426133642_00004.jpg20170428101909_00001.jpg20170428101909_00002.jpg
20170428101909_00003.jpg20170428101909_00004.jpg20170501102717_00001.jpg
20170428102056_00002.jpg20170428102056_00003.jpg20170428102056_00004.jpg
20170428152450_00001.jpg20170428152450_00002.jpg20170428152610_00001.jpg
20170428152610_00002.jpg20170428152741_00001.jpg20170428152741_00002.jpg
20170428152741_00003.jpg20170428153649_00001.jpg20170428153649_00002.jpg
20170428153649_00003.jpg20170428153649_00004.jpg20170428153649_00005.jpg
20170428153649_00006.jpg20170428153649_00007.jpg20170428153649_00008.jpg
20170428153649_00009.jpg20170428153649_00010.jpg20170428154343_00001.jpg

1_munahuorune_05.jpg2_pigurenanairo_05.jpg3_himejirakurri_05.jpg
4_harurubloom_05.jpg5_kitamori_05.jpg6_kounaniwakura_05.jpg
7_nisimokogamo_05.jpg8_oripkawara_05.jpg9_ndacyamaroota_05.jpg
10_gamagoorinisio_05.jpg11_kenoujhouetu_05.jpg12_safuraazaumal_05.jpg
13_torattanaozane_05.jpg14_ichinomiyatoyokaea_05.jpg15_itomeihama_05.jpg
16_nisisintoss_05.jpg17_culehamachikane_04.jpg18_taharasinnsiro_05.jpg
19_minoswing_05.jpg20_kojyantfaveur_05.jpg21_sukattriverna_05.jpg
22_parupi_05.jpg23_steptoyota_05.jpg24_mynaagafukagawa_05.jpg
25_mirutokutoyohasi_05.jpg26_casislotas_05.jpg27_mydoclam_05.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月08日 05:49 | コメント (0)


五月病

2017年05月07日

文科省の予算要求のための調査ではと勘繰っています。


長〜い連休も今日で終わり・・・野山は新緑に映え、薫風、五月晴れ・・
一年で最も過ごし易く働き易い季節です。
連休ボケを洗い落とし、気力を高め・・・明日からの準備を・・
そんな思いの方々が多いと拝察します。


しかし・・・一方では、5月病に罹り「何もしたくない・ずーっと連休が続け」と
働きたくない。学校に行きたくない。そんな人たちも多いのではと、危惧します。
こんなデータが、働くことが苦痛な人は、学校に行くのが苦痛だった人と比例する。


そんな人は、考え方がネガティブで、何かに付けて、否定的な言葉を発すると。
その帰着は明確で、仕事も学業にも身が入らない。負のスパイラルに陥ります。
こんなに季節が良いのに「五月病」なんて、もったいないですね。


文科省が、小中学校教員の勤務実態調査を公表しました。
なぜか、毎日新聞だけが詳細にその内容を報じています。
調査対象は2万人の公立の教師(公務員)です。


厚労省が規定する「過労死ライン」・・・発症前2から6ヶ月、残業時間、月80時間超が目安。
超えは小学校3人に一人。中学校は6割に達している。先進国の週38時間とは大違いだと。
社説の見出し「先生の悲鳴が聞こえる」・・・ですって。なんとも感情的表現です。


過重労働の原因は、10年前よりも・・・ゆとり教育でなくなり授業が増えた。
そのために準備の時間や成績をつける時間が増えた。
少人数指導が広まり、先生が受け持つ授業が多くなった。


中学で部活の指導時間が増えた。
また、外部への報告書作りなどの事務作業が多いことなどによるそうで・・・
その結果・・・年間で5000人以上の教員が精神疾患で休職中だと。


あなたはどう思われますか。我が家の前が中学校です。
受験期になれば、連日深夜まで、職員室は煌々と電気が・・
さもありなんと、思うのですが、夏・冬・春休みに先生の姿はないし・・
夏休みの労働時間はどのよう計算されているのでしょうか?
まさか自宅に居ても残業が加算されるのではないでしょうね。

