2017年07月

綱領を。

2017年07月31日

民進党蓮舫代表辞任、新代表が、今やらねばならぬこと。


民進党は何がしたいのか。
そもそも党名を民主党から民進党に変更したのはなぜか。
蓮舫代表が辞任。糸の切れた民進党は何処へ行くのか。

民主党から党名変更した理由。結の党でしたか、みんなの党でしたか・・
と合流するためには・・・党名を変えるなら一緒になっても良い。
・・・そんな、理由にならない理由で改名した。
党名変更することで、政権転落からの低迷打破を計ろうとしたのだろうが、余りにも安直。


その延長線上だと思うのですが、蓮舫氏を代表に選んだ折も、
地方を含め国会議員、党員の圧倒的多数が、選挙の顔として彼女を支持した。
私は解党的出直しが必要な折、アイドルを選ぶ安易さに、落胆したものだが、
その結果がこの辞任劇、さもありなんと思っている。


この国は健全な国だと思っている。理由は選挙で政権交代が可能な国だからだ。
この健全さを民主主義というならば、政権交代可能な野党が存在せねばならない。
その役割を担うのは、取りも直さず民進党である。


新代表が誰になろうと、手負いの民進党に必要なことはひとつだけだ。
それは、綱領を創ること。綱領のない政党などありえない。
ましてや、巨大与党と立ち向かうに、羅針盤のない船が闘えるはずがない。

日本を如何なる思想、理念で導くのか。その羅針盤が綱領だ。
民進党は民主党時代から綱領創りを避けてきた。
理由は意見の違いが鮮明になり分裂するのを恐れたからである。


民進党よ。恐れるな。新代表元、全ての関係者が侃侃諤諤・・・
命懸けで、血の出るような議論をトコトン繰り返し、綱領を創れ。
その綱領を高く掲げ、再び政権を担いうる政党へと脱皮せよ。
それ以外に、民進党の進む道はない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月31日 05:34 | コメント (0)


努力に優る勝ちはない。

2017年07月30日

大横綱白鵬関、ぜひ、美しい立会いで・・・東京五輪までは。


大相撲名古屋場所、ご承知の如く
大横綱白鵬関が歴代最多勝利を土産に優勝でした。
大相撲愛好家として謹んで、39回目の優勝をお祝い申し上げます。


名古屋場所を「ナマ」で見て・・・大切なことです。
大相撲は本場所を「ナマ」で見てこそ、相撲の醍醐味を肌で感じるモノです。
巡業を「ナマ」で見るのと、本場所を「ナマ」で見るのとも・・・まったく違います。


本場所は真剣勝負です。150キロ近い男が命を賭けてぶつかるのです。
立会いの微妙な駆け引き。行事の差配。頭と頭がぶつかる音、
しくじった力士の打ち拉がれた表情、怪我をしてでも土俵に上がる姿・・・
「ナマ」の迫力を本場所で実感してこそ、大相撲通といえましょう。


テレビ桟敷では絶対に伝わりません。ぜひ、本場所を見て頂きたいものです。
因みに巡業は大男、力男の見世物です。巡業を見るなら、稽古風景ですね。
強くなりたい。勝ちたい。そのための命賭けの稽古が見られます。


大相撲は日の当たらないところでどれだけ努力するか、それで、番付は決まります。
大相撲や他のスポーツの話ではありません。
人生も同じですね。「努力に優る勝ちはない」ですね。


大横綱白鵬関「ナマ」で見ました。他の横綱、大関陣と何が違うか。
身体の張りです。昨年の名古屋場所と比較しますと、別人の違いです。
身を粉にして、身体作りに努力した跡が伺われます。


まだ31歳です。このまま人知れず努力を重ねるなら、
3年は大丈夫です。そうです。東京五輪で全世界の人々に横綱の土俵入りを披露できます。
それを目標に第一人者として君臨して欲しいと願います。


でも、名古屋場所を通じて、白鵬関に思うことがあります。
横綱相撲とは・・・を貫い欲しいです。残念ですが、立会いが美しくないです。
横綱の立会いではありません。衰えを隠すほど衰えてはいないと思うのですが、
張り手、カチ上げ(それもサポーターを付け)引っ掛け、交わしの妙の立会いで
勝つのは横綱らしくありません。


やはり、正々堂々、横綱らしく、正面で受け・・
そして、料理する。それが横綱相撲です。
ゆるぎない強さです。であれば、例え衰えたりと言えども、
老獪な立会をやめて・・・大横綱としての道を威風堂々進んで欲しいと思います。

IMG_7133.JPG
7/27日本経済新聞

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月30日 05:16 | コメント (0)


季節と生きる。

2017年07月29日

猛暑にへたばってないで、イノベーションを起こしましょう。


季節は嘘はつきませんね。いよいよ夏本番。
早朝ウォーキング、メモリアルセンター(岐阜県の総合運動場)内の木立ち・・
その下を通りますと、まるでシャワーのように「蝉時雨」が・・・
思わず立ち止まり「今年も浴びさせてくれてありがとう」と樹木を仰ぎます。


この夏、気象庁の予報では真夏日や猛暑日が続くとのこと。
めざとい飲料メーカー。販売増を見込んで、一斉に増産体制に入っているとか。
ビールメーカー、アサヒは「猛暑が追い風」と売出し中の第三のビール
「クリアアサヒ」前期比5%の生産アップに。


キリンもビール類4%増産、缶チューハイも14%生産増にしたと。
サントリーは「ザ・プレミアム・モルツ」の缶ビールを「家庭用」にと
CMを強化して10%生産アップに。サッポロも強気で6%生産量を増やした。
各社とも猛暑が続けと意気盛んです。

一方・・・猛暑で来店が鈍る商業施設も、今年は猛暑を逆手に取って・・・
東京の話ですが。気象庁の予報気温が一定以上になった場合には、(33度だそう)
特別割引をする百貨店も・・・猛暑を味方に引き寄せる逞しい商魂です。


家電量販店でもエアコンの販売台数が7月には前年同月比で4割アップ。
冷感敷きパッドや冷感素材を使った枕カバーの販売が軒並み前期比大幅増に。
定番中の定番、扇風機も6割増の売れ行きだと。


変わったところでは、保冷商品の売上高が急増。
保冷スプレー、服を着たままで冷涼感が得られる商品が人気で、
先日のゴルフで、同伴者が持参、私もかけて貰いましたが、なかなかの優れモノ。
(救急救命医曰く・・・首筋を冷やすのが熱中対策には一番だと)


他にも、サングラスは昨対11%増。日傘は7%、扇子も12%と
軒並み、猛暑関連はフィーバーしているそうな(日経7/24)・・・日経ですから、眉つばですが。
温暖化とは申しませんが、日本の夏は、年々猛暑日が増え、
真夏日の期間が多くなっているのは事実です。

多分ですが。10月に入っても、真夏日が・・・・そんな季節感です。
であれば、冷涼感を醸し出す商品が売れるってことです。
猛暑にへたっていないで、貪欲に季節をビジネスチャンスに変える・・
そんなイノベーションを巻き起こしたいものです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月29日 05:23 | コメント (0)


新聞・日曜休刊にしては。

2017年07月28日

全国紙、日月曜日の紙面って、真面目に作ってますかねぇ。


久しぶりに朝日の「文化の扉」からのテーマを取り上げたい・・・
その前に、政治的にも、経済的にも、社会的にも
大きなニュースがないからだといえば、平和の証なんでしょうが・・・

それにしてもです。最近の全国紙って・・・・日曜日の紙面、
真面目に作っていませんねぇ。これじゃ、新聞が売れなくなるハズです。
まるで、日曜日の新聞は、ページをめくりたい読者はご勝手に・・


そんな投げやりな紙面作りなんですから。新聞命(しんぶんいのち)の私としては・・・
日曜日も発行しているのだから仕方がないと、お座なりの新聞を作っているなら・・・
一層、日曜は私の休肝日同様に、日曜休刊にすればどうでしょうか。


言わずもがなですが。当然、日曜に働いている記者が少ないのですから、
月曜の紙面記事の内容はスカスカで、建てページも少ない。であれば・・・
働き方改革です。記者の働き方改革で、月曜も休刊にして・・
週休二日の徹底を図ってはどうでしょうか。


因みに・・・日曜の紙面、取り分け読むページがないのは日経です。
相変わらず、「こんな日曜日待ち遠しい」・・・NIKKEI The STYLE
のタイトルで、これが新聞なのかと疑うような、「自己満足」な紙面を16ページも
作っている・・・これって、読者のどの層が読むことを
想定しているのでしょうかねぇ。


私的には、日経の読者、それもコアの読者が・・・
日曜日に「チョイ悪オヤジ」となって、お洒落して遊びに行きたい・・
なんて思っていると思っているのでしょうか。コアの読者ほど、
日曜にこそ、自己研鑽を積みたいと思っているのではないでしょうか。


お遊び紙面は辞めてもらいたいモノです。
ひょっとしたら、この紙面・・基本は外部に委託、アウトソーシングしているのでは?
広告紙面から察するに、広告代理店とかに・・・


そうしておいて、編集局の働き方改革をやっているのでは・・・
そんな穿った見方をしてしまうのですが・・・間違ってますかねぇ。


新聞とは「ザ・プレス」新聞記者の事だと思っています。
記者が書かない紙面など、新聞ではないと思うのですが。
「こんな日曜日が待ち遠しい」のが記者達だとしたら、お笑いぐさですね。


で、朝日のまったくニュース性のない、日曜の紙面「文化の扉」(7/23付)に
女性の髪形について時代的変遷が掲載されていましたので・・・
「髪は女の命」・・・明治以降、髪形は「女性達を挑戦へと誘った」・・・
髪を結う江戸から「束髪」の明治へ。大正時代にはモダンガール(モガ)の象徴「断髪」が。


昭和に入りコンパクトな「耳隠し」が近代女性の象徴となり。
戦後は「ローマの休日」オードリーヘップバーンが髪をバッサリ切るシーンから
「ショートヘア」が女性のチャレンジの象徴になっていると、記事は。
女性が髪形を変えるのは自己表現の場であり、自分を表現するものだと結んでいる。

ただ、挑戦する女性は、少なくとも、政治の世界では小池東京都知事にしても、
民進党蓮舫代表にしても、髪形を気にしなくても良いのか、ショートカットが多い。
この記事もなんの新鮮味のない記事だか、その意味では的を得てはいる。
そこまで書くなら、稲田防衛大臣の髪形って、鬱陶しいだけで、
挑戦する女性って感じではない。朝日はそのことが言いたいかったのでは・・・


