ガチンコ

大相撲夏場所を占う・・・遠藤関の金星「お茶漬けの日」を飾る。


大相撲人気、半端じゃないですね。何せ当日券が買えないそうですから。
横綱・稀勢の里関が怪我に耐え、頑張るんですから・・
相撲ファンならずとも、堪えられませんね。


テレビ桟敷に座る時間が・・・なかなか取れませんので、
夜のニュースで、見るしかない。夏場所の優勝を占うことはできませんが。
3日目の稀勢の里と千代の国戦・・・見応えがありましたねぇ。
結婚して気合十分の千代の国、「誰かのために」頑張る姿、美しいですね。


大相撲人気の原因は、何と言っても「ガチンコ」ですね。
前半戦ですが、どの一番も手を抜かない。下位力士が全力で、上位陣にぶつかる。
私の注目は、関脇玉鷲ですね。この数場所、地力がついてきました。
遅咲きが良いです。バランスも良い。勝負に厳しさがあります。大関も夢ではない。


厳しさと言えば、小結の嘉風・・・速くて激しい。「ガチンコ」の中心です。
下位にも、その気力が向かえば、星も上がるでしょうが。
35歳。若い者には手を抜くのかな。その優しさが魅力です。


人気の遠藤。一回り大きくなりました。柔軟な身体、四つ身の型も良く、相撲巧者です。
低く当たって、前みつを取り、拝み寄りが理想の相撲では・・と思うのですが。
ボチボチ自分の「型」を決めて欲しい。勝ち越して、三役昇進で、名古屋に。
17日、読売朝刊全面広告(写真参照)今日は「お茶漬け日」・・・遠藤関良い広告です。


低い立ち合いで、速く鋭い相撲は、贔屓の小兵横綱日馬富士関、
夏場所を制するのは、日馬富士関だと良いと思う・・・あれ、いつの間にか、
優勝占いになってしまった。相撲愛好家のさがです。お許しを。


今場所の優勝は・・・無条件で関脇高安関です。
関脇琴奨菊戦で、馬力の元大関を弾き飛ばすのですから・・・強い。
高安関の大関昇進・・・そして、琴奨菊関の引退でしょうか。栄枯盛衰・・・ですね。


栄枯盛衰と言えば、八百長問題で、閑古鳥が鳴いていた大相撲。昔日の感があります。
その際、相撲界をひとり「ガチンコ」相撲で支えた大横綱・白鵬関には、
高安関を一蹴して、壁の偉大さを教えてやって欲しい。
後悔しなければと思いつつ、夏場所優勝力士を占ってみました。Goto

IMG_7006.JPG
5/17読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2017年05月18日 06:16


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。