毎日新聞が興奮していますがこの調査の意図って、
文科省が教員を増やせ・・・という予算取りの一環ではないかと勘繰りたい。
だって、外部への報告書なんて、文科省が止めろと言えば済む話。
学級の定員を減らしているのに、授業が過重になる理屈ってないでしょ。


私的には、過重労働が原因で、5000人もの教員が休職だなんて。
あまりにも強引な論理です。不適合な人材を採用しているからではないでしょうか。
民間から見れば、頑張っている教員の報酬は上げ、休職者は下げるべきです。


文科省の調査を否定するものではありませんが。
教育を労働時間で、全て測れるとはとても思えません。
明日から学校も始まります。子供の心配もですが・・・
教員が5月病に罹っていないことを願います。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月07日 06:03 | コメント (0)


法人税15%に・・・

2017年05月06日

起死回生の法人減税に批判だけで良いのか、対処を考えるべきでないか。


ハネムーン期間の100日が過ぎ・・いよいよ本格始動するトランプ政権と・・
申し上げたいのですが、就任当初から異例づくめ、型破りの大統領。
日本のメディアでは、規格外が理解できず、批判の声が多いようですが・・・


私はメディアの批判に懐疑的です。
まず、あの大統領選挙で、トランプが勝つと予想したメディアはなかった。
その反省に立っていない。今尚、彼を感情的に嫌っている。
しかし、彼が大統領であることを4年間代えることはできない。
それが、分かっていない。


トランプ政権は連邦法人税を35%から15%に引き下げ、
5%の州地方税と合わせ20%にすると発表した。
狙いは先進国・OECD加盟国で最低水準まで引き下げ・・
公約通り、企業に魅力的な国にして成長と雇用増につなげること。


日本メディア。日経・・巨額減税、投資誘う。議会対策は可能か。
読売・・財源なき米減税案、議会との調整が難航するのは必死。
毎日・・法人減税、財源先送り、議会承認無理。朝日もほぼ同様。


実現すれば、米国の法人実効税率40.75%から22.51%に(州税含む)
日本、安倍政権で37%から段階的に引き下げ29.95%(地方税別)にしつつある。(まだだが)
日本の経済界からは「企業は国を選ぶ。日本から米国へ動くこと必定」との声も。


識者の声も「トランプ流。20%あたりで議会と妥協。
州税と合わせ25%前後が落としどころ」かと。なんせトランプ政権です。
どうなるかは分かりにくいですが、強行突破すれば、政権は浮揚するだろう。


トランプ政権の弁明・・財源問題は減税効果で増収が見込める。
既存の税制優遇措置の削減より、主な財源は確保できると・・・主張する。
それに対して・・・具体論がないと日本メディアは相変わらず批判するが、
果して米国でもそんな批判があるのか。私は懐疑的である。


それよりも、先進国で法人実効税率を巡る減税競争が再燃することは間違いなさそう。
そうなれば、日本経済にも多大の影響がでるだろう。日本のメディアは・・・
トランプ政権が嫌いでも構わないが、大胆な減税策にどう対抗するか、議会が承認しないと、
批判しても意味がない。経済浮揚策を真剣に論じる時ではないか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月06日 05:35 | コメント (0)


端午の節句

2017年05月05日

名を成し、功を遂げた老人のあり様は、難しいモノです。


端午の節句です。昨年末、長男に男児が誕生、男孫が二人になりました。
大空に舞う鯉のぼりのように、健やかに、そして思いのままに、大海原を翔ぶ
蒼大な人間になれと老人は願う・・・


子供の日に老人の話をするのも気が引けるが・・
ゴールデンウィーク恒例のゴルフといえば、男子プロトーナメント、
「中日クラウンズ」(CBC・中日新聞主催)今年で58回の歴史を刻みました。


昨年、東建ホームメイトカッププロアマ競技でラウンドした、
宮里優作プロが優勝。パットさえ入ればショットは申し分ないと言われた
彼が・・・猛練習で乗り越え、優勝。おめでとうございます。


