2017年06月

インドの新聞

2017年06月30日

日本ほど現状に胡座をかいて・・・ぼやいている新聞は世界にないのでは?


インターネットの普及が遅れているから、
そんな単純な理由で、インドの新聞、発行部数が驚異的に
伸びているとは思えないのですが・・・(読売6/22・新聞インドで急成長の記事から)


日本の新聞。1990年以降、地域に根差した新聞が経営難から、
休・廃刊するケースが目立ちます。日本新聞協会の資料では、
96年に全国で150社前後存在した地域新聞紙の内、20年間で約30紙が姿を消したとのこと。


1948年創刊の茨城県で発行の常陽新聞、13年8月に廃刊となったが、
称号を譲り受け、14年2月に地元の経営コンサルタント会社が新会社を設立、
つくば、土浦など15市町村で週6日、タブロイド版で発行したが、
三年余りで、挫折、廃刊となった。


トップの廃刊理由は「努力不足が一番の理由」と断りながらも、
地域のメディアが成立するには「地域の支える力が必要だ」と
住民のメディアに対する無関心と行政の支援や企業の広告などでの
支えがなかったと分析している。


そうであろうか。私はそうは思わない。
企業がなぜ広告を掲載するのか。広告効果を期待するからである。
読者がなぜ、購読料を支払うのか、日々新鮮な驚きを感じるからである。
いずれも満たせないメディアが生き残ることができないのは必然である。


読者が増えないとデジタル化にはしり、いたずらに資本を浪費し、
広告効果がないことに頰被りして、広告単価を値下げする。
メディアのなんたるかを理解せず、広告の価値を知らず・・・


メディア権力に憧れ、事業として成り立つと思った、その安易さ・・
本業の経営コンサルタント会社も大丈夫かと思わざるを得ない。
辛辣な物言いで申し訳ないのだが、この20年余りで、姿を消した地域新聞、
多かれ少なかれ、常陽新聞の失敗と同様だと思うから、敢えて申し上げた。


なぜ、インドでは新聞の発行部数が飛躍的に伸びるのでしょうか。
ネットの普及が遅れているからではありません。


メディアがそれぞれの立場を鮮明にして、読者に新鮮な感動を与える新聞を
発行しているからです。勿論、そこには日本の新聞社が忘れ去ってしまった様な、
激しい取材合戦、離合集散の新聞戦争が起こっている。


申し上げたい。日本の新聞ほど現状に胡座をかいて、
売れない、読まれないとぼやいている新聞は世界に無いと。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月30日 05:46 | コメント (2)


新聞読んで、何が悪い。

2017年06月29日

子どもたちに読ませて恥じない新聞であれと祈る。


どんな加減なのか、読売新聞、6/21付・朝刊に・・・
新聞に纏わる3本の広告が掲載されていました。(写真参照)
なぜ、同日に・・・同じ様な広告が・・・疑問です。


一つは「ネットのニュースも新聞記者が取材しているって知っていた?」のタイトルで
マスコットキャラクター「ブンぱ」君が首傾げる日本新聞博物館(ニュースパーク)の広告です。
新聞博物館は日本新聞協会が新聞の啓蒙のため横浜の情報文化センターに設置した施設で、
「新聞のメッカ」です。(私はそう思っていました)


広告のコピーを紹介します。新聞記事は紙や新聞社ウェブサイトのみならず
様々なネットメディアにも掲載されている・・・ヤフーやグーグルのニュースは
新聞記者が記事を書き、新聞社が提供しているのですよと。


新聞のことなら何でも分かる!リニューアルされたニュースパークで遊ぼう
体験しよう・・・と子供達の来館を呼び掛けています。
私はリニューアルオープンと同時に出掛けましたが・・・
少なくとも、記者の情熱や思いが伝わることはありませんでした。
叱られそうですが。子ども騙しのようで、メッカなどと思った私はガッガリでした。


二つ目と三つ目の広告は、主旨が同じ。小学生向けの読売KoDoMo新聞、
毎週木曜日発行、ワンコインです。最寄りの読売新聞販売店に申し込んで。
もう一つが、キリッとした女子高生の写真に「新聞読んで何が悪い」と、
開き直ったコピーの読売中高生新聞の勧誘広告です。


KoDoMo新聞は今年、小学校に入学した孫娘が購読しています。
中高生新聞は学校で購読して欲しい。そして先生がまず読み
学校現場でNIE(新聞を教育に)活動に使って欲しいと願います。


翌日(6/22)の朝刊を読んでて、なぜ、前日に子どもに新聞読もう。
新聞博物館へ行こうと読売新聞が広告で呼び掛けたのかの疑問が解けました。
そうなんです。21日に任期満了に伴う・・・日本新聞協会の役員改選があり、

読売新聞グループ本社会長が日本新聞協会の会長に再任されたから・・・
編集局が・・・忖度して、改選日の新聞に、わざわざ・・・読売は・・・・
子どもに焦点を当て、購読活動に熱心ですと、協会加盟社に訴えたかったからですねぇ。

「改憲への私の思いは読売新聞の紙面を読め」と安倍首相に言わしめる読売。
私は新聞が御用新聞になり下がれば、言論の府、新聞は死滅、民主主義の崩壊だと・・・
「新聞読んで、何が悪い」・キリリッと見つめる女子高生に恥じない新聞を・・Goto

IMG_7075.JPG
IMG_7076.JPG
IMG_7.JPG

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月29日 05:52 | コメント (0)


こども保険

2017年06月28日

日本の高齢者もそろそろ覚悟を決めようじゃないですか。


先頃終わった英国の総選挙。EU離脱は国民投票で決まった国民の意思。
独国・仏国を始めEU各国との離脱交渉は相当にハードになる。
後顧の憂いなきよう交渉するには、政権の安定が必要・・・

私に応分な議席を与えてとメイ首相は訴えたが、
豈図らんや・・・保守党は過半数割れの惨敗。
メイ首相にしてみれば「なんたることか」と選挙結果に唖然としただろう。
本当に離脱は国民の意思かと、疑っているに違いない。


仄聞するところ・・・メイさんご察しの通り・・
国民にしてみれば、EU離脱なんて既定路線で、もう済んだこと。
問題は、サッチャー元首相ばりに、高齢者福祉、社会保障を切り詰め・・
経済を立て直し、EU離脱に立ち向かう、その政策が気に入らないと、
高齢者が、保守党に反旗を翻したこと。


来年古希を迎える私。
英国の話だが、高齢者の横暴と申しますか。利己主義には本当に弱ったモノです。
自分たちの身に降りかかる政策となると、見境なく現実主義に走る。
これが民主主義なら、民主主義ってどうなのか?疑問符が付く。

高齢者こそが、社会を構成してきたのですから、
社会のために余生をどう生きるか。我儘を通せば社会に歪みが起こる・・
そのくらいのことはわかっているハズ・・・いや、分かっていなければ、
長く生きてきた価値がない。高齢者が考えることは・・・
次世代のために、我慢、辛抱、ボランティアではないかと私は思っています。

で、です。この3月、自民党の若手議員が「子どもが必要な保育・
教育が受けられないリスクを社会全体で支える」べきだと「子ども保険」を提言した。
中身は年金保険料に上乗せして財源を確保し「幼児教育・保育の無償化や
待機児童を解消する」そのために財政の効率化を計り、税の徴収方法を検討し、
新たな社会保険方式を考える。そして年内には結論を得るようにするとしている。

この提言、簡単ではない。税となると消費税を上げねばならない。
財政効率化を計れば、社会保障を削減せねばならない。となると、
英国と同様ですね。高齢者が黙っちゃいない。
で、新社会保険方式、年金保険料に上乗せするしか方法がない。
そうすると、企業が半額負担することになり、業界団体が・・・反対する。
企業は報酬を上げればよい。

私は、社会保障費を削減し、子ども保険に回すべきと考える。
日本の高齢者もそろそろ、子どものために、身を削る覚悟を持つべきだ。
そして、子供のために年金保険料に上乗せすべきだ.。
若手議員たちの提言を私は支持する。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月28日 05:39 | コメント (0)


受動喫煙防止法

2017年06月27日

政治は妥協の産物です。何処かで折り合いを見つけるべきではないのか?

飲食店での喫煙を原則禁止する健康増進法の改正案・・・
受動喫煙防止の法整備は今国会には提出されず、次期国会に持ち越された。
東京五輪までにはと厚労省は意気込んだが、自民党との溝は深いようだ。


私は喫煙しない。だが、隣の人が紫煙をくゆらすのを気にしない。
厚労省は年間約1万5000人が受動喫煙(もらい紫煙)で亡くなる人がいると発表するが、
多分肺がんでの死亡ってことだろうが、本当にもらい紫煙が要因なのか、私には疑問である。
もう少し、ちゃんとしたデータを示して欲しいモノである。


厚労省の改正案はあらゆる飲食店で喫煙を「原則禁止」する。
自民党の案は「分煙の徹底」で良いのではないかと規制に反対。
今国会で成立させるべく妥協点を探ったが、自民は科学的根拠が曖昧。
厚労省は受動喫煙による被害は世界の常識、業界団体の代弁には屈しないと譲らず。
法案提出には至らなかった。


通常ならば、事前の調整で、何処かで妥協が成立、何らかの結論がでるのだが、
そうはならなかった理由は、厚労大臣の思いが先行したからだと(毎日・6/17)
思いとは自身のタバコ嫌い。対策に科学的根拠があるとの思い込み、
それにグローバルスタンダード(国際基準)を好む傾向だとか。


