「歩いて元気に」・・・

元気でこの夏を乗り切ろう。若い人は腕立て伏せと肩回し・・・


今日から8月。梅雨明け以降、東北・秋田では豪雨被害が・・・
この地方でも、愚図ついた天候が続きます。
スカッとした夏空が見たいと思うのですが、それはそれで・・・
猛暑との闘いが始まります。

この夏を何としても元気に乗り切りらねば。
そのためには、上機嫌を意識することではないかと思っています。
「暑い時に・・・暑い、暑い」と言えば涼しくなるか。
なるハズありませんよね。自分で工夫しない限りは・・・


私は夏が好きです。暑いのが大好きす。
早朝ウオーキングで、汗だくになって、シャワーを浴び・・・
体重計に乗ると出掛ける前と、1キロ近く違います。
気分は爽快、朝の至福です。


体重計もですが、私のスマホには歩行計もカロリー消費量のアプリも
起動しています。約1時間ほどのウォーキングとストレッチで、
歩行距離4キロ、歩数は1万歩です。


ウォーキングは60歳の7月30日に始め、もう直ぐ9年になります。
私は意志が軟弱なので、雨だとか、二日酔いだとか、
なんかの理由を付けて休みますと、ヅルヅルと歩くのをやめてしまいます。
それが、怖いので、昨日も土砂降りでしたが、傘をさし意気揚々と・・・。
(さすがに、お仲間はいつもなら20名ほどですが。3名だけ)


毎日のくらしナビのコーナーに、歩行の勧めが・・・
「歩いて元気に」意識改革。私の持論ですが、
若い人がウォーキングをする必要はない。むしろ、男性は腕立て伏せを。
女性は肩回しを毎日、10分ほど続ければ良いと思っています。
ウォーキングは還暦からで結構です。


コーナーでは、埼玉県志木市が2015年度から、歩行などが測定できる「活動量計」を
無料で貸し出し、高齢者の健康増進を促進していると報じています。
結果は1時間以上歩く人の医療費が15%下がったとか。


活動量計で見える化したことで意識が変わり、健康格差の是正に繋がり
効果が表れているそうですが。
ウォーキング経験者の私としてのアドバイスは、毎日欠かさないことが
絶対条件ではないかと思っています。それと、上機嫌で歩くことではないでしょうか。

歩くことで肉体の健康は維持できますが、心の不健康を解消することはできません。
暑いのが大好きですと、自然向かって感謝しながら上機嫌で歩きますと、
暑さもぶっ飛び、この夏を元気に乗り切れるのでは・・・Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年08月01日 05:03


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。