注目を集めたのは、予選を同じ組でラウンドしたゴルフ界のレジェンド
青木功(74歳)と尾崎将司(70歳)プロ。それと最年少期待の新人リッキーこと星野陸也(20歳)プロ。
青木・尾崎の老人対決もさることながら、孫の世代と同組は、関係者の粋な計らいか。


成績のほどは語るまい。
ネットで二人のスイングを見たが・・・あの尾崎が、あの青木が・・
国内優勝、青木プロ51勝。尾崎プロ94勝、賞金王5回と12回。
日本のゴルフ界を牽引した二人の・・・・


同世代のアマゴルファー、私も含め・・
往年の二人のスイングが頭から離れなかったのだが・・・
「えっ・・これが・・あの・・」


人間というモノは自分のことはわからない・・・
私も「自分では松山英樹かリッキーファウラー」かとスイングしているつもりだが・・
それが全くの勘違い。二人のレジェンドを見て・・・
俺のスイングもだよなぁ・・・と、妙に納得した次第。


「予選を完走できたこと、誇りだよ」と胸を張るお二人だが・・・
昨今の国内男子プロ、トーナメントにスポンサーが付かず・・
年間の試合数が減少しています。レジェンド対決も結構ですが
試合には出場枠が決まっています。


もしもお二人が出場しなければ・・
ウェイティングの孫世代のプロ、そうです。星野陸也プロのような・・・
有望株が颯爽と現れ、男子ゴルフ界にスターが誕生するかも知れない。
と、考えますと、老人が若い人の邪魔をしてはいないか。
老人は引き際を間違えてはいけないのではないか。そんなことを思ってしまう。


孔子は論語で70を超えた老人のあるべき姿を、
「七十にして心の欲するままに従えども矩を踰えず」と諭した。
ゴルフ界のお二人のレジェンドに、その覚悟があるか。
とてもあるとは思えない。「矩を踰えている」とは思っていない。
それが今の男子ゴルフ界の象徴だとお気付きになっていない。虚しい話です。

端午の節句、いつの日にか、孫世代から「老人よ一緒にゴルフを」と、
言われるような、そんな人生を送れればと願うGoto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月05日 06:03 | コメント (0)


言論の自由

2017年05月04日

暴力で最も恐ろしいのは言葉の暴力だ・・・メディアに独善はないのか。


「明日も喋ろう 弔旗が風に鳴るように」・・・
朝日新聞阪神支局に掲げられている詩人・小山和郎さんの句です。
「赤報隊」を名乗る男が朝日阪神支局を襲撃、記者を殺害した事件から30年を迎えた。

朝日は「阪神支局襲撃30年」と題した社説で・・言論の自由への挑戦には屈しない。
独善的な考えで、気に食わぬ言論を暴力で封じる。そんな手法に、理はない。
脅しには屈さないとの覚悟を改めて示した。


同時に・・・意見の交換を前提としない誹謗中傷の類を増悪表現という。
安倍政権にも「総務相の政治公正を歪曲した放送を繰り返せば電波停止を命じる」発言や
自民党若手議員の勉強会での「マスコミを懲らしめるには広告料収入を減らせ」など、
異論を排除する荒んだ言葉の横行が目立つが・・これも増悪表現だと言う。


襲撃事件、30年にかこつけて、
安倍政権を「知る権利」を脅かす政権だと決めつけるのは・・・
権力のなんたるかを差し引いても・・・チョット言い過ぎだと思うが、
言論の自由は民主主義の根幹、言論には言論で応じるべきとの主張はその通りだ。


先般鬼籍に入られたが、本山元長崎市長。暴漢に狙撃され瀕死の重傷を負ったおり・・
「暴力で最も恐ろしいのは銃弾ではない言葉の暴力だ」と発したのを忘れない。
言論を暴力で封殺するなど以っての他だが、言葉をペンに持ち変えた暴力も捨て置けない。
また、ネットの匿名での無責任な発言を繰り返すのも暴力である。許せない。


朝日は国際NGO国境なき記者団発表の「報道の自由度ランキング」を取り上げ、
日本は180ヶ国のうち72位、主要7ヶ国で最下位と「報道の自由」ない国だと
主張するが、私はそう思わない。