政治にはゼロ100はない
何処かで妥協点を見出し、折り合いをつけるのが政治である。
タバコに関して、喫煙者に妥協しない姿勢に正義があるのかと、
問われれば、首を傾げるしかないが、受動喫煙対策による規制が、
喫煙者に喫煙を思い止まらせることになれば、良いのだが・・・

そんな簡単に、禁煙するとは思えない。飲酒運転の規制強化で、
郊外の飲食店は大打撃(当然でしょうが)、それに喫煙禁止となると・・
それも時代の流れでしょうが・・・厳しい環境に晒されます。
政治は妥協の産物です。まずは何処かで妥協して、
禁煙運動を前進させることが肝要ではと思う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月27日 05:14 | コメント (0)


イクボス

2017年06月26日

子育ては父親がどう関わるか・・・時代は変わったのですね。


私の場合・・・3人の子供は成人、孫が5人いて今更、父の日もないのですが、
親父、孫の顏でも見てみろよと写メールを送ってくれる長男。
旨い酒が手に入ったと、酒瓶を下げ、一杯やろうと、声を掛ける次男。
東京の有名店が岐阜にもできたのでと、大胆なGIFUの文字をあしらった
お洒落なTシャツを手渡してくれる長女。


「親父って奴は背中で子育てするもの」なんて粋がり、子供どころか、
家庭も顧みず仕事に明け暮れた(今もそうだが)・・ポンコツ親父だが、
正月でも誕生日でもないのに、「父の日」だと思い思いのプレゼントを貰い・・感謝。


「親はなくても子は育つ」と思わず苦笑するのだが、時代は変わった。
あの世界的レフティー、プロゴルファーのミケルソンは、娘の卒業式だからと
世界でNo,1を決める全米オープンのエントリーを取り消す。


古い私など、親の死に目に会えなくても仕事だと思うのだが、
子育てのために、人生で何度もないビッグチャンスを、投げ捨てる。
それが称賛される時代・・・父親が育児のために休暇とって子育てする
「イクメン」は当たり前。それが良いことなのでしょうねぇ。


「イクメン」どころか昨今は「イクボス」の時代。
上司が部下の育児をどれだけ支援したかを評価される時代・・・
それを「イクボス」と言う。その「イクボス」のランキングが自治体別発表された。

県別では、知事が率先して「イクボス」宣言した広島・三重県が上位を。
三重県では男性職員の育児休暇取得率は22%と宣言後に急上昇したと。
若い知事たちです。時代を先取りするんですね。


県別で善戦はベストテン入りの富山と岐阜県、
いずれも私と同世代の知事ですが、
「イクボス」に理解を示している結果。


育児は女性がするものから、夫婦でするものに、
更には、男性がするものに変わってきたってことでしょうが、果たしてそうでしょうか。
子供の側から見れば、母親に抱かれて育つのが一番安心ではないでしょうか。
男性はあくまでも母親が子育てしやすくする為の協力者でないかと私は思います。

本当のところ職場の上司もそのことを理解しているのではないでしょうか。
部下に「イクボス」でありたいと本気で思っている上司がどれほどいるのか。
首長が「イクボス」に一生懸命になることは重要ですが・・
中小企業と大企業、そして自治体の間の「イクボス」ギャップを埋めるには
何が必要なのか、考えさせられます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月26日 05:40 | コメント (0)


岐阜基地から特攻隊員が。

2017年06月25日

航空自衛隊岐阜基地に広報館が完成した。


米海軍、最新鋭のイージス艦に・・・コンテナを山盛り積んだ貨物船が、突っ込んだ。
エッ。軍艦がではなくて、民間船が軍艦にだって・・
そして、軍艦が浸水して、よれよれで、横須賀港に寄港。修理することに。

おいおい・・・米国海軍大丈夫かね。
イージス艦って、ミサイル迎撃するミサイルを搭載しているんでしょう。
それが、真夜中の2時とはいえ、レーダーで接近する貨物船を捉える事できなかったと
なぜ?まさか、監視員が寝ていたとか。それとも弛緩していい加減だったとか。
無警戒だったんでしょうが、7人の死者がでたそうな。あまりにお粗末な事件。


日米安全保障条約って、米軍に守ってもらう条約だが、
北朝鮮の度重なるミサイル発射で、緊迫している日本周辺・・寝ててもらっちゃ困りますね。
自分の国は自分で守る・・・そんな改憲派が勢いづくのではと危惧します。
米軍もだんまりを決め込まないで、事情説明ぐらいはちゃんと、やるべきです。


軍艦と貨物船の衝突事件とは関係ないのですが・・・
岐阜県各務原市にある「航空自衛隊岐阜基地」に広報館がリニューアル、
完成したとのニュースが。岐阜基地は明治時代に開設された陸軍砲兵演習場を利用、
1917年に設置された陸軍各務原飛行場が前身、敗戦後米軍に接収されたが、
今では航空自衛隊岐阜基地となった。


空港のない岐阜だが、立派な飛行場があるのです。
完成した広報館には、岐阜基地から特攻隊員として編成された19人の「寄せ書き」
なども展示されている。(毎日6/17・岐阜版)他にも30年間にわたって
初代から25代までの基地司令が使用した旧岐阜基地司令室も復元された。


岐阜基地がその時代にどんな役割を担ったのか、貴重な資料が多く展示されている。
各務原には「かかみがはら航空宇宙科学博物館」もある。一度足を運んでみたい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月25日 05:48 | コメント (0)


名誉教授

2017年06月24日

朝日新聞1年間の記事に2千件以上の名誉教授という言葉が登場するそうです。


私の最も尊敬する旧国立大学教授(英文学)は退職時・・・(15年ほど前でしょうか)
退官教授に付与される名誉教授の称号を「結構です」と拒否されました。
合理的に考えれば「邪魔になるわけでもない、貰っとけば良いのに」と思ったのですが・・


でも、巷には数多の名誉教授って肩書きの先生がおられます。
先生には先生の思いがあったのでしょうね。


よくよく考えみますと、名誉教授って何なの・・・権威に溢れた大学の先生、
とてもエライ人だ思えるのですが・・・教授の上の位ですからねぇ。
それを投げ捨てるって、件の先生って、一風変わっている。変人なのかも知れません。
まぁ、私なんぞとお付き合い下さるのです。変人の部類なんでしょうねぇ。(失礼)


で、お勉強です。名誉教授は学校教育法で、
「教育上又は学術上特に功績のあった者」に授与すると規定されています。
決して大学を退職した元教員に与えられる形式的な称号ではないのです。


米国の大学では退職した教授には「professor emeritus」の称号が贈られます。
日本と同じようなモノです。名誉教授の称号をもらうとどんな「特典」があるのでしょうか。


朝日新聞土曜日に織り込まれる「bi」に詳細が・・・
大学との雇用関係はなしで無給。カード型の身分証が付与されるので図書館などの施設を
利用するのに便利・・・それと「元教授」の肩書きよりも見栄えが良い・・・
定年まで勤めれば、誰でも・・そんな程度ですって。
であれば、件の先生ならバカバカしくて拒絶されるのも当然ですね。


でも、名誉教授とは似ていますが、「栄誉教授」となると一味違うそうです。
東工大が11年から設けた制度で、16年ノーベル賞を受賞した大隈良典さんが、
栄誉教授で話題に。「ノーベル賞、文化勲章、文化功労者、日本学士院賞又は、
それらと同等の教育研究活動の功績を讃える賞、若しくは顕彰を受けた者」が
受賞条件で、これこそ権威があり、狭き門だそうです。東工大では10人だけですって。


東大では「特別栄誉教授」という称号があり、ノーベル賞受賞メンバーに。
これまでに6人だけ。年間100万円の手当が5年間もらえるとのこと。
学問とは無縁の世界にいる私としては、名誉教授でも栄誉教授でも、
凄いと思うのですが、「先輩達を敬う気持ちが特別な称号」に繋がっているんですね。


因みに、朝日新聞の昨年1年間で「名誉教授」という言葉が記事になったのは、
2千件以上あるそうです。リタイア後もそれだけ活躍されているってことですね。
勿論、称号などなくても、社会に貢献されておられる先生も多いのですが。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月24日 05:39 | コメント (2)


GPSと認知症

2017年06月23日

警察庁の発表では、昨年1年間で認知症が原因での行方不明の届けは1万5432人だと。


身につまされる話ではないかと、思わず読み返した。
昨年1年間に認知症か、その疑いが原因で、行方不明になり、
警察に届けがでた数・・・1万5432人。前年比26.4%増だったと警察庁が発表。


高齢社会、いや超高齢社会の歪みが、あちらこちらに出ているが・・
厚労省の推計によると、認知症の高齢者は25年には約700万人になると、
25年とは団塊世代が後期高齢者となる・・・私もそのひとり、
徘徊して警察のお世話になる予備軍ってこと、これは深刻な問題である。


「共謀罪」成立で、市民が監視される社会になると法律に疑念を持つ人たちが、
反対や批判をしているが、認知症の市民の場合はしっかり監視しないと、
大変なことになってしまうのではないか。昨年、警察に届け出て、
所在確認された統計では、1週間以内が98.4%だが、残りは不明。


15年以降では発見時の死亡確認が471人にのぼる。
警察では認知症による不明者発見に役立てるため、不明者のDNA型や、
家族から聞き取った体形や着衣などをデータベース化しているが、
果たして、急増する認知症に追いつくかどうか。
政治対応をこれ以上怠れば、社会問題化するのは時間の問題だ。


こんな乱暴な解決方法を提案してみたい。
認知症の高齢者にGPS受信機を取り付けてはどうだろうか。
埋め込み式がベターだが、身に付けたら取り外しができない受信機を開発して。
そうすれば、位置情報が把握できて、警察に届けなくても、家族で見つけることが容易だ。