それとも、髪が豊富な女性は、秘書を「コラー、このハゲー」と
批判する戦闘性を持っているのか。どうでもよい「文化の扉」を掲載するくらいなら、
やっぱり日曜は休刊日が良いと思うのだが・・Goto


IMG_7130.JPG
7/23日本経済新聞


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月28日 05:10 | コメント (2)


足元を固める

2017年07月27日

ジョギングシューズの機能と技術がビジネスシューズに・・・


我が社は創業40年です。
時代も良かったのでしょう、がむしゃらに突っ走った10年。
しっかりとした土台が必要と、足場を固めた10年。
社会変化に翻弄され、せっかくの土台がぐらついた10年。
社会に一定の影響力と基礎づくりに励んだ10年。


40年を振り返りますと、結局は足元を何度も何度も固める40年だった気がします。
足元がしっかりすれば、どんな立派な家でも建てることができます。


人間もそうだと思います。
下半身を鍛えれば、どんな風雨でも真っ直ぐ歩くことができます。
私も我が社も・・・常に足元を固め、一歩一歩前進したいと思っています。


いやいや、話が大仰になってしまいました。
足元は足元でも靴の話です。


私の足は外反母趾で親指の先が内側に折れ曲がり・・・
おまけに扁平足で、大きな足ではないのですが、横幅に広がっている
スリーE・・若しくはフォーEの靴でないと歩きに難いのです。


ですから、形の悪いビジネスシューズを履いていますので、いつも足元が落ち着かない。
まだまだ現役で頑張りたい私・・・足元が何とかならないかと・・気になっていますが
「ビジネスシューズにスポーツの技」が織り込まれ革靴が発売され・・
スポーツメーカーがビジネスシューズに斬り込み、靴業界は大騒ぎです。


アシックスのビジネスシューズは機能性重視で、
軽量なスポーツシューズのノウハウを取り入れ、衝撃を吸収するクッション性や
靴の中で足ずれを防ぐフィット性が重視され、負担を少なくしてあります。
靴の中を蒸れにくくする工夫も施され、キリッとしたビジネスマンには似合いの靴です。


ビジネスシューズに目を付けたのは、アシックスだけではない。
ミズノの商品は40キロの長距離を歩くことが前提で
足で稼ぐ営業マン向けのもの、我が社のスタッフ向けかな。


ヨネックスのビジネスシューズはかかとの丸みや
土踏まずのアーチを立体的に設計フィット性を高め、
クッション性も靴底には「7メートルの高さから落としても
生卵が割れず、4メートル以上跳ね返す」素材を使用。
足の疲れを感じさせない優れたモノ。

ジョギングやウォーキングのシューズは営業では履きにくいが・・
ビジネスシューズにジョギングシューズのノウハウがそっくり入ったとなると、
私も、その革靴を履いて、営業に走り回れば・・・
我が社も私も・・足元が固まるってことになる。
善し・・もうひと頑張りするか。。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月27日 05:44 | コメント (0)


地方創生

2017年07月26日

訪日客過去最多1375万人・・・地方に誘致する知恵を。


日の出の勢いとはこのことでしょうか。
訪日観光客の数が止まらない。半年で過去最多の1375万人、
消費額の合計は2兆円を突破したそうな。


政府が目標とする2020年訪日客4000万人が見えてきたようです。
消費は旅行者数に比べ、伸びが低い気がしますが・・・・
もう一つの目標である消費額8兆円への対策が急がれます。


政治は何をやっているのでしょうねぇ。
政策の1丁目1番地は地方創生だと政権は公約を掲げ・・
地方の再生は日本の再生・・・なんて地方を担当する総務省は声を張り上げ・・
地方の活性化に本腰を入れていると思っているのですが・・

現実は・・・地方のことなどそっち退けで、加計だの日報(自衛隊員)だので
熱くなっている。熱くなる原因が官僚の政治不信の様相を呈しているのが気懸りです。
加計問題は文科省のリークが。防衛省の問題は制服組のリークが。


「あったものをないとは言えない」「行政が政治によって歪められた」
「報告したものを知らぬ存ぜぬでは許せぬ」と、その内容を暴露・・・
政治は一寸先は闇と申しますが、官僚の反乱が政権を追い詰めるケースは珍しい・
やはり日本は律令国家、国民の上に役人が君臨しているのでしょうね。


政治がそんな状態では地方創生は程遠いと思うのですが・・・
少なくとも、観光客が海外から押し寄せているのは確かです。
地方は、観光客を呼び寄せ、地方創生の一助にせねばなりません・・・
それには地方の観光資源の開発です。


折しも、日本列島は猛暑・・・子供たちは夏休みです。
夏休みは家族で旅行するシーズンでもあります。
訪日観光客とダブらない地方旅行への計画を立てて欲しいものです。
それが、地方の観光資源の掘り起こしになれば良い。
日本人の家族旅行コースが話題になり、海外から観光客が訪れるようになれば理想です。


昨今の訪日客の傾向はリピーターを中心に爆買い「モノの消費」より、
知られざる日本を体験する「コトの消費」に移りつつあるようです。
訪日客が増える施策は政治が。地方は地方に呼び込む知恵が重要ではないでしょうか。Goto


追伸
JLAA(一般社団法人・日本地域広告会社協会)では、
この秋、観光マーケティング実務者養成講座(TMO)を
観光庁の後援を得て実施します。詳細はHPを検索願います。


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月26日 05:21 | コメント (0)


説明責任

2017年07月25日

メディアが使う説明責任って、説明できない責任を取れって意味ではないか?


朝日新聞のオピニオン(7/19)の欄に説明責任はどこへ・・
そんなタイトルの耕論が掲載されました。
政治家や官僚が国会や記者会見で木で鼻を括った答弁を繰り返し、
まともに答えないのはなぜか。そんな憤りを掘り下げた内容です。


私の持論ですが。説明責任なんて、政治家は果たせませんよ。
記者即ち、メディアも答えられないことを聞いて・・・
答えないから、説明責任を果たせないと、批判の材料にしているだけです。


説明責任を英訳すると「アカウンタビリティー」いう。
東大教授氏・・・アカウンタビリティーは本来「答責性」といい、欧米では、
説明がきちんとしていないと責任を問われ首が飛ぶ、
緊張感のある概念で、政治家は選挙で落とされ、官僚は解任や左遷されると言う。


さすが東大の先生。説明責任とは「答責性」であるべきと、
アカウンタビリティーの解釈を変えて論じている。
そして、アカウンタビリティーで最も重要なのは民主的な熟議が実行されねばならないこと。


安倍政権は・・・熟議しないいい加減な政権だと批判する。
そして、私たち(その先生は)国民は「国家権力の責任主体だと言う意識で政治家を監視し
説明を求めて行かねばならない」それが説明責任のあるべき姿だと仰る。


書いてる私もこの先生が言いたい「説明責任」とは何かが・・さっぱり理解できない。
多分ですが。説明責任というのは、本当のこと、いや、本質と言えば良いのでしょうか、
質問と答えを延々と繰り返し続け・・・誰でもが納得できる答えがでるまで、
時間を浪費すべきものだと、言われているのでしょう。


日本社会では、アカウンタビリティー(説明責任)はメディア側では
説明できない悪いことをしたのだから、クビを要求する意味であり、
責められる側は誰のクビを差し出せば責任を果たしたことになるのかを、
考える・・・「説明できる状態での業務遂行を推奨する概念」と解すべき。
(コラムニスト氏・・・私はこれが正しい説明責任の意味だと思います)


メディアが使う・・説明責任なんて言葉は「説明できない責任」を問うているのですから、
何処かの大統領のように、「お前はクビだ」と、始めから
言ってしまった方が良いのではないか・・・と、思うのですが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月25日 05:48 | コメント (0)


地場産業の振興策

2017年07月24日

刀匠に弟子入りして小柄を鍛錬する。面白い企画です。


岐阜県関市ってご存知でしょうか。
新潟県燕市と並び称される刃物の産地です。
貝印、フェザーなどの安全剃刀は関市で生産され、シェアは世界一です。
最近は、高級包丁、使い勝手の良い爪切りなどが高い評価を受けています。


関市が刃物の産地になった理由は、近在で砂鉄が取れたこと。
450年ほどの歴史ですが、砂鉄を使って、日本刀が生産されるようになった。
名刀・関の孫六は有名ですね。


その後、刀の生産から派生して、様々な金属製品が作られるようになりました。
バタフライナイフは日本で発売が禁止されていますが、世界中に輸出されています。
ステンレスの流し台も関産は高級で好評です。


私の持論です。地方創生には「地場産業」の振興が不可欠です。
地方が元気になるとは、人が集うことです。
人が集うにはそこに雇用がなければなりません。
地場産業が雇用の受け皿になるのが、最も手取り早い。


関市の市長、優秀でアイデアマン。
ふるさと納税に「関の孫六」を返礼品にして、刀蒐集家の話題をさらっているが、
このほど刀匠に弟子入りして「小柄(小刀)」を鍛錬する体験を有料で募集。
できあがった本物の小柄を持ち帰れるそんな「1日職人体験」の企画を発表した。


刀匠に弟子入りして作る小柄だけではなく、鉄家具職人、彫刻刀職人、
ナイフ職人、焼き入れ職人、ハサミ職人など、関の地場産業で培われた、
職人達にそれぞれの製品ができるまでを学び、実際に作って、持ち帰れる。


関市を理解し地場産業の振興にも繋がる面白い企画です。
市長の狙いは、関の地場産業をより知ってもらうことであり、
体験者が職人を志し関市定住して貰えれば、更に良し。
勿論、有料ですから、職人の臨時収入にもなる。


我が社のハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌・・・
勿論関市でも発行している。「きらら」(関・美濃市・56,000部・全戸配布)です。
市民に市長がこんなアイデアを出し、地場産業振興に尽力している様を伝え、
「1日職人体験」企画への参加者を募集し応援したいと思っています。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月24日 05:47 | コメント (0)


みんいく

2017年07月23日

猛暑に負けないのは早起きしかないのでは・・・・


「梅雨明け三日」ってご存知ですかねぇ。昔からの言い伝えです。
この地方(東海)では、気象庁が「梅雨明けしたと思われる」なんて
自信のなさそうな発表をして・・・俗に梅雨明け宣言しての1週間ほどが、
一年で最も暑い日が続く・・・そのことを「梅雨明け三日」と言います。


確かにその通りで、20日に梅雨明け発表。このところ・・朝から猛暑・・・
私は暑いのが苦にならない方で、ウォーキングで汗が溢れると
新陳代謝が活発になり元気がでる気分です。私に熱中症は無縁です。


昨日の朝のこと、ウォーキングの途中、子供達が多勢・・・そうです。
日程カードをぶら下げ、眠い目を擦りながら、ラジオ体操に・・
夏休みになったんですね。元気の良い男の子つかまえ・・


「おはよう・眠いか。早起きは三文の徳、知ってるか」
「ラジオ体操で朝からいっぱい良い汗かけよ」と激励・・・
怪訝な顔で「眠いです。じいちゃん元気やなぁ」と返事が・・・
夏休みのラジオ体操、眠いですよねぇ。でも、頑張れ!


