岐阜新聞夕刊休刊

地方紙が投じた一石に新聞の未来が見えた。


随分古い話なので、記憶が定かではないが・・・
地元紙、岐阜新聞が岐阜タイムスと題字を付けていたころ・・
60年ほど前のことです。タブロイド判の夕刊を発行した時期があります。


題字は東海夕刊と。現在の設置型夕刊、フジやゲンダイのような・・
斬新な紙面で結構人気があったようですが、残念ながら・・・
朝刊名を岐阜日日新聞と改めると同時に廃刊。現在のB版サイズの夕刊に。


その後、岐阜日日新聞社は岐阜新聞社と社名を変え・・
今日まで145年の歴史を刻み、県民のオピニオン紙として朝夕刊を発行しています。
亡き親父殿が岐阜新聞の記者出身ですので、私の子供時代は新聞と共にありました。


その岐阜新聞がこの10月から夕刊を休刊すると社告を打ちました。
「岐阜新聞社は夕刊を朝刊に統合します。夕刊を休刊することは辛いが、
共働き家庭の増加やスマホの普及、ライフスタイルの変化、メディアの多様化など
時代の変化と共に夕刊読者が減少、夕刊はその役割を終えたと判断した」と。


新聞命(しんぶんいのち)の私としては、
朝、目を覚ますと、ポストに朝刊が。朝食を食べながらページを捲る。
夜帰宅、ひと風呂浴び食卓に付き、ビール片手に夕刊を開く。
そんな日常に最も相応しいのが新聞・・・でも、そんな光景って、今や映画の世界。


スマホの普及が・・・そうですねぇ。新聞はスマホやタブレットで読む時代。
朝刊はさて置き、夕刊まで購読するのは、無駄な情報・・となりますかねぇ。
メディアの多様化が新聞を片隅に追いやるとしたら・・
夕刊休刊どころではない。新聞そのものの存在が問われる。


8月号の文藝春秋に「新聞の未来」についての特集が、
内容は一読頂ければと思うのですが、明治以降150年。
日本の近代化を支え、現代日本の推進役を果たしてきた新聞が、
変革の時代を迎えたことは間違いない。


新聞命の私としては、地方紙、岐阜新聞が投げ掛けた・・・
夕刊休刊は、新聞そのもののを問い直す一石だと解釈している。
私は、この一石に新聞の未来が見えた気がする。Goto


IMG_7150.JPG IMG_7151.JPG

8/9 夕刊

投稿者: 後藤 日時: 2017年08月16日 05:31


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。