日本ほど、報道の自由度の高い民主的な国はない。
自由がないとするなら、それはメディア側に責任があるのではないか。
メディアの自主規制はないのか。忖度はないのか。独善的になってはいないのか。


自らの責務と役割を問い直しているのか。真実に喰らい付き、
権力監視の役割に命を賭けているのか。手抜きや思い込みで、報道してはいないのか。
メディアの側に謙虚さがあるのか。ペンの暴力を意識しているか。問うて見たい。


朝日襲撃30年。言論の自由を論じるに、メディア側の自省があって然るべきだと思う。
ぜひ、「明日も喋ることが、弔旗に恥じないか」問うて欲しい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年05月04日 05:41 | コメント (0)


古希?

2017年05月03日

老いに抗う私の傷口に塩を塗るような手紙を温かな頂きました。


私の唯一の趣味はゴルフです。
いや、最近は早朝のウォーキングでしょうか。
いや、そのウォーキングも、ゴルフの飛距離を伸ばさんがため。
ですから、趣味はゴルフです。


先日、久々に旧友達と・・・・大概が医者ですが。
一戦交え・・・数ホールですが、彼らをオーバードライブ。
おっ、最近飛距離が伸びたんじゃないか。とても、68歳の球筋じゃないよ。
なんて驚かれると・・妙に、努力が実ってる。若返った気がして、ウキウキするものです。


それがです。
突然、ホームコース(岐阜関カントリー倶楽部)から理事長名で、
「お祝い」なんて熨斗付きの記念品が贈られてきたじゃないですか。
ううん・・・なんだと、包装紙を解くと、なんと・・・なんと・・


こんな挨拶文が「本日は、ご貴殿様が今年「グランドシニア」を迎えられましたお祝いに、
倶楽部から心ばかしのお祝いの記念品をお贈りさせて頂きますので、ご笑納下さい」と。
えっ・・・グランドシニアって、70歳からだぞ。来年の12月の誕生日で・・・


更に・・・・「当倶楽部は1964年の開場、今年で53年目、
全会員2164名中、新たにグランドシニアになる会員は82名です。
グランドシニア競技の資格は満70歳以上となります。
競技には来年の誕生日以降に参加できます」


そして・・・最後の一文が、振るっている。
「今後とも皆様方のご健勝とご活躍をお祈り申し上げますとともに、
ご貴殿の益々のご自愛専一願い、グランドシニアお祝いのご案内とさせて頂きます」だと。


岐阜関カントリー倶楽部は、今年、10月に日本オープンを開催します。
コースも整備され、名門とまでは参りませんがそれなりに戦略性に富んだ
素晴らしい36ホールです。メンバーの合議制で運営され、開かれたゴルフ場です。


その流れでしょう。68歳の私。老化に抗い1ヤードでも飛距離をと、
努力しているのに、・いきなりオマエはグランドシニアだぞと。
傷口に塩を塗るような暖かな手紙・・・そう簡単には、老いてたまるか。
よし、読み掛けの本を横において、明日はゴルフに行くか・・Goto


IMG_6990.JPG

IMG_1549.JPG

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月03日 05:28 | コメント (2)


土田御前

2017年05月02日

岐阜県可児市に信長・お市の方の生母像ができました。


我が社が発行するハッピーメディア・地域みっちゃく生活情報誌「kanisan club」
(岐阜県可児市・美濃加茂市・御嵩町・他加茂郡・73,690部・全戸配布)は
この5月号で263号を数えます。創刊から22年になります。


おかげさまで、地域の読者に愛され、地域経済の活性化に寄与するメディアと、
親しまれ地域になくてはならないメディアに育っています。


土田御前ってご存知ですか。土田・・・「どた」と読みます。
最近は歴史ブーム。歴史に親しみ歴史を尋ねる女性のことを「歴女」と申します。
取り分け、戦国の世に関心があるようで、土田御前の人気は高い。


土田御前は戦国の英傑・織田信長・・・
戦国一の美女、数奇な運命を辿った妹、お市の方の母親でもあります。
その土田御前、生誕の地が「kanisan club」発行の可児市です。