新聞の社会的役割のひとつでしょう。
今年で66回を数える・・優れた教育実践をする個人・団体を表彰する
「読売新聞教育賞」・・・その募集要項が掲載されました。
今年はNIE(新聞で教育を)活動も表彰対象にノミネート、部門は13に。
日本全国でどんな素晴らしい教育が実施されているか、楽しみです。


世の中、先生の働き過ぎが問題になっていますが、
先生の本分は、子供を教育することです。
一人ひとりの教師が最高の教育を施せるようにするのが肝要で、
そのための働き方改革でなければならないのに、労働過重ばかり問題なるのは、
如何なものかと思います。


去年の最優秀賞・・・・「睡眠教育(みんいく)」(児童生徒指導部門・堺市立三原台中学区)が
受賞を機に全国に広がっています。「みんいく」とは聞き慣れない言葉ですが。
生徒に2週間分の就寝、起床時間を記録させ、睡眠の大切さを教え、生活を整えさせる・・
そんな教育です。規則正しい睡眠を心がければ、欠席や不登校の改善はもちろんのこと、
自分を大切に思う生徒が増えると「みんいく」が注目を集めています。


私の持論ですが。朝一時間早起きして、自分を磨くために努力を続ければ、
3ヶ月で人生観が変わってきます。1時間でなくても日の出と共に起きればもっと良い。
それに、人間の身体はよく出来ていて、早起きをすれば、自然に早く就寝できます。


早起きしてラジオ体操に欠かさず出席することは夏休みの「みんいく」です。
牛に引かれて善光寺・・・ではありませんが、早起きが苦手な人は、
子供達に惹かれ、6:30からのラジオ体操、やって見ませんか。
猛暑に負けない私になれますから・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月23日 05:17 | コメント (0)


女性の支持率

2017年07月22日

安倍首相、どんなに取り繕っても、見抜かれた嘘を解消するのは?


国会で「加計学園獣医学部新設計画」を巡る閉会中審査・・・
24・25日安倍首相が出席して、衆参予算委員会での集中審議が開かれる。
なぜ首相は出席する気になったのか。


簡単です。マスコミ各社の世論調査で、支持率が落ち込んだ。
「自分で丁寧に説明し、国民の信頼回復に向け努力を積み重ねたい」と・・・
支持率低下に焦ったからです。


支持率といえば、米国のトランプ大統領。
就任半年の節目を迎え、米国メディア各社が一斉に世論調査。
就任から100日の調査では42%だったのが、6ポイント低い36%に下落した。
就任半年の支持率としては第二次大戦以降の歴代大統領では
「最低」だそう。不支持率は4月から5ポイント高い58%・・・に。


トランプ氏、得意のツイッターで、「この時期の40%に近い支持率は悪くない」
「ワシントンポストとABCテレビの世論調査は大統領選でも不正確だった」と
一向に気にしない様子。本気で世論調査を信用していないのか、無神経なのか。
理解するのが難しい人物だが、「だからどうなのよ」と開き直られては・・・
調査する側も興醒めかも知れない。


で、安倍首相。米国大統領と同じような支持率なのに・・・
オタオタと閉会中審査にでてくる・・・軽くないですか。
多分だが、野党の長口舌で核心に触れぬまま・・・終わるのだろうが。


急落した支持率をよく分析してみる必要があるのではないか?
毎日新聞論説委員の福本容子氏は毎日の調査で男女の支持率差が10%超女性が低い。
読売に至っては17%も女性が低い・・・2006年の最初の首相就任では
女性が68%で男性よりも6%高かったのに。


なぜ女性の支持が低いのか。反戦争の思いは男性よりも女性が強い。
自衛隊海外派遣を可能にした安保関連法案を成立させた時には
女性の支持は低くなかった・・・反戦とは関係なさそう。


では何か。福本氏は森友、加計いずれも、首相は嘘をついているのではないか。
本当のことを語らず、正直に説明していないのでは。
嘘が大嫌いなのは女性。首相は嘘をついてると見抜かれ支持率が低いのではないかと。
そんなものかと思うのですが・・・だとすれば・・・


閉会中審査の集中審議、「私は刎頚の友の頼みを聞いて・・獣医学部の新設に
便宜を測りました」とは今更絶対に言えない。それが本当のところなのだが。
それを繕う嘘・・・合法的にやっている。手続きに不備はない。法的に問題はない。
と強弁すればするほど・・・一度疑った女性の思い込みを解消するのは至難。


であれば、いくら丁寧に説明しても、
支持率のそれも女性の支持率の回復はないと、考えるべきでは・・・
となると、この問題では安倍政権の浮揚策はないってことになる。
さて、どうする。内閣改造でのサプライズ。北朝鮮に行くか。それとも解散するか・・・
はたまた、電撃辞任するか・・政治は一寸先は闇ですから・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月22日 05:59 | コメント (0)


人前で唄を歌うなんて?

2017年07月21日

ユーチューブになんでもかんでも、安易に投稿するのは考えモノだ。


ネット社会は時として人間の欲望とか本質を剥き出しにすることがある。
取り分け、ユーチューブに投稿される特別な映像などがニュースで流れると・・
人間とは何ともおぞましいサガを持つ生き物だと思うことがある。


私は音痴なので、自分から唄を歌うことなどないし・・・
もう歳だから、カラオケのある場所など行かないのだが・・
若い頃には、「歌好き」の社長さんのお供で、キャバレーによく付き合わされたもの。
なんのことはない、手叩き要員で、一曲歌うごとに手が赤くなるほど叩いたものです


手を叩きながら、この人の神経はどうなっているのだろう。
こんな下手な歌を聴かせ、なぜ悦に入っているのか。
自分では上手いと思っているのだろうが、趣味の押し付けには辟易。


自意識過剰で、常にスポットライトを浴びる場所にいたいと思っているのだろうが、
とても正常な神経をしているとは思えないと、冷めて手を叩いていたのですが。
それを口に出しては広告マンが勤まらないと、悶々としていた時代の話ですが。


それがネット社会になり、自分がカラオケで唄った歌を動画で撮影
ユーチューブに投稿して、不特定多数の人に聴いて貰いたい・・・
そんな人が巷に溢れているようです。私的には件の自意識過剰社長のようで、
そうしたいから、そうする。なんとも欲望丸出しの身勝手な人間だと思うのですが。


そのカラオケで唄った動画をユーチューブに投稿すると
違法であるとの判断を東京地裁が示した。
カラオケ機器の楽曲はCDの音源から独自に作られており、
機器メーカーに著作権に準じた著作隣接権があり保護されている。


勝手に投稿すると「カラオケ音源を作成した機器メーカーの権利の侵害になる」
無視すれば、訴えられ、負けて罰則されることになる。


カラオケで唄った歌をユーチューブに投稿することなど、
可愛らしいこと、何もムキになって、規制することなどないのではと、
そんな意見もあるが、2ちゃんねるの匿名投稿よりは、自分の姿を曝け出す映像ですから、
自己責任の度合いが強く、見たくない人は見なければ良い、
恥を晒すだけだと思わぬでもないが・・・


動画の公開禁止や記録媒体からの削除に命令違反すると、
知的財産権を侵すとして違法となり、法的な処罰受ける。
下手な歌にいい気になってユーチューブに投稿すると、
人生を棒に振ることにもなり兼ねない。


日本は法治国家です。欲望を簡易だからと、ネット上で気晴らしするなら、
それはそれなり覚悟が必要で、やりたいから、面白いからと、
本性剥き出しでのめり込むと、ろくなことはない思うのだが。
たかが、カラオケのユーチューブ投稿だが、自制心が必要だ。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月21日 05:27 | コメント (0)


ヒアリダンス

2017年07月20日

不安を煽り過ぎ・・・ちょっぴりオーバーではないでしょうか?


日本国は、世界に冠たる無菌国家です。
例えば、ある食物や花粉などに、免疫反応が過剰に作用し、
体に変調をきたすアレルギー反応があったりすると、
「すわ鎌倉」とばかりにメディアは不安煽り、行政が慌てて踊る・・・そんな国です。


昨今の「ヒアリ」狂騒が正にその典型・・・・
愛知県春日市の倉庫でヒアリの死骸が見つかり・・・
最早水際では防げなくなって、内陸部まで「ヒアリ」は侵蝕してきたと報道されるや
大相撲名古屋場所では「力士に裸足で歩くこと」を禁止したり(そこまでやるかと)
子供の公園での砂場遊びを止めさせたり、外出も控えさせたり・・・


なんとも大仰な事態が起こる。バカバカしい。そもそも「ヒアリ」ってなんだ。
これだけの騒ぎ・・・実際に日本で生息しているのか?
もしも見つけたら、どうやって撃退するのか、その方法はあるのか。
子供の頃ですが。蜂やアリにはよく刺されたものです。
虫も自然の一部、共存する術はないのか。


ヒアリの原産地は南米内陸部。雑食性で1日に2000個以上の卵を産み、
繁殖力が高く、アリ塚を作り、大きな巣になると、何十万匹も住む。
農耕地や公園、住宅の庭など、どこでも巣を作り、常に攻撃的で、外敵には集団で襲う。


刺されたら、軽度の場合は、熱く感じ強い痛みかゆみの症状がでる。
中度になると、数十分で体の一部、または全身にかゆみを伴う蕁麻疹がでる。
重度だと、数分で血圧低下、意識障害、呼吸困難になる。
(それをアレルギー症状をアナフィラキシーショックという)(環境省)


