社会的インパクト投資

少子高齢化、社会保障・・課題解決は可能です。

誰とは申しませんが。現状を批判したり、否定する文化人や学者は多い。
新聞に掲載されるそんな人たちの論には、分析までは理解しようとはしますが、
対案や未来志向の発想がないモノは切り捨てます。


世の中は日進月歩ですが、過去が再び現実にならないように、
今と明日しかありません。常に前向きな発想をするしかないのです。
「社会的インパクト投資」ってご存じですか。


この国で最も関心が高い課題のひとつは・・・少子高齢化や貧困、病気、
障害などの社会保障です。如何に充実させるかが喫緊の課題として問われています。
分析はいいです。誰もが十分ではないかも知れませんが、わかっています。


政治や行政の責任も、どこに問題があるかも、わかっています。
解決の方法も大方わかっているのです。そう思いませんか。
そうです。財政と申しますか費用の問題です。
必要十分な資金があれば、大概の問題は解決します。そう思いませんか。


増大する医療費の削減。ガンが早期発見されれば、コストは激減します。
ガン検診が徹底すれば状況は変わります。それを受付ない人が多い。
行政は民間企業に受診奨励事業を委託、事業費を金融機関が始めた
社会への好影響と収益の両立をめざす「社会的インパクト投資」から拠出する。


行政は成果に応じ費用を事業者に払う。
検診率向上などの成果が出れば投資家には利回りが発生する。
もちろん、逆だと元本を損なうことにはなる。


一例ですが。それが「社会的インパクト投資」です。
民間資金をうまく活用することで社会課題を解決する。
そして社会保障をその分スリム化する。未来志向の発想ではないでしょうか。


日銀がとは申しませんが。市場には資金がだぶついています。
個人の金融資産は1800兆円に上り、企業も100兆円に及ぶ現預金が
内部留保で積み上がっています。
それらを「社会的インパクト投資」に活用すれば・・・課題解決になると思います。
まずは金融機関や大企業が動くこと、そして行政が発想の転換を計ることです。
これなら、できますよねぇ。浜矩子先生・・・Goto


投稿者: 後藤 日時: 2018年03月18日 05:35


コメントを投稿

※投稿していただいた内容・回答については、いたずら・スパム対策のために、一度管理者にて確認致します。
  確認認証後に反映されますので、ご注意ください。
  投稿ボタンは1回のみクリックしてください。画面が切り替わるまで時間がかかる場合があります。