新聞社の癒着

この夏、健全な姿で阿波踊りが開催されることを願う。


今年の夏、風物詩の徳島「阿波踊り」開催が窮地に・・・
「阿波踊り」を主催する公益社団法人「徳島市観光協会」を
債権者の徳島市が徳島地裁に破産手続きの申請をした・・・
負債額は4億3600万円。(毎日)


阿波踊りといえば、徳島市の看板。それにメスを入れたのです。
市の決断、止むにやまれる事情が背景にあることが想像されます。
有識者による調査団を設置・・・会計の裏付け書類がないなど、
不適正な処理が判明したのが、決断の理由だが・・・


阿波踊りの運営、主催は観光協会だけではない。
徳島のメディア界のドン。徳島新聞社との共催。
調査団は「徳島新聞社との協力体制にも懸念がある。
赤字を解消しつつ事業の継続は困難」と結論づけている。


市は代理弁済せず、金融機関から3億8千万円の債権譲渡を受け、
債権者として、地裁に破産手続きを行った。相当な覚悟です。


観光協会です。地方のボスのお手盛り、どこもそうです。
それと、地方新聞とが手を組み、伝統文化を食い物にする・・
腐敗の構図が見えませんか。


協会側は、雨天時チケット払い戻しなど。赤字要因が重なったと弁明しています。
そして、協会長は公務員職権乱用罪、強要未遂罪で市長を徳島地検に
告訴、告発・・しています。随分無理筋の告発。地検が受理するのかどうか。


さて、当事者である徳島新聞社は、この事態にどう対処するのか。
そもそも、市長は系列放送局のアナウンサー出身、当選にバックアップしたとも。
その市長が、意趣返しの格好です。黙ってはいないのでは・・・


新聞命の私。阿波踊りの共催である以上は、徳島新聞社の責任は逃れられない。
負債額を新聞社が補填すべきです。そして、トップは直ちに辞職すべきです。
新聞の恥です。それが責任の取り方でしょう。


そして、新聞社としての矜持を持って、観光協会の癒着や腐敗、
新聞社の犯した罪などすべてを世間に晒し襟を正すべきです。
それが新聞というモノです。市民、読者を舐めてはいけない。
でないと、不買運動が起こるやも知れない。


この夏、健全な姿で阿波踊りが開催されることを願う。Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年03月09日 06:07


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。