なかなか毒性(どんな毒なのか定かではない)が強くどう猛なアリだが・・・
日本の気候で生息できるのかはよくわからないが、
米国東部にもヒアリは定着していると。
ですから、日本にも上陸すれば、生息する可能性はあるそうな。(環境省)

まだ実態は誰もわかっていないようだが、
米国では年間1000万人以上が刺され、8万人がアナフィラキシーを起こし、
年間死者100人とのデータもある(北海道大学東正剛名誉教授)
こんな時、いつもこんなオーバーな情報を発信する学者が出てくるが・・・


米国で年間8万人もアナフィラキシー症状を起こすほどのヒアリ被害があれば、
当然に免疫治療薬があるはずなのに、そんな情報も全くない。
無菌国家を標榜する日本です。環境省なのか、厚労省なのか。
どこでも良いのですが、事実ならば対策を講じるべきではないか。


当面の予防というか、対処方法は、所詮はアリです。
アリ塚を撃破すれば良いのですが・・・
件の名誉教授氏曰く・・・アリ塚に近づくな、逃げろ。
万が一襲われたら素手で払わず体を揺すって落とす「ヒアリダンス」が常識だと。
なんともまぁ・・・無菌国家標榜結果の・・いい加減な話ではと思っています。。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月20日 05:11 | コメント (0)


大学夜間部

2017年07月19日

何でもかんでも、経済的理由、社会の責任だとは思わないのですが。


都市部で大学夜間部志願者が急増しているとか。
全国には31大学(国立13・公立3・私立15)に夜間部がある。
ここ数年、夜間部の一般入試志願者数が倍増傾向に・・・


なぜ、なのか。毎日のくらしナビ・学ぶ(7/11)では、
各大学とも東日本震災後に大幅に増加、夜間部は昼間部に比べ初年度の
納入金が6割程度安い。経済的理由で増えたと分析している。


大学で学ぶ意欲のある若い人が増え、昼間は働いて夜間部でも頑張ってみたい。
そんな意欲を感じるのだが。分析はどうもそうではないらしい。
昼夜関係なく、奨学金を利用する学生も増加している。


また、東大・大学教育研究センターのデータでは、授業料未納よる除籍や
経済的理由よる中退者は年々増加、経済環境が影響しているとも指摘するが・・・・
果たしてそうでしょうか。今はアルバイトでも、臨時雇用でも仕事が溢れている。
都会であれば、その気になれば、学業に差し支えない働き口はいくらでもある。
にも拘らず、経済的理由で中退者がでるとか、夜間部に志願者が増えるというのは、
ためにする分析ではないかと思えて仕方がない。


学生が甘えているのではないか。とは言わないが。
金がないから大学を辞めると言うなら、大学に行く必要などない。
最初からしっかり働くべきです。日本中人手不足なのですから。


今の企業で、働きながら、夜間部で学びたいと向学心を燃やして・・
申し出て、ダメだというような会社はないに等しい。
何でもかんでも、経済環境のせいだとか、経済的理由だとかで、
社会責任に転嫁する風潮はよろしくないと思う。


最近、リタイアした仲間が、夜間部でもう一度勉強したいと思うのだが、
結構、ハードルが高くてねぇと嘆いている・・・
大学の2部。夜間部こそは、リタイアした人たちの向学の場であれと思うのだが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月19日 05:49 | コメント (0)


秋刀魚

2017年07月18日

海洋資源、乱獲防止を主張するのは良いのですが、養殖もありですよねぇ。


去年の話です。石巻日日新聞の広告に・・・
秋刀魚漁解禁、石巻港にも初入荷。特大の秋刀魚は如何ですかとの広告が。
良しと思い立って、購入。業者の方がびっくり・・なんで岐阜から注文がと。


そりゃ、石巻日日新聞を定期講読しているからですよと。
さすがに、秋刀魚は石巻、尻尾を目に刺し、丸め、七輪とは行きませんでしたが
コンロの焼き機でじっくり炙り、家族揃って美味しく頂きました。


水産庁。国内で不漁が続く秋刀魚漁に関して、国際会議で、
国・地域別の漁獲枠を作るべきと提案。中国や台湾の無差別漁で、
資源が枯渇するのではと懸念され国際社会で、管理して乱獲防止に歯止めを掛けると。


世界8ヶ国北太平洋の海洋資源を管理する「北太平洋漁業委員会」で、
秋刀魚の総漁獲量は年間50万トン、漁獲国、地域に具体的な数量を割り当てるそうな。
果たして、最近、漁獲量を増やしている中国、台湾がすんなり、納得するかといえば・・
簡単ではない。中国は「秋刀魚漁をこれから伸ばす権利がある」と
規制自体に強く反発している。会議は結局お互いほどほどにで終わった。


私は思うのです。日本は海洋国です。
中国がいくら南シナ海に覇権を強めようとも、
四面を海に囲まれる日本です。
海に関しては、世界のどの国にも遅れを取ることなどない。


例え秋刀魚の漁獲漁が確保できなくとも、マグロのように・・
秋刀魚も養殖すればよい。そのくらいの技術はあるはずです。
それには、秋刀魚を食べる国民の理解が肝要です。


最近思うのです。
秋刀魚が獲れないのは、他国が悪いとか、
黄砂で環境汚染が進むのも他国が悪と、批判ばかりしますが。
批判で何か解決したことがありますか。

今まで、秋刀魚を思う存分漁獲してきたのは、日本です。
そうならなくなるのも時代の変遷です。
国際会議で主張するのは、すれば良いのですが、
それよりも、輸出できるほどに秋刀魚を養殖しようではありませんか。
石巻で・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月18日 05:51 | コメント (2)


読売新聞が銀座に複合ビル建設

2017年07月17日

背に腹は変えられないってことでしょうか?どなたか教えて頂けませんか。

新聞社は不動であって、新聞の廃刊、倒産などは関係ないものと、
思っていますがどうも地殻変動が起こっているようです。
表だって、経営悪化で廃刊したという話は常陽新聞ぐらいですが・・


水面下ではやはり、購読者の減少がここまで顕著になってくると、
さすがに、覆い隠せないのでしょうか。新聞社のコストカットが気になります。
新聞・・「ザ・プレス」とは新聞記者のことです。


新聞記者の取材費は潤沢であるべき・・・とは申しませんが、目に見えてカットしますと、
やはり、記事内容が劣化するのは避けられないのでは・・・
そうなれば、新聞の質が悪くなり・・読者が減少する・・
そんな負のスパイラルに陥るのではないでしょうか。


新聞記者の質を保ち、一定程度の取材費を確保するのが目的なのでしょうか。
読売新聞東京本社は東京・銀座の一等地、3丁目に10階建の
商業・ホテル複合ビルを建設、2019年春にオープンすると発表した。


複合ビルは地下1階から6階に「無印良品」の世界旗艦店が入居。
6階から10階には無印良品の家具や雑貨を揃えたホテルが入るそうです。
東京五輪を開催を控え、ホテル需要に応え銀座エリアに新たな名所が誕生する。


ビルの建設地は、読売新聞東京本社が13年9月に東京電力から取得。
三井不動産の協力で開発を進めてきた・・・
読売新聞グループの本社広報部は「当社が銀座に建設する新たなビルに、
海外でも人気を博す「無印良品」を迎え、近隣の商業ビルとの相乗効果で、
良質な生活空間を提案するエリアとして考えている。銀座の賑わいの創出に
貢献していきたい」とコメントしている。(読売7/2・朝刊)


新聞社が銀座の一等地に商業ビルを建設し、そこを貸して・・・
貸しビル業を営むことに、私がとやかく言うつもりはないが・・・
何のために、東電から土地を購入したのか?その目的が・・
貸しビルによる収益のためだったのか。だとすれば・・・?


また、街の賑わいを作るのが新聞社の役割、使命だとすれば。それも腑に落ちない。
「ザ・プレス」を維持するために建設するのだ。「背に腹は変えられない」としても・・
喫緊の収益にはならないだろう。


ましてや。東京五輪成功のために自らがホテル不足解消に乗り出したとしたら・・
新聞っていったい何なのか。新聞は何処へ向って進んでいるのか。
新聞命(しんぶんいのち)の私としては・・・理解不能です。
どなたか・・・読売新聞東京本社がなぜ、銀座の一等地に商業ビルを建設するのか?
その本当の理由を教えて頂けませんか?Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月17日 05:45 | コメント (1)


人生見た目が100%

2017年07月16日

人がどう思うかは関係ない。自分が凜としていれば。


こんな質問に答えて下さい。自分の胸に手をあてて正直に。
1・いまの社会では、人は見た目で判断されていると思いますか?
2・人を見た目で判断することがありますか?
3・あなたは、自分の見た目を気にしていますか?


朝日新聞の「人は見た目が何%?」というアンケートの質問です。
なぜ、こんな調査を朝日がしたかと申しますと、
我らが防衛大臣・・・シンガポールで開催されたアジア安全保障会議で、
オーストラリアとフランスの国防大臣と自分の容姿を・・


「私たち3人には共通点がある。みんな女性で同世代。
そして全員がグッド ルッキング(美しい)」とジュークを飛ばし、物議を醸したから。
見た目がどれほどのものか・・・朝日はアンケート形式の取材をした。


デリケートな問題です。
この禿げー!なんて上司に絶叫されますと、気にしていない人でも、
思わず、鏡で自分の頭を眺めてしまいます。
誰でも「自分の見た目は気になる」のではないでしょうか。


第1印象。一目惚れ。出会った瞬間にビビビッ・・・などというが・・
人を見た目で判断するほど、人は単純ではない。人の味はスルメのようで、
噛めば噛むほど味が出るのが良い。などというが。
そこまで、分かり合える人間関係を作るのは並大抵ではない。
「見た目で判断してしまうのではないでしょうか」


「沈黙は金なり」人は黙っていれば、自分を曝け出すことはありません。
しかし、人前に立てば、その人の身なり、所作、容姿、風貌で
その人の大概のことは判断されてしまいます。ましてや、自分よりも経験のある人、
年配者の前に立ちますと、瞬時に判断されてしまいます。
「社会は人を見た目で判断するものです」


と、私は思うのですが。あなたはどうでしょうか。
私の結論です。人が自分をどう見ようと、自分では選択できません。
しかし、自分の見た目を自分で推し量ることはできます。