人権問題だと、反対する人が出るだろうが。
そもそも、GPSなる機能は米国国防総省が軍事用に開発したもの。
今では、カーナビやスマホにも搭載、誰でも位置情報が分かり活用している。
しかし、国防総省が、チョッピリとシステムをずらせば、それで狂ってしまう代物。
国防総省の手のひらでどうにもなるのです。GPSを使用することが、
最早、人権がないとも言えるのです。反対のための反対では意味のないことです。


願わくば、認知症にはなりたくない。
予防への努力は欠かせないでしょう。治療の医薬品開発も待たれるでしょう。
しかし、人はどんなに老いに抗っても、不老ではいられません。
であれば、警察庁の発表に対処するのが、政治の役割ではないでしょうか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月23日 05:58 | コメント (0)


テロは恐ろしです。

2017年06月22日

問題を山積みにしたまま国会を通過した「テロ等準備罪」、生煮えの法案ですが・・・


「改正組織犯罪処罰法」成立に、真面目に真剣に・・・
憤っておられる方々に失礼になりますので、こう書くのですが。
「共謀罪」と呼ぼうが「テロ等準備罪」と呼ぼうが、また国会での審議時間や
成立過程、乱暴な手続きに問題があろうが、国会で制定されたモノは法律です。
正しく運用されることを願うばかりです。


「市民を監視するための法律」なのか。それとも「テロ対策の法律」なのか。
国論を二分したこの法律がどのように運用されて行くのか、反対したメディアは
引き続き注視して行く必要があるのではと思う。悪法にならぬよう。


法案通過時、新聞各紙は「一層募った乱用への懸念」「運用の監視 強めたい」(毎日)
「共謀罪 市民が監視を」(朝日)などと社説で訴えるが、
喉元過ぎれば何とやらで、日々のニュースに追われ、直ぐに忘れ去られてしまう。


私はこの法律、読売が言うように、凶行を未然に防ぐ努力を続けよ。
法に基づいた適正捜査の徹底せよ。に共感する。
頻発するEUでのテロ、実感は乏しいでしょうが、それこそが平和ボケ。
この法案成立で世界187か国が参加する国際組織犯罪防止条約が締結できる。


締結すれば、締結国間で逃亡犯罪人引き渡しや捜査共助などが進み、
他国からもたらされる情報量は締結前に比べ、圧倒的に多くなる。
テロ防止には国際協力体制が不可欠だと思う。


この法案、反対した人たちの批判に「市民社会への監視が強まる」のを懸念するが、
その代弁をする朝日、毎日が「法の乱用」を市民で監視すべきと言うのも、
おかしな理屈だと思う。だって法案の肝である対象犯罪は、組織的犯罪集団の
関わりが現実的に想定される277の罪に絞りこまれているのですから。


もちろん、組織的犯罪のオレオレ詐偽も入っている。「捜査官悪玉論」や
「内心の自由が侵される」とか「憲法違反だ」などと政治問題化し
歪曲した議論に走り、その中身の審議が不足していたのはとても残念であった。


テロ、昔は政府要人とか為政者に向けられていたのだが、
昨今は無辜の市民を平気で襲う。その怖さが経験してみないと、
分からないでは、あまりに危機感がない。捜査機関にはぜひ、適切に運用を願いながら、
テロの起こらない国になって欲しいと願う。。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月22日 05:57 | コメント (0)


読売広告大賞に思う

2017年06月21日

選者はもう少し真面目に選びなさい。グランプリに値しないなら、無しと言う勇気を。


第33回読売広告大賞が発表されました。
東海エリアは読売が夕刊すら出せない、読売過疎地、
広告大賞と言われても、読売新聞を愛読紙の一つにしている・・
新聞命の私でさえ 、目にしたことのない広告もありますので・・・


6/15紙面に掲載された優秀作品から・・・・
「新聞への愛情 滲む秀作」と見出しをつけられても首を傾げる作品が・・・
同業者です。私なりの意見を述べてみます。(写真参照)


アドバイザーの部・・・賞外で紙面にも掲載されていないので、
分かり難いですが、私のアドバイザー賞は、勿論、「宝島社」の広告です。
選考委員講評では委員長の佐々木宏さんも宝島社だと主張されたようです。


賞に入ってなかったですが・・・他の委員、特に秋元康さんなどは、
全ての読売に掲載された広告をご覧になっていないので、仕方ないでしょうが・・・
佐々木さん以外は、まともな選者はいないのではと思いました。


理由は簡単で、アドバイザーグランプリ、なぜ全ての選者が近畿大学にしたのかは、
「早慶近」の早、慶を意識したからです。私的には、バカバカしい広告です。
「近」は「近」でしょう。他と比較するなら、比較する大学は他にもあるでしょう。
「さもしい」広告をグランプリとする選者に疑問符です。


宝島社を選考から漏らした理由は、昨年グランプリだったから2年続けてはとクエスチョンが。
そんな程度なら、読売広告大賞って大丈夫ですかと、問いたい。
クリエイターの部、グランプリは成田空港「旅への誘い・・成田から世界へ・・」
ですが、選者評・・・万里の長城、一番端が海だったとは知らなかったから・・だと。


「自分達が知らなかったことを教えてくれる広告」がグランプリなんて・・・
おいおい、大丈夫かいな。現実には、「長城が海に面している場所」に、
どのようにして行けるのか。知ってますか?成田空港から飛んではいないのですよ。


広告が全ての人生です。ついつい、辛口になりましたが、
新聞広告の価値が問われている時代です。
新聞広告ならではのレスポンスを得ているのかどうかで、
選考すべきではと思うのですが。大手広告代理店に気に入られるような、
論評をする選者に、新聞広告の限界を感じるのですが。
私の思い上がりでしょうか。Goto


IMG_7072.JPG
6/15読売新聞

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月21日 05:26 | コメント (0)


No Attack No Chance

2017年06月20日

来年古希を迎えますが、諦めず挑戦し続ければ・・夢は叶うと信じています。


私は車にあまり興味がない。もちろん合理主義者ではないが、
車の役目は目的地に時間までに安全に運んでもらえば事足りると思っている。
ですから、乗り心地とかデザインとか、性能に無頓着。
そのせいか、カーレースと言われても、ピンとこないんですが・・・


自動車の世界三大レースのひとつ・・・米国インディアナ州で開催された
「インディアナポリス500マイル」(今年で101回目の伝統あるレース)で
日本のHONDAに乗った佐藤琢磨選手が・・・日本人が初優勝したことに興味を持った。


そもそも、「インディ500」がどんなレースなのか・・
1周2.5マイル(4キロ)の楕円形コースを200周、計500マイル(約800キロ)走って
タイムを競う。佐藤選手の優勝タイムは3時間13分3秒3584(秒以下4桁って凄いねぇ)
平均時速は250キロ、最高時速370キロで、2位との差が0.2秒だったと。


370キロでぶっ飛ばすなんて、死と隣合わせ、正に命懸けのレースですね。
私の感覚では、理解不能ですが。自動車メーカーも性能を極限まで、試しているんですねぇ。
因みに三大レースのひとつ「ル・マン24時間耐久レース」ってのも、
メーカーの威信を掛けて戦うんですねぇ。車好きにはたまらないのも分かります。


インディ8度目のチャレンジで優勝した佐藤選手。
40歳だそうですが「顔」がいいですねぇ・・・死闘を超えた男の顔って、
こんなに清々しい顔なるのですかねぇ。(写真参照)


優勝語録もまた良い。
40歳でも第一線で活躍出来る理由は「尊敬するイチロー選手。三浦知良選手は
しっかり自分の体を理解し、ハードトレーニングを続けていると聞く。
僕も自分自身の体と対話しながら、より効率の良いトレーニングを積んでいる」


将来は「目の前のレースでチャンピオンになりたい。最終的には、自動車業界に
何らかの形で貢献したいし、若手が出てきたらサポートしたい。」
座右の銘は「No Attack No Chance」挑戦し続けたからこそ勝てた。
信じて挑戦を続ければ夢は叶う。と・・・・・


不惑故の語録です。
男は40歳になったら「良い顔」していると言われるようにならねば・・・
それには、仕事を楽しむこと。決まりきったことを日々やり続けること。
仕事のできる人は仕事を楽しんでいるから「良い顔」になるのですね。
40歳を過ぎて、仕事でゴチャゴチャ言うような奴は、あかんってことですね。


私は古希目前ですが、それに車好きでもありませんが・・・
諦めることなく、チャレンジを続ければ必ずチャンスは訪れると
佐藤琢磨選手のインディ500優勝語録から学びました。Goto

IMG_7048.JPG
6/14読売新聞


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月20日 05:03 | コメント (1)


都議選

2017年06月19日

東京が変われば、日本が変わる・・・・と思うのですが、都民の皆さま。


英国・メイ首相率いる保守党が総選挙で過半数割れの敗北。
ブレグジッド(EU離脱)せよと、国民が投票で決めたので、
では、タフなネゴになる、私に「盤石な体制を下さい」と総選挙に打ってでたら・・・
「お前は嘘つき」だと批判され・・・惨敗する始末。


EUのことなので、上滑りは許して欲しいが・・・
なぜ嘘つきなのかと言えば、マニフェストの社会保障政策。
高齢者の介護負担増提案が気にくわないのだと・・・高齢者怖いねぇ。
そのまま押し通せば良いものを・・発表4日後に方針を撤回。
その一貫性のなさが嘘つきだと。それで保守党の支持者までも離れたそうな。


