大相撲秋場所

力女(大相撲ファンの若い女性のこと)には、小兵力士の人気が高い。


東京は大都会です。看板力士の休場が多数でも
連日、満員御礼になる。それほど相撲人気は高い。
理由は簡単で全てがガチンコ(真剣勝負)で八百長もないからです。


観客にしてみれば、平均160キロの巨体が、ぶつかり合うのです。
テレビ桟敷でも頭が当たるゴン、張り手の乾いた音が響きます。
こんなド迫力の格闘技は他にはない。


それに、力女と言うそうですが、相撲ファンの女性が増えました。
ひと昔前は、裸の大男なんて気持ちが悪いとか平気で言っていたんですが。
最近は、遠藤を始めイケメン力士が多く、アイドル並みの扱い。


力士のイメージは、寡黙で優しい。一瞬に命を賭ける勝負がたまらない。
着物に雪駄、大銀杏に、鬢付け油の匂い・・・雰囲気が大好きな女性も。
小兵の宇良、石浦が大型力士を翻弄する。大相撲の醍醐味も受けているとのこと。


それに、若手力士の台頭。負けじと嘉風(35歳)、豪風(38歳)等のベテランの持ち味。
大横綱の白鵬関が休場でも、18年ぶりの日本人横綱稀勢の里関が休んでも。
ガチンコであれば、大相撲人気は大丈夫。


だが、ガチンコとは手を抜かない相撲です。怪我がつきものになる怖さが。
2日目、幕内後半戦の激しい相撲をテレビ桟敷で・・・
宇良が右膝を痛め。高安が右内腿を。玉鷲が足首を・・・いずれも休場だろうねぇ。
怪我対策って、稽古を増やし強靭な身体にとは言うのですが。


精神論だけではいけません。
土俵下のマットを厚くするとか、何か対策が必要では・・・


うーん・・・今場所の優勝を占えって・・ですか。
これまで、一度も当たったことがないのが自慢ですが・・・


今場所はひとり横綱です。横綱の面目に賭けても
責任感が人一倍強い横綱日馬富士関に期待したい。


日馬富士関は贔屓の力士です。
満身創痍の小兵横綱の優勝なら大相撲人気は益々高まりますね。
怪我のないことを祈り。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年09月12日 06:01


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。