であれば、少なくとも身なりは清潔にすべきです。靴は毎朝磨いて履く。
襟を正し、背筋を伸ばし、髪を整え、目線を下げない・・・
そんな凜とした姿で人前に出る覚悟が大切ではないでしょうか。見た目善しです。
人は一人では生きられないのです。人のために生きるには自ら律してこそです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月16日 05:55 | コメント (2)


東京大改革

2017年07月15日

アジアNo,1の国際金融経済都市宣言に期待します。


都議会選挙結果の余韻が政界を揺さぶっている。
安倍一強への批判が日増しに強まり・・・来年に予定される自民党総裁選を睨んでの
自民党内での権力闘争が表面化してきた。
政治が流動化するのでしょうか。


政治の安定こそが、資源のないこの国が国際社会で生き延びる道なのですが・・
首を傾げたくなるような、政治家を選んでいるのは国民なのですから、
責任の一端は我々にあると自戒するしかないですね。


与党だけではありません。民進党内も・・・7議席から5議席の結果に・・
2議席減で検討したと評価する執行部をみるにつけ・・・
このままではこの党は存続が危うい・・と思うのですが・・
どうも緊張感と申しますか、危機感がないですねぇ。代表の交代ではないでしょうか。


メディアは「都民ファーストの会」は烏合の衆で、過去の衆院選で誕生した
「何とかチルドレン」と同じで政治経験がない集団では、都政を変えるどころか
早晩消え去ってしまうのではと、妙に冷たい反応ですが・・・


議会内閣制の国政と二元代表制の都政とを同時に並べ・・・
「都民ファーストの会」を批判しても意味がないと思います。
選択した都民に判断材料を提供したのは、メディア自身なのですから。


地方自治体における首長の権限は強いモノがあります。
財政が豊かな東京都の場合は、知事の公約が実現する可能性は
議会で多数を握ったのですから国政よりも確立が高いのではないでしょうか。


ローカルに暮らしますと、小池知事が掲げる「公約」がわかりませんが、
首都がどこに進んで行くのかは、日本全体の問題です。
知る必要があるのではと思います。


まずキャッチフレーズの「東京大改革」って何をどうするのか。
ひとつは「情報公開」・・・都政をオープンにすることのようです。
大き過ぎるのか。大東京、以外にブラックボックスが多い。それをオープンに。
目に見える改革の始まりでしょう。


古い議会との決別を改革にあげています。
新陳代謝と申しますか、古い体質を持った議員が一掃されましたので、
長老政治、忖度政治が打破されるでしょう。
議員が変われば、潤沢な財源を持つ東京です。知事の公約は可能ですね。
この二つは公約と言うよりも、都政改革です。


そもそもの公約は「新しい東京」を作ること。。
少子高齢化対策は急がれる喫緊の課題です。まったなし、スピード感を持って欲しい。
環境先進都市宣言も、世界で最も安全、安心な都市を目指す方針は期待できる新東京です。


私が小池公約で最も期待するのは「経済政策」です。
経済都市宣言。アジアナンバーワンの国際金融経済都市・・・金融の再生・・
東京が日本の経済のみならず、世界の金融を牽引する構想、ぜひ実現して欲しいものです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月15日 05:53 | コメント (1)


文科省

2017年07月14日

文科省特区をつくって、文科省そのものを浄化する必要があるのでは・・・


学生時代・・・ろくに勉強もしなかった私が・・・
学校を統括する文科省のことを偉そうに言うのも・・・気恥ずかしいのですが
このところの森友学園小学校建設問題や家計学園「獣医学部」新設問題に絡む・・
文科省の立ち位置を考えるに・・文科省とはいったい何を司どっているのか?


改めて検証して見たくなりました。
森友問題ですが、クローズアップされたのは、国有地の払下げで、
産業廃棄物が埋まっている土地ということで、市価から8億円近く・・
値引きして売却するとした財務省が、首相夫人のお友達である学園の理事長・・


首相に忖度しての価格設定であったかどうかが焦点になりましたが・・・
私はそれ以前に、幼稚園で教育勅語を暗唱させるような偏向思想教育をする
人物が経営する小学校設置に文科省がなぜ、認可を下ろしたのか。
その方が疑問です。


文科省設置法第3条では、文科省の仕事を次のように規定しています。
「教育の振興及び生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な
人材の育成を任務とする」・・・幼稚園から大学院まで、どのようなものにするか、
教育内容から施設の条件まできめ細かに決める権限を有しています。。


文科省に問いたい。森友学園の教育内容は設置法第3条に該当するのかと。
手続きに問題がなければ、誰がどんな教育をしようが、認可するのかと。
豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成とは、
国家転覆を教育方針に掲げても、適合条件に叶うのかと。


教科書内容が正しいかどうの「教科書検定」を実施するのも文科省です。
今では架空の話になってしまいましたが、森友小学校の使用する教科書、
果たして、文科省は問題ないと判定したのか。そこまでチェックしたのか。

それも些か疑問です。

加計学園の獣医学部の問題。
内閣府が「開設を認めよ。これは官邸の最高レベルが言っていること」と
恫喝され、渋々認可せざるを得なかったと文科省は文書を提出したのだが。
認可した以上は、その責任は文科省にあるのではないか。
でなければ、森友小学校のように認可を取り消せば良いではないか。


その曖昧さには問題はないのか。
そもそも特区とは、特定の民間が規制緩和を求め・・・政治力を持って突破する仕組みです。
なかったハズの文章が内部告発によってでてくることに私は疑問を覚えます。
同時に文科省で誰が認可の決定を下したかの文章が出てこないのが疑問です。


お叱りを覚悟で、もう一言。
昨今、大学の定員割れが起こっています。少子化が原因でしょうが、
更に少子化傾向にあります。
この責任は文科省にはないのでしょうか。


文科省は日本の教育水準を高めることが目的の省です。
国家とってなくてはならない省です。
ガバナンスが問われ、存在意義が問われるようでは・・・
文科省特区が必要ではないかと思います。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月14日 05:47 | コメント (1)


名古屋場所

2017年07月13日

優勝争い。本命・白鵬、ダークホース玉鷲だと見ました。


大相撲通を自認する私です。もう何場所も優勝力士を占っていますが、
まったく当たらない。いい加減止めようと思うのですが・・・
今場所はご当地、名古屋場所です。そうも行くまい。


このところ、毎年、名古屋場所はテレビ桟敷ではなく本場所を観戦に行きます。
4日目を観戦しました。私の席は「正-3-11」正面審判長の直ぐ後ろです。
友人が維持員席を何十年も通し(15日間)で持っていて、私の都合の良い日を選んでくれます。


折角です。名古屋場所初登場、横綱稀勢の里の土俵入りからと思い・・
15時40分(幕内力士の土俵入り)に愛知県体育館に駆け付けました。
大相撲って、時間通りに始まり、18時で終了します。


前日の相撲で怪我のため休場した横綱鶴竜を除き・・・
三横綱の土俵入りをじっくり。溜まりの正面3列目。
通称「砂かぶり」・・間近で見る横綱の土俵入り、オーラがありますね。
大横綱白鵬関、迫力はもちろんですが、優雅さがあります。

贔屓の横綱日馬富士関、不知火型の土俵入りですが、
両手を広げ、せり上がる姿は思わず息を呑む美しさを感じます。
お目当の稀勢の里、他の二人よりも15秒は早いかな。(まだ不慣れ感が)


でも、どっしりとした雲龍型、せり上がりにもう一呼吸あれば、と思いながら
「日本一」の掛け声に館内から拍手が湧き起こり、人気のほどが見て取れます。
幕内土俵入りでは、新大関高安関への声援がひときわ大きく、期待度が伺えた。


で、中入り観戦してです。先ず感じたのは、世代交代ですね。
若手力士の台頭です。注目の若手は錦木(足腰が良い)。石浦(小兵で面白い)
阿武咲に敗れましたが、宇良(重心が低いのが良い)、御嶽海(本場所の気力を稽古場でも)
北勝富士(稽古が好きそうです)、白鵬に挑んだ・・貴景勝も若武者ぶりが良いですねぇ。


若手が上位陣に挑戦。跳ね返される様も大相撲の醍醐味です。
しかし今場所はチョっと違う気がしました。
上位陣の不調、いや、衰えが顕著です。世代交代に入ったと言えるのでは。
なんだか、政治の世代交代と似ているような・・・


で、名古屋場所の優勝は誰か。
もちろん、本命は大横綱白鵬に尽きるのですが、(身体の張りも良し、本当に強い)
私は遅咲きの関脇玉鷲をダークホースに挙げたい。
ガブリ寄りの元大関琴奨菊に土俵際まで、寄り込まれたが、
逆襲、すくい投げで琴奨菊を転がしたのは、本物の強さを感じました。
今場所準優勝なら、大関の声が掛かるのでは・・・


そうそう、長野五輪では、横綱曙が開会式に土俵入りを披露。
白鵬関には、ぜひ、2020東京五輪の開会式で土俵入りをと願う。Goto

IMG_1832.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月13日 05:44 | コメント (1)


人口30万人減少

2017年07月12日

外国人との共生を真剣に考える時ではと思うのですが。


もう新聞報道でご存知だと拝察します。えっ・・・新聞は購読してないって。
そうですか。失礼致しました。ではネットのニュースでご覧になったと思います。
日本人の総人口が8年連続で減少、調査開始以降、最大の減少幅とのこと。


昨年一年間で死亡者数が130万人。出生数が初めて100万人を割り込み、
自然減が30万8084人減った。考えてみて下さい。30万人って、どんな数か。
大都市にお住まいの方にはピンとこないでしょうが。
一年間で、中堅の都市がひとつ日本から消えたのです。


私は日本の地方が日々縮んで行く、消えて行く・・・
そのスピードが年々早まる。恐ろしいことだと思って、新聞記事を読みました。
人口が増えた県は東京・千葉・埼玉・神奈川の東京圏と愛知、沖縄の6県のみ。
一方、名古屋圏と関西圏の三大都市圏の人口は6453万2581人で、全人口の5割を超した。


関西圏では大阪、京都、奈良、兵庫ともに減少。
名古屋圏も愛知を除き、岐阜0.62%・三重0.56%の減少。
結局のところ、東京一極集中が益々顕著になってきた。


今更だが、なぜ東京に人が集まるのか。
簡単です。仕事があるからです。仕事にありとあらゆる選択肢があるからです。
つまり、東京に行けば、生きて行ける。暮らして行けるからです。