どこかの前首相のように「郵政民営化」・・ワンイシューで勝負すべきを、
総選挙だからそうも行かなかったのですかねぇ。欲張ったのかな。
「鉄の女」と言われたサッチャー元首相が頭から離れない「氷の女」言われている・・
メイ首相・・私なら「鉄の女」を乗り越えられると、熱くなったのだろうか。
熱くなれば、氷は溶けちゃうのにねぇ。早々と退陣ってことにならねば良いが。


それに引き換え。仏国マクロン新大統領・・・総選挙で記録的大勝利。
フランス国民ほど、変わり身の早い国民は知らない。
新大統領率いる新党にこぞって投票したのか、それとも選挙制度がそうさせるのか。
二大政党「ハングパーラメント」(どの政党も過半数に達しない)どころか、
その姿が消えてしまいそうな惨敗。


長引く景気停滞で国民は変革できない二大政党に見切りをつけた・・・
のみならず、大統領選で一騎打ちになった極右政党までもぶっ飛ばしてしまった。
この国民の身勝手さが民主主義なんですかねぇ。


それにしても、マクロン新大統領、ズブの素人を候補者に立て当選させたのだから・・
仏国民って、政治をどう考えているのか。勢いってこうなるんですかねぇ。


勢いと言えば、東京・小池知事。文藝春秋(7月号)に掲載された、
都議選向けの「選挙公約」・・・読みました。さすがです。
実現すれば東京大改革です。「首都が変われば日本が変わる」期待したいものです。
それには、都議選で圧勝することです。


小池知事率いる「都民ファーストの会」・・素人を集めての闘い。(35%は女性ですって)
東京都民がどんな判断を下すのか。マクロン大統領の新党のように・・
地滑り的勝利なんてことになれば、ひょっとしたら日本が変わるかも。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月19日 05:16 | コメント (0)


モネの池

2017年06月18日

雨に打たれるスイレンに紫陽花、そして天然鮎を楽しんでは・・・


それはそれは、綺麗な(透明な)水なんです。
岐阜県関市板取・・・根道神社の境内にある池のこと。
白山信仰の霊山・高賀山からの湧き水です。


「せっかく水の綺麗な池なのに、何もないのは寂しい」と、40年ほど前から
地域の人たちが協力、スイレンやコウホネを植え、池の周囲の草を刈り取り、
たまたま自宅で飼えなくなったニシキゴイを池に放ったり・・・
そんな偶然が積み重なって・・・モネの連作「睡蓮」を思わせる池に。


一昨年ごろから、ブログやツイッター、SNSを通じて「モネの池」と評判に。
昨今では連日数千人の見物客が押し寄せ・・・名もなき池が一躍、話題に。
その「モネの池」の魅力を・・・関市で発行する地域みっちゃく生活情報誌・・・


「きらら」(関・美濃市・73,200部・全戸配布)の巻頭で特集した。
(写真参照・関市出身の写真家・大野隆雄さん撮影)
その結果、地元の読者がびっくり。「こんな近くに・・知らなかった」・・
「灯台下暗し」・・・地域の人が訪れ、新たに観光資源としての見直しが。


「モネの池」・・・水が綺麗で、湧き水、水温が一定なので、
夏に咲くコウホネが枯れにくく、色の美しい変化が長く楽しめ、
スイレンの花の咲く姿が5月下旬から10月に掛けて見られ・・
この6月の中旬から1ヶ月ほどが特に綺麗です。

もともと板取は紫陽花の名所、近所に紫陽花寺と名高い三光寺もある。
梅雨に・・・雨に打たれる「モネの池」でスイレンを愛で紫陽花と戯れる。
なんとも文学的ではないか。ぜひ、あなたも岐阜県関市で「モネ」を味わっては。


そうそう・・・「モネの池」綺麗な水は長良川へと注ぐ・・
やや川下の関市洞戸では、ヤナ漁で獲れた天然の鮎を食べさせてくれる。
花には団子・・・・長良川の鮎もご賞味あれ。Goto

20170612184009_00001.jpg
20170612184009_00002.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月18日 05:35 | コメント (0)


マダコの完全養殖成功

2017年06月17日

律令制度崩壊の時代が来たのではと思うのですが。


文科省のタコツボ化が、獣医学部の新設を呼び、
首相のお友達の学園が、タコツボを破れと政治圧力を掛け・・
タコツボを壊された文科省が、官邸に反乱を企て・・国会が混乱、そんな図でしょうか。


そもそも特区とは規制の壁、既得権益に跳ね返され、
その分野の健全な発展が見られない事象に、特別にその分野を解放して規制改革
行う仕組み。獣医学部の新設許認可権は文科省の特権。


そこに官邸がメスを入れたのだから、黙っちゃいられない文科省
辞めた次官の反乱もわかるが、これ以上やれば、文科省そのものが・・・
時代は確実に変わっているのです、律令制度何が悪いと開き直ると、
文科省そのものが壊されるのではないかと思う。1強安倍政権とは、国民の支持なんだから。
文科省はこれ以上省益には拘らないほうが良いと思う。タコツボに戻った方が・・・


いや、話がそれた。今日のブログは、文科省の省益話ではない。タコツボの話です。
スルメイカが不漁だ。スーパーの鮮魚売り場にイカが「ない」のだから。
私はスルメイカが大好き。炙ったイカを肴に、日本酒チビリが堪らない。


そのイカがない。2年続けて不漁。スルメイカには冬に東南アジアで孵化し、
太平洋を北上する群と、秋に北陸から長崎の海で生まれ日本海を海流する群がある。
冬生まれがこの数年激減。理由は産卵場となる東シナ海の水温が低かったのが原因。


過去にも季節変動で不漁が続いた時期もあったとか。
心配することもないのだが、もう一方では、海洋国家を目指す国が、
爆食の余波で、東シナ海のスルメイカを捕獲し尽くしたのが原因だとも言われいる。


坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・・類はやめて欲しいのだが。
このまま不漁が続けば、スルメイカでチビリも難しくなる。
何とかせねばと思うのだが。さすがに海洋国日本・・・・
日本水産が「マダコ」の完全養殖に成功したと発表。
タコを孵化させ、こどものタコまで育てるのは不可能と言われていたのに

敢えて書く・・・ニッスイ中央研究所大分海洋研究センターが、
人工的受精卵の生産に成功、幼生子ダコに成長。7ヶ月で体重1キロを超え
立派なマダコに成長した。今後事業化できるかどうか判断すると。
タコツボから脱出だ。凄い成果だね。改めて、日本水産に敬意を表す。


で、日本水産とは言わないが、水産研究所で、スルメイカの人口培養を
ぜひ、成功させて貰えないか。そうすれば、スルメイカの不漁の心配はないし、
海洋国家を目指す国に売れるし、私の晩酌の肴も安泰ですから・・・
タコツボなんて、イノベーションで解決しますよ。規制緩和さえすれば。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月17日 05:36 | コメント (0)


豊富な政治資源

2017年06月16日

骨太方針のひとつ「まち・ひと・しごと創生基本方針」を忘れないで。


政府は第2次安倍政権で5回目となる経済財政運営の基本方針(骨太方針)や
成長戦略・未来投資戦略を臨時閣議で決めた。各紙の評価をつぶさに読んだが・・
読売は御用新聞故の高い評価、日経を含め他紙は批判的だが、
私は規制改革実施計画とまち・ひと・しごと創生基本方針に期待したい。


毎日・・・小粒な成長戦略。骨太方針、財政頼み。財政再建 本気度に疑問。
朝日・・・政策乏しい、新鮮味なし。財政悪化の恐れあり。
日経・・・安倍1強生かされず、社会保障・財政は落第。
読売・・・経済成長の加速重視。人手不足 解消策盛る。


朝日、毎日の辛口評価はそうだろうなぁと思うのだが、
日経の厳しさは、逆説的で鋭い。
与党は衆参で3分の2の議席を確保しているのに、改革のサボタージュが目立つ。
取分け、労働力不足解消の外国人受け入れには本格論議を封印したまま、
岩盤規制を突破する気概は息切れ気味である。


社会保障改革と財政健全化には選挙優先で取り組みが鈍い。
一方では安保に偏りがちで成長戦略への覚悟が足らないとも。
日経なりの苛立ちなんだろうが、私は規制改革実施計画に期待している。


地方に「しごと」をつくり安心して働ける取り組み。
「日本版DMO」を核とする観光地域づくりは、急務であろう。
地方への新しい「ひと」の流れをつくる取り組み。
地方大学との産官学連携体制に産業振興と人材育成は重要施策であろう。


他にも、若い世代の結婚、出産、子育ての希望を叶える、
地方の実情に即した「働き方改革」を推進するのも時を待てない。
少子高齢化、時代に則した地域をつくり、安心な暮らしを守り、
地域と地域を連携する施策は地方創生の鍵になるだろう。


全国紙では、骨太の方針といえば、経済最優先に霞んでいるではないか。
成長戦略が小粒だと、批判は容易だが「地方の再生なくして日本の再生なし」が
国家戦略基本だということを忘れてもらっては困る。


政府が発表した「経済財政運営と改革の基本方針」は4計画で成り立ち、
その中で最も「豊富な政治資源」を活用して欲しいのが
「まち・ひと・しごと創生基本方針」であるべきだと私は思って骨太方針を読んだ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月16日 05:52 | コメント (0)


綸言汗の如し

2017年06月15日

「政治で最も大切なことは何か」孔子曰く「必ずや名を正さんか」


私のカバン。もう何年使っているのだろうか。10年にはなるだろうか。
名もない黒い布製で両サイドにチャックが付いていて、中敷のある・・
何の変哲もないカバンだが、肩掛けも付いて実に使い勝手が良い。


