説明責任

メディアが使う説明責任って、説明できない責任を取れって意味ではないか?


朝日新聞のオピニオン(7/19)の欄に説明責任はどこへ・・
そんなタイトルの耕論が掲載されました。
政治家や官僚が国会や記者会見で木で鼻を括った答弁を繰り返し、
まともに答えないのはなぜか。そんな憤りを掘り下げた内容です。


私の持論ですが。説明責任なんて、政治家は果たせませんよ。
記者即ち、メディアも答えられないことを聞いて・・・
答えないから、説明責任を果たせないと、批判の材料にしているだけです。


説明責任を英訳すると「アカウンタビリティー」いう。
東大教授氏・・・アカウンタビリティーは本来「答責性」といい、欧米では、
説明がきちんとしていないと責任を問われ首が飛ぶ、
緊張感のある概念で、政治家は選挙で落とされ、官僚は解任や左遷されると言う。


さすが東大の先生。説明責任とは「答責性」であるべきと、
アカウンタビリティーの解釈を変えて論じている。
そして、アカウンタビリティーで最も重要なのは民主的な熟議が実行されねばならないこと。


安倍政権は・・・熟議しないいい加減な政権だと批判する。
そして、私たち(その先生は)国民は「国家権力の責任主体だと言う意識で政治家を監視し
説明を求めて行かねばならない」それが説明責任のあるべき姿だと仰る。


書いてる私もこの先生が言いたい「説明責任」とは何かが・・さっぱり理解できない。
多分ですが。説明責任というのは、本当のこと、いや、本質と言えば良いのでしょうか、
質問と答えを延々と繰り返し続け・・・誰でもが納得できる答えがでるまで、
時間を浪費すべきものだと、言われているのでしょう。


日本社会では、アカウンタビリティー(説明責任)はメディア側では
説明できない悪いことをしたのだから、クビを要求する意味であり、
責められる側は誰のクビを差し出せば責任を果たしたことになるのかを、
考える・・・「説明できる状態での業務遂行を推奨する概念」と解すべき。
(コラムニスト氏・・・私はこれが正しい説明責任の意味だと思います)


メディアが使う・・説明責任なんて言葉は「説明できない責任」を問うているのですから、
何処かの大統領のように、「お前はクビだ」と、始めから
言ってしまった方が良いのではないか・・・と、思うのですが。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年07月25日 05:48


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。