人口動態調査とは関係ないかもしれませんが。
地方創生、国を挙げ取り組んでいますが、
地方が元気になるとは、人が集うことです。そこに人が大勢暮らすことです。
それには、雇用の機会があるかどうかです。


地方創生の大原則は「働き口」を地方で増やすことができるかどうかです。
企業誘致の条件を整える。地場産業の再興に官民挙げて取り組む。
それしか方法がないのではないでしょうか。


話を戻します。
調査では外国人住民は14万8959人増で、232万3428人。
総人口に外国人を含めると1億2790万7086人となり・・・
日本人人口減少の0.24%減が0.2%減少となります。


人口減少とは少子高齢化です。減少に歯止めを掛けるには、
少子化対策を強化するか。それとも、外国人を増やすかしか方法はありません。
調査結果を眺め、移民とは申しませんが、
外国人との共生について真剣に考える時が来たのではと思うのですが・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月12日 05:23 | コメント (1)


大阪再生

2017年07月11日

大阪府民を挙げて、いや関西全域で大阪万博誘致を。


この10年間・・・大阪に本社のある企業で府外に本社を移した企業は
2300社に上り、同じ時期に府内に転入した企業(1502社)を806社も上回り・・
衰退する大阪の象徴・・・・転出超過は35年連続となった。


この数字、どう判断されますか?
大阪の地盤沈下が顕著だと思うだけではいけません。
15年実施の国勢調査では、68年ぶりに人口も減少し始めたのです。
本社の移転とは企業の逃避です。大阪に企業がなくなるってことは、
大阪での働き口がなくなることです。人口減とのダブル、何とかせにゃと思う。

なぜ、大阪から企業が逃げ出すのか。
逃げ先は勿論、東京です。理由は二つだと思います。
一つは業界団体の事務局はほとんどが東京にあります。
そうなれば、業界の情報は必然的に東京に集まることになります。


日本は律令国家です。官公庁の動きを正確に把握する必要があります。
もちろん、許認可権を付与する官公庁も、全て東京です。
東京以外に本社のある企業は、生き残るためには東京に日参する機会が増えます。
それもトップが。であれば、大阪にいるよりも東京に、の方が合理的です。
ですから、大阪のみならず日本全国東京へ、東京へと草木もなびくのです。


政府も「地方創生」の一環として官公庁の分散化を叫びましたが・・
非合理を盾に、文化庁が京都に移転した以外は、東京を離れることはなさそうです。
このままでは、東京一極集中は加速化し、二極化が顕著になるでしょう。


東京一極集中がこれ以上極端になることは、宜しくない。
東京に対抗できる都市として、どうしても大阪の復興、再生が望まれます。
何とかしなければと、思うのですが・・・


大阪府民が本気にならないことには、外部からワイワイ言ったとて
解決しません。私は大阪都構想が大阪再生の起爆剤だと思っていたのですが。
結局は府民がノーを突き付け、あえなく頓挫。再生のチャンスを逃しました。


そこで、地域政党「維新の会」が「大阪再生」でぶち上げたのが、
2025年国際博覧会(万博)の開催です。先ごろ政府も閣議決定。
博覧会国際事務局総会が開かれ立候補国のプレゼンが行われ、誘致活動が本格化します。


大阪再生の起爆剤のみならず、
東京一極集中の是正、地方創生の観点からも、
日本中が注目し、誘致に賛成の声を上げる必要があります。
もちろん、一番大声を上げねばならないのは「大阪のおばちゃん」ですが。


ハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌・・・
大阪府では「地域の元気!」を旗印に池田市で「クレハ」(63,897部)
箕面市で「みーの」(64,000部)豊中市で「ohまちかね」(北部版・62,000部)
そして吹田市で「すいんぐ」(北部版・63,500部)の4誌・・253,397部を発行しています。


大阪の再生に、大阪の魅力づくりに、地域みっちゃく生活情報誌は貢献します。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月11日 06:11 | コメント (0)


海馬

2017年07月10日

大丈夫です。毎日有酸素運動をやっていますから。


確かにそのメモは手に持っていた。でもトイレに行って・・・戻り・・
手に持っていたハズのメモがない。ポケットの中に入れたのか・・
探してもない。では、トイレに、そこにもない。ウゥーム・・・


どう考えても、どこを探しても、ない。不思議だがない。
年を重ねるとそんなことが日常的に起こりませんか。
人の名前が出てこない。その場は繕うのだが・・・後になっても思い出せない。
ウゥーム・・・高齢による物忘れなんだと諦めるわけにはいかぬ。


人間の目や耳から入る情報は 脳の奥にある「海馬」に短期記憶として置かれる。
印象深い、大切な情報は脳の表面の「大脳皮質」に送られ長期記憶として
保管される。高齢になるとその機能のどちらも落ちる。それが物忘れの原因だそうです。


私には理解できないのですが、海馬に力がなくなりますと、
大脳皮質に送る力が弱くなり、長期記憶も衰えるそうです。
大脳皮質も何十年も使うと情報で満杯状態になり空きがなくなり、
物事を簡単に覚えられないそうです。(読売6/22・からだ)


そうならないようにするには「海馬」を鍛えるしかないとのこと。
そんなモノ鍛えられるのでしょうか?できるんだそうです・・・
「覚える訓練を懸命に繰り返す。意識的に努力する」そうすれば
海馬は力強さを発揮するとのこと。

訓練もせず日々ボーとして生きていると、衰えるのは海馬だけではありません。
因みに認知症は、海馬や大脳皮質の細胞が多く死滅して起こります。
死滅を遅らせる方法はないそうです。残念ですが諦めるしかないのです。


しかし、私の知る範囲では、覚え訓練の他にやることは・・・
息が少し切れるくらいの、有酸素運動を日々繰り返すことで、
海馬も大脳皮質も活性化できるそうです。


思い出した。件のメモ・・・そうだった頭に刻んで捨てた。
私は毎日有酸素運動である早足ウォーキングをやっていますから、
そう簡単には物事を忘れませんが・・・・
それにしても、思い出すまでに時間が掛かるのはなぜでしょうかねぇ。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月10日 05:26 | コメント (0)


ワイングラス

2017年07月09日

日本のガラス文化が世界に羽ばたく日がくることを願います。


滋賀県の長浜市に有名な「ガラス館」があります。
ガラスの魅力って、捨て難くはありませんか。日本中の観光地・・・
最もとは申しませんが、観光客が望む店の一つにガラス館があるのは確かです。


長浜のガラス館は本物です。
ガラス工房で、若い芸術家たちが、汗を流しながら工芸に、
命を懸けている姿を見ると感動します。
思わず彼らの新作に手を伸ばし、多少高い価格ですが買い求めます。


ガラスには、なぜか陶器とは違って・・・実用的な趣があるのでしょうか。
購入したガラス容器を日常生活に取り入れて使っています。
ガラス細工もいつの間にか、日本の文化、工芸品の一つになりつつあるようですね。


私は、酒を飲むなら日本酒と決めていますが、
最近は、ワインを付き合えなんて言われる機会が多くなりました。
「ワイン」なんてと、思っていましたが、勧められるがままに飲むと、
結構美味しいモノです。日本酒にもワイン風味なんて、迎合主義の
酒蔵が登場するのが、気になりますが・・・・・


で、ワインの味は、グラスで決まる。そんな話を聞きますと、
長浜のガラス工房ではありませんが。
いつの日か、ワインは日本産が一番などと言われる日が来ると良い。
ぜひ、ワインを飲むなら日本製のワイングラスが一番と言われるような
ワイングラスを作って欲しいと願います。


日本一のソムリエ・・・京都におられるようですが(日経・6/25)
ワインとは「その人にあったワインを、その人あったグラスに注いでこそ評価される」と。
ワインに馴染みのない若い人には大きなグラスで・・・「香りの表現力が高く
見た目も華やかでワクワクする」ハズだそうです。


一方年配の方には大きなグラスは負担になる・・・
そんな時には敢えて飲みやすく小ぶりのワイングラスが良いとのこと。
京都にはワイングラスの専門店があり、TPOに合わせたワイングラスが300種もあるとか。


ワインだけが、グラスによって味が変わるとは思いませんが・・・
ワインにはグラスの開き具合で口が狭ければ舌触りに甘みが増し、
広ければ口全体に広がり酸味や苦みを捉えやすいのだそうです。


酒のこととは申しません。
日々の食生活、どんな器で頂くのかも、人生を有意義に生きる秘訣ではないでしょうか。
日本のガラス文化がいつの日にか世界に冠たる文化に育てと長浜にガラス工房を見ながら思う。彼らにはぜひ、ワイングラスで、勝負して欲しい。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月09日 06:03 | コメント (0)


景気と読書

2017年07月08日

第63回青少年読書感想文全国コンクール課題図書発表・・・


昨今の日本経済、好況だと言われ、私もそう思っています。
但し、その好況は偏在しています。
ローカルに暮らす、地方で生きる我々にはその実感が伴いません。


景気の二極化現象が起こっているのではないでしょうか。
東京を中心に関東一円は好況感に溢れていますが、
それ以外の地方には、実感が全くない。それを東京一極集中というのでしょうが、
東京とそれ以外の二極化とも言えます。


二極化といえば、昨今の教育現場でも「読書」の二極化が顕著だそうです。
幼稚園児から高校生までで、1ヶ月に読む本の平均は2.6冊だそうですが・・
読書格差は広がる傾向にあります。


家庭や学校で読書習慣にきちんと取り組めば、
小学生でも月に10冊以上読みますが、それでも中学、高校となるにつれ、
読書量は減る傾向にあります。スマホやPCの影響もあるのでしょうが、
やはり、本を読む習慣のある子とない子の二極化は起こっています。

乱暴に申せば。この二極化こそが、人生の別れ道になります。
子供の内に身に付けねばならないのは言葉、言語能力です。(特に学校の役割ですが)
言葉の力を育てる方法は一つだけです。「読書と作文」です。


幼児期の言葉を生活言語といい、書き言葉を習うことによって身に着けるのが、
学習言語です。小学3・4年生くらいで身につくと言われます。
学習言語が身に着かないと、その後の人生、苦労することなります。


敢えて本を読もうなどと口幅ったいことは申しませんが
万が一、子供の頃、読書や作文を好まないで、通過してしまったとすれば・・・
人生に遅いということはありません。今からでも本に親しむべきではないでしょうか。