最近そのカバンに「ことば選び実用辞典」を入れ持ち歩いている。
毎日書いているブログはタブレットを使いスマホのメールやラインも重宝して
利用させて貰っているが、そもそもが手紙派。


礼状など認める折、そもそもがボキャブラリーが足らないので、
思いが言葉として出て来ない。「うぅーん」と天を仰いでも、何も浮かんで来ない。
そんな時のために、辞書があると便利。この実用辞典の特徴は「580語」が収録され、
約1万語が掲載され、大方の文章には耐えられる。


勿論、それで事足りねば、机上横に鎮座する講談社の「類語大辞典」の
お世話になります。今時、ネット検索すれば、どんな言葉も出てきますが、
でも、ポケットサイズの簡易な辞書ですが、言葉探しでペラペラとめくっていますと、
全く別な素敵な言葉に出会い、ページを止めるのも楽しいモノです。


辞書の話ではありません。政治家の言葉の話です。
論語・・・政治で最も大切なことは何か。子曰く「必ずや名を正さんか」
(言葉を正しく使うことが統治の基本である)・・・言葉の意味が混乱すれば
刑罰など統治は乱れる。人々は正しい言葉に従うものだ。


「綸言汗の如し」・・為政者の口から発せられた言葉は取り消すことができない。
終末国会、激しい議論の応酬になっていますが、安倍さんの「そもそも」の連発には、
言葉の軽さを覚えて仕方がない。「そもそも」の意味は「基本的に」という意味だと、
安倍さんは言うが・・・辞書にそんな意味はない(毎日・5/9)


安易に便宜的に「そもそも」と答弁して閣議決定までしてしまう。
私は何でもかんでも自分の意見と違えば、説明責任が足らない・・・
なんて大メディアの常套句は使わないが、昨今の閣僚、官邸の言葉には、一強の
奢り以前に、「言葉と真摯に向き合っていない」気がする。


その理由が、政治家の資質と申しますか、人間力と申しますか、
幅、深みが欠け、人間の軽さの露呈ではないかと思うのですが、どう思われますか。
カバンの中の「ことば選び実用辞典」がカタカタと動いた気がする。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月15日 06:04 | コメント (0)


ノーベル賞の権威

2017年06月14日

ボブ・ディランの歌はノーベル平和賞が相応しいのではなかったか。


どうもしっくり来ない。私だけでしょうか。
ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞記念講演の音声テープを聴いて。
聴いてと言っても、原稿に落としたのを読んでですが。


先ず、受賞者は講演せねばならない規定がある。
記念講演をせねば、報奨金が貰えない。その期限が半年以内。
で、ギリギリの6月上旬に、テープに収録して、講演の代役にした。
多分ですが、記念講演の手法が厳密に決まってはいなかったのでしょう、
盲点を突いたんですね。


なぜ、堂々とストックホルムに出掛けて行って、他の受賞者と同じように、
演壇に立って、やらないのか。もちろん、そこで唄ってもよいではないか。
敢えて講演と言おう。講演冒頭「自分の歌が文学とどう関係するのかと不思議に思った」と
文学賞受賞に戸惑いを覚えたと言うが、その答えが講演では聞かれない。


「歌は文学とは違う。歌は読まれるためにあるのではなく、
歌うためにある。歌詞を意図したままに聞いて欲しい」とも言うが・・・
であれば、文学賞にそぐわないと、なぜ辞退しないのか。解せぬ。
やはり、報奨金が目当てだったのかなぁ・・・


同時に受賞した日本の科学者大隅良典さんは、報奨金は若い研究者ために使わせてもらう。
と言う。自分の研究に誇りと自信がみなぎり、その凛とした姿勢に
ノーベル賞受賞者に相応しいと感動する。


そもそも文学賞に歌手を選んだ、ノーベル財団の考え方が良くわからないから、
しっくり来ないのだが、「歌は歌うためにある」なんて訳のわからない講演が
受賞記念講演だと嘯く、ボブ・ディランに、ノーベル賞の資格があるのか疑わしい。


ノーベル賞とはそれだけモノだと言えば、そうだろうが、
これまでに、これからも真摯に研究し、人類に貢献した人たちが、
ディランの受賞と音声テープでの講演に、ワガママで通せるって、
なんと素晴らしい人なのだと苦笑しているのが目に浮かぶ。


ノーベル賞などとは無縁の庶民のひとりとして・・・
ボブ・ディランに与えられるノーベル賞は、平和賞であったなら、
良かったのにと思う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月14日 05:22 | コメント (0)


雨の手数

2017年06月13日

梅雨に入り・雨一犂(いちれい・耕作に適したほどよい雨の量)であれ・・


世の中、なかなか上手くいかぬ。
雨空を見上げながら、手元に「雨のことば辞典」引き寄せ・・・
金華山に雨が・・青葉を濡らして降る青梅雨というが、
青二才の意味もあると・・・苦笑い。


米国トランプ政権の異常ぶりが目立つ・・・
取分け「パリ協定離脱」・・・米国内9州と125都市が共同で、
連邦政府に代わって米国の温室効果ガス削減の責任を果たすとの声明を国連に提出、
トランプ政権抜きで国際公約を守ると。


この取組とは別にも、15の州知事や200以上の市長、500以上の企業家らが、
再生可能エネルギー導入に力を入れること合意。米国の離脱で生じる
ガス削減量の穴埋めする報告書を国連に示すという。


米国とはなんとラジカルな国かと、思うと同時に、
自分を支持した人のことしか考えていない大統領って如何にも青臭い。
自分さえ良ければ、なんでもあり。これでは危なくて・・付き合えない。

この身勝手さだと、中国が推し進めるアジアインフラ投資銀行「AIIB」へも、
中国の広域経済圏構想「一帯一路」にも、日本を出し抜いて、いや、梯子を外して
参画するのではないか。逆に考えれば、米国に義理立ては無用ってことに。


そう察したのでしょう。第23回国際交流会議「アジアの未来」(日経が主催するのが凄い)
で講演した安倍首相・・・「一帯一路」構想を「洋の東西、その間多様な地域を
結びつける構想はポテンシャルがある」「日本も協力していきたい」と賛意を・・


中国も「一帯一路は両国が共に発展する新たな舞台となりうる。日本が中国と
一緒に協力発展することを歓迎する」と応じた(日経)・・・尖閣諸島、
東シナ海でのガス田開発、北朝鮮との軋轢など日中間の火種は絶えないが、


日本人の日本人たる所以なのかも知れないが、
一つこと、それが安全保障であっても、意見の相違があると、
相手の全人格を否定する癖がある。それも大人気ないと言うのか、
青臭い、国際社会はそんな単縦ではない。ましてや経済は。


火種や対立は残し、折り合える点は折り合う。
もちろん、米国の核の傘の下にいるのです、米国の顔色を伺いながらですが。
それが「青臭さが抜けた」大人の対応というモノです。
その意味では、老獪な幹事長の「雨の手数」(雨にもさまざまな雨がある意)
はなかなかだと思う。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月13日 05:56 | コメント (0)


日本の資源

2017年06月12日

誰ですか、日本に資源ないと嘆くのは?


日本には資源がないとよく言われますが、そんなことはない。
日本が誇る海底調査の世界的団体・・海洋研究開発機構、
房総半島沖合い350キロ付近、日本の排他的経済水域内に・・・海底岩石
「コバルトリッチクラスト」が広範囲に分布していると発表した。


それも、東京23区の1,5倍の面積で、岩石の厚さは13センチ。
北西太平洋で発見されたものでは最も厚いという。
「コバルトリッチクラスト」にはレアメタルが多く含まれ、
海洋資源の貴重なひとつとして期待される。


海洋大国を標榜する国もあるが、海洋資源の開発は、四方を海に囲まれた日本が、
その先端を行く。日本に資源がないとは言わせない。


他にも貴重な資源がある。人材である。
それも中学生。将棋の藤井聡太4段。プロ棋士になって目下25連勝中。
将棋に興味を持つ小中学生が一気に増えたとか・・・
彼の才能を開花させた人たちに敬意を表したい。


スポーツ分野でも卓球。世界選手権で中高生が大活躍。卓球人口の裾野が広がる気配。
高校野球でもスーパースターが誕生。公式戦でのホームランが100本を超えた清宮選手、
世界のスラッガーになって欲しい願う。他のスポーツでも有望選手がキラ星の如くである。


東京五輪効果なのだろうが、スポーツで花開く体制が整ってきた証であろう。
人材こそ、我が国の最大の資源だと改めて思う。


資源というよりも遺産かもしれないが、
地方には先人が作った素晴らしい資源が多く残っている。
全国各地にある大仏もその一つ。日本三大仏といえば、奈良の東大寺、
鎌倉の高徳寺の石仏は有名だが。あまり知られていないがもう一つは、岐阜市にある。


金華山麓にある黄檗宗金鳳山正法寺の乾漆仏である。
乾漆とは竹を編んで籠状にした仏像を粘土で覆い、その上に経文の書かれた和紙を貼り、
漆と金箔を施して作られた日本最大の乾漆大仏(高さ13,7m)ある。


信長以降、岐阜の伝統工芸品は、和傘と提灯である。
その技術で作られた大仏である。
約200年前、大飢饉に見舞われ被害にあった住民の霊魂を弔うために
その技術が生かされた。これも隠れた重要な資源だと思う。


日本に資源がないと嘆くのは、ひょっとしたら・・・高齢者達かも知れぬ。
敢えて、高齢者のひとりとして私は言いたい。
折角生きてきたのだから、その経験をこの国の重要な資源と言われるような、
高齢者になるべきではないかと・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月12日 05:28 | コメント (5)


