大横綱白鵬関

稽古はうそをつかない。我々にプロとしてその覚悟があるか。


このブログ、私なりのこだわりは、同じ話題を何度も書かない。
時々は、長くなり過ぎて、その1・その2なんてのもありましたが。
原則は一話完結を旨としています。


今一番ホットな話題は、大相撲、横綱日馬富士関の暴行問題です。
この話題二度目になりますが、角度を変えて。
その行方がどうなるのか。つまり、日馬富士関は引退に追い込まれるのか、
それとも、他のどんな処分が下されるのかが焦点になっています。


私は九州場所が始まって3日目に、貴乃花親方は相撲協会にイチモツあるので、
司直の判断を待たないと決着がつかないと書きましたが、
横綱審議会での議論を新聞で読んでも、司直が刑事事件として、
起訴すれば、そこで流れが変わります。ワアワア・・言わないが良い。

私は日馬富士関の贔屓ですから、残念ですが・・・
引退勧告ってことになるのではないでしょうか。
でも、決着は年を越すと思います。


それよりも、今場所を終わって、私がなるほどと思ったのは、
大横綱白鵬関の優勝インタビューです。
いや、その前に、40回目の優勝おめでとうございます。相撲に円熟味が増しています。
このまま行けば、東京五輪の開会式セレモニーで、白鵬関の土俵入りが見えるかも。


それと、大関の高安関の優勝を占ったのですが・・・
またまた、ハズれました。足の故障が完治していないのですねぇ。
ガチンコ相撲ですから、簡単には怪我が治らない。稽古で治す以外にありませんね。


で、白鵬関のインタビューです。
感動したのは、日馬富士事件の力士代表としてのお詫びでも、
相撲界の繁栄祈願の万歳でもありません。


「今年は春場所、秋場所を休場して、怪我もあり、
その結果、色々なことをやりました。断食に励んだり、
ヨガをやったり、本当に自分を追い込んで・・・
稽古はうそをつかないと改めて思った一年でした」この発言です。


稽古はうそをつかない。大横綱でも、稽古に精進するその姿勢に
感動しました。そうなんです。力士だけではない。


我々だとて、広告のプロとして、日夜、勉強し、研究し、
新たな情報を手に入れる努力、稽古と言っても良いでしょう。
しなければ、仕事にはならない。そのことを教えてくれたのです。
私はその言葉に感動しました。負けてはいられない。Goto

投稿者: 後藤 日時: 2017年11月29日 05:24


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。