毎日新聞が、今年も青少年読書感想文全国コンクールの概要を発表しました。
課題図書は小中高校別に18冊が提供されています。
家庭や学校で本を読む習慣を身につければ、二極化の片方にはならないようです。
私も何点かを買い求め孫娘達に読ませ、感想文を書かせてみようと思っています。


経済の二極化ですが、なぜ、東京に一極集中なのか。
先日、八重洲の丸善に行きました。私はなんとなくわかったのです。
19時ごろでしたが、帰宅途中に立ち寄るビジネスマンに交じって、
本を選ぶ子供や学生が多いのです。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月08日 05:25 | コメント (0)


涙雨

2017年07月07日

水の資源としての日本の雨を考えてみたい。(雨のことば辞典から)


突然発生した台風3号。日本列島を駆け抜け・・・
その台風に引きずられた梅雨前線が異常に発達、
九州地方に記録的な豪雨、甚大な被害をもたらした。


気象庁の予報では、この豪雨を境に日本列島の梅雨明けも近いらしい。
今年の梅雨、局地的に大雨をもたらしており厳重な警戒が必要だが、
日本全体では雨量が多いのか少ないのか、よく分からないが、
例年に比べかなり少ないとのこと。


この少雨が夏場にどんな影響を与えるのか、気になるところだが、
梅雨の終わりには全国各地、どこかで必ず豪雨が襲う、
九州で被災された方には心よりお見舞い申し上げる。


今年の梅雨は、梅若の、曽我の、いや、成田家の涙雨が心に痛い。
6/25・市川海老蔵さんは公演「ABKAI」の千秋楽で演じた石川五右衛門のシーンで、
「村の娘を預かっているからよ!」と着物姿の愛娘(5歳)を抱き・・・
客席通路に登場。・・7/3の歌舞伎座の公演では長男(4歳)が、
歌舞伎史上最年少という「宙乗り」を披露した。


場内は複雑な拍手に包まれた・・・
その、お客の反応にはみかながら笑顔を見せた麗禾(れいか)ちゃん、勧玄ちゃんに、
観客の拍手と共にとめどもなく流れる深い悲しみの涙が・・・
今年の梅雨の象徴では思う。歌舞伎役者が本音で演じる「成田屋の涙雨」です。

日本列島、雨についてこんな解釈があるのを知りました。
台風、梅雨前線、秋雨前線、温帯低気圧、雷雲、冬の季節風による雪雲・・
日々の天気予報で知る雨情報ですが、それを日本列島の上空には
「空の水道」が集中しているというそうです。


地球規模で見るとその水道が、日本列島を黄金の国と言わしめますが、
もう一方では水道の配管が不安定で、今年のような空梅雨模様もあれば、
梅雨前線豪雨で大きな被害が各地で起こったりします。

全地球の平均降水量は約1000ミリメール。北半球の30から50度の緯度帯の
平均降水量は900ミリメールで、日本列島の平均降水量約1800ミリメールです。
日本は地球上で最も水に恵まれた地形にあります。


しかし、昨今の気候は温暖化とは申しませんが。
「空の水道」の不安定性は拡大傾向にあります。
気まぐれな「空の水道」から、余裕のある安定した「地上の水道」に導く
長期計画が国家的課題です。

日本人は雨を、水を結構ダダクサに使ってきました。
もちろん、文化的に、文学的に捉えてもきましたが・・・
大雨の日にこそ水不足について、日照りの日こそ、水害対策について
もう少し真剣に考える必要があるのではないでしょうか。        


とは申せ。梅雨空から解放される日が待ち遠しいですが。Goto                            

IMG_7079.JPG
7/4読売新聞                                  

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月07日 05:18 | コメント (0)


千葉県進出・・・30都道府県に。

2017年07月06日

地域みっちゃく生活情報誌7月号が出揃いました。


千葉県流山市にて「なちゅら」(61,000部・全戸配布)を新規創刊。
ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌発行都道府県は30都道府県に・・
総発行部数は先月よりも72,176部増加、126誌、7,219,365部となりました。


47都道府県まで残り17県、目標の1000万部に後280万部です。
地域みっちゃく生活情報誌の目的は、毎月家庭に届きます。手に取って頂き、
生活を豊かにするためにご活用頂き発行エリアの経済循環に寄与することです。


細かなデータはお示ししませんが、
情報誌に誘発され、生活の潤いを求めた消費活動の旺盛なる数値が
スポンサーの来客数や売上の増加により顕著になっています。


ネット社会、紙の媒体はその役目を終えたと言われて久しいですが、
126誌の地域みっちゃく生活情報誌で最も古い岐阜県可児市で発行の
「Kanisan club」はこの7月号で265号を数え、満22年を迎えましたが、
色褪せることなく、地域の人々に愛され地域経済の活性化に役立っています。


もちろん、それには担当者やスタッフが、地域との結び付きを深め、
地域の文化に触れ、地域コミュニティに関わり、読者の思いに届く情報誌をと、
精魂込めて作り上げ、お届けしているからです。

また、紙面からネット情報に繋ぐAR(拡張現実・フリモAR)の
浸透度も増加し、情報誌とネットの融合が進んでいます。
情報誌の広告にスマホをかざし、映像から情報が得られ、
広告媒体としての価値を高めています。


私の持論ですが、紙のメディアをとことん追求すれば、必ず、最先端技術と融合する。
その証左が地域みっちゃく生活情報誌のフリモARです。
紙媒体イノベーションだと思っています。


今月の周年号は岐阜県可児市の「kanisan club」が22周年。
愛知県一宮市「くれよん」が17周年。岐阜県多治見市「おりべ」が13周年。
福井県敦賀市「kirameki」が9周年。三重県尾鷲市他「からっと」と
茨城県筑西市他「にしも」が4周年。佐賀県鳥栖市「Toss」と
茨城県古河市他「こがも」が共に2周年。


栃木県小山市「おりっぷ」と愛知県豊明市「ゆいまる」、福岡県中間市他「りばぁな」の
3誌が1周年を迎えることができました。号数を重ねる毎に読者の信頼を頂いております。
改めてまして、関係各位のご尽力に敬意と感謝を申し上げます。


ハッピーメディア®地域みっちゃく生活情報誌®は・・・
「古いモノをとことん追求すれば、最も新しい技術と融合する」ことを
実証しながら、地域になくてはならない情報インフラとしての使命を
貫いております。今後とも一層のご指導ご鞭撻お願い致します。Goto

01.jpg02.jpg03.jpg
04.jpg05.jpg06.jpg
07.jpg08.jpg09.jpg
10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg
16.jpg17.jpg18.jpg
19.jpg20.jpg21.jpg
22.jpg23.jpg24.jpg
25.jpg26.jpg27.jpg
28.jpg29.jpg30.jpg
31.jpg32.jpg33.jpg
34.jpg35.jpg36.jpg
1_munahuorune_07.jpg2_pigurenanairo_07.jpg3_himejirakurri_07.jpg
4_harurubloom_07.jpg5_kitamori_07.jpg6_kounaniwakura_07.jpg
7_nisimokogamo_07.jpg8_oripkawara_07.jpg9_ndacyamaroota_07.jpg
10_gamagoorinisio_07.jpg11_kenoujhouetu_07.jpg12_safuraazaumal_07.jpg
13_torattanaozane_07.jpg14_ichinomiyatoyokaea_07.jpg15_itomeihama_07.jpg
16_nisisintoss_07.jpg17_culehamachikane_07.jpg18_taharasinnsiro_07.jpg
19_minoswing_07.jpg20_kojyantfaveur_07.jpg21_sukattriverna_07.jpg
22_parupi_07.jpg23_steptoyota_07.jpg24_mynaagafukagawa_07.jpg
25_mirutokutoyohasi_07.jpg26_casislotas_07.jpg27_mydoclam_07.jpg
28_natura_07%5B8%5D.jpg

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月06日 05:27 | コメント (0)


都知事選後の雑感

2017年07月05日

都民ファーストに国政、国政と煽るメディアが鬱陶しい。


昨日は、台風の直撃で、午後から暴風雨・・・
被害がでなければと心配したが、おかげ様で・・・大きな被災もなく・・安堵。
しかし、今朝の空模様・・台風一過でスカッと梅雨明け・・とはいかないようだ。


鬱陶しい雨空が続くが、鬱陶しいといえば・・
都議選後のメディアから流れる情報が如何にも鬱陶しい。


自民党に走った激震、簡単には晴れぬと思うのだが・・
既定路線だとはいえ、大惨敗の翌日に新派閥を立ち上げる感覚。
数では「自民党第二派閥」になったと胸を張る・・これを奢りと言わぬで何というのか。
新派閥会長「謙虚に反省」などと殊勝なことをいうが・・鬱陶しい話ではないか。


首相も毎日新聞のインタビューに答え「厳しい叱咤を頂いた」
「深く反省している」「信頼回復に全力を挙げる」「自省の念・・・」などと
反省の弁は重ねるが、一方では「改憲スケジュール」に変更はない・・


あくまでも改憲強行姿勢は貫く。国政と地方選は違うとばかりに・・リキむ。
でも都民は国民です。国民の揺れ動く心境に配慮が足らないから、
都民が自民党にノーを突き付けた。それも分からないとは、鬱陶しい限りだ。


鬱陶しいのは自民党ばかりではない。
前回の7議席から2議席減に・・・善戦したと、反省もしなければ、責任も明確にしない。
民進党のこの煮え切らない態度って、鬱陶しくはないですか。


公認した候補者が次々に離党、都民ファースト(都民ファ)に走った原因・・・
小池都政に対して野党なのか与党なのか。手を組むのか組まぬのか。
何とも、腰が定まらないからだ。都民の受け皿にならない政党なら、存在意義があるのか。

このままなら「次の衆院選、もしも都民ファが国政ってなことになると離党者が・・
そうなれば、政党の体をなさなくなるのではないか。
もしも、共産党と連携するようなことになれば・・・政党崩壊に。
その引き金が都議選だったってことになれば目も当てられぬ。


鬱陶しい次いでに都民ファについても、数人の国会議員が背景で蠢き始めている。
その動きがベースにあってメディアが小池知事国政へ野望と煽るのだが・・・
メディアもよく考えるべきだ(話題欲しさに煽るのもわかるが)、彼女はもっと強かだ。