綺麗な老人たれ

2017年06月11日

仕事は戦場、戦場では戦闘服を。人の評価は、見た目8割。


6月の中旬なのに、私はクールビズではない。
毎朝ネクタイを絞め、スーツを着て出社している。
無理にそうしているのではない。その方が仕事に気合が入るからである。


勿論、首回りを楽にした方が、仕事の効率が上がると思えば、
ネクタイを外し、開襟シャツで通すことになるのだが、まだそんな気分にはなれない。
襟元が緩んでいると、仕事も緩むような気がするから。

「かりゆし」を着て閣議に向かう閣僚達の姿をニュースなどで観ると・・・
なんとなくだが、違和感を覚えるのは、私が古い人間だからなのか、
TPOが理解できない鈍感だからなのかはわからないが、
「仕事」は戦場です。日本国リーダー達です。身嗜みも戦闘用であった方が良いと思う。


仕事着の話ではないが、最近、街行く高齢者を見て思うことがある。
都会ではそうでもないのだろうが、服装が「暗くて汚い」のが気になる。
着るものなど構ってはいられないってことかも知れないが、
それは間違いである。老人は綺麗でなければならない。


「人の評価、8割は外見」で決まる。とはよく言われることだが。
「見た目」にだらしない人の大半は人間的にもだらしないのは経験上ほぼ間違いない。
いや、私の主観ではない。自分が他人を見た時、そう思うハズである。


老人になれば、世間に遠慮がなくなる。暑いからと平気でラフな格好で、出歩く。
本人はそれで良いのだろうが、それが「老化」の象徴だと気づくべきである。
老人になればなるほど、「明るい色」を好んで着る。清潔なモノを着るべきである。
そうすれば、綺麗な老人に見える。元気とやる気も湧くものである。


クールビズ商戦の話だが、今年の特徴はジャケットやスーツなど、軽くて通気性の良い
フォーマルな着こなしを選ぶ消費者が増えているそうな。
高齢者だけでなく、若い人たちも、ここ一番という勝負時には・・
クールビズであろうが、ビシッと決めて・・・戦場に立つようだ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月11日 05:28 | コメント (0)


音楽と数学

2017年06月10日

イノベーションは一つ一つを徹底的に掘り下げることから起こる。


世の中にはとんでもない人がいるものです。
数学が苦手で、自然科学よりの社会科学だと逃げ・・
逃げ切れないとわかると、社会科学よりも人間学だと更に数字と無縁の世界に・・


耳が悪いのでしょう。音感がまったくない。だから音痴なのに。
でも死んだ親父殿が音痴も音痴、大音痴・・遺伝だから、
音痴なだけで音楽は嫌いじゃないと、音楽に疎い言い訳をする。


そんな私ですが。
子供の頃からピアノを即興で自由に弾くのが好きでした。
中学時代に数学にはまったのも、発想の自由さにワクワクしたからだと。
数学者にして音楽家(ジャズピアニスト)なんて私には信じられない凄い人がいる。


中島さち子さん。(朝日・5/31付・オピニオン)
数学とジャズは似ている。どちらも論理と感性の間を行き来しながら、
常に過去を捨てて新しいモノを生み出そうとするから・・・だとおっしゃる。


数学は、論理がすべてと誤解されやすいが、実は情緒的な学問。
世界的な数学者である故岡潔氏は「数学は道端に咲く花に気づく情緒を
養うために必要な教育」だと・・・私も毎朝のウォーキングで、アスファルトを割って咲く
ダンデライオンに熱い思いを感じますが、どこが間違って数学がダメなんでしょうかねぇ。


数学は、凝り固まった先入観から自分を解き放ち、自由な視点で瞬間を捉える。
まさにジャズと同じです。と・・・私も「過去に拘らない」のを信条として
生きていますが・・・・ジャズどころか、クラッシックが醸し出すイメージ音が
まったく理解できない。どこが違うんでしょうかねぇ。


中島さんは、言う。自由であるには、普段から頭を使って自分の引き出しを
増やしておくべき。多彩な音やリズムなどを左脳に沈めておけば、
無意識になって感性を全開すれば、魔法のブレークスルーが生まれるはず・・・


21世紀は異分野を繋ぎ新しいものを生み出すクリエイティブな時代。
公式を覚えて使うだけなら、機械でできる。マニュアルのない問いに
自由な発想から試行錯誤し、新たものを生み出す。理論と感性を交錯させ、
発想力を育む教育をすれば、人生やビジネスに生かせるとも語る。


我が社の今期のテーマはイノベーションです。
異質のモノ、音楽と数学のいずれもプロとして通用する中島さんであるがゆえの
発想ではあるが、一つのことを徹底的に掘り下げてみると、新しいモノが見えてくる。
それを二つ、三つと掘り下げれば、必然として融合し、
そこにイノベーションが生まれるのは間違いないようだ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月10日 05:45 | コメント (0)


ビールが苦い。

2017年06月09日

中途半端な規制で値上げせよとは何事か?


6月は色んなモノが値上げされました。
まずビールです。今年は猛暑との予報、ビールが売れる気配ですが、
理由がわからないまま値上げされるようです。


通常、値上げには理由があります。バターなどは原材料費が上がったとか、
酒なら酒税が改定され増税になったかだとか。宅急便会社が労働コストに見合ってだとか。
それなりに納得できる値上げ理由があるのですが・・…
今回のビールの値上げには、正当な理由があるとは思えない。


勿論、理屈はあります。改正酒税法施行に伴うモノですが。
改正は酒税増税ではありません。スーパーなどで「安売りを規制する」ことで、
安売りは相成らぬ、値上げせよと強制する法改正です。おかしいと思いませんか。


国税庁曰く「スーパーなどで集客の「目玉」となってきた「発泡酒」や、
「第三のビール」を含むビール類の安売りについて、原価割れ販売を取り締まる」
それが値上げの理由です。流通業者に安売りするなら値上げせよという値上げです。


イオンなど大手スーパーは「売り場面積などから酒類関係コストを計算し、
原価を下回っていないと判断する商品は値上げしない」と反発。6/1には据え置かれた。
と言うこのビール値上げの本当の理由は、「酒類小売業」の既得権益を守るために、
国税が大手スーパーに安売りを禁止させるのが目的です。


ぜ資本主義は自由競争を旨とします。大きく強いモノが勝つ仕組みです。
中小の小売業が大手流通業に凌駕されるのは必然です。
それをこの理不尽な規制によって押し留めようとしても、無理があります。


本気で「街の酒屋さん」を守ろうとするなら、大規模小売店法を見直すか
規制を強化して、大手スーパーに酒類の販売ができないようにすべきではないでしょうか。
そんなことができるはずはないのですが。


このような中途半端な「安売り規制」ほど迷惑なモノはない。
結果として、ビール価格の生殺与奪を大手スーパーが握ることになり、
庶民の晩酌の楽しみが、翻弄されることになるのだから。ビールが苦い。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月09日 05:48 | コメント (2)


「えるぼし」「くるみん」認定

2017年06月08日

女性活躍推進法、次世代育成支援対策推進対策法・・・


2016年・・出生数は97万6979人、統計を取り始め最少、100万人を割り込んだ。
死亡数は戦後最多の130万7765人となり人口の自然減も10年連続、過去最多を
更新したと厚労省は人口動態統計を発表した。


我が社の従業員数は496名(5月末現在)・・・女性310名、女性比率62.9%です。
女性が活躍できる職場を目指し仕事環境の整備に力入れています。
昨年には女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定を受けました。


今年に入り、岐阜県から「子育て支援エクセレント企業」の指定を受け、
先月には厚労省から・・・次世代育成支援対策推進法に基づいた
子育てサポート企業に与えられる「くるみん」の認定を受けました。


我が社では、0歳児から3歳児まで保育料補助手当を実施しています。
このほど、4歳児から6歳児にも新たに子育て手当を創設、
小学校入学から援助する学資手当と合わせ、大学等卒業まで、支援する体制が整いました。


他にもテレワーク制度の導入、妊娠中及び産休・育休中の相談窓口設置、
男性社員の育児休業取得及び取得推進、育児短時間勤務の延長など、
女性が子育てしながら安心して働ける環境作りに取り組んでいます。


その評価が「えるぼし」「くるみん」の認定です。
広告業界では、希であるとの評価を頂いていますが、
まだまだ、不十分だと思っています。


政府は人口減がもたらす国力の衰えに危機感を抱き、
50年後、人口1億人を目指し、「希望出生率1.8」の目標を掲げ、
保育所の整備や結婚支援、子ども保険の創設、仕事と育児とを両立できる体制作りなど、
様々な取り組みを実施しています。


私は思います。政府が幾ら笛吹いても、国民の一人ひとりが、
「子どもを産み育てることの意義や価値を理解し、
真剣にならなければ、人口減を防ぐ」ことはできません。


子どもを産み育てるのは個人の領域です。誰も強制することはできません。
我が社は「女性が働き易い職場こそが男性にとっても働き易い職場になるのだ」との思いで、
社員たちが話し合い、職場環境の改善、待遇の改善に努めています。


我が社の取り組みが、人口減の歯止めには到底なりませんが、
しかし、子育てしながらイキイキ働ける職場を作りあげることが、
人口減少の歯止めではないかと思い、共に努力しています。
その思いから生まれるのが、地域を元気にするハッピーメディア、
地域みっちゃく生活情報誌であると、信じています。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月08日 06:01 | コメント (0)


未来投資戦略2017

2017年06月07日

規制緩和に本気にならないと、第4次産業革命に乗り遅れるのでは・・・


政府が成長戦略「未来投資戦略2017」素案を発表した。
日本の景気はアベノミクスが功を奏し戦後3番目の拡大が続いている。
ここは手を緩めず、政治の力で未来への投資を積極的に続けて欲しい。


国会でも「加計学園」の「手続き論」に振り回されず・・
「成長戦略」についての議論を深めて貰いたい。
過去「第三の矢」として「日本再興戦略」などの成長戦略が、
何度か提案されたが、思うようには進んでいない。


勿論、遅々として成長が見えて来ないのは、
既得権益を保守したい勢力の抵抗を突破できないからである。
「加計学園」問題で「岩盤規制」改革の難しさを改めて知った。
そこを突破することこそ「総理のご意向」・・つまり、政治力ではないかと思う。


素案の柱は・・・AIやIoTを活用して「第4次産業革命」を推進することに
重点が置かれている。さすがに竹中平蔵先生です。実に正しい提示であると思う。


戦略分野は5点で・・・
健康寿命の延伸・・・高齢化、過疎化、無医村地区の拡大対策としての遠隔診療の促進。
移動革命の実現・・・ドローンを活用した荷物配送。人手不足解消など。


サプライチェーンの次世代化・・・1人の運転手が運転するトラックを
無人車両が追いかける高速道路での隊列走行の商用化(具体的ですね)など。
快適なインフラ・街づくり・・・コンパクトシティの実現か。
金融とITを融合した金融サービス・・・「フィンテック」(国際金融社会ですからねぇ)


この発表された「未来投資戦略」についての朝日と読売・・・どんな社説を書いているか。
読売・・・新産業育成が成長戦略だ。期限を定めて規制を縮小する「レギュラトリー・
サンドボックス」制度が創設された。有望分野で大胆な規制緩和を行えば、
新しい産業を生み出すことになる。政府は聖域なく規制を見直し、日本の潜在成長を
引き上げろ・・・と熱い。


一方の朝日・・・首相は改革を進めていく上では常に抵抗勢力とぶつかる。
屈せずしっかりと成長戦略を進めるのが大切と言うが・・・・
加計学園の問題で明らかなように特区で獣医学部新設を認める手続きが、
公平、公正、透明であるかどうかが問われている・・・・
成長戦略以前に政府の「政治信頼回復」するのが先だと拘る。


どちらの主張が正しいのかを読み取って欲しいのではない。
「第3次産業革命」がIT革命です。日本は乗り遅れました。
時代は「第4次産業革命」に入りました。
ここで再び乗り遅れるようなことにでもなれば、
果たして、この国の未来はあるだろうかと危惧するのです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月07日 05:50 | コメント (0)


キッズウィーク

2017年06月06日

「休み方改革」って「働き方改革」に名を借りたポピュリズムだ。


政府の「働き方改革」の柱は「長時間労働の解消」と
「同一労働同一賃金」の2本だと思っていたら・・どうも様子が違う。
まったく浸透していないし、するハズがない。「プレ金」
(プレミアム・フライデー)もその一環だった・・・


東京の大企業ならいざ知らず、ローカルで金曜を15時で切り上げて、
酒を飲みに行け・・なんていえる企業があると思うその感覚が理解できない。
それも「働き方改革」であり「労働過重」対策であり、
更には飲食店にお客を誘導する「景気対策」になるとは・・・まったく理解不能・・・
とても信じられない。


ここまで「働かないこと」を・・・それも勤勉を旨とする国民に
政府が音頭を取って奨励するなんて、ポピュリズムも甚だしい・・・と
呆れているのだが・・・・


またまた、とんでもないことを言い出した。
「休み方改革」の推進だと。公立学校の夏休み(長期休暇)を
5日間減らし、別の月の月曜から金曜に振り替え・・前後の土日と合わせ、
9連休にする。親はその間、有給休暇を5連続で取って、親子で遊んで歩け・・


そうすれば、兎角問題なっている有給休暇の消化になり、
親子のコミュニケーションも取れるし、地域振興にも繋がることになる。いいことばかり・・
名付けて「キッズウィーク」・・こんな素晴らしい「休み方改革」はないと。


夏休みを減らして、学校で勉強させる時間を増やすなら、分かるが、
9連休を新たに作って親子で遊べなんて、まさか文科省が「良い案」だというのか?
プレ金でさえ「仕事はどうするのよ」と躊躇、浸透しないのに・・
「ハイ・5日連続有給休暇を取得します」なんて、誰が言うのでしょうか。


この案を打ち出したのは「教育再生実行会議」だと、誰がメンバーなのか知りたい。
どうせ、仕組みで収益が上がる企業の代表者か、
汗水垂らして働いたことのない学者、文化人の類ではないかと想像するが・・
(大半が大学教授、それに3名の知事と教育長。座長は早稲田大学長でした)


「家庭や地域の教育力を高めるためには、大人が子どもと
向き合う時間の確保が重要だ。官民挙げて「休み方改革」を進める」と
力む安倍首相。


安倍さんの「働き方改革」を支持するひとりとして・・
「働き方改革」に名を借りれば景気回復、経済成長に繋がるなんて考えているとしたら、
安倍さんもどこかで、ピントがズレたとしか思えない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月06日 05:52 | コメント (1)


botejako10周年

2017年06月05日

ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌6月号が出揃いました。


総発行部数・先月より9,688部増え、29都道府県。125誌・7,147,188部となりました。
周年記念号は岐阜市で発行の「GiFUTO」が8周年迎えました。
山梨の「Parupi」(甲府版・76,000部。甲斐・南アルプス・中央市版・62,000部)が
13周年。


新顔ですが、新たに仲間に加わった長野県・松本、安曇野、塩尻市で発行の
「ミルトク」(65,000部・全戸配布)が12周年を迎えました。
大阪府・吹田市の「すいんぐ」(63,500部・全戸配布)もおかげ様で1周年になりました。


そして、滋賀県・長浜・米原市で44,320部・全戸配布の「botejako」が、
10周年を迎えました。巻頭特集では、藤井長浜市長が登場、
市政にかける熱い思いが、動画のフリモARと記事で市民に伝えられました。


「botejako」の思い出を・・
地域みっちゃく生活情報誌、23年の歴史で不採算を理由に休刊したのが2誌あります。
ひとつが「botejako」です。19年前、岐阜県外初進出したのが滋賀県長浜「botejako」
でした。当時は「ぼてじゃこ倶楽部」の名称で4年間発行しました。


なぜ、長浜だったのか。よく聞かれました。
理由は、織田信長が天下統一を目指すにはどうしても抑えなければならないのが、
北陸道と東海道、そして伊勢街道交わる交通の要所、長浜でした。
信長は、新進気鋭の部下、美濃攻めと桶狭間の戦いで功労のあった木下藤吉郎に、
長浜を与え、大名としました。


そうなんです。長浜を抑えることよって、信長の天下統一が可能なったのです。
そんな戦国の世にならい、私もと・・・・長浜に進出したのです。
しかし、そんなに甘いものではない。まだノウハウも確立されておらず、
中途半端な体制と市場に翻弄され、「捲土重来」を誓い撤退しました。


その後、三重県の桑名に進出。そして滋賀県の彦根に。
それから・・・そうなんです。10年前に再び、長浜で「botejako 」を発行したのです。
私にとって、「botejako」が市民になくてはならないハッピーメディアとして、
10周年を迎えたことに感慨深いものがあります。


ここまで育ててくれたスタッフ、読者、スポンサー各位に心より感謝申し上げたい。
ありがとうございます。今後20年、30年とこの地の「元気のために」
不可欠なフリーメディアとしての役割を果たして欲しいと願っています。


因みに、休刊したもうひとつは愛知県の瀬戸市で発行した「せとまる」です。
現在は「アサヒトセト」と名を変え、隣の尾張旭市と併用で、
再発行、今は愛知県で最も元気なハッピーメディアに育っています。


我が社の地域みっちゃく生活情報誌は、回を重ねれば重ねるほどに、
地域に愛され、ご利用頂けます。なぜなら「その地域を元気にする」
そのために発行するのだとの目的意識が明確だからです。
700万部を超え全国に広がるハッピーメディアにご期待下さい。Goto


1.jpg2.jpg3.jpg
4.jpg5.jpg6.jpg
7.jpg8.jpg9.jpg
10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg
16.jpg17.jpg18.jpg
19.jpg20.jpg21.jpg
22.jpg23.jpg24.jpg
25.jpg26.jpg27.jpg
28.jpg29.jpg30.jpg
31.jpg32.jpg33.jpg
34.jpg35.jpg36.jpg
1_munahuorune_06.jpg2_pigurenanairo_06.jpg3_himejirakurri_06.jpg
4_harurubloom_06.jpg5_kitamori_06.jpg6_kounaniwakura_06.jpg
7_nisimokogamo_06.jpg8_oripkawara_06.jpg9_ndacyamaroota_06.jpg
10_gamagoorinisio_06.jpg11_kenoujhouetu_06.jpg12_safuraazaumal_06.jpg
13_torattanaozane_06.jpg14_ichinomiyatoyokaea_06.jpg15_itomeihama_06.jpg
16_nisisintoss_06.jpg17_culehamachikane_06.jpg18_taharasinnsiro_06.jpg
19_minoswing_06.jpg20_kojyantfaveur_06.jpg21_sukattriverna_06.jpg
22_parupi_06.jpg23_steptoyota_06.jpg24_mynaagafukagawa_06.jpg
25_mirutokutoyohasi_06.jpg26_casislotas_06.jpg27_mydoclam_06.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月05日 05:38 | コメント (1)


