虫の音

秋深し隣は何をする人ぞ・・・


田舎暮らしです。窓の下からリンリンリンリンと鈴虫が、
コオロギのモリモリ、松虫のチンチロチンチロ・・・
カチャカチャと聴こえるのは馬おいでしょうか。賑やかで楽しい夜長になりました。


我が家は中学校の目前にあります。秋の風物詩と言えば体育祭です。
体育祭の花形は何といっても応援合戦。
赤、青、白、黄色の4団に分かれての練習には熱が入ります。
今日も今日とて、早朝より各団とも猛練習。軍配は如何に。

毎日新聞「余禄」(一面のコラム)に都会の話なんでしょうが、
びっくりする内容が・・・隣近所の音を巡りお互い様では済まなくなったと。
軒先きにぶら下げた風鈴がうるさい、風の強い日や夜には取り外せと苦情が。


夏の風物でしょうか。火の用心を呼び掛けるボランティア活動にも、
拍子木の音が耳に障るから、辞めろと・・批判の声が上がる。
何ともまぁ、世知辛い世の中になったと思うのですが、


驚くのは、これも東京の話ですが、来年4月開園予定だった許可保育園、
近隣住民の理解が得られなかったと、開園を延期。
保育園は「迷惑施設」だとする住民に、どう対処して良いのか、行政は困惑。


余禄は「核家族化や少子化が進み、生活の中で聞こえる
音は昔よりも静かになったように思えるのだが、
だからこそ、余計に音に敏感なのかもしれない。
どうすれば良いか知恵も浮かばぬ」と結ぶ。


そういえば、これも都会話だが、除夜の鐘にまで苦情が寄せられ、
昼間に鐘を鳴らす寺まで出現したと聞く、恐ろしいと思いませんか。
そのうちに、鈴虫も松虫もコオロギも全て、喧しいと駆除されてしまうのでは・・


秋刀魚を七輪で焼いて、煙がボウボウ、
美味しそうですねぇと、笑って通る近所の人に
田舎暮らしでよかったと、しみじみ思うのは、田舎モノの僻みでしょうか。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年09月10日 05:33


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。