国政と言っても、現実は自公連立政権だ。公明党との関係は整理できまい。
国政よりも、東京大改革だろう。そして2020年の成功だろう。
そんなことは百も承知で国政進出かと煽るメディア・・本当に鬱陶しい。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月05日 06:11 | コメント (0)


清流長良川あゆパーク

2017年07月04日

岐阜県郡上市・世界農業遺産認定による・・・地方創生。


我がふるさと岐阜市の中心を流れる「長良川」・・・
夏の風物詩といえば、ご存知・・・「鵜飼」です。
毎年、5/11の川開きでスタート。10/15まで、満月の日を除き・・毎夜、
伝統の漁法を繰り広げ、観光客を楽しませてくれます。


私は長良川の近くで育ちました。(今も徒歩で10分もかからないところに住んでいます)
夏休みになると、「悪ガキ」達とひねもす川遊び・・・長良川は「生活のひとつ」でした。
今でも、夏休みになりますと、長良橋の袂に遊泳場ができ子ども達が川と戯れます。

長良川にはダムがありません。
流域に暮らす我々は悠久の時をこの川の恵みに生かされています。
地域住民には「命の川」です。


岐阜県は長良川の上中流域地域に暮らす人々の生活と、
その清流を生かした農業、鮎を始めとした川漁などを取り上げ、
国連食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産に申請・・2015年12月に認定されました。


岐阜県では認定を記念し村おこしの一環として、
上流郡上市・白鳥町に「清流長良川あゆパーク」を観光施設として建設・・
長良川の生態系や鵜飼などの伝統漁法、世界農業遺産関連の資料展示コーナーを設けます。


他にも野外施設として階段からそのまま川に入れる「親水護岸」の整備や
「魚の掴み取りができる「魚ふれあい水辺」・・あゆの塩焼きが食べられる
「味わい広場」なども整備されます。


同時に・・・隣接の郡上市が運営する「道の駅・白鳥」も建て替えられ、
県と郡上市が一体となって、世界農業遺産にふさわしい施設を建設し、
地域おこしの起爆剤にと目論んでいます。来年3月オープンです。


昨今、永田町では、政策の一丁目一番地だと言われている
地方創生への熱が感じられませんが地方では観光資源の掘り起こしが、
地方創生の重要なポイントとして、真摯に取り組まれています。


岐阜県郡上市には我が社のハッピーメディア、地域みっちゃく生活情報誌
「GUJOプラス」(郡上市全域・全戸配布・20000部)発行され市民に愛され利用されています。
この「あゆパーク」と「道の駅」が地域の活性化に繋がるように、
「GUJOプラス」を活用して市民と一緒に育てて行ければと練っています。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月04日 05:11 | コメント (0)


都議選結果に思う

2017年07月03日

都民の選択は東京大改革なのだ。では地方は・・・・


都議選の結果がでた。
メディアの争点は一つに小池知事支持派が過半数を獲得できるか。
もう一つは自民党が第1党を継続できるか・・・だったはずだ。


それが、都民ファーストの会が55名当選。第1党に。小池支持派が79議席。
過半数どころか、60%以上の議席を占めた。
メディアとは既存のマスメディアのことだが・・・
この結果をどのように分析するのだろうか。


原因は、自民党の国会議員の資質が問われ自壊しただとか、
安倍一強政権が揺らいだとかいいながら、
小池王国の誕生だとか、素人集団に何ができるかだとか・・・
批判するのだろうが・・・争点が争点にならなかった責任は問われないのか・・


選挙結果から・・・・私はこう思う。
都民はフランスのマクロン大統領の新政党を都民ファーストの会に見たのではないか。
その結果、既成政党である自民党、民進党を否定した。


都民ファースト勝利のバックボーンは公明党である。
公明党が候補者を立てなかった選挙区に公明党の組織票が加わり圧勝に。
公明党と手を組んだ小池知事の選挙戦略の勝利である。
同時に公明党の勝利であり、公明党が悲願の首都の政権を握った。


追々お伝えしますが、
既存のメディアは小池知事に政策がないと批判するが、
政策を知ってて、敢えて俎上に乗せなかったのだと思う。なぜなら・・・
少なくとも文藝春秋の7月号には、「都議選で政治家総とっかえ」を実現する、
私の政権公約と題した手記を発表。基本姿勢と公約の柱を書いている。

メディアは小池知事の政策を知っている。
それを書かないのは、メディアが政策を重視していないからに他ならない。
手記の政権公約の内容は、なかなかのモノである。追々お伝えしたいと思う。
都議選での圧勝で、公約が実現に向かうと思うと・・・ひょっとしたら、
「東京が変われば日本が変わる」そんな気がする。


なぜなら安倍政権は「地方の再生が日本の再生」といい、
前政権の「民主党は地方創生は政策の一丁目一番町」といったが。
現況の日本経済は益々東京一極である。その流れは変わっていない。

その東京が小池都政で「東京大改革」・・・改革され復活すれば・・・
その影響、その余波、そのおこぼれが地方に回り・・・
その結果、地方が創生されるという考え方もあるのではないか。
そんな期待もしてみたい。

都議選の結果から・・・・
公明党が大きな力を持つだろう。その認識は大切である。
そして、東京が創生されたなら日本の復興はあるだろう。
ローカルに生きるものとしては、忸怩たる思いだが・・・
これが日本の現状だから、小池都政の今後をじっくり見る必要がある。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月03日 05:20 | コメント (1)


金魚

2017年07月02日

10年続けて見えるモノもあるようです。


最近、ブログが長いだけでなく、硬すぎて面白くない。
だから、お気に入りには入れてるが、指が動かない・・なんて、批判の声が多いです。
読みたければ読んで下さい嫌ならどうぞ抹消下さいと、開き直る勇気はありません。


このブログ、今日で綴り始めて、3566日・・・後90日で10年になります。
毎日、毎日、綴って10年です。10年って一口に申しますが、
産まれた子供が小学校の3年生。結婚した人は新婚のトキメキなど疾うに失せ・・・
ドッグイヤーと言われる時代、懲りもせず良く続けていると思いませんか。

内容が面白くないから、10年であろうが、20年であろうが関係ない・・
そんな冷たい人もおられるでしょうが。批判するなら・・あなたも・・・
10年間やってみますかなどと、開き直ったりしませんが。
10年毎日綴ってみてわかることが、山ほどあります。それを経験というのでしょうか。


その感じた経験は追々、綴ってみますが。
今日は、ブログとほぼ同時に始めた早朝ウォーキングの話です。
家人に言わせれば、「ブログを毎日書くのは勝手でしょうが、
寒い日は勿論のこと、雨でも雪降りでも・・飽きもせず毎日歩くのは理解不能」と、
呆れていますが・・・・


我が愛する故郷の四季折々を知ることができるだけでも、
ウォーキングって、情緒を養ってくれるから、身になります。故郷を思う心が宿ります。
右左と一歩一歩、歩く単純さの中に、人は一足飛びには生きられないと知ることも
戒めとなり良い。


朝のひとときに歩きながら・・色々考えることができるのも良い。
1日が有効に使える気分になるのも良い。
朝の新鮮な空気を浴びながら1時間ほど歩くことが
人生にこんなにも潤いを与えてくれるとは・・・10年続けているからだと感じています。


で、そのウォーキングコースで知った一つですが。
岐阜メモリアルセンター(県営総合運動場)内に実に色々な仕掛けがある。
その一つ・・一角に木曽三川をイメージした人工の小川が流れている。
こんなところに庭園でもないし、実に不思議な場所です。


毎夏、そのあたり通るころ、汗びっしょりになります。
この小川に「金魚」を放ったら、涼しげで良いのにと、持って3年ほどかな。
「金魚」って見ためだけではなく、その愛らしい姿に思わず声を掛けたくなりませんか。
毎朝、この小川を通り、金魚が、泳いでいたら、金魚鉢のようで、楽しくなります。


で、私、この小川に金魚を放流したのです。
驚きましたねぇ。金魚って人間は食べませんが、
野鳥・・水鳥には最高の餌なんですねぇ。瞬時に・・・・一匹残らず・・・


生きるために・・自然界の力に驚きながら・・・この小川で「金魚」が生き残るには・・
何をすべきか・・・思い当たりました・・・そんなことを考えながら、
毎朝、ブログとウォーキングを楽しんでいます。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月02日 05:15 | コメント (1)


NHK朝ドラ「ひよっこ」

2017年07月01日

既存のメディアが生き残るには・・・丁寧さと真摯さが必要では?


1960年代・・…茨城の奥・・・奥茨城村から・・・集団就職で東京に。
我が故郷岐阜にも九州の各地から、紡績工場へと女の子たちが・・・
あの時代、青春だった・・・団塊世代にとっては心の底に響く思いが・・・


NHK朝ドラ・・・「ひよっこ」物語である。
オープニングの映像。靴のブラシを田んぼの稲に見立て・・・
ボストンバックを下げバスに乗って・・東京に出て行く女の子・・
電車に乗り換え、花の東京・・・夜の明るさに目を見張る姿・・


桑田圭祐が軽妙に歌う声、当時の日用品を用いて描かれる風景・・・
なんとも哀愁を感じる「CG」(コンピュータグラフィックス)映像・・
さすがにNHK看板番組に掛ける思いが、ヒシヒシと伝わる。
見事なモノです。その時代を生きたモノにとっては秀逸な画面です。


びっくりなのは「ひよっこ」の放送から3ヶ月余り・・・
このオープニング映像、とりわけ音楽が流れると、
幼児がピタッと泣き止むんですって(6/23・毎日・夕刊)
私には因果関係が良く分かりませんが、テレビの影響力って、凄いですね。


全てのメディアに要求するのは酷ですが、ネット情報が氾濫する時代です。
メディアの使命は、ニュースだけではありません。
全ての記事や放送番組にどれだけ心がこもっているのか。それが問われていると思います。


ネットを除く既存メディアが、存続するためには・・・
放送や発行を止めることはできません。ニュースがなくても情報を発信せねばならない、
使命を背負っています。であれば、番組や記事の・・・一つひとつに・・

丁寧な作りで感動する「ひよっこ」のオープニング映像をとは申しませんが。
やはり、それなりの丁寧さ、真摯さ必要なのではないでしょうか。
主人公、谷田部みね子がどうなるのか、連ドラの後半戦が楽しみですが、
7/3からオープニング映像の一部がリニューアルされるんですって・・・
どんな作りになっているのか。広告屋としては楽しみです。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2017年07月01日 05:29 | コメント (0)