図書館は図書館らしく。

2017年06月04日

随分上から目線で、安倍政権の批判をするのですねぇ。

我がふるさと岐阜市。街の一等地に図書館「メディアコスモス」が誕生して2年余・・
市民の憩いの場として利用者が多いようです。
が、弱ったことに、余りにもお洒落な建物故に、雨漏りが絶えないそうです。


建設業者と市当局の間で、責任を巡って激しいさや当てが。
建設当初、この設計では、必ず雨漏りする。事前対策が必要ではと、
関係者の間では囁かれていたのですが、雨傘さしての図書館も如何なものか。


デザインの奇抜さに、誰が酔ったのかはわかりませんが、
木を繋ぎ合せ窪みのある屋根・・雨水が溜まる設計です、
それを何とかせねば・・・永久に雨漏りは続くと専門家は言う。


山口県周南市の図書館。
来年新設される「いわゆる指定管理図書館」(民間業者に運営を最初から委託する)
岐阜市と同じ斬新な図書館で、インテリアに凝っていそうです。
2階まで吹き抜ける高架の棚を設け10万冊分の本を収納する。


10万冊って凄い量だと思いきや、3万5千冊は中が空洞の「ダミー本」で、
その値段が、125万円だとか。設計者の意図は「うおっ」と驚く空間を演出する
インテリアですって。(朝日5/29・朝刊・政治断簡)


コラム二スト氏曰く「このダミー本、私は個人宅に置き換えてみる。
自慢の大きな本棚をダミー本で埋めている家主を、私は信頼できない。
だって家主は思っているはず、中身なんてどうでもいい。むしろ空洞の方がいい
安いし軽いし入れ替えが楽だし・・・ああこれ、この感じ。安倍政権が
民を扱う手つき似ている」と。


「ダミーの本」を平気で飾る周南市の「本に対する扱い」を、
地方自治体の首長や議会への警鐘ならば、分かるのですが・・・
安倍政権と結びつける理屈は私には理解できない・・


「郵便ポストが赤いのも」「電信柱が高いのも」すべて安倍が悪い、
憲法9条の改憲提案が諸悪の根源と言いたいのが朝日流だということですが。
でも、急激に技術を高める北朝鮮のミサイルに、核が搭載され、
日本に向け発射されたとしたら、・・・コラムニスト氏どう弁明するのでしょうか。
多分、奇抜で美しいことが大切、空洞でも戦うよりもいいと言い換えるのでしょうねぇ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月04日 05:21 | コメント (0)


早起きは病気か?

2017年06月03日

果報は寝てては来ません。夜型から朝型へ。


「早起きは三文の徳」という諺があります。
意味は・・朝早く起きれば健康に良いし、仕事も勉強もはかどり得をすると、
朝寝坊を戒めるのですが。


もう一方では「早起きしても・・たった三文にしかならない」
朝っぱらからバタバタしないで・・「果報は寝て待て」と・・
まったく反対の意味もあるそうです。


私は貧乏性でお天道様より早く起きれば、何か良いことがあると
「三文の徳」を信じる方ですが、最近のご同輩・・取り分けリタイア組・・は
陽が高くなるまで、ゆっくりと寝てるそうです。


「優雅で良いなぁ」と言いますと。「違うこれはODという病気だ」と。
OD?・・・起立性調節障害・・「循環に関する自律神経の働きが悪く、
起立時に体脳への血流が低下して立ちくらみや倦怠感などの症状が出る」
小学校高学年から増え、中学生で増加、小学生の5%、中学生の10%程度が
該当するとみられ、思春期に体が急成長する影響が原因と考えられている。


具体的な症状は「春から夏にかけて気温が上がると血管が拡張しやすく、
病状が強くなる」診断方法は「起立後に下がった血圧が元に戻るまでの時間を
測定して、診断する」・・・そうです。


なるほど・・・子供の成長期にですか。思春期にですか。
では・・・高齢者が罹る病気でないのですね。だとすると・・・
くだんのご同輩の朝寝坊はODではない。「果報は寝て待て」の口ですかねぇ。


我が社には「朝起きられなくて、仕事に遅刻するような」怠惰な
社員は一人もいませんが、若い人で・・どうしても朝起きられな人は、
ぜひ、ODを疑ってみてはどうでしょうか。(思春期かも知れませんので)


ODの治療法は水分や塩分を適切に摂取するほか、
血圧を下げないようにする薬などが効果があるそうです。
ぜひ、医者で処方してもらって下さい。

私の持論で恐縮ですが。・・・小中学生は別かも知れませんが。
いっぱしの大人の朝寝坊は・・朝起きられないのではない。夜寝れないのが原因です。
何処かで、夜型のサイクルを朝型に変えるべきではないでしょうか。


なかなか眠れない人も病気です。睡眠導入剤を医師に処方してもらい飲むと良いのでは。
人によって違いますが、一週間も続ければ、朝型に変わります。
「早起きは三文の徳」・・・きっと人生が変わります。
もちろん・・・ご同輩も同様です。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月03日 05:35 | コメント (0)


映画観賞

2017年06月02日

85歳の山田洋次監督に敬意を表す。


土曜の朝。前日、出張から戻るのがチョッと遅くなり・・
チョッピり寝坊・・慌てて・・ブログを書き、いつもより・・30分ほど遅れで、
早朝ウオーキングに・・・途中のストレッチで、汗が吹き出て、
帰宅後・・朝、シャワーを浴びて、出社。


書類の整理を済ませ、ひと息つくと、電話があり、午後の予定が飛んだ。
昼食をと・・待てよ・・そうだ、久しぶりに映画でもと思い立ち、
高齢者には身につまされると評判の山田洋次監督・・・
「家族はつらいよ」を観てみるかと・・思い立ち・・


新聞を捲る。あれぇ・・一番近くにあるシネコンの「日載」がない。
(新聞には映画の案内が毎日掲載される・・それを「日載広告」という)
で、仕方がない。スマホで調べ・・午後の時間にと出掛けた。


館内に入って驚いた。
観客席が結構埋まっている。それもほとんどがご同輩ばかり。
それに、賑やかなんです。通常、映画館なんてものは、開始時間を静かに待つのですが
あちらこちらから、ワイワイガヤガヤ。高齢者に遠慮はない。まるで、老人ホーム。。


最近の映画って、開始時間になっても、なかなか始まらないんですねぇ。
予告編の案内が長々と続き、上映中の注意が与えられ、
広告が流れ15分ぐらい経ってスタート。商魂逞しいですねぇ・・・


でやっと・・・今や伝説のイラストレーター横尾忠則さんのタイトルが斬新。
登場人物の時代背景に合わせてのワンカット、ワンカットまでも実に丁寧。
独居老人の本棚の本まで吟味され、高齢ドライバーに付けるもみじマーク、
マグネットを剥がし駐車場で投げ捨てる。そこに枯葉が・・・


喜劇です。笑いの質は「男はつらいよ」と同じドタバタですが。
人間味があって何処か温かい。人の死である悲劇を笑いに変えるところも
85歳の監督ならではでした。


私の鑑賞感です。
生涯現役でなければならない。働くことを辞めて、することがないのが、
高齢者問題の最大の悲劇だと思う。
働くとは生産することです。高齢者には高齢者にできる生産物があるはずです。


それと自動運転の技術を早く開発して一般化して欲しい。
そうすれば、高齢者の行動に自由度が増し、生涯現役で働ける。
「人間は働くから人間です」85歳山田洋次監督の働きに敬意を表しながら・・・
楽しませて貰った・・たまには映画観賞も良いモノです。ご同輩・・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年06月02日 06:04 | コメント (2)


設備投資過去最高

2017年06月01日

景気予想は晴れだと思うのですが・・・甘いでしょうか?


この夏は異常猛暑だと、気象予報士達はメディアで煽る。
デジタル時代、天気予報の確率は格段に高い。
間違いないのだろうが。願わくば外れて欲しい予想である。


予想と言えば。景気予想・・・好景気が続いているというのに、
一向に「そんな情報が聞こえてこない」 のはなぜ何だろうか?不思議です。
メディア的な言い方をすれば「GDPの6割を占める個人消費が伸びない」からと、
いうことになるのでしょうが・・・


でも・・それではあまりにも一面的です。
経済が活性化するには、個人消費の拡大も大きな要素ですが。
それには、貿易が活発になることも重要です。
貿易収支が黒字になれば、国は潤い、ひいては国民の懐も暖かくなる。


昨今、米国の好景気に牽引され輸出産業は好調です。
同時に原油価格の安定と省エネでの消費量の減少により、輸入量が減り
貿易収支は黒字化しています。国際収支で言えば、そもそも所得収支は
黒字なのですから、景気予想、貿易面での陰りは見られません。


景気を予想するにはもう一つ重要なことがあります。
企業の設備投資です。日経が17年度の設備投資動向調査を発表。
取り分け、国内の設備投資計画は全産業に及び、前年比13.6%増。
調査を始め07年以降最高の伸び率だと発表。


設備投資の理由は産業別に違いはあるが、
流通業などは「深刻化する人手不足に環境整備で対処」するとか。
物流は労働効率を上げるべく、ITシステムを導入するとか。
不動産や商社などは「物流拠点」への積極投資など、時代にマッチした投資が活発。


製造業でもトヨタは前年比7.3%増で、国内工場の老朽化対策にあてるという。
また、リスクをとる先行投資に踏み切る製紙会社やインフラ整備に大型投資の
JR、更には業界再編に伴う投資も目立つ。(日経・5/27)


企業が「内部留保」を取り崩し、設備投資に力を入れ始めることほど、
日本の景気予想に反映されることはないと思う。
であれば、猛暑をものともせず、日本の景気は好調だと思うが・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年06月01日 05:38 | コメント (0)