お市の方のお母さんですから、昔からこの地方は美人が多いと言われています。
お市の方の娘お江は徳川秀忠の正室、その子供たちは徳川家光となり、
後水尾天皇の中宮和子であり、秀吉の息子秀頼の妻となった千姫です。


畏れ多いことですが、今日の天皇家の系図にも繋がり、徳川幕府の血脈でもあります。
可児市は土田御前の他にも戦国の世を為した、明智光秀、森蘭丸らの生誕の地でもあります。
勿論、歴女たちには、尋ねざるを得ない聖地とでも申しましょうか。


しかし、土田城趾はありますが、土田御前を顕彰するものが何もありません。
歴史に埋もれたまま・・・でした。地方創生・・・観光立国日本が、
こんな重要な歴史資源を眠らせたままではダメだと・・・
地元観光協会会長が私費を投じて「土田御前像」を建立。(写真参照)


像は「土田御前が幼児信長」を膝に抱き、手を差し伸べている様が。
両横に立つ石碑には「この地は織田公生母・土田御前誕生の地」と記され、
もう一方には「出世の碑」とあります。


協会会長曰く「土田御前を尋ねて下さった方には、土田御前と握手して、
頭を撫でて下さい。土田御前の御利益で出世の道が拓けます」と。


除幕式では、像一式、可児市に寄贈。
可児市長からは「協会長の郷土愛、歴史資源復活の情熱に感謝する」との謝意が。
私も、お市の方の母親、絶世の美女像土田御前像と固い握手を交わし、
「Kanisan club」が地域の元気に貢献できますようにと、願いました。Goto


IMG_7000.JPG


IMG_6996.JPG

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月02日 06:16 | コメント (0)


弛緩

2017年05月01日

IMG_1543.JPG                            


「五月の落とし穴」には要注意。                          


早朝ウォーキングコース、岐阜県営の総合グランドに行きます。
通称、メモリアルセンター。スポーツの季節です。
ゴールデンウイークを中心に様々なスポーツイベントが催されています。


4/23には郷土が産んだゴールドメダリスト、高橋尚子さんを冠した、
「第7回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」が開催・・全国から
11,500人の健脚が集い、長良川畔を駆け抜けました。(写真参照)


雲ひとつない天候に恵まれ、山紫水明・・・新緑に映える金華山。清流たたえる長良川、
そして江戸情緒、格子戸の家並みが続くコースを楽しげに走る姿・・・
岐阜国体のスローガン「誰もが主役」その余韻が残り・・・
全国屈指のハーフマラソンに成長。


春の陽気に誘われるように・・・ちょっぴり元気のないふるさと岐阜が、蠢きました。
県知事始め関係各位のご尽力の賜物です。ありがとうございます。


メモリアルセンター、実に管理・手入れがゆき届き・・樹木が輝いています。
アスリートのみならず、誰もが利用できる素晴らしい施設です。
私が毎朝歩くのは1.5キロのジョギングコース。桜並木は葉桜になりましたが、
皐月が満開(写真参照)・・・そして、「なんじゃもんじゃ」の花が咲き始めました。


風薫る五月。日本の自然が最も美しい月ですね。
5月って冬の名残が漂う4月とは違い、夏の予兆が姿を現わす季節でもあります。
五月晴れの好天が続き、新緑が映え空気も美味しい。
ともすると、解放感で、身体も心も弛緩しがちです。


気分が弛緩しますと、気を引き締めるに、結構な精神力が必要です。
身体は正直です、筋肉が緩みますと、内臓も怠惰になり、体調を壊します。
私はそんな状態になることを「五月病」ではなく「五月の落とし穴」と呼んでいます。


北朝鮮のXデーは何事もなかったと弛緩(平和ボケ)していますと、ドカンときます。
1強政治で、弛緩(タガが緩む)しますと、折角の長期政権も綻びます。
そうはならぬよう、私は今朝も今朝とて薫風を浴び、セッセとウォーキングです。Goto


IMG_6997.JPG
4/24中日新聞

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月01日 05:27 | コメント (0)