38歳の市長誕生

4年間駆けずり回って書き込んだ、ノートを片時も離さないで


済んだことは申すまい。やっと・・16年ぶりに・・岐阜市長が交代した。
正式には23日からだが・・・
それも38歳、全国の県都では最年少の市長の誕生です。
岐阜市民の期待を一身に背負ってです。大いに期待したい。


前市長の後援会が全面バックアップ
自民党岐阜市連、公明党の推薦、
・・それに農協を始めとする各種団体の支持を取り付けた候補者に
ダブルスコアの大差をつけて・・・です。


勝因と敗因を分析する積りはないが、
前回の市長選にも出馬、1500票差で惜敗してからの・・4年間。
何冊のノートが市民の声で埋まったであろう・・・


市民の間を一軒一軒訪問し、話に耳を傾け、駆け回り・・・
あらゆる会合に顔を出し、意見交換を繰り返す・・・
そんな地道な努力で練り上げた政策を引っ提げて。市民は見ているのです。
勝因は、4年間真面目に活動を続けたことです。


前市長はなぜ、彼を推薦しなかったのか。
理由は簡単で5期目を最後まで模索していたからです。
各種団体の推薦や支持を受け落選した候補者、その出馬会見
「現市長が出馬するなら、私は出馬しません」なんて・・・
そんな出馬会見に、市政担当の記者たちから、現市長のダミーではねぇと失笑が漏れた。
それで、決まりです。敗因は前市長「策士策に溺れる」奢りです。

首長は権力の象徴です。
当選が確実視されると同時に、雪崩を打って・・・
38歳の新市長に反対派が殺到したと聞きます。
それを「抱きつき」と申します。しかし、市民はそれもジッと見ています。


権力に群がる・・・それが政治の世界です。
4年間、馳けずり回って、書き込んだ真っ黒なノートを
片時も離さず、岐阜市の繁栄ために、邁進して欲しいと願います。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年02